秋の日にどこに行こうか? 麻生港で水鳥とたわむる

 銚子に行く途中、あまり時間はないが少し気になる場所へ立ち寄りました。
まあ寄り道しても10分も余分にかかりませんから・・・・

寄ったのは麻生港。

P9200008s_20170921184229bf1.jpg

誰もいませんが、こうして水鳥(カモメ?)が一緒に遊んでくれました。
近づくとお尻を振り振りヨチヨチと歩いていきます。

P9200009s_20170921184231f71.jpg

まあ、やはり遊んでくれているのではなく逃げているようです。
何もしないのに・・・・
でものんびりしてるな~。

P9200010s.jpg

もう少し近づいてみたら飛び立ちました。

P9200011s.jpg

一番先まで行ったら一斉に飛び立ってしまいましたよ。
驚かすつもりじゃなかったけれど、悪かったかな?

P9200014s_2017092118423592c.jpg

霞ケ浦湖畔の麻生港(行方市)、こんなのんびりしたところもあるのだね。
私はこの後仕事が待っているので少し癒されて満足でした。

P9200006s.jpg

ここに来た目的はもう一つ「アサザ」の花が咲いているのです、
前に来たのは8月28日、このときすでにアサザが満開でした。

昨日の方が少し少なくなっているような気がします。
もうすぐ花は終わりとなりそうです。

霞ケ浦にも普通に咲いていたアサザも今ではかなり少なくなりました。
ここも保全活動をしてアサザを守っています。

可愛いこの花が広がる光景を、皆が優しい気持ちで見守っていただきたいですね。

P9200005s_201709211842279e3.jpg
P9200003s_20170921184226f82.jpg

霞ケ浦の自然 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/09/21 18:58

コスモス畑も少しさみしげ

 潮来市の上戸川の広大なコスモス畑に立ち寄りました。

敷地は約6ヘクタールあり、毎年約一千万本のコスモスの花が咲きます。
そして花の時期の終わる前に一般の人が一斉に摘み取り持ち帰ってもOKです。

P9200018s_20170921070228652.jpg

今年は台風がやってきたためでしょうか、少し花が倒れたり、不揃いだったりして去年よりさみしい気がしました。

P9200017s_20170921070226b23.jpg

それでも敷地が広大なのでかなりの花が咲いていました。

P9200016s.jpg

今年は10月1日から摘み取りできます。
(去年は10月10日でした。)

去年も9月17日に訪れていますが、もっと揃って咲いていました。
今年はだいぶさみしい感じですね。

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/09/21 07:14

祭りも終わり静かになった。

 石岡のおまつりで騒々しかった街中も今日は後片付けで忙しそうだが、やはり何かもの悲しさだけが残ったようだ。
昨年に引き続き、祭りはほとんど見学もせず関心も持たなかった。

そうすると何か祭りもどこかよその世界のような気になってくる。

9月の祭りはそろそろ見直しても良いのではないかと思うのは私だけだろうか?

明治35年に作られ考え出された祭りだが、それを言うと何かうそを言っていると思われる。
総反発を食らうのだ。

最初は重陽の節句の9月9日を選んだが、休みにしたいということで近い9月15日の敬老の日になった。
ところが、敬老の日がハッピィーマンデーで月曜日になったものだから今の3日間にずれた。

石岡の子供たちは祭りと運動会で一番勉強のできる秋があわただしく浮かれたままで過ぎていく。
7月の祇園祭と同じような時期にやらないと・・・・
もう石岡囃子もだいぶ板につて来たのだから三村や染谷などのお囃子連を借りてくる必要もなくなったのだしね。

また年番制度もいつの間にか市も観光協会も統一されたようにどう見てもおかしなことを言っている。

それをおかしくないと思うとしたらどこか感覚がずれているとしか思えない。
説明を聞いてみると皆が同じように言うが、自身で検証しようとはだれも思わないらしい。

年番制度は明治35年8月29日に町役場で行われた区長会で順番をくじ引きで決めた。
それが事実でありそれ以上も以下もない。

石岡のおまつりは市民の心意気を表現する市民中心の祭りでなければならない。

神社色を強めているのは石岡ばかりではない。

何か日本もアメリカも本質を忘れて進んでいるように感じる。

P9060004s.jpg

椿の実も大きく膨らんだ。

P9060009s2.jpg

おい! カマキリ君 何か言ったらどうだ。

P9060012s.jpg

そうか。よそ者は黙っていろか。

まあ遊んでくれてありがとうね。

近況 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2017/09/19 17:05

雨引山(楽法寺)へ

 土曜日はまだ雨も降らなかったので、息子夫婦と孫の成長祈願に雨引山へ行ってきました。

私たちの孫たちはイギリスの孫を含め皆この雨引山へ護摩供養に行っています。
今年2人孫が増えて4人となりましたが、イギリスの長女のところの2番目(7月誕生)を除いて3人目のお詣りとなりました。

P9160013s_20170918173956eec.jpg

寺の入り口道路わきには曼珠沙華がきれいに咲いていました。

P9160015s_2017091817395862a.jpg

寺の入り口の仁王門。
きれいな彫刻が施されています。
1254年建立の門ですが、彫刻は1704年の江戸時代です。
この寺は日光東照宮を彷彿させる雰囲気が各所にあります。

P9160017s_20170918173959c50.jpg


P9160035s.jpg

立派な多宝塔と本堂です。

P9160063s.jpg

本堂ではほぼ毎日護摩を焚いていろいろな祈願供養を1時間おきに行っています。
私たちの時は同じような赤ん坊や2~3歳ほどの子供を連れた親子が15組ほど祈願していました。

P9160071s.jpg

放し飼いのクジャクもちゃんとあいさつにやってきました。

いただいた御札などは7歳の時に返しに行きます。

筑西・桜川地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/09/18 18:04

夕日を追いかけて

 今日は朝方は雨が降ったりやんだり。

こんな中、また銚子に出かけたのだが、行きには利根川水門のある常陸川大橋と利根川大橋を渡った。
水門は閉まっていたようで左側の海寄りは水面はずいぶんうねっていたが、右側の水面は静かで対照的だった。

まあその前に北浦から霞ケ浦にそそぐ鰐川から外浪 逆浦(そとなさかうら)あたりはかなり波もあれていた。

仕事を終えて帰りに利根川と常陸川の間の中州道を車で走ってみた。


P9120009s_201709122202260a7.jpg

もうすぐ日が沈む。
今日は夕焼けがとても鮮やかだった。
この川は利根川。


P9120010s_20170912220228563.jpg

日の沈むのは早い。


P9120012s.jpg


P9120011s.jpg

夕日を追いかけようと思ったが、すでにあたりはだいぶ暗くなっていた。

この写真の右側は常陸川で上流が霞ケ浦に続く
左の土手の向こう側は利根川が流れている。


霞ケ浦の自然 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2017/09/12 22:17
 | HOME | Next »