銚子と河童(1)

 千葉県銚子市というとイワシ、キンメなど海の漁港というイメージが定着している。

しかし、銚子は江戸時代初期に江戸湾に注いでいた暴れ川の利根川をこの銚子湾に注ぐ川に合流させたために、川の上流より大量の土砂が河口に堆積してこの河口に江戸中期ころから港町が形成された。

また霞ヶ浦を経由した江戸との荷物の荷上場や観光などの船着き場としても栄えた。

利根川の先端の町ともいえる。
銚子の利根川沿いの一つ手前の松岸には昭和初期まで華やかな遊郭が存在し、きっと夜やってくる船(蒸気船が就航する前は風が頼りのためによる到着する船が多かった)にもこの明かりがにぎやかに移ったことだと思う。

松岸の通りには花魁道中も毎日のように行われていたとも聞く。
でもこの松岸で扱っていた魚は海のものではなく川のものだったそうだ。ウナギなども捕れたという。

そんな利根川沿いには河童伝説が多く残っていて、この銚子にも河童の伝説がある。

P6200048s.jpg

銚子駅のまっすぐ北側の利根川岸辺には河岸公園という公園が整備されているが、ここには且て蒸気船の停泊場があった。
この河岸公園のすこし東側の漁船が停泊している近くに「母子河童の像」が置かれている。

平成7年にこの河岸(大新河岸)に伝わる河童伝説を町おこしに活用しようと当時の大内市長が中心となって「銚子かっぱ村」を立ち上げこの像を建設したという。

P6200047s.jpg

この母子河童の像は頭のお皿がなくリアルな人間の母子像としても見ることができる。
こうして後ろ側から見ると、港に向かって飛び出そうとする河童の子供の動きが躍動感にあふれている。

この像は水のきれいな処に棲む河童のためにもこの街をきれいな水の町にしたいとの思いが伝わってくる。

P6200049s.jpg


さて、ではこの銚子に残されているという伝説を探してみた。

<かっぱの民話>  (銚子市観光ナビより)


 昔荒野(現・中央町)に大新河岸と呼ばれる船着場があった。ここは、イワシの搾滓(しめかす)やコメなどを高瀬舟に積んで江戸まで運ぶ河岸としてたいそうにぎわった。回船問屋の蔵が棟をつらねて、その中にモリゴンという大きな問屋があった。
ある夜のこと、モリゴンの戸をトントンたたく音がした。番頭が起き出して、戸をあけようとすると「モリゴンさん、きょうお宅に泊まった客人が、わしの子をいじめた。なにも悪いこともしないのに、なんでカラカサなんかでたたいたんだ。そんなことよしてくらっせ」という声がした。
そして、ピタピタとぬかるみを歩くような足音が遠ざかっていった。番頭は、いそいであとを追いかけていったが、姿が見えず、やがて川岸でポチャンという何かが水に飛び込むような音がした。翌朝、泊まった客人に聞いてみると、きのうの昼、河岸で子河童をふざけてかまったことが分かった。やがて、その噂が河岸じゅうに広まった。河岸に働く人たちは、「河童は船を水から守ってくれるという。もういじめるのはよそう」と、戒めあうようになった。それからというもの、水におぼれたり、難破船がでたりすることがぱったりとやんだ。雨降りの晩など、通りをピタピタだれか歩くような音が聞こえると、「大新河童が見回っている」と河岸の人はうわさしあったという。

原話提供者   大内 綾子氏
採集・再話者   永澤 謹吾氏

ただいくら探してもこの話しか出てこない。
いつ頃の話なのかはわからないが、銚子の河童民話はこの話からまったく発展していない。
民話にそれ以降の息が吹き込まれていないのだ。
もったいないと思う。


P6200040s.jpg


P6200042s.jpg

河岸公園からまっすぐ伸びる道の先に銚子駅がある。
この通りも含め銚子の広い通りの両側は路上駐車が当たり前とばかり駐車している車が並んでいた。
これが、最近少し変化が出てきた。
この路上駐車をしないように市から通達されているらしい。
通りの飲食店などにも路上駐車遠慮くださいとの張り紙も出されるようになった。


P6200044s.jpg

P6200045s.jpg

(続く)

銚子 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/06/23 13:54

潮来長勝寺と菩提樹の花

 潮来のあやめ記事を載せていたら、是非6月半ば過ぎに長勝寺へいって菩提樹の花を見てくださいという読者の方よりコメントをいただいた。

そこで20日にまた潮来を通るので源頼朝ゆかりの古刹「長勝寺」を訪れてみることにした。

P6200003s.jpg

長勝寺の本堂の前に大きな菩提樹の木が2本植えられている。
その木にたくさんの可憐なオレンジ色の花が下を向いて垂れ下がっていた。

P6200002s.jpg

市の天然記念物に指定されているようで、かなりの古木。


P6200010s.jpg

もう1本はこちらの「勢至堂」の脇にある。

P6200005s.jpg

香りはあまり強くはないが全体に空気を和ましてくれるような香りだ。

P6200007s.jpg

釈迦が悟りを開いたとされる菩提樹の木とは少し違うようだが、なかなか堂々として気持ちを和ませてくれる。
今回教えてもらったが、あやめ祭りで潮来を訪れたらここにも立ち寄っていただきたいと思います。

本堂脇には「潮来駅家(うまや)跡」の碑もおかれています。

P6200008s.jpg

菩提樹の木の下に無縁仏供養塔が置かれています。

P6200009s.jpg


潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/06/21 15:51

ブログも今年8月で、7年になる・・・・・・・

 この「まほらにふく風に乗って」ブログも今年8月11日で満7年を迎えます。

ブログを始める前は

最初は「1300年の歴史の里石岡ロマン紀行」というホームページを2007年頃開設して、2008年6月にドメインを取得して地元石岡の紹介を始めたのですが、それから3年もするとこの紹介記事ではこちらの思いが伝わらないと思うようになりました。

そこで地元や周辺の史跡などを見てそこに吹く風の音や匂いなどの心象をもう少し伝えられるものはないかと思うようになりました。

そしてブログを検討してFC2で始めてみたのですが、最初のうちはテーマもなく、手探り状態でした。
毎日書くと決めて、まず1年、そして2年・・・・・・・ と続けていると自然にスタイルも固まりアクセス数も増えてきました。

また一人で書いているブログに、これを読んだ読者の方々から拍手やコメントを頂くことも増えて楽しさも倍増し、5年を一つの区切りと考えるようになりました。

昨年末よりブログを毎日更新することは「卒業」させていただき、現在はFBとブログ2本を使い分けながら適宜更新させていただいています。

今までの記録をまとめておきます。(自分の記録のためです)

<アクセス数>
・「1300年の歴史の里石岡ロマン紀行」(HP):約5万回
・FC2ブログ「まほらにふく風に乗って」:約62万回(PV)(1日当り約250回)
・Livedoorブログ「風にふかれて足まかせ」:約1万1千回(PV)

<記事総数>
・ブログ「まほらにふく風に乗って」:約2650件
・ブログ「風にふかれて足まかせ」:約200件

<掲載写真枚数>
・ブログ「まほらにふく風に乗って」:約13700枚(1記事当り約5枚)

やはり記事もマンネリ化してきています。これからこれをどう進めていくのか?
記事が不定期になった今でも毎日アクセスしていただいている方も多くおられそうです。
(現在は1日のPV数は1日約200回です)


ブログ7年を迎える8月まであとわずかです。

HPをはじめたきっかけも1~2年も続けばよいかな??
という程度の気持ちでした。

その当時はSNSもあまり発達しておらずHPもハードルが高かったので、行政のHPもまだまだ満足できる状態ではありませんでした。
そのため、一時的なつながりとして行政を保管できれば良いと思っていたのです。
ただ、世の中のレベルがどんどん向上する中でもっともっと情報を発信することはとても必要なことです。
今の状態はまだまだ不満足です。
これが満足できる状態に近づいたらこのブログも卒業できるでしょう。

ブログ記事を書籍にまとめたものも約30冊になりました。
しかしまだまとめていない地域の記事もたくさんあります。
あと5冊くらいはまとめないとなりません。

そっとブログを閉じることができるまでもう少しがんばっていきます。
これからもご愛顧のほどお願いします。

    by Roman

あいさつ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/06/19 11:46

梅雨とはいえ・・・・

 梅雨に入ったが厚い晴れ間があったと思ったら突然のスコール。
年々梅雨がはっきりしなくなっているように思う。

五月雨(さみだれ)、五月蝿(うるさい)、など梅雨は旧暦の5月。
各地で豪雨なども時々は起こっていたが、最近はこの頻度が上がってきているように感じる。
地球の温暖化とこれも関係するのだろう。

6月というので「6月の雨」の歌を2曲紹介します。

関西四国を中心に活躍されているシャンソン歌手別府葉子さんのオリジナル曲「六月の雨」
(ご本人がYouTubeにのせていますのでリンクさせていただきました)



もう1曲は小椋佳 さんの「六月の雨」
こちらは著作権のためYouTubeも問題があります。

 ⇒ こちらからPCの場合は視聴できます。

雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/06/17 09:27

潮来牛堀・長国寺にて

 国道51号線と平行に走る潮来市牛堀町の通り沿いに「長国寺」(ちょうこくじ)がある。
ここは行方四頭の一人島崎長国(ながくに)が建てた寺といわれている。

ここに芭蕉の医学の師と言われた本間道悦の墓があったと思ったのでまた探してみようかと思い立ち寄りました。
しかし今回も発見はされず。
(本間家はこの地から小川に移り、その後の本間家の墓は小川(小美玉市)の天聖寺にあります)

P6080008s.jpg

寺は曹洞宗の禅寺で落ち着いたたたずまいです。
入口参道は途中から車を進入禁止にしてこのような大きな蓮の花の鉢が並べられていました。

P6080010s.jpg

紫陽花も咲きだしました。

まあお墓を見て歩くのもあまり気持ちの良いものでありませんので、このような花に慰められて寺を後にしました。

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/06/15 07:22
 | HOME | Next »