FC2ブログ

実際にあった話し(外川の伝説)

 先日銚子電鉄の終点である外川(とかわ)に行って、ランチを食べたのですが、この食事処「見晴」の店の前に石の供養塔が建っていました。

P9110057s.jpg

「外川港 大納屋阿姫供養塔」と彫られており、背後には塔婆が数本置かれていました。

P9110066s.jpg

裏になにやら謂れが書かれていますが、よく読むことが出来ません。
塔婆は令和2年のものもありましたので、今年も供養が行われたようです。

内容が気になりネットで調べて見ました。

コトバンクより
 大納屋おさつ(おおなや おさつ)

「紀伊(きい)湯浅(和歌山県)の人。
力持ちで,常陸(ひたち)(茨城県)飯貝根(いがいね)でイワシ漁船の水手(かこ)をしていたが,下総(しもうさ)外川(とかわ)(千葉県)の網元大納屋次郎右衛門の後妻となる。
不漁がつづいた安永3年,故郷の紀州にかえる夫に置き去りにされ,精神異常となる。
漁師たちに迷惑がられ,享和2年3月8日大桶にいれられて沖に流されたとも,生き埋めにされたともいう。」

とかなり物騒な事が書かれています。

これが、銚子妖怪伝説「海んばおさつ」となって語られているようです。

享和2年(1802)ですから、今から200年以上前の江戸時代の話です。

説明に出てくる飯貝根(いがいね)というのは地名というより、「大きな岩礁」の場所を指す言葉のようです。
銚子では利根川河口を望む領域を一般には言っているようです。
常陸の飯貝根ですから、川口の向こう側の波崎地区でしょうか?

言い伝えによれば、力持ちで女相撲取りのような女性(おさつ)が網元「大納屋次郎右衛門」の後妻となった。
外川は銚子で一番早く港ができたところであり、これを開発したのは1656年に紀州からやってきた崎山次郎衛門で、紀州からたくさんの人をこちらに呼び、町を築いて、イワシ漁で栄えたといわれています。

そんな港でも不良の年があったのでしょうね。
それを嫌ったかどうか分らないが、大納屋次郎右衛門は紀州に帰ってしまったようです。
夫が紀州に帰ってしまってから3年。
そして、残された「おさつ」は半狂乱となり酒を飲んでは暴れ、誰の手にも負えなくなった。

そこでそこの両師たちが相談して桶に入れて砂浜に埋めて殺害してしまった。

しかし、それからこの亡くなった命日(3月8日)は決まって海は大時化となり漁がまったくできなくなったともいわれ、地元の両師たちがこの供養塔を建て、毎年供養を続けてきたのだといいます。

伝説では桶に入れられて海に流され、死体が波崎の海岸に打ち上げられ、哀れの持った地元の人達で波崎にある「(常葉山)宝善寺」に葬られたともいう。
この寺には、今もお墓が残されているそうです。
近くは時々行くので、今度一度お墓参りをしておきましょう。

何か伝説と実話が合わさり、その後の人達に語り継がれてきたようです。
銚子の伝説は安倍晴明と延命姫伝説などがあるが、この外川に残されたお話が悲しい話しが、伝説として数百年後にはどのように変化していくのでしょうか。



銚子 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2020/09/14 12:02

夏から秋へ(三昧塚古墳)

 昨日朝からまた出かけた。
まだ少しは仕事があるということは幸せともいえるが、次第に等距離は疲れるようになってきた。

朝から地平線からは行く手に入道雲がモクモク湧き出していた。

霞ケ浦沿いの道を進むと、行方市に入ったところに綺麗に形を整えられた三昧塚古墳がある。

上空の雲もあまり見かけない雲になってきた。

やはり少し立ち寄って行こう。

sanmaitsuka01.jpg

古墳の上には秋の雲が放射状に広がる。

その下にはまだ夏の雲だ。

sanmaitsuka02.jpg

まわりの田んぼも稲刈りはだいぶ進んだ。
遠く筑波山は厚い雲の下だ。

sanmaitsuka03.jpg



霞ケ浦の自然 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/09/12 17:13

こんこんギャラリー 佐藤宏美 祈りのかたち展

 今日は暑くなりました。
昼前に、今週から始まった「佐藤宏美 祈りのかたち展」へ行ってきました。

拾ってきた流木に手編みで流れるように、またクルクルと回るように糸で編み上げた色々な形が独特の世界観を表現しています。

P9040042s.jpg

この流木から何をインスピレーションしたのでしょうか?
人それぞれかもしれません。
少し下のアングルから見上げてみました。

P9040043s_202009041743002e3.jpg

ソフトで少し古風なイメージを持つ手編みの飾りと古木とが融合し、独特の優しさ・柔らかさが生まれる。
「祈りのかたち」・・・この場所でゆったりした風と戯れたい・・・・そんな気分にさせてくれる。

P9040045s.jpg

P9040048s_20200904174303f34.jpg

P9040050s_202009041743077b5.jpg

P9040053s_202009041742556ea.jpg

この地にいろいろな芸術作家さんがおられる。
皆さんにも知っていただきたい。

私もこれからこうして展覧会にもまたお邪魔していこうと思う。
こんこんギャラリーを応援していきたいと思う。

こんこんギャラリーブログは ⇒ こちら

八郷地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/09/04 17:57

夏の終わりにまたあの石の仁王さんに会いに!

霞ケ浦水運で運ばれた石の仁王像。また見たくなり昨日立ち寄った。

場所は小美玉市栗又四ケ寺は無くなったが長年風に耐え、睨みを利かせて立ちすくしている。

P8310104s.jpg


夏の終わりにセミの抜け殻が何故か可愛い。

niouzou01_20200901173417414.jpg


大分などには多い石の仁王像も関東地方などではとても珍しい。

niouzou02_2020090117341441b.jpg




小美玉・行方地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/09/01 17:37

夏も終わり秋の気配か?

 昨日は8月の最後の日。
朝からまた仕事で銚子に出かけた。

いつもと違い、かなり朝方の気温は涼しくなった。

いつものように霞ヶ浦の北岸に沿って車を走らせる。
道路の周りは水田や蓮畑が続く。のどかな景色である。
道路もあまり混雑する事は無いが、それでもところどころで道路工事が行われていた。
利根川を渡る常陸大橋も水門上の道路の補修工事で片側通行となり少し待たされた。

田には一面黄金色に稲が実り、もう稲刈りを待つばかりのところが多く見られたが、少し行くと潮来から先はすでに稲刈りが済んだ田んぼが散見された。
またコンバインが何ヶ所かで動いているのも確認できた。

今はこの機械で脱穀まで全てできる。楽になったものだ。

そんな中、霞ヶ浦周辺はレンコン栽培が盛んで、今迄夏の朝方には白やピンクがかった可憐な花が上を向いて咲き誇っていたfが、これもかなり少なくなってきた。

それでもまだ夏が恋しいと花を咲かせていた。

P8310107s.jpg

P8310109s.jpg

蓮の花はそれにしてもきれいだ。
極楽浄土に咲くと思われていたのも分る気がする。

今日も気温はかなり過ごしやすくなっている。
これくらいの陽気が続いてくれたらよいのだが、ここ数年台風もやって来ており、心配になる。

今週土曜日は、ふるさと風の会の印刷日。

昨夜8時頃に家に戻ったが、やっと最後の会員3人ほどの人の原稿(9月号)が届いた。
今朝は手書きの原稿の方もおられるので、それをパソコンに打ち込み。(2ページ分ほど)
朝から午前中一杯かかりようやく終了。

自分の原稿を打つのは苦にならないが、人の原稿はどうも苦手だ。

今回も会報は24ページ(A3 x 両面6枚)となりそうだ。

白井先生が亡くなられてから、代わりに私が纏め編集などをしているのだが、結構大変だ。
先生もきっとイライラした思いもあったのだろうと思う。

まあ早めに編集を終らせよう。




霞ケ浦の自然 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/09/01 13:06
 | HOME | Next »