fc2ブログ

三昧塚古墳から

 国道355号線を石岡から霞ヶ浦北岸沿いに進むと、小美玉市・小川を抜けて行方市に入ってすぐ左側に「三昧塚古墳」がある。
農村公園ともなっていて、古墳というと少し暗いイメージがあるが、ここは周りには木々も無く、カラッと明るく、陽射しもまぶしい場所にある。

堤防などの盛り土に使おうとこの小山を削っていたところを、たまたま通りかかった県の職員?が古墳である事に気付き、掘削をやめさせ、古墳調査がなされたという。
そこで驚く埋葬品が発見された。

古墳も中世頃にかなり盗掘が行われていたとする資料を見たことがあるが、ここは幸いにも盗掘がされなかったようだ。

今回、この前を通って久しぶりに天気も良く、上まで登ってみる事にした。

P9280932s.jpg

前方後円墳のきれいな形ではあるが、削ってからまた構築しなおしたらしく、形は人工的である。
しかし、周りに何も無く、芝生できれいに整形され、カラッと明るく古代の墓とはいえ、結構上に登ると気持がよい。

P9280933s.jpg

古墳には横の方に上へ登る石段がつけられている。

P9280943s.jpg

また、最近は外来種のタンポポに似た黄色い草花(ブタナ)が咲いている。

P9280941s.jpg

古墳の頂上に、この古墳から見つかった石棺や内部の装飾品の名称や、置かれていた位置などが描かれた石板が置かれている。
これは良くわかり参考になる。

もっとも有名なのが、②の番号が振られた「金銅製馬形飾付冠」である。
水戸にある県立歴史館に保存され、この歴史館でも普段はこのレプリカが作られて、展示されている。

P9280942s.jpg

この説明では「三昧塚古墳は、西暦五世紀末に築造された大型の前方後円墳である。豪華な副葬品と共にここに眠る人物は、近畿地方の勢力と強い絆を持ちながら、霞ヶ浦の水運を掌握し、行方地域を制した大首長であろうと考えられる。」と書かれていた。

昔はこの霞ヶ浦は大きな内海だった。
海洋民族もやって来ていたと思われる。
ただ、この馬の飾りの付いた金銅製の冠は、騎馬民族の流れとも考えられ、ロマンが膨らむのだ。
一昔前に「邪馬台国騎馬民族説」などという本がよく売れたことがあった。
1970年代後半だったか?

P9280937s.jpg

目の前の霞ヶ浦沿岸にポプラの木が植えられた場所がある。
ほほえみの丘と名付けられた場所だ。
砂場の復活のために防砂設備などを入れて工夫している。

P9280939s.jpg

前の国道を左に進むと正面にこんもりした小山が見える。
ここが沖洲古墳群の勅使塚古墳と呼ばれる場所だ。
茨城県で最も古い古墳かもしれないといわれているとか。
勅使が昔対岸からこちらに船で渡っていたかもしれないと良く想像するが、これもあまりはっきりした事はわかっていない。
ただ、昔からの言い伝えなどから奈良朝の初め頃までは勅使が美浦村あたりから舟で渡ってきたなどとも言われる。

この古墳群の一角に来年オープンを目指す「沖洲古墳群みんなの広場」を作ろうとされている方がいる。
詳細は ⇒こちら(GALLERY SAGA オフィス)

P9280936s.jpg

P9280934s.jpg

P9280935s.jpg

P9280946s.jpg



小美玉・行方地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2022/10/02 13:36

麻生港にて

 行方市麻生は旧麻生藩(新庄氏)があり、周りの水戸藩とは一線を画していた。
しかし、いま行方市と一緒になってみると、どこか淋しげに見える。

霞ヶ浦での漁の中心はこの麻生港であろうと、銚子に行くときに時々アサザの花見物(今は見ることが殆んど出来なくなっている)とともに訪れている。

P9280056s.jpg

町の大きさに比べて少し小さな船たまりがあるだけである。
すぐ近くに浅生漁業組合らしき建物もある。

P9280949s.jpg

P9280947s.jpg


しかし、こんな静かな雰囲気も好きだ。
朝日が湖の表面を照らし、キラキラと輝いている。

P9280951s.jpg

P9280953s.jpg

全く人の気配もなく、ひっそりとしている。

P9280954s.jpg

白鷺の一種か?
こちらもあまり人を警戒するようにもない。



小美玉・行方地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2022/09/30 09:46

潮来のコスモス畑

 昨日は2週間ぶりに銚子へ。
国道355号線を朝から霞ヶ浦沿いに車を走らせて向かいましたが、天気も良く陽射しもだんだんまぶしくなって・・・・
又発生した台風を気にしていたのですが、まったく雨が降る気配もありません。

道路端にはあちこちでコスモスの花が風に揺られていました。

ならば潮来の上戸地区の広大な休耕地に毎年コスモスが植えられていたことを思い出し、立ち寄ってみる事にしました。

今年は立て看板もありませんでしたが、一面のコスモスの花に圧倒されました。

P9280955s.jpg

上戸地区の常陸利根川土手の近く。
一面のコスモスが咲き乱れていました。

P9280956s.jpg

もう満開です。
いつもと年だと、満開を過ぎると自由に摘み取ってよいと、期間が書かれているのですが・・・
今年はこのたて看板が見当たりません。
でももう満開に近いですね。

P9280957s.jpg

いつも自由に摘み取りOKとなっていても、あまり摘み取る人がいないようです。
カメラを構えた人が数人いましたが、まばらです。

P9280958s.jpg

P9280959s.jpg

コスモスの花も可憐で秋の風に揺れて・・・・

P9280961s.jpg

毎年このような光景を欠かさずに眺められるのも何時まで続けられるのか・・・

P9280964s.jpg

仕事の前に少し目の保養、心の準備・・・いろいろ考えることはあります。

P9280965s.jpg

P9280963s.jpg

P9280966s.jpg


潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2022/09/29 15:58

茅葺き民家 大場ぶどう園様

 石岡市八郷地区には筑波流という独特の葺き方をした茅葺屋根の民家が今も多数残されている。
そのほとんどが、今もそこで生活され暮らしている。

先日、外は台風の雨が時々強く打ち付ける日であったが、お祭り見物に息子夫婦と孫娘が石岡に来たので、国の登録文化財に指定されている「大場ぶどう園」さんにぶどう狩りをかねてお邪魔し、少しは意見させていただいた。

P9240047s_202209251111572bf.jpg

上記は、平成19年2月石岡市発行の冊子「筑波山麓 茅葺き民家」(67P)である。
しかしこの冊子は今では恐らく発行されていないので入手は困難かもしれない。

P9240048s2.jpg

幾つか茅葺屋根の民家を紹介したパンフレットや地図などが昔発行されていた。
しかい、上に書かれているような注意事項が守られずに苦情が殺到し、これらの冊子などはお蔵入り状態だ。

私が訪れた石岡市佐久にある「大場ぶどう園」さんは、この冊子にも多くの写真入で紹介されている。
また、今も母屋に暮らしておられるが、果樹園の来客や、茅葺民家の紹介などでも快く応じてくださっいる。

今回は雨の降る中であったが、子供や孫はぶどう狩りで興じている中、あまり邪魔にならない程度に見学させていただいた。

P9180025s.jpg

民家入口

P9180026s.jpg

その上の屋根の茅葺模様(筑波流)

P9180028s.jpg

入口を入って直ぐ前に綿の木が展示されている。
また多くの本や、道具なども・・・

P9180030s.jpg

屋根の頂上真中の煙だし部分にも模様が。

P9180031s.jpg

屋根の右側上部の「キリトビ」。それぞれの民家で独自の模様や文字が入る。
大場家では色鮮やかな「松竹梅」の模様が描かれていた。
大場家住宅は江戸後期に建てられたらしいが、何年の建築であるかは資料が紛失していて分らないという。

P9180032s.jpg

この大場家住宅とぶどう園との間に蔵があるが、ここは「小さい村の小さな資料館」という看板が掲げられている。
地図には案内が書かれていたのでご主人に聞いてまいた。

P9180033s.jpg

私が見せて欲しいというとわざわざ蔵の鍵を開けて案内していただいた。

P9180034s.jpg

江戸末期のものから明治期のものなど多くの民具、機具や資料が雑多におかれていた。

P9180035s.jpg

また、入口外側にはおおきな木の樽があり、これは牛久シャトーから頂いたものだという。
確か牛久のワイナリーも一時撤退してバーベキューや資料館なども閉鎖していたので、その頃こちらに移された物だろう。
今は確か牛久も再開したように思う。

P9180036s.jpg

こういった茅葺の民家を維持管理するのは大変で、みずから小さな資料館などもされていることに頭が下がる思いがした。

ぶどう園の方にも親切に接していただきとても嬉しく思いました。
訪れて見たいと思われる方は、上記の注意事項を守って、お互いが気持ちよく接したいものです。

P9180017s.jpg

お土産に茹でたて熱々の栗をいただきました。


八郷地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2022/09/26 10:10

岩間山の天狗伝説3

 岩間山(愛宕山)に伝わる寅吉少年の天狗伝説。
江戸時代に平田篤胤が書いた「仙境異聞」に載っている。

この少年の晩年は子孫が、銚子で薬草湯の銭湯を開いたと伝えられ、この銭湯の場所を3年半前に調べ、紀行文を書いた。
 「天狗湯を探せ」 ⇒ こちら

このときはこんな素敵な話しに仕上るとは思っていなかった。
まったく緩やかな天狗湯探しで、銚子の町を理解する大きな助けともなった。
それから3年、これが音楽アニメとなって1話、2話とでき、とうとう3話が完成となったという。

その発表会が昨日(9/24)岩間の「体験学習館」という分校跡で開かれ、聞きに行って来ました。

P9240064s.jpg

今回は平田篤胤が書いた話しの続きで、実際に寅吉とその子孫がどのように暮らしていたのかを調査した内容となっています。
千葉県笹川(東庄町)で、薬草を使って病気治療や、諏訪大神で神職などもしていたという寅吉(後の名前を石井嘉津間)は、銚子の富豪西広重源さんの娘の病気を治したことから、銚子に移ることとなり、銚子で「天狗湯(二神湯)という薬草の銭湯を開いたという。
詳細は天狗湯を探せの記事を読めば分ります。

P9240065s.jpg

江戸末期の1859年銚子で嘉津間(寅吉)は妻や息子に銭湯をして行く事を伝え、天狗界へ旅立ちました。
今も天狗界で修行を続け、200年後に大天狗になって姿を表わすかもしれませんね。

P9240068s.jpg

今回のアニメやお話しに参加してくださった皆さんです。
いろいろ有難うございました。
これが更に大きな話題となって広がってくれたら嬉しいですね。

本日9/25(日)夜6:00から友部のトモアで講演があります。
もし参加してみたい方はトモア(0296-71-6637)へ連絡してみてください。

なお、1回目、2回目のアニメは
ホントにあった天狗のはなし1~寅吉物語~ YouTube ⇒ こちら
ホントにあった天狗のはなし2 ⇒ こちら

308053917_5402600709794574_6863501736516177035_n.jpg


天狗湯を探せ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2022/09/25 13:21
 | HOME | Next »