fc2ブログ

西蓮寺の銀杏黄葉は見ごろ

 11月から12月の師走に入って、今年も残すところ1ヶ月を切った。
しかし、日本列島を爆弾低気圧が通過して、1日の早朝はまだ結構天気は荒れていた。
また、夜来風雨の声が凄まじく、このあたりの遅い黄葉も葉を散らしてしまわないか気になった。

この日は、銚子へ仕事で朝から出かけたが、家を出る時は空はすべて黒い雲で覆われ、時々雨も降っていた。
途中、行方市にある西蓮寺の大銀杏の黄葉が、毎年この頃が見頃であるので、天気はまだ回復していなかったが様子を見に立ち寄った。

PC010699s.jpg

雨は上っていたが、周りにはまだ水溜りや落葉が目に付く。
天台宗、西蓮寺:別名 常陸高野山

PC010700s.jpg

山門は最初は2階建ての楼門だったという。左右に仁王像が置かれている。
強風雨が吹荒れた後の境内は人の気配もなく・・・・

PC010701s.jpg

境内の上ると、ハッと息を飲むほどの大銀杏が葉を黄色に染め、また地面には一面の黄色のじゅうたん。

PC010703s.jpg

大きな銀杏の木が2本。
千年近い年月を感じさせてくれる。

PC010705s.jpg

木の下の黄色い絨毯は、昨夜降った風雨の影響か?
ただ、まだ銀杏の葉は元気。今週末がちょうどまだ間に合いそう。
土日は結構カメラマンが多いが、こんな爆弾低気圧の直後には人はほとんど訪れていない。

PC010707s.jpg

元寇の勝利を記念して立てたという国の重文である「相輪橖(そうりんとう)」もこのイチョウの葉と共に見上げてみると良い。

PC010714s.jpg

薬師堂:ここには県の指定文化財の薬師如来が祀られている。

PC010719s.jpg

今週末はまだ間に合いそうです。
是非訪れてみてください。

小美玉・行方地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/12/02 14:58

銚子のマンホール

PB100646.jpg

銚子市のマンホールデザインはほとんど同じ。
最近はきれいな色つきマンホール蓋となっているが、昔から変わらない。
真ん中にかもめとそのバックに犬吠崎灯台、周囲をイワシと波である。

ただ、文字の位置が少し違うパターンもあったりするようだ。

この写真の場所も結構古そうだ。
銚子電鉄の本銚子(もとちょうし)駅の北側、清水町附近。

昔あった天狗湯辺りを散策して見かけた。



銚子 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/11/29 10:40

こんなところに・・・

 今日は”ふるさと風の会”の定例会日。
毎月印刷日とあわせて2回の集まり日だが、集まったのは2人のみ。
これでは会合にならない。
確かに集まりの優先順位は低いのだろうが、やはり先は長くは続けられないのかもしれない。

12月号の発行は1週間先の12月4日だ。
原稿はまだ半分しか集まっていない。

何か少し淋しさが漂う。

先日から歯医者に通い始めた。
コロナの始まった頃に、前に歯に被せていた金属が取れてしまった。
直ぐに歯医者に行けばいいものを、コロナも最初のうちは歯医者も危ないなどといわれて、そのまま1年以上もほおって置いた。
でもコロナも大分減って、こちらも心配になり又しばらく歯医者通いが始まった。

さて、これからどうするか・・・・
12月1日発行で2冊の本を作った。

・千葉県の難読地名(A5サイズ 約250ページ)
・常陸国の源平合戦(B5サイズ 約140ページ)

毎年1~2冊を発行したいと思っているが、これも結構根気が必要だ。

PB270690.jpg
(リラックマ:Rilakkuma)

PB270691.jpg

数年前にお茶のペットボトルに付いていたボトルカバーを痛んできた事務用チェアーの肘掛けのカバーにつけてみた。
合成の皮がはがれてきてみっともないので、汗も吸ってくれて洗濯もできるので夏場は特に便利。
タオルなども使ってみていたがこれもいいよ。

普段一人だけなので格好は気にしない。
結構気に入っている。(笑)

あ、背もたれ部分もはがれてきて、こちらは座布団カバーだ。少し格好悪いかな。
もう少し考えよう。まあ張りなおしも出来そうだが、だめになれば新しく椅子を買いなおそう。


近況 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/11/27 14:59

ブラックフライデー

 最近ネットではバカに「ブラックフライデー」という言葉が目立つようになってきた。
ブラックというと少し暗い悪い日のようなイメージを持つが、これは赤字・黒字の黒を意味するので良い事らしい。
勤労感謝の日は日本では11月23日だが、アメリカはサンクスギビングデーで11月の第4木曜日。
すなわち今日だ。
そして、明日がこのブラックフライデー(黒の金曜日)になる。

この日は何処も安売り競争となり、そのままクリスマス商戦がスタートするという。
多くの企業がこの金曜日を休日として、日本の5月連休のような4連休となり、1年で一番物が売れる日だという。
こんなコロナ渦で、ネット商戦にこの割引、お徳な物を売り出そうと、あちらこちらでこの言葉が踊り始めた。
これも少し前のハロインが日本に入り始めた頃に似ている。

日本は10月末に騒いで、11月末にも騒ぎ、年末にもう一騒ぎさせられるのか・・・・・・

まあ、わしらのような年寄り世帯には何のことか分らずに「じっと手を見る」でいるしかないかな。

PC080005s_20211125101035a23.jpg




日々随筆 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/11/25 10:11

勤労感謝の日

 今日は2021年の勤労感謝に日。
昨日は11月22日でいい夫婦の日だとか・・・・。 まあ語呂合わせもまあこれくらいはいいかな。

日本の勤労感謝の日は昔は新嘗祭(にいなめさい)で皇室ゆかりのイメージが強いので、終戦後に分離されて感謝の日となり頭に「勤労」とつけたという。
勤労というとメーデーなどのイメージがあるが、特に勤労者を指す事ではないようだ。
誰でも、働き、収穫を感謝するというのだが・・・

この勤労感謝の日が祝日として施行されたのは昭和23年というから、私の生まれた年だ。73年にもなるという。

昔、企業戦士としてがむしゃらに働いて(本人が思うだけだが・・・)きた頃、私の勤め先では、この日はゴルフコンペの日であった。
ゴルフをする人は、皆参加して楽しんでいたが、やらない人間は仕事に没頭していた。

休みでも結構暇なしだったので、殆んど出勤していたように思う。
今から考えれば、もう少し能率のよい仕事を覚えて、楽をするようにすればよかったなどと後悔してもいる。

一度手術をして1ヶ月ほど仕事を休んだ事があったが、「自分がいなければ」などというのは、自分自身の幻想にしか過ぎないとも思わされた。
その、社内でもデジタル化を中心とした仕事の合理化にのめりこんだ。

1)紙の手持ちの資料は持たない。机の引き出しにはファイルを溜め込まない。
2)あらゆる紙の資料は電子化し、その資料をサーバーに保存して、部内の過去の資料は全てなくす。
3)資料を探す手間を極力なくすための資料検索の仕組みをプログラム化する。
4)マイクロフィルムはpdf化して紙のpdf資料と共に検索で直ぐに見出せるようにする

こんなことを思いながら一人奮闘していたのはもう15年ほど前になる。
しかし、今、政府がデジタル化を何かゴチョゴチョ叫んでいるが、役所などを見ているとなかなか思うようには進みそうにない。
根本的にわかっていないように思えてならない。

Word と Excel の使い分けもままならなければ成功もおぼつかない。
数字は半角統一。 カタカナはHPなどでは半角は使わない。
EXCELのセルには1つの情報を入れる。 1文字ごとのワープロ使用のようなことはやらない。
1行に1データを入れる。項目は列単位で統一する
データの有効活用には、セルの結合はなるべく避ける。
など基本的な理解がないとデジタル化は失敗する。これは自動処理が上手くできないためだ。

さて、こんな愚痴ももう役に立ちそうにないが。

アメリカでは勤労感謝のに日相当する者は「サンクスギビング・デイ」となるというが、
11月の第4木曜日。今年は11月25日だ。
どの家庭でも七面鳥を焼いて親などと共に家族で過ごすという。

Thanks.png

先日バイデン大統領が2羽の七面鳥(タ-キー)に恩赦を与えたというニュースが流れた。
以前は2羽のうち1羽に恩赦を与えたというが、実質は2羽共に余生を無事過ごすようにしていたというから、特に今年に限った事でもないのだろう。
いかにもアメリカ式だ。
あまり七面鳥を食べない日本人にするとこんな行事さえも何か残酷にも見えてしまう。

まあ、丸々太ったターキーの肉は1羽10ドルもしないらしい。
こんなもの食ってる人種と昔戦争して、進め火の玉などといって総玉砕へと間違った方向を強制したのも、最近は又復活の兆しが見え始めている。
何とかならないものか。



日々随筆 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/11/23 14:44
 | HOME | Next »