芭蕉の月見の寺へ再び・・・

 松尾芭蕉は禅の師として親交のあった仏頂禅師の招きで鹿島詣でを兼ねて中秋の名月に鹿島地方を訪れました。

仏頂禅師は鹿島神宮に近い「根本(こんぽん)寺」の住職をしていましたが、その時は根本寺の住職は弟子に譲って、野に下っていました。

その場所が現在の鉾田市阿玉にある大儀寺(おおぎじ)です。

芭蕉の書いた鹿島紀行には
「根本寺のさきの和尚、今は世をのがれて、此寺におはしけるといふを聞て、尋入てふしぬ」
と書かれていてどこだかわからない。

多くの書物が根本寺を芭蕉の訪れた寺として紹介している。
しかし、やはり当時もこの北浦をさかのぼったあたりだったのではないかと思う。

PB130006s.jpg

ここは俳句会の建てた句碑(自分たちの句)が竹林の中にずら~と並んでいる。

PB130007s.jpg

なかなか趣のある竹林で、このあたりでは珍しい。

PB130008s.jpg

あまり訪れる人は少ないようだが趣のある寺だ。

PB130011s.jpg

門は南側にあるが、車などで来ると北から入るので、昔の道がわかりずらい。

PB130024s.jpg

芭蕉たちは月見の前に雨が降っていてひと眠りしてから月見をしたことになっている。
まあ実際に月見ができたがどうかはわからないが、俳人にとっては月が見えなくてもきっと見た気になるのかもしれない。

  月はやし梢は雨を持ながら      桃青

  寺にねてまこと顔なる月見かな    桃青

PB130029s.jpg

寺の境内には仏頂禅師の供養塔「仏頂塔」がある。

芭蕉が奥の細道の旅の途中に立ち寄ったところに大田原市の「黒羽(くろばね)」がある。
場所は旅の途中の逗留期間としてはこの黒羽が最も長く14日間もいた。

何故こんなに長く逗留したのかというと、この古刹の「雲巌寺」の裏山で、この仏頂禅師が修業中に草庵を作って禅の修行をしたといわれており、深川に禅の心を教えてくれた仏頂禅師の修行場所にとどまって居たくなったのかもしれないのだ。

  木啄(きつつき)も 庵(いお)は破らず 夏木立

上の句は仏頂禅師の山居跡を訪ねた時に詠んだ句です。雲巌寺の境内に石碑があります。

(きつつきも和尚の徳に敬意を払って草庵も壊さずにいるな~ という程度の意味か?)

雲巌寺も数年前に行きましたが、素晴らしい寺です。
お近くに行ったら是非立ち寄っていただきたいものです。

 雲巌寺に記事 ⇒ 記事(1)記事(2)




鉾田 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2017/12/04 22:48

千住宿場

 <行春や 鳥啼 魚の目は泪>

 これは芭蕉が「奥の細道」で旅立ちの時に詠んだ句です。

 (千住旅立ち:元禄2年3月27日)

彌生も末の七日、明ぼのゝ空朧々として、月は在明にて光おさまれる物から、
不二の峰幽かに みえて、上野・谷中の花の梢、又いつかはと心ぼそし。
むつましきかぎりは宵よりつどひて、舟に乗て送る。
千じゆと云所にて 船をあがれば、前途三千里のおもひ胸にふさがりて、幻のちまたに離別の泪をそゝぐ。
 
行春や鳥啼魚の目は泪

是を矢立の初として、行道なをすゝまず。
人々は途中に立ならびて、後かげのみゆる迄はと、見送なるべし。

芭蕉蕪村
(蕪村が書いた芭蕉旅立ちの絵)

さて芭蕉は東北への旅立ちで、まず門人たちと船で深川から隅田川をさかのぼり、千住の宿にやってきました。
千住は隅田川と荒川とにはさまれた地帯で当時の江戸では品川に次ぐ大きな宿場でした。
北への玄関口だったのです。

当時のこの宿場町には約2400軒の家屋と、人口は1万人近くもいたといわれています。
本陣が1軒、脇本陣1軒、旅籠は55軒ほどあったそうです。

その本陣跡に先月偶然行ってきました。
友達のライブ会場のすぐそばだったのです。

北千住駅から歩いてすぐです。

PB110004s.jpg

道路にはめ込まれた千住宿の案内タイル。

PB110006s.jpg

北千住駅西口から西にまっすぐ伸びる道を最初の信号の右に一つ入った路地裏に看板があります。
そして地図の緑色の場所が本陣屋敷があった場所です。
かなり広いですね。

ライブ会場はこの本陣跡地に建っていたことになります。
そして、ちずの赤丸の部分が「見番跡」となっています。

なかなか興味深いですね。
説明によると「江戸時代から千住宿は遊女を置いていい旅篭が50軒ほどありました。めいじになりこれが禁止されると千住芸妓組合が成立し、その事務所(見番)がこの地に置かれました。花街が千住柳町に移転させられた大正8年以降も昭和18年まで営業していたといいます。そのためこの通りを「見番横丁」といっていたそうです。」
と書かれています。

まあ岡場所なんていってもう知っている人は少なくなったでしょうね。
政府が公認で遊女を置いてよい宿場は4つあったのだそうです。
「品川宿」「板橋宿」「内藤新宿」とここ「千住宿」です。もちろんこのほかに遊郭として「吉原」がありました。

これらは政府の公認があり、その他の宿や食べ物屋などは禁止されていたのです。
そうはいってももぐりはあって「あいまいや」などというものが存在していたのでしょう。

PB110027s_201712012119332cc.jpg

この通りが「見番横丁」で、写真奥の左側に「見番」なる芸妓組合の事務所があったようです。
右側は本陣のあった場所です。

PB110028s_201712012119355b6.jpg

さてもう一つ、この見番通りと交わる通り(一方通行)は「旧日光街道」となっています。
今はいろいろなお店が並んでいます。

PB110029s_2017120121193791e.jpg

この先が日光や奥州へ繋がっていたようですので、芭蕉も門人「河合曾良」とここを通って行ったのでしょうか。



街道その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/12/01 22:23

穴寺

 国道354号線を鹿行大橋で北浦を渡り、そのまま東に進んで昔の飯沼街道と呼ばれる県道242号線との交差点「大蔵」信号手前に通称「穴寺」と呼ばれる福泉寺という臨済宗の寺がある。

もう1か月ほど前になりますが、立ち寄りました。
前にも紹介していますが、今回はこの寺が旧飯沼街道に近いことが気になり再度訪れてみたのです。

この寺は穴寺というように通り沿いにある寺の門をくぐると道は一気に谷底に下るように急降下します。
車も下まで通れますが、入口に置いて歩いて下りました。

なぜこの寺を取り上げるのかというと、この寺のご本尊「釈迦如来像」が国の重要文化財に指定され、鎌倉時代に作られた清凉寺式仏像の顕著な作品だと知ったからなのです。

まあこの仏像はコンクリート製の保管庫に保管されていて年に1度しか公開されませんので、拝観するにはその4月の公開日を待つしかありません。

PB020026s.jpg

fukusenji_1.jpg

これがその清凉寺式釈迦如来立像です。

鉾田市のHPに載っている説明には
「福泉寺の釈迦如来立像は、鎌倉時代末期に春日仏師が製作したといわれています。槍材の特色を生かして金箔や漆を塗らない素地仕上げになっています。玉眼や眉間の白毫(びゃくごう)には水晶をがはめられ、螺髪(らはつ)と呼ばれる頭髪は、縄状に渦を巻くように刻まれ、像身の半円を描くような平行線の衣紋は実に美しく、異国風を感じさせます。また、如来像を囲むような金色の光背には、左右合わせて十二体の仏が浮彫りされています。毎年4月8日、一般に開帳されます。」

と書かれています。

清凉寺式仏像の特徴は像の下半身の衣の表現方法だと思います。
2本の足がはっきり分かるように真ん中に縦にU字型に彫り込みがされています。
またこの像の光背には12体の小さな仏像が彫られています。


この説明で気になるのは「春日仏師が製作した」と書かれていることです。
春日仏師って何者?

いろいろなうわさがありますが、あまりはっきりしたことがわかりません。藤原氏の建てた奈良の春日大社との関係?
鎌倉時代に運慶や快慶などの奈良興福寺を中心に活躍した慶派仏師などとは別に奈良に仏像製作を請け負う仏師「春日仏師」とよばれる仏師または仏師集団がいたようです。

ではこの等身大の仏像がどうやってこの鉾田(北浦)地方に運ばれてきたのでしょうか?

どうもそこには「忍性(にんしょう)」などの影響がありそうなのです。

つくば市の北条の町に近い「小田城跡」が国の史跡に指定され、公園として整備されました。
公園の中をつくばりんりん道路が走っていますが、そこに小田城の歴史を紹介する展示館がオープンしました。

鎌倉時代に「忍性」がこの小田氏のところにやってきて「極楽寺」という七堂伽藍を持つ大きなお寺が作られました。
現在は宝篋山登山のコース「極楽寺コース」として名前が残っていますが、当時のものとしては大きな五輪塔が一つ残っているだけです。

現在この展示館で忍性が取り上げられて説明がされているようです。(まだ行っていませんが・・・)

この忍性がここを拠点に行方から北浦方面に仏教の普及に努めたようです。
私がこの北浦の地を廻っただけでもかなりの足跡を見ることができました。

忍性の足跡をもう少し探ってどなたか記事にしてもらえるとうれしいなと思います。

PB020019s.jpg

この谷底のような寺は下に恐らく昔は湧き出る泉があったのだと思います。
今も池(泉?)はあります。

PB020023s.jpg


PB020025s.jpg

鉾田 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/11/30 09:48

石岡駅の扁額(徳富蘇峰)に思う

 会社を辞めてから駅を利用する回数がぐっと減った。
東京へ行くときも高速バスの方が便利だ。
これは休みの日に利用することが多いので首都高の渋滞にあまり影響されないせいもあるし、バス停まで歩いていけることもある。

先日久しぶりに電車に乗った。

駅の改札の手前の上に掲げてある古びた木版の扁額をながめてきた。

少し見落としやすいが、看板も急に明るいところに掲げられて恥ずかしそうに見えた。

PB120003s_20171129042055b17.jpg

この扁額が「徳富蘇峰」の書から起こされたものであることは知っていたし、前にも何度か書いたことがある。

PB120002s2.jpg

今回はこの扁額の説明が、改札口通路の壁にステンレス板(?)に書かれて飾られていた。
この書かれた内容を読んで、かなりすっきりした。

石岡の歴史などというものを何度も書いたり、読んだりしてきているが、あまりこのようなことが書かれたものを見たことがない。
いやあったかもしれないが、最近こちらも見方が変わっているせいかもしれない。

各地域の神社などに書かれていたり、観光課などが説明書きを書いていたりする内容に間違ったものが良く散見される。

歴史とは事実を書いた記録だと思うのだが、街中を歩いていて看板を見かけると、どうもそこに書いた人の願望や確認されていない他の記事の「いいとこ取り」をしていて事実とは明らかにおかしなことが書かれていたりする。

でもこの説明はおそらく事実なのではないかと思う。
淡々と事柄がのべられていて残しておきたくなったのでとりあえずブログに掲載しておきたい。

PB120002s_201711290420539c3.jpg

「石岡駅改札上部にある木製の駅名標は、駅舎橋上化工事に合わせて、旧駅舎より移設した。
これは、徳富蘇峰が書したものを彫刻したものである。1951年(昭和26年)、当時の石岡駅長(笹谷和三郎)や石岡市の窪田婦久の要望により、蘇峰が89歳の時に書した。彫刻は、蘇峰の秘書、塩崎彦市が行った。当時、駅長から蘇峰に送った手紙が、神奈川県にある徳富蘇峰記念館で確認できる。
 徳富蘇峰は、1863年3月熊本県に生まれ、ジャーナリスト、歴史家、評論家、政治家として活躍し、1957年11月に94歳でその生涯を閉じた。
 なお、茨城県内に蘇峰が書した駅名標は、水郡線常陸太田駅にも掲示されている。これは1948年(昭和23年)、蘇峰が85歳の時に書したものである。この時の常陸太田駅長も笹谷和三郎であり、駅長の要望から当時の衆議院議員山崎猛の尽力により実現した。原書は、常陸太田市郷土資料館に保存されている。」

そのまま原文を書き出してみました。

さて、このブログはここでは終われないのです。
この常陸太田駅の駅名標を探してみました。

常陸太田駅

さて、どうですか? やはりこうして2つを見比べてみなければこの話も進展しませんね。
でもどうしてつくられたのが古い常陸太田駅の方が左から右の現代式で、石岡の方が逆向きなのでしょうか?

疑問や興味があればさらに調べなければいけないですよね。
これがこのブログの良さですから・・・・時間が足りないですね。

でも簡単に調べてみました。
そもそも日本語は縦書きと決まっていたのを横書きが始まった時にはどうも方向は決まっていなかったようです。

切符が左から右、出札口の表示が右から左、寝台車などの表記は左から右、汽車の行先表示は右から左などとかなりバラバラだったようです。

大正時代や昭和の初め頃の街中の看板表示なども多くが左から右の横書き(現代式)の方が多かったようです。
これが右から左に書くように変わったのは戦争中だというのです。

1942年(昭和17年)に文部省の指導では左から右の横書き(現代式)への統一指導が始まったようです。
でも戦争中であり欧米に合わせることに反対の意見が多くあり、これは浸透しなかったそうです。

かえって右から左の横書き(逆向き)が多くなった傾向にありそうです。
まあ野球の言葉もかなりへんてこな言葉がありますからね。
例えば「ストライク」は「よし」なんて言っていたそうですから。

新聞社では讀賣新聞社の「讀賣報知」が終戦後の1946年(昭和21年)1月1日から横書きを左から右の現在の様式に完全統一しています。

面白いものですね。戦前は皆右から左の横書きだったとばかり思っていましたが、調べてみることは大切なんですね。



あゝ石岡駅 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2017/11/29 05:37

最近はトント記事が書けなくなっています。

 このブログも始めて7年以上経過しました。
毎日欠かさず続けたブログも最近はカレンダーのマークがさびしくなりました。

地域に眠る埋もれた歴史、民俗などの記事はある程度のところまで来ましたが、まだいっていない近郊の地域などは手つかずでそのままです。

でも記事を書かないとどんどん寂しくなっていきますので適当な記事にもよろしかったらお付き合いください。

PB270004s.jpg

我が家の庭のドウダンツツジ? もすっかり赤く染まりました。

また先日出かけた銚子行きは雨でどこも立ち寄れず、少しうろついた程度です。

tegosaki.jpg

銚子大橋手前の波崎にある「手子后神社」(てごさきじんじゃ)へ立ち寄ってみたけど、写真のように誰もいない雨の神社もさびしいですね。

昔、この神社を特集して茨城県にある「手子后神社」を廻ったあの元気は今もうないのかな?
(手子后神社の記事は ⇒ こちら(童子女の松原伝説))

銚子は「日本の東のとっぱずれ」ということで、東の海を眺めてきました。
場所は「海鹿島(あしかじま)」の少し手前。

少し雨が降っていた寒い海もさびしいですね。

PB230002s.jpg

いくつか記事もあるのだけれど少し今はセーブします。

母の方は少し快方に向かってくれています。
元気になって春にはまた遠いところのひ孫にも会えるかな。




近況 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/11/28 07:37
 | HOME | Next »