常陸国府の瓦蓮華紋

 石岡市の「ふるさと歴史館」で、瓦塚遺跡が国指定史跡に選定された事を記念して「瓦塚窯跡展」が8月1日より開けれています。

2階の展示場と1階奥に展示されていますが、茨城廃寺、国分寺、瓦塚窯跡の瓦の文様を見ていくと面白いことがわかります。
もう少し説明が書かれているとわかりやすいのですが、私も調べてもう一度訪れたいと思いました。

今日は少しだけ展示された写真を紹介します。

P8170004s.jpg

茨城廃寺の瓦。
7世紀後半と説明があり、国庁があったことを示す唯一の資料だと説明があります。
奈良時代は710年からですからこれはその前の飛鳥時代です。

国分寺はまだ建てられていませんので茨城寺が茨城郡にあったのですがここにこんな軒瓦の文様があったということの意味を理解しなくてはなりません。
この文様は調べてみると飛鳥時代に日本に仏教文化が伝えられ、奈良飛鳥寺の軒丸瓦に「蓮華文」が飾られ、その後この蓮文様が日本古代における軒丸瓦の文様の主流となったことがわかりました。
桜のような花弁で、蓮の中央の丸い花弁の中には模様がえがかれていないようですから「素弁蓮華文」のようです。
西暦596年に建てられた飛鳥寺と同じ系列に見えます。

ただ奈良から全国に、7世紀後半からは蓮弁の中に小さな蓮弁状のものが加わったものが中心になっていったようです。
7世紀末ころ建てられたといわれる茨城廃寺に、この昔の文様(花弁にもようがない)の瓦が使われていたのでしょうか?

P8170003s.jpg

さて、前の「素弁蓮華文」の瓦に並んで、きれいな蓮の文様の瓦が展示されていました。
常陸国分寺で使われた瓦文様のようです。

左側は7世紀後半に奈良県明日香村の川原寺で採用された「複弁蓮華文」と似ています。
また藤原宮の宮殿に採用された瓦に似ています。
この頃から瓦の大量生産技術が確立されていったようです。

P8170012s.jpg

瓦塚にはこの国分寺などの瓦を中心に瓦を焼いていた窯跡が34基発見されています。
文部科学省がYouTubeに公開したビデオがありましたのでリンクを貼っておきます。

瓦塚窯跡(発掘された日本列島2015):文部科学省


P8170007s.jpg

石岡市内 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/08/20 11:33

今年もダイダラボッチの里へ

 石岡市の東南にある井関地区の方に私がダイダラボッチの里と呼んで毎年訪れる場所があります。
今年も1日遅くなってしまいましたが8月17日午後に出かけてきました。

ここは江戸時代は水戸藩の領地でした。

全国で厄病が流行った時に部落の入り口に大人形を飾って厄病の進入を防ぐためにはじめられたといわれています。

P8170016s.jpg

代田地区の大人形。
乳、へそ、男根などにナスを使いますが、男根の根元はトウモロコシでつくられています。

P8170017s.jpg

梶和崎の大人形。
ここだけが16日ではなく少し早く飾られる。

P8170018s.jpg

古酒(ふるさき)の大人形

P8170020s.jpg

長者峰の大人形。 個々のものが一番大きいようだ。
森の入り口にあり少し不気味だ。

P8170019s.jpg

千葉や新潟・秋田などには大きな藁人形を飾る風習が残っていて、これは「鹿島様」と呼ばれている。
しかしこちらは地元では大人形と呼んでいる。

しかし代田にあることもあり、またこのあたりにも水戸の大串貝塚に伝わるダイダラボッチ伝説と同じようにダイダラボッチの足跡というのも残されていて製鉄の跡などとの関連も言われて面白い。

また今年もこの大人形に会えてうれしかった。

高浜・三村地区 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/08/17 23:12

孫を迎えに茨城空港へ

 今年も神戸から飛行機で孫君がやってきてくれました。
神戸-茨城便は1日2本、朝9時過ぎに到着する便でやってきました。

家から空港まで約30分。神戸から茨城までの飛行時間は1時間とちょっとです。

お盆の期間は空港の駐車場も無料ということもあり満杯でした。
臨時駐車場も奥の方まで拡張してかなり多く確保してありました。

P8110001s.jpg

臨時駐車場がこのファントム戦闘機展示場の裏手に広がっていて、この展示場を横切りました。

P8110002s.jpg

なかなかかっこいいですね。

P8110005s.jpg

P8110006s_20170813163435c3a.jpg

空港入り口では真壁高校の農業科の生徒さんが茨城県PRのために農産物などの展示販売をしていました。
朝早くからたくさんの生徒さんがやってきていました。

P8110007s.jpg

空港の中では稀勢の里のポスターや茨城の祭りPRなどが貼られていました。

P8110008s.jpg

飛行機もお盆での帰省客で一杯でした。

P8110009s_20170813163440c1b.jpg

孫君は他のお客がいなくなった頃に姿を表しました。
乗り遅れたのかと心配していたのですが・・・・・ ホッとしましたね。

休みも短く、茨城は1泊だけ。
今は静岡あたりでしょうか?


あわただしく去っていきました。

茨城空港 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/08/13 16:44

水車杉線香の水車を見てきました。

 昨日から神戸の娘夫婦と2歳の孫君がやってきました。
お盆前の忙しいときですが、お盆休みに今年も孫を連れてやってきました。
神戸から茨城空港まで飛行機だと早いですね。
朝9時過ぎには到着です。

昨日はバタバタとしてあまり一緒にいられず、今日は筑波山にでも行ってみたいというので天気は少し悪いですが出かけることにしました。
途中小幡から少し上ったところにある駒村清明堂さんに立ち寄り、今も現役で動いている水車を見て行くことにしました。

P8120042s.jpg

石岡市小幡の杉線香つくりは日光から火災により、江戸時代終わり頃に新しい職場を求めてこの地の杉に活路を見出してはじめらえたと言われているようです。
その後工房も増えて一時は10軒ほどの線香工房があったようですが、現在は2軒のみで、水車を使っているのは現在ではここだけです。

この裏手にきれいな清流と大きな水車があります。


P8120050s.jpg

大きな水車が勢いよく回っていました。

P8120048s.jpg

遊びに来た孫君(2歳)も興味はあっても結構おっかなびっくりで水路を渡っていました。
水車への水は途中から取水して樋で水車の上部に降り注いでいます。

P8120051s.jpg

P8120053s.jpg

今回はこの水車小屋の中から大きな音が聞こえてきていました。
水車の動力を使って杉を細かく砕いて粉にする作業をしています。

P8120054s.jpg

材料は山から集めた杉の葉を茶色にからからになるまで置いたものを使います。

P8120059s.jpg

今回は水車小屋の中を見せていただくことができました。
孫を見て中を見たかい?
と声をかけてくれて扉をあけてくれました。

P8120061s.jpg

水車の回転を利用して歯車で右側の羽根のついたローラを回します。
この羽根でその右に並んだ数本の木の柱を上下させます、

P8120058s.jpg

この柱が上に持ち上げられ順番に下をたたいて細かな杉の葉を粉にします。
緑色の線香の色は付けられたものです。
ここで使う杉の葉は茶色です。

今回は小屋の中も見せていただくことができました。
おじさんありがとうございました。



八郷地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/08/12 22:20

昔話の本が近くの郵便局にありました。

 私が昨年つくった「石岡地方のふるさと昔話」の本が、近所の郵便局「若松郵便局」に置かれていました。
なんだかうれしいですね。
高木書店さんに置いていただき、少しずつですが結構売れています。

表紙のLaLa mosuraちゃんの絵の効果ありですね。

P8100014s.jpg

夏休みで、明日は神戸から飛行機で娘夫婦と孫君がやってきます。


近況 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/08/10 15:29
 | HOME | Next »