弟橘姫の神社-橘郷造神社

 行方(なめかた)市がヤマトタケルに関する場所が多く残されていることを紹介してきましたが、やはりここも紹介しておかないと片手落ちですね。

橘郷造神社(橘郷郷神社)です。ここは東京湾で自ら入水して波を静めヤマトタケル(日本武尊)を助けた妻「弟橘姫(おとたちばなひめ)」をまつった神社です。

弟橘姫のさしていた笄(こうがい)が、霞ヶ浦に流され、この羽生地区に打ち上げられました。流れついた笄を守るかのように鳥が群がっていたり、その笄は羽を生やして飛んだともいわれています。そのため、この地区の名前を「羽生」といい、この地区が「立花」とついたとも言われています。

この話ができるのには何か理由があるはずですね。この地区は「橘郷」といわれ、万葉集や吾妻鏡にでてきます。
また、鹿島神宮の領地(羽生、与沢、倉数など)となったと伝えられている場所でもあります。
鎌倉時代などの背景とともに調べてみたい地区でもあります。

tachibana01.jpg

拝殿と裏の本殿

tachibana02.jpg

今は付近の道路もあまり車の通りも多くはありません。知らなければ通り過ぎてしまいそうな場所です。

tachbana03.jpg

神社参道の入り口に立つ「弟橘姫」の像

あまり紹介されていないようですので、少し前に撮った写真ですが紹介させていただきました。


橘郷 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/07/28 18:40

潮宮神社(いたみやじんじゃ)

昔、大洗から大洋村汲上浜から常陸府中(石岡)へ塩を運んだ中継地として栄えた小美玉市の倉数地区。
ここに通りから少し離れ、今は地元の方以外にほとんど人が訪れないと思われる「潮宮(いたみや)神社」があります。

創建は鹿島神宮の潮宮が10世紀末に移されたと伝えられ、中臣氏の領有地となっていた時代もあったようで、行方市の橘郷(羽生地区)とともに、鎌倉時代には鹿島神宮の知行地になったとも記録されているようです。

この今は忘れられた「塩街道」の事実をどれくらいの人が知っているのだろうか。

私もこのことを白井啓治さんの「潮の道余話」を読んで知った。

itamiya01.jpg

通りから細い道を入った少し奥まったところにこの神社はあるが、行ってみるととても驚かされる。

itamiya02.jpg

長い年数に多くの人がこの参道を歩いたのだろう。参道が一段低く沈み込んでおり、両脇の木が根をむき出しにして何本も傾いている。

itamiya03.jpg

拝殿はきれいに再建されており、奥に本殿がある。
御神木は杉の木のようで、しめ縄がまかれている。

itamiya04.jpg

傾いた樹木もほとんど幹にコケが生えており、その年月に思いがはせる。

昔、親鸞が鉾田の「無量寿寺」などへ通った道でもあったのだと思う。


橘郷 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2011/07/30 18:44

万葉歌碑(橘郷)

 先日紹介した「橘郷造神社」から羽生方面に少し行った「東陽会館」という集会所のような建物がある。
ここに万葉歌碑が建っている。
ここが「伝占部館跡」と言われる場所だそうです。
占部広方はこの地から「防人」として九州に渡るとき、難波にてこの歌を提出したのです。

占部広方(うらべひろかた) 万葉歌碑 (所在地:羽生東)

 万葉集巻二十に

 「橘の下吹く風の香しき筑波の山を恋ひずあらめかも」 



◎現地案内看板より抜粋
「この一首、助丁(すけのよぼろ)占部広方とあり「二月十四日(天平勝宝七年(753)に、常陸国の部領防人使・・・・が進る(たてまつる)歌の数十七主とある。即ち、この時難波についた防人たちが、大伴家持お要請で、各国の部領地使に提出した歌で、その中、常陸国からは、この広方の歌と、若舎人部広足(わかとねりべのひろたり)の歌二首を入れて、十首が載っている。常陸国風土記には、また行方郡(こほり)と香島郡とに、橘の木が生い茂っているとあり、また行方郡からは筑波山がよく望まれると書いてある。この地は古く橘の郷(さと)といい、広方は、ここから防人(さきもり)に召され、筑波山を恋い、嬥歌(かがい)のことなどを偲んで歌ったのであろう。助丁とは国造丁(くにのみやっこのよぼろ)に次ぐ階級であった。」


P1010042.jpg

橘郷 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/07/31 15:52

このように歴史は消えていく?

 以前行方市や小美玉市にヤマトタケル神話に関するゆかりの神社などを紹介しました。
その中で茨城空港からの道路拡張工事に遭遇して驚きました。

このように便利さを追求して歴史は破壊されていくのかも知れないと恐くなりました。
少しだけ現実を紹介しましょう。

kensetsu02.jpg

この神社は前にヤマトタケルの神話で東京湾に身を投じて波を静めたという妻 弟橘姫を祀った「橘郷造神社」の入口です。ここから拝殿まで両側には木が生い茂って長い参道が続きます。
しかし、もとからすぐ隣に少し狭い道路が走っていました(行方市羽生と小美玉市与沢を結ぶ道路)。

kensetsu03.jpg

問題はこの横の道路を神社側に広げるために参道の木がバッサリと切られていました。

kensetsu04.jpg

もう建設中の道路がそこまで来ています。

kensetsu05.jpg

神社の参道や拝殿・本殿などはそのまま確保されるようですが、この参道の景観が全く変わってしまいました。

kensetsu01.jpg

木が切られてしまうとこの神社の持つ意義などが何処かに忘れ去られそうです。
弟橘姫の話もそうですが、この神社の橘郷という万葉集や源頼朝とも関係する由緒ある名前までも何処かに忘れられそうです。

道路を拡張する時に神社の反対側は少し崖になっていて、大分土を盛らないと拡張できません。このため神社側を削ったのでしょうか。

kensetsu07.jpg

さて、この道路沿いには占部広方の万葉歌碑があり、もう一つ親鸞伝説の「喜八阿弥陀」にまつわる経塚があります。
今建設を進めている道を延長するとこの経塚の史跡をつぶす恐れがありそうです。もうすぐそこまで工事が進んでいます。
もっとも石岡の貝地にある経塚の碑も経塚は道路に引っかかってなくなり、後から道路わきに石碑を建てたものです。このようになってしまうのかもしれません。
親鸞が小石に1文字づつお経を書いて埋めたところと言われているところです。

kensetsu06.jpg

この通りはそれ程交通量が多いわけではありませんが、行方と茨城空港を結ぶ道路として拡張しているのでしょう。
私にはこのような建設計画は身を滅ぼす結果になるように思えてなりません。
歴史もしっかり検証して、ここに残る祭り「羽生祇園祭」などもしっかり受け継いでいってほしいと思っています。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

橘郷 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2011/12/06 18:54

八木蒔八幡神社と円勝寺

 国道355線が旧鹿島鉄道と平行して通っているが、今まで私はこの鉄道に乗ったことがない。
石岡に来た時はすでに廃止がほぼ決まっていて、まだ存続運動をしているのを見ていただけである。

そのため、八木蒔などという地名や駅も知らなかった。

八木蒔(やきまき)の名前を初めて見たのは355号国道を鉾田・潮来・香取方面に走っていて玉造の街に行く手前にあるこの神社と寺を見物した時だった。

これも、もう3年以上前になる。

IMG_0241s.jpg

今、八木蒔周辺をまとめるにあたって、やはりこの寺と神社を入れておかねばならないと思う。
八木蒔の集落は主に355線の霞ヶ浦よりにあり、この神社が少し高台になっている森の中にあった。
その神社の入口に後から国道が通るようになった。

神社は鬱蒼とした木立の中にある。

IMG_0240s.jpg

上野説明では「八木蒔」「倉数」「羽生」「沖洲」地区の総鎮守と定めたのは鎌倉時代の頼朝の時代という。
今の行政区分では「倉数」は小美玉市、その他の三地区は行方市になる。

今回八木蒔の周辺を紹介しているがここを「橘郷(たちばなごう)」としてまとめているが、この橘郷は万葉集や吾妻鏡に「橘郷」としてその場所がでていることを意識したためである。

鎌倉時代には頼朝の直轄の領地となり、鹿島神宮へ寄進したとなったようである。

IMG_0242s.jpg

この神社(八幡神社)の入口参道はまっすく長く続いており、昔は流鏑馬などの行事も行われていたともいう。

IMG_0223s.jpg

IMG_0224s.jpg

IMG_0226s.jpg



IMG_0227s.jpg

IMG_0228s.jpg

八幡神社本殿。大永2年(1522年)造営。市指定有形文化財。

IMG_0236s.jpg

神社のすぐ隣に天台宗の円勝寺がある。かなり古くからあった(大同年間)ともいわれるが、隣の八幡神社と一体となった時期もあったように感じる。


IMG_0237s.jpg

IMG_0234s.jpg

今日は朝から銚子に出かけ、夜7時半過ぎに戻ってきました。
やはり少し疲れました。
記事も中途半端ですが、これくらいで終わりにします。

前にもこの神社や寺を書こうとした事がありましたが書けずにいたのにまた満足に書けません。
しょうがないですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

橘郷 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/01/23 21:48

手接神社(小美玉市)

 昨日、千葉県香取市にある切手神社を紹介しました。

ここでは昔の民族の争い(物部族と出雲族)に係る言い伝えによる事が神社の名前に隠されていました。
祭礼手法に従わない者たちの手を切ったと言われるものでした。

今日は逆に手を接いだと言う言い伝えから神社の名前になった茨城県小美玉市与沢にある「手接神社(てつぎじんじゃ)」を紹介します。

話は手を接いだのは河童です。
この話は昔「手奪橋(てうばいはし)」ということで紹介しました。(記事はこちら

IMG_1055s.jpg

場所は茨城空港の近くです。
このすぐ近くに親鸞が鹿島神宮に行く途中で通っていたと言われた遺跡(喜八阿弥陀、経塚など)が残されています。

IMG_1062s.jpg

拝殿。

比較的最近に出来たと思われる会館(公民館?)のような建物が立ち、たくさんの境内社が置かれていました。
最近整備をし始めたようです。

IMG_1065s.jpg

裏の本殿。比較的新しいのかもしれません。
元々は新撰組の芹沢鴨の先祖である芹沢家(城があった)に伝わる神社であったものだと想像されます。

IMG_1071s.jpg

神社に奉納されるものも手形や手袋など手に関するものばかりです。

IMG_1072s.jpg

おみくじなどと同じように「きりすね」というもめんの糸をよった物が置かれていますが、これは痛い手に巻いておくとこの糸が切れる頃には治ると言われるもので、手の痛い人が頂いて帰るのだと言います。

IMG_1075s.jpg

でもこの神社は河童の神社という側面が大きいようです。
大きな河童の彫り物が置かれています。

芹沢のお殿様が乗っている馬の尾を引っ張って川に引きずり込もうとしていた河童手を刀で切り落としてしまい、手を失った河童が夜中に泣いて手を返してほしいと頼みに来た。

手を返すと喜んだ河童は不思議な薬で手を元に接いでしまったと言います。
この薬をもらった芹沢家は家宝として大切にして多くの人を救ったのだという。そして河童を神社に祀った。

この芹沢家の元をたどるとつくば市北条の多気山にあった常陸大掾氏(多気大掾)から別れたもので、こちらの大掾氏は鎌倉の初めにつぶされてしまいますが、水戸の吉田氏が常陸大掾氏を継ぎ、石岡にも城が築かれました。(府中城)


この芹沢家から芹沢鴨が出るのですが、芹沢家は代々医者の家系として続いていたようです。
石岡市内にこの子孫の方が医院を開業しています。

河童にもらったともいわれるこの家伝の秘薬(膏薬)「筋渡し」は今も使われているとの話もあります。

IMG_1076s.jpg

茨城県には不思議な神社が結構ありますね。

ここは手の病を治してくれる神社ですが、もう少し石岡に近い場所には耳の病気に効く「耳守神社」(記事はこちら)もあります。

IMG_1077s.jpg

興味がおありになりましたら一度参拝してみてはいかがですか?



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

橘郷 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/03/30 15:59

橘郷造神社

 先日銚子に向かう時に、霞ケ浦の東側の道(国道355)をいつものように南に走っておりました。
そして行方市に入ってしばらくすると「羽生」(はにゅう)の郵便局のところを通りました。

なぜかこの時に久しぶりに「橘郷造神社」に行ってみたくなりました。

ここには羽生の地名の由来となっている話が伝わっています。

ヤマトタケルが東京湾を渡るときに、海が荒れていて渡れませんでした。
そこで妻である「弟橘姫」が入水して波を鎮めるのですが、この時に髪に指していた笄(こうがい)が流されてこの地に流れ着きました。
そこに「鳥が集まってきて笄を加えてこの場所に運んだ」、または笄が「羽を生やして自らここに飛んできた」という伝説があるのです。

ただ私の興味はこの神社の名前です。「橘郷」(たちばなごう)という呼び名がこのあたりに昔から伝わっていることです。

P2200005s.jpg

ただこの神社の横を新しい道ができ、神社の参道がかなりの部分削られてしまいました。
前に工事中の時に訪れて「こうして歴史から消えていく」というブログ記事を書いた覚えがあります。

P2200008s.jpg

まあかろうじて参道部分は残りましたが、参道の杉の木がかなり切り倒されてしまいました。
現在苗木を植えていたので、何十年かすればある程度は復活してもこの神社の持つ神秘性などはほとんど消えてしまいました。

P2200009s.jpg

P2200011s.jpg

P2200014s.jpg

P2200007s.jpg

「橘郷」としてブログをまとめていますのでよろしかったら昔の記事を読んでください。
 ⇒ こちら

橘郷 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/02/24 21:11
 | HOME |