FC2ブログ

真家のみたまおどり

 石岡の真家地区には平安時代から続く「みたまおどり」が伝承されている。毎年8月15日に行われる盆踊りです。朝8時に明円寺に集まり、最初の踊りを披露します。その後新盆の家をまわり、園部地区から全龍寺、最後にこの踊りが奈良の長谷寺から最初に伝えられたといわれる福寿院で午後3時頃まで続きます。今日は朝8時と時間が早いにもかかわらず、カメラマンが10名ほど集まり、ホーイ・ホイ、ホーイ・ホイの掛け声で始まりました。
みたま踊りは文化庁選定無形文化財の指定を受けており盆踊りの原型を探る上でも大変貴重なものです。地元保存会の方や子供たちが頑張って伝え残していってほしいものです。今日は朝から夏の天気で子供たちも大変です。今年は新盆3か所を含め、8か所で踊ります。30分/回くらいの結構長いものです。
この日の真家地区は献上柿の木々のまわりをオニヤンマが飛び回っていました。
みたま踊り

民族と芸能 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/15 11:16
 | HOME |