石岡の醤油産業は何故廃れたのか?(1)

 今日は朝から雨で、肌寒く、暑かった夏が嘘のような気温だ。
昨日「まつり会館」などと書いてみたが、よく考えれば箱モノはあまり感心しないという気もしてきた。
しかし、祭りや歴史などをもっとキチンと説明している場所は欲しいと思っている。
水戸の歴史館や美術館はとてもうらやましい。笠間もしかりだ。
石岡の郷土資料館や風土記の丘の資料館はとても見劣りする。
これも文化に対する意識の低さがなせる仕業であろうから、何をか言わんやである。
石岡の歴史を少しかじっているが、何故醤油産業は廃れてしまったのかが不思議である。
銚子や野田はまだしも、隣りの土浦には残っているのに・・・・。
少しずつ調べてみたいと思う。
まずは、正岡子規が明治22年4月に友人と水戸まで旅行に出かけた途中石岡に泊まった時の「水戸紀行」の文を参考に載せてみよう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
筑波へ行く道は左へ曲れと石の立ちたるを見過して筑波へは行かず草臥ながらも中貫、稻吉を經て感心にも石岡迄辿りつき萬屋に宿を定む
石岡は醤油の名處也
萬屋は石岡中の第一等の旅店也
さまて美しくはあらねどもてなしも厚き故藤代にくらぶれば數段上と覺えたり
足を伸ばしたりかゞめたりしながら枕の底へいたづら書なとす
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明治22年には醤油の産地として認知されていたのがわかります。
石岡に鉄道が通ったのは明治28年になってからです。(水戸線は開通していた)
さてその頃の石岡はどんな様子だったのでしょうか。
大きなレンガの煙突が何本もそびえていたようです。想像がつきません。
もちろん醤油のみではなく、酒造も盛んであった。
子規の泊まった「萬屋」も今はなく、市には看板くらい立ててくれるように言っているが未だにそのままだ。
何か本当に寂しくなってくる。
現在、高浜にはこの醤油工場の煙突などが残っています。
P1010001s.jpg
高浜の醤油工場の跡
P1010003s.jpg
高浜の醤油工場の煙突跡
これらは街中に無造作に残されているだけであり、保存しなければそのうちなくなりそうだ。
高浜も駅前などにお店などがなく、このような所を見る機会も少ないので、どれだけの人が気にかけているのだろうか。
少し長くなりそうなので、続きはまた後にしよう。

醤油産業 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/09/16 19:38

石岡の醤油産業は何故廃れたのか?(2)

 街は明日からのお祭りの準備で忙しくなっている。垂れ幕、テントの設置、祭り関連グッツも売れている。
部外者の私には関係ないが、これを楽しみにしている町内の人も多い。
さて、昨日このブログのタイトルで書き出したが、もう後悔している。
結論もなく書き始めたのは、これを詰めていくと現在の石岡の置かれている現実の姿が見えてくるように思ったからだ。
あせらずにこのテーマは他の内容を挟みながら書いていきたい。
でも本音で書くと、誰かさんの逆鱗に触れるかもしれないので、問題提起程度にしておこう。
こう書いてきて逆鱗(げきりん)という言葉が気になった。逆さのウロコに触れる?
龍に一部逆さ向きの鱗があり、これを触ると怒って食べられてしまう??
まあ、龍神山の龍は山が削られて帰るところがない。逆鱗に触れるような話もできそうにないな~。
さて、昨日の子規の話は明治22年で、まだ常磐線が開通していない時だ。
今日は明治34年に書かれた平野松次郎氏の「石岡繁昌記」の内容である。
鉄道開通後5年ほどが経ち、石岡の街が活気に満ち、生絲問屋などが増えてきていた時だ。
内容の一部をそのまま掲載しよう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
石岡町が常陸西部の一都会として年々発達し来れるは既に前述の如とくにして往時国府と称したりし時代の現象を見るも亦遠きに非ざる可し、
而して斯くの如く前提盛運を期するに至りしは当町人士の堅忍にして能く事に耐ゆると、
風土の諸般製造業に好適すると、
水質良好にして清酒醤油の醸造芳醇なると蚕桑の業長足の進歩をなせるとにあり、
加ふるに交通の機関完備して益々斯業の発達を促かすあり、
当町の殷賑(いんしん)を来たす亦(また)宣(うべ)ならずや。
最近の調査に於ける最高税額を収納せる富源を表示すれば
醸造業に於ける酒類の石高12,102石・・・に対する税金145,310円・・・、
醤油石高11,156石に対する税金22,312円
従業者157名に対する蚕絲税金167,350円余にして・・・・・。
地祖:7,901円
所得税:2,078円
営業税:2,378円
人口:男 6,997人 女 6,718人 戸数 2,493戸
諸税を合算すれば三十万以上となる。
既に統計に於いて最大富源を有するは論する迄もなく明かなる事実なり
左れば当町は益々業務の発達すると共に富を増し人員を加へ
終には帝国東方の一大繁都たるに至るは敢いて疑はざる処なり、
而して最も有望なる醸造業及び蚕絲業は全力を尽して聲價を揚げ、
国内は勿論宇内(うだい)の市場に収利の根源を作らざる可からず。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本繁昌記は本文よりも、当時の各お店の看板や広告が載せてあることであり、
当時の石岡駅の時刻表も載っている。大変興味深い。
では醤油に限って少し見てみよう。
shouyu01.jpg
shouyu02.jpg
shouyu03.jpg
今回はまずは当時の状況の理解のために紹介までしましたが、本文にあるように帝国東方の一だとか宇内一だとか、当時の様子が見てとれて面白い。まずはご参考まで。

醤油産業 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/09/17 20:30

石岡の醤油産業は何故廃れたのか(3)

 さあ今日から石岡のお祭りが始まりました。
子供たちからお年寄りまで何かウキウキしているようです。
お祭りの衣装を着せてもらって女の子はお化粧バッチリ。
良かれ悪しかれこれも伝統なのでしょう。
祭りは3日間おこなわれ、今日は神幸祭。
これは神様が年番の地域に設置したお仮屋に神輿でやってくるのです。
どうやってくるの? その行事は私のHPに載せていますので参考に。
その間、本家「総社宮」は神様がいない?
いいえ神様は分身の術で自分をいくつにでも分けることができるのです。本当です。
実際に石岡では2日目も別な神輿に分身して移ります。お神輿が2つあるので・・・。
この神輿は、本神輿を修理した時にもう一つ作ったものです。
 さて、今日のタイトルもまた昨日の続きですが、本当にこのテーマは途中で止めにしたいと思いますので適当にお付き合いください。テーマからも外れそうですので・・・・。
 今日は土浦にある「柴沼醤油」さんの工場を見てきました。
sibanuma02s.jpg
工場は土浦市虫掛というところにあります。桜川の土手の脇です。
一昔前(1987年)まで筑波鉄道が走っており、この虫掛に駅がありました。
石岡の鹿島鉄道が廃止になる20年前です。私もまだ隣町に住んでいました。
廃止になる最後の日に家内が子供を連れて想い出に乗りに行きました。
時の流れなのだろうが工夫も足りないような・・・。後味の悪さが残ります。
sibanuma.jpg
「柴沼醤油」さんは1688年創業というから、もう320年以上になります。
テレビ「はなまるマーケット」で美味しい醤油一番に選ばれて、全国的にも知られるようになったようです。昔は「地元にも醤油があるんだ。」程度しか認識していなかったのですが・・・。
しかし、一部の料亭や料理屋さんなどでは人気もあったようです。
写真の「紫峰(しほう)」は筑波山の別名で、この写真は我が家の使いかけのものです。
我が家でも愛用しています。美味しいです。でも人間はテレビなどの宣伝に弱いですね。
sibanuma04s.jpg
創業315年を記念して隣りに公園風の展示場をオープンさせています。
展示してあるのは120年以上使われてきた杉(正目)の諸味木桶です。
sibanuma07s.jpg
この木桶は平成10年まで使われていたものだそうです。杉も竹も九州産と説明に記載されていました。
土浦の醤油は銚子、野田より少し遅れてスタートしました。
これは霞ケ浦周辺で大豆が良く栽培され、銚子や野田もこの霞ケ浦産の大豆を使っていたのです。
土浦から船で江戸に運ばれ、三大産地といわれるようになりました。
醤油のことを「むらさき」というのはこの筑波山の紫峰の別名からきているともいわれ、また「おひたじ」というのも「お常陸」からともいわれます。
これが「ひ→し」となり「御下地」となり「京言葉」にもなったのかもしれません。??
でも常陸や筑波山なら土浦よりも石岡のイメージが古代では強いようにも思います。
石岡の醤油は土浦よりも少し遅かったようです。
また江戸よりもむしろ「水戸」の方に販路を向けていたようです。
そして、土浦を凌ぐほどに生産されて行くのですが・・・。
この霞ケ浦周辺の大豆が海外産に押されて・・・。今は国産大豆が見直されているのに・・・。
では、今日はこの辺で。

醤油産業 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/09/18 21:13

石岡の醤油産業は何故廃れたのか?(4)

 今日は石岡のお祭りの大祭です。
今日も午後から各町内の山車や幌馬車が街中を練り歩き、石岡囃子の披露と共に若者がパフォーマンスのような踊りも見せてくれるのでしょう。
小さな子どもたちは幌馬車の中に乗って活躍しますので、最後はぐったり。
夜には駅前の八間道路に集合し、夜に浮かぶ明かりと山車は壮大な見世物となります。
今年の年番は「大小路町」です。
場所は駅前から郵便局の方に行ったあたりと、郵便局脇の八間道路の裏通りのあたりです。
江戸時代の書物にはこの町の名前はでてこないようですから、比較的新しいのでしょう。
常磐線が明治28年に土浦から北の駅が開通し、翌29年に東京田端まで開通しました。
石岡駅は山王川の低地に作られました。それに合わせて道路が整備されたのです。
この時の大小路の地名がおこったのではないかと推測しています。あくまで推測ですが。
 さて、昨日土浦の醤油産業を少し紹介しましたが、石岡の醤油は何時ごろから造られていたのでしょうか?
これは土浦より20~50年位遅く始まったようです。
千葉の銚子や野田への大豆や小麦などの産地は霞ケ浦周辺であったといわれ、これを土浦や府中(石岡)、玉造、高浜などに集め、船で運んでいたといわれています。
そして、そのうちにこの船問屋や米穀問屋などが、自分たちでも作りたいと思い始めたのです。
高浜はまだ府中に組み込まれていませんが、享保年間に今泉新吉さんがこの地方では最初のようです。
それまでは高浜で回船問屋をやっていたといわれます。その後府中(石岡)においても多くの業者がはじめるようになりました。
しかし江戸で発行された「関東醤油屋番附」には府中の業者の名前が出てこないといいます。
当時の醤油の消費は何と言っても江戸が大部分であったにもかかわらず、府中は松平藩でもあり、その消費先は水戸が中心になっていたといいます。
しかし、水戸でも藩命により文政12年(1829)に醤油製造がはじめられました。
しかし、水戸藩も他の商品の搬入には制限を設けていたのに、醤油は特別扱いで自由に競争ができたといいます。このため、水戸の醤油は発展せず、府中(石岡)の醤油が広く使われていたといいます。
 明治42年の「茨城県統計書」に掲載された郡別の醤油生産高をみてみると
新治郡: 製造所数 49 、生産高 17,458 石 (茨城県全体の20%)
 (新治郡の内訳)
  ・土浦 製造所数  9、生産高 1,728 石
  ・石岡 製造所数 16、生産高 7,639 石(高浜を含む)
と圧倒的に石岡の方が多いのです。
正岡子規が石岡は醤油の名処といっているのも理解できますね。
酒造所と合わせ、何本もの煙突が立ち並んでいたようですからその光景が想像できますか?
多くはレンガ造りの塀を持っていたと思われますので、その塀だけでも残していたらなどと感慨深いものがあります。
しかし、日本の全国で大豆や小麦は、海外産のものに変わり、お米などの生産奨励でほとんどその姿を消していくのです。

さて、醤油の話はここまでにして、
もうひとつ昨日街中の祭りを見物して気がついたことがあります。
お祭りの山車はそれぞれ「菅原道真」「八幡太郎」だのの大きな人形を載せて街を練り歩きます。
その時、人形の脇に人が乗っていて、
信号などにぶつかりそうになるとハンドルを回して人形を下に押し下げます。
最初は「成程な」などと見ていたのですが、
石岡の街中は電線を地中化しています。
私も、この町に最初に来た時に何かスッキリした通りだと感じたのですが、
これは歴史の街として雰囲気を盛り上げるために、
このような人口のものを止めたと思っていました。
しかし、祭りの山車の動きを見ていて、
「もし電線があったらこの祭りは大変だろうな」と思って、ハッとしたのです。
そうなのかと・・・・。
お祭りをメインに考えられたのだと・・・。

醤油産業 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/09/19 12:46

石岡の醤油産業は何故廃れたのか?(5)

 今日はお祭りの最終日です。
還幸祭という行事で、お仮屋に設置された御神体が総社宮に還る日です。
午後2時お仮屋を出発して街中を練り歩き4時過ぎ頃に総社宮に到着です。
ただし、おまつりを見に来られた多くの観光客にはこの神事は人だかりで「何か面白そうなことをやっている」程度の思いで見ておられるのではないでしょうか?
私も一昔前まで、壮大な山車と人の熱気を見にやってきた一人です。
神事と祭りが一体でなければ意味がありません。
どちらか一方だけでは成り立たないのです。
山車で演じられるお囃子も伝統を受け継いでいるはずなのに、
その意味もあいまいのままです。
石岡は「古き良きもの」が多くあるために、
却って今の置かれている立場を理解できないまま、
新しいことにもチャレンジ出来ないでいるように思われてなりません。
もう一度「石岡のおまつり」の原点に帰って再構築しようと立ちあがるべきではないかと考えます。
基本を曖昧にしておくと、他所の方から聞かれてもその回答に窮してしまうばかりです。
これは、今回のテーマに挙げた「石岡の醤油産業は何故廃れたのか?」にも共通するようです。
醤油の産地として銚子と野田を挙げましたが、これは「ヤマサ」と「キッコーマン」です。
始まった時代は土浦などよりも30~40年ほど早かったといいますが、いずれも江戸初期です。
ヤマサではは紀州から醤油製法が伝わり江戸を消費地として水運の便にも助けられ、発展をとげたといわれます。
江戸・明治時代は主原料の大豆、小麦は国産でした。
しかし、このほとんどを海外からの輸入に頼るようになります。
現在は一部で国産も使われていますが、90%以上は海外産です。
有機丸大豆などと書かれているものでもほとんどは輸入品です。遺伝子組み換えなしもそうです。
そのため、霞ケ浦周辺の農家は大豆などの生産を止めざるを得なくなります。
この際に、石岡の醤油産業業者はどうしたのでしょうか?
この流れに乗れずに、徐々に衰退の一途をたどってしまったと思われます。
その頃、石岡は米穀商・肥料商や生絲産業がブームを迎えます。
茨城県では古河に次ぐ製糸業の盛んな地域となるのです。
この製糸業は機械化が必要で多くの工女などを雇い入れて産業が進みました。
しかし、これもブームが去ると海外などの競争に負けていきます。
これはこの都市に限った事ではありません。
機械産業も発達するチャンスでもあったのに・・・。
しかし、これをはねのけ新しいものにチャレンジしていくバイタリティが感じられません。
もちろん、これは「自分がここに参加していないから呑気なことを言っていられる」とお叱りを受けるでしょう。
しかし、この清酒、醤油、生絲などの産業で力を得た人たちの多くが、この地方の名士となり銀行・商工会・議員などになっています。
さて、現在石岡とはどのエリアを意味する言葉でしょうか?
石岡市街地活性化プランが国の承認を得られてスタートしました。
しかし、石岡市に住んでいる何人の方がこのことを御存じなのでしょうか?
お祭りの旧町名に名を連ねているエリアが石岡なのです。その近辺は?
今八郷地区が石岡市に組み込まれました。
多くの里山の残るエリアです。その発展を願って止みません。
石岡市中心市街地活性化計画についてはこちらを参照してください。
その計画を見てとても残念な気持ちでいっぱいです。
市街地エリアの通行人の推移が年々減り、計画ではこのまま減り続けるのを止めて、ほんの少しの上向きを目指すというものです。
八間通りの空き商店を利用して「産直野菜販売」「高校生のスイーツの店」などのオープンを計画しています。
「産直野菜の店」は、市内に扱う店が少なく、市街地の人が不便だといっているから・・・。
という理由のようです。
積極的に周辺住民を呼び寄せるとか、外国人を含め多くの観光客に来ていただくという発想がありません。
もう止めようよ。内向きな発想は。
大きな補助金はどこに使われ、消えていくのでしょうか?
昨日、B-1グルメの大会が開かれました。会場に集まった人数は40万人です。
石岡のお祭りの3日間の見物客の数とほぼ一緒です。(本当は?)
ここで甲府の「鳥もつ煮」に決まりました。
甲府市の職員が必死で名物を探して2年半かけて挑戦したとのこと。
一度、石岡の観光行政を見直してみませんか?
お祭りに来られた方は屋台の焼きそばなどを食べる方ばかりではないでしょう。
お昼は近くの食堂などを探しています。
しかし、一度市の職員の方もご自身が遠くからこの地に電車に乗ってやってきてくれた人と同じ思いで、食事処を探してみてください。
どこに行きますか?わからないのです。地元の人には他人の気持ちがわからない?
何が自慢できるものなのですか?歴史などだけでは発展できません。
他の街よりも簡単に地域おこしができるように思います。その気になれば・・・・・。
先日「常陸風土記の丘」に行ってきました。
休日でもなく、来園者は少ないのですが、それでも何人かの観光客の方が見えていました。
団体バスや車で来られた方なら良いのですが、帰りのバスがないのです。
柿岡街道のバス停まで、暑い中を黙々と歩いておられました。
パンフレットでは10分と書いてありますが、結構お年寄りには厳しいですよ。
何か工夫がありませんか?
シルバーのボランティアなどで、最寄りのバス停までお送りしたりお迎えしたり出来ないのでしょうか。
他の観光地にも参考になるところがいくつもあるでしょう。
石岡は、他所のまねはするけどうまくいかないとすぐ他人のせいにしてしまうように思います。
石岡市のHPは最近きれいになりました。きれいといっても昔はひどかったのですこしまともになった程度だと思いますが、商工会議所、風土記の丘などのHPは失礼ながら見るに堪えません。
観光行政を市のうたい文句にするならば、市のHPも英文などはこれでは困ります。
いつまでも、申し訳程度に載せているのです。外人の気持ちで見てみてください。
とても恥ずかしく思っています。
今回のテーマは段々と掘り下げていくとつい愚痴っぽくなってきそうなのでとりあえず終了です。
また気が向いたら書いていきますね。
あっ。そうそう一つ書き忘れてました。土浦の醤油「紫峰」の原材料をみると
名称:しょうゆ加工調味料
原材料:しょうゆ、かつお節、水飴、みりん・・・(原材料の一部に大豆、小麦を含む)
となっています。すなわち「こいくち醤油」などとは違ったものです。
味にこだわったもの別物ですね。これが生き残りの秘訣かも?

醤油産業 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/09/20 08:56

石岡の醤油産業は何故廃れたのか?(6)

 約1か月前まで、この石岡の醤油産業について5回にわたり書いてきました。
今日はまだ書いていないことを少し追加しておきたいと思います。
 先日「石岡市史 下巻」を見ていたら、この醤油産業について気になる記述を見つけましたので転載したいと思います。
----------------------------------------------
このように明治末には、醸造高、人気ともに県内最大の醸造地に発展した「石岡の醤油」も、その後は銚子、野田の発展にとり残されて、現在では醤油醸造業を営むものすらなくなっている。これは、醤油醸造業が第一次世界大戦前後から低廉な満州産輸入大豆を原料にし、従来の地場産業的性格を急激に薄めていったにもかかわらず、石岡の醤油醸造業が地理的条件などで適応できず、また大量生産に即応するように資本投下をおこなわないで小規模資本のまま推移していったことに原因があるとされている。
 しかし、このような外的な経済条件に対応すべき醤油醸造家自身の経営姿勢にも問題がなかったわけではない。例えば、石岡の醤油が最も盛んであった明治末期に、当時の「いはらき」新聞の記者は次のように指摘している。「野田醤油の原料は我が山根小麦、北条大豆を主としている。然るに石岡醤油が其同一の原料を以てして、尚ほ野田、銚子の醤油の声名に及ばざるものは甚だ惜むべき事で、其品質の点に於ては決して優劣のあるものとも覚えず、又あるべき筈がないと信ずるのであるが、要するに野田、銚子が広告術に巧みなるに反し、石岡がヂッとして顧客を待つといふ傾むきがあるのが其一原因をなして居ろうと思ふ。」
 また銚子の大手醤油醸造家浜口儀兵衛商店が大正12年に茨城県の醤油醸造について調査した・・・・・「概括的感想」として次のように述べられている。
「此の方面の醸造家は新進気鋭の気風に乏しく品質の改善、販路の拡張等に意を用ゆる者少なく其産額も年々幾分の増加を見つつあるも夫れは従来の販路に於ける人口増加に供ふに過ぎざる有様にて前途は兎も角現状は左迄逼迫したる訳にもあらず、年々縦令少許たりとも売行増加しつつあれば今直ちに多大の費用及労力を投じてまでも改善を為すに及ばずと思惟し居るものの如く、・・・・・・」
---------------------------------------------------
 このように記しています。少しそのまま載せると少し問題もあり、内容を一部割愛しました。
銚子の浜口儀兵衛商店は今のヤマサ醤油の前身で、江戸時代に紀州からやってきて醤油製法を伝え、広めていったといわれています。
その第10代義兵衛は明治26年から昭和18年にかけ社長を務め、その後も会長となって醸造業の発展に努めた人物です。
ロンドンで発酵学を学ぶなど醸造の研究にも熱心で、第一次大戦後の好況を機に、社屋を移転・新築して施設の近代化を図ったといわれています。

「石岡市史」は市が発行したものですが、めずらしく意見が述べられており、この章の編者には敬意を払いたいと思います。
ここに書かれているように、醤油業が廃れた背景に、この地方の身内主義、外部に販路を求めていかない気風があるのが読み取れます。
綿々と続く平氏一族の血が引き継がれているのでしょうか。ゾーットしますね。
これは今の石岡にも言えることだと思います。まったく同じ状況を感じます。
狭いエリアの中の人達をどのようにするか。自分たちさえよければ良い。
補助金で仕事をもらい、細々と先祖から受け継いだ土地を守っていけばいいんだと。
外部から来られる人を、皆お客さんとして、迎えなければこの町の発展はないと思います。
石岡はとても外国人が少ない街です。英語の看板も申し訳程度小さく表示されているだけです。
少しずつでもよいので、若い人たちは外に出て、見聞を広め我が町を見直してみてください。
何が足りないのかが見えてくるはずです。
もちろん商業・産業の積極的な誘致も必要です。誘致のための予算もわずかに採られています。
しかし、柏原工業団地も空地となり草の生えたところも多くなっています。
 私がこのテーマでブログを書いているのを読んでくださった方から、「昔、石岡の醤油醸造会社の方に野田の醤油醸造家から、一緒にやりませんかと話が来たそうですが、その時石岡の醸造家は鼻息が荒く、どこの馬の骨かもわからない者など相手にできないと断ったそうです。」と教えてくださいました。
本当にそうなのでしょうね。本当にやりきれない思いがしてきてしまいます。
20年~30年後にこの町をどのような方向に向けていくのでしょうか。
市税の使われ方などを調べていくと愚痴ばかり出そうなので「見てみないふり」をしています。
お金など掛けないで宣伝力を養うことを勉強しましょう。
きっと同じように思っている人も多くいると思います。
あっ。それから石岡に一件、今でも醤油を造っているところがあります。
泉町(正式には府中3-1-8)の「石塚醤油醸造味野蔵(あじのくら)」さんです。
全てなくなったわけではないので念のため。これからも頑張ってほしいものですね。

醤油産業 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/10/17 16:44
 | HOME |