錫高野は新緑に燃え水田に張られた水は光り輝く

 今日は昼から城里方面に久しぶりに出かけてきました。

山々は新緑がまぶしく、田には満面の水が張られ、あちらこちらで田植えも始まっていました。

今回の目的は旧桂村にある石船神社にまた行ってみたくなったのですが、途中で寄り道しながら行きました。

P4300028s.jpg

錫高野は山で「錫(すず)」が採掘された事からそれまで「高野」という地名に錫の文字が付いたといわれています。
佐竹氏にとって金山やこの錫なども重要な資源だったのだと思います。

P4300031s.jpg

この錫高野に来たのは明治初期に女性として初めての教師となった黒沢止幾(とき)が生まれたところであり、ここで寺子屋式に教えていた生家があると思ったからです。

あまりよく調べずに来たので近くまで行ったのですが生家はわからずじまいでした。
数年前にもうだいぶ荒れ果てて崩れそうな藁ぶき屋根の家でしたので壊れてしまったのかもしれません。

少し他を回ってきたので道がよくわからなくなり、残念ですがまた機会があれば調べてからまた来ることにします。

P4300029s.jpg

写真は錫高野に向かう途中でボタン桜と水が張られた水田の景色が素晴らしかったので車を停めました。

P4300032s.jpg

城里 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/04/30 19:32

潮社(いたのやしろ)

 鹿島神宮の境外末社にむかしの潮来(いたこ)の名前の元となった「潮宮(いたみや)」が祀られていると、このブログの読者の方から教えていただいて行ってきました。

記事にするのが少し遅くなってしまいましたが、行ったのはもう2週間以上前です。

場所は鹿島神宮の森の東側で「下津入口」信号を下津海岸方面に少し進んだ左側です。
すぐ先に臨界大洗鹿島線の踏切の手前です。

踏切を渡って海岸方面に行くと「高天原」という地名の場所があります。

P4060025s.jpg

鹿島神宮の森はかなり広くてこの神社があるあたりまで続いていたと思いますが、現在は道路などで削られて、この神社の周りも住宅街になっています。

P4060027s.jpg

通りに面したところに鳥居が立っていますが、そこから森の中に参道があります。
森といってもこの神社の敷地のみが残されているといった感じで、すぐ森の木々の間から向こう側の家や通りを走る車などが見えます。

P4060028s.jpg

鹿島神宮の末社に数えられていますが、境内の外にあるので境外末社というようです。
比較的敷地もありますが、手元の地図には神社マークも書かれていません。

P4060029s.jpg

P4060030s.jpg

P4060033s.jpg

神社の説明も日本語以外に英語、中国語、韓国語が併記されていました。

読みづらいと思いますので日本語のところを抜粋して書いておきます。

「潮社(いたのやしろ)は潮宮(いたみや)とも呼ばれ、鹿島神宮の末社で、高倉下命(タカクラジノミコト)を祀っています。神話の中で、神武天皇が日向を発ち東へ進み大和へ向かったとき、長髄彦(ナガスネヒコ)の抵抗にあい、熊野山中で危機に陥りました。このとき高倉下が神武天皇のもとに師霊剣(フツノミタマノツルギ)を持参したとされ、その霊力により軍勢は毒気から目覚め、活力を得て戦に勝利、日本の建国に大いに貢献したとされます。荒ぶる神を退ける力を持つ、この剣は武甕槌命(タケミカヅチノミコト)が葦原中国(あしはらなかつくに)を平定したときの剣です。
 ところで、鹿嶋の隣まち潮来の地名ですが、古くは伊多久(いたく)とか板久(いたく)と称し、その後に板来と称していたのですが、1698年に水戸藩主徳川光圀の命で潮来に改称しました。それは光圀が鹿島に潮宮があって常陸の方言で潮を「いた」と読むことに関心を示したことによるものです。

この潮社がこの地にいつから祀られているのかはよくわかりません。
小美玉市倉数にある潮宮(いたみや)神社は鹿島地方にあった潮宮が992年に移されたと伝わっています。

どちらも祭神は高倉下です。


鹿島神宮 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/04/28 14:14

本つくりはやっと一服

 このブログ記事を中心に「地域に眠る埋もれた歴史」シリーズの小冊子本も昨年24巻までこぎつけ販売に至りました。

このような本に興味を持っていただければそれでうれしいとほぼ原価に近い金額(1冊500円)で価格を設定しましたが、今年になってかなりのスピードで在庫が無くなり、増刷に追われていました。

委託販売などをしていますので実収入はかなり減ります。

カラー写真を記事内に乱発しているので素人手作りではどうしても割高になってしまいます。

心苦しいのですが、今度の製作分から100円値上げさせていただきました。

石岡の図書館にもかなり多く(全部で82冊)おいていただきました分を合わせてここ2か月くらいで約200冊くらい作りました。

もう疲れてしまいましたのでここで少しお休みです。


P4260001.jpg

作るたびにプリンターも壊れるし、インク代も飛んでいきます・・・・・・・・。

P4260002.jpg

たくさん増刷する本ではないし、本当に希望する方だけならそれほどいないと思っていましたが、少し誤算でした。

何か形になるもので残しておきたいとの思いだけが先走っていきます。

6月11日に石岡市の「ひまわりの館」でことば座公演と風の会展を行います。
その時に展示する予定です。

書籍 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/04/26 20:12

横利根閘門

 霞ケ浦から流れ出す川は常陸川(常陸利根川)で、これは牛堀から潮来を通り約20kmほど先で利根川に合流する。
しかし、牛堀から利根川に直接つながる運河のような横利根川が流れており、利根川出口側に横利根閘門(こうもん)という国の重要文化財にしていされているレンガ造りの水門がある。

P4200036s.jpg

P4200037s.jpg

P4200039s.jpg

P4200038s.jpg

水門はくの字型に前後に開く。
昔の霞ケ浦と東京を行き来した蒸気船の寸法を考慮した設計がなされている。
船は前後の水門の間に入り水面の高さを調節する。

P4200040s.jpg

この場所はきれいな公園になっていてじっくりこれを眺めることができる。
閘門の東側に駐車場があっていつでも近づいてみることができる。

P4200041s.jpg

P4200042s.jpg

P4200045s.jpg

この赤レンガ造りはやはりいいものだ。
今のコンクリートつくりではやはり味気ない。

P4200033s.jpg


P4200034s.jpg

今は桜もすっかり散って、新緑がまぶしい。

霞ケ浦の自然 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/04/24 23:08

古墳とハス田

 大井戸公園を後にして国道355線に出る前にもう一つ立ち寄っておきたい場所がありました。

P4200019s.jpg

この変わった形の古墳です。
まわりはハス田です。

P4200020s.jpg

玉里の名前の由来はヤマトタケルが「よく(水が)溜まれる場所だ」といった事から来ているといわれる。
このためもあり、このハス田は霞ケ浦沿いにたくさん広がっている。

田余(たあまり)村 から 玉里(たまり)村 に変わったのも1955年なので、そんなに昔のことではない。
またこの玉里地区にはたくさんの古墳がある。
その中でもこの古墳は変わっている。

古墳の上には神社の鳥居があり、小舟塚神社という。

この古墳が昔は前方後円墳だったらそうで、半分以上が削られてこんな形で残ったものだそうだ。

P4200023s.jpg

前に来たときはまわりのハス田は水が凍っていた冬だが、今はレンコン掘りもまだおこなわれていた。

P4200024s.jpg

レンコン掘りも5月頃でほぼ終わりとなるだろう。
寒い冬の水作業で大変。
でもこんな春の陽気ならそれほど辛そうには思われない。

玉里地区 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/04/22 07:45
 | HOME | Next »