童子女の松原

 1300年前に書かれた常陸国風土記の「香島郡(かしまのこおり)」にこの地方の言い伝えとして次の話が出てくる。
ここでは口訳・常陸国風土記から文章をお借りします。

-----------------------------------------
 ○ 童子女の松原

 軽野の南に童子女の松原がある。
むかし、那賀の寒田のいらつこ、海上の安是のいらつめといふ、年若くして神に仕へてゐた少年と少女がゐた。
ともにみめ麗しく、村を越えて聞こえてくる評判に、いつしか二人はひそかな思ひを抱くやうになった。
年月が立ち、歌垣の集ひで二人は偶然出会ふ。そのときいらつこが歌ふに、

 いやぜるの 安是の小松に 木綿垂でて 吾を振り見ゆも 安是小島はも
 (安是の小松に清らかな木綿を懸け垂らして、それを手草に舞ひながら、私に向かって振ってゐるのが見える。安是の小島の……。)

 いらつめの答への歌に、

 潮には 立たむといへど 汝夫の子が 八十島隠り 吾を見さ走り
 (潮が島から寄せる浜辺に立ってゐようと言ってゐたのに、あなたは、八十島に隠れてゐる小島を見つけて、走り寄ってくる。)

 ともに相語らんと、人目を避けて歌垣の庭から離れ、松の木の下で、手を合はせて膝を並らべ、押さへてゐた思ひを口にすると、これまで思ひ悩んだことも消え、ほほゑみの鮮かな感動がよみがへる。
玉の露の宿る梢に、爽やかな秋風が吹き抜け、そのかなたに望月が輝いてゐる。
そこに聞こえる松風の歌。
鳴く鶴の浮州に帰るやうに、渡る雁の山に帰るやうに。
静かな山の岩陰に清水は湧き出で、静かな夜に霧はたちこめる。
近くの山の紅葉はすでに色づき始め、遠い海にはただ青き波の激しく磯によせる音が聞こえるだけだ。
今宵の楽しみにまさるものはない。
ただ語らひの甘きにおぼれ、夜の更け行くのも忘れる。
突然、鶏が鳴き、犬が吠え、気がつくと朝焼けの中から日が差し込めてゐた。
二人は、なすすべを知らず、人に見られることを恥ぢて、松の木となり果てたといふ。
いらつこの松を奈美松といひ、いらつめの松を古津松といふ。
その昔からのこの名は、今も同じである。
-----------------------------------------

少し長いのですがそのまま載せました。

IMG_1099s.jpg

昨日書いたとおりこの童子女の松原公園は手前に大きな生涯学習センターがある裏手の松林でした。
学習センターがお休みで気がつかなかったこともありますが、公園の入口はこのセンターを横切っていくのですから矢印の案内板くらい欲しいと思います。

IMG_1098s.jpg

表の通りからはこの看板の文字は読めないのですが近づいてみれば「常陸国風土記 童子女(おとめ)の松原公園」と書かれています。

「童子女」は一般には「うない」と読むのですがここでは「おとめ」とフリガナがふられています。

このように振り仮名をつけられるとこの常陸国風土記に書かれた内容も単なる美男美女の恋愛物語で終わってしまいそうです。

「うない」というのは少年少女の事と言われますが、髪の毛をうなじのあたりで束ねて下に垂らした髪型の事を言うと書かれたものもありましたのでここに造られている男女の像の姿とは少し違うのかもしれません。(神に仕える者です)

IMG_1100s.jpg

公園内は整備されていて、松林の中に常陸国風土記の各郡の説明プレートが1枚づつ置かれており、読みながら常陸国の昔を思うことが出来るように作られています。
でも訪れた方はどんな思いで散策されるのでしょうか・・・。

IMG_1101s.jpg

風土記の話に書かれているように「歌垣」(嬥歌 かがい)の集まりで出会った二人が松の木陰で一夜を過ごし、朝になってしまったので恥ずかしくなり松の木になってしまったというので、この当時の予想される衣装を着た男女像が作られています。

歌垣は筑波山が有名ですが、このような水辺などでもあちこちで行われていたようです。
興味のある方はご自身で調べて見て下さい。

IMG_1103s.jpg

IMG_1104s.jpg

「童子女(おとめ)の鐘」

説明板には

「この童子女の鐘は、いつまでも一緒にいたいという想いを抱き、松の姿に身をゆだねた男女の決して変わることのない深い絆にちなんだ、永遠の愛を願う鐘です。時代の流れを表現したアーチから、現代に語り継がれている2人の出会いの場面をみつめながら、あなたも永遠の愛を願いこの鐘を響かせて下さい」

とありました。

どんな音がするかやはり興味がありますね。
軽く叩いてみました。
ゴオ~ン・・・・ とても大きな音が鳴り響きました。

恥ずかしくなって松の木にでもなりたい気分です(笑)


IMG_1106s.jpg

さて、この公園は一度見ておけばそれでよしと言うことで、何故この童子女(うない)松原の話が常陸国風土記に書かれているのでしょうか。どのような意味を持っているのでしょうか。

この風土記には筑波郡のところにも筑波山の歌垣について書かれていますし、風土記を書いたと言われる高橋虫麻呂の万葉集に載せられている歌にも春と秋の歌垣の様子が歌われています。
これによればこの日ばかりは人妻であっても交際自由?? てな感じです。

さて、この男は「那賀の寒田」であり女は「海上の安是」で、共に神に仕える男女となっています。
これって少し興味深いですね。場所はどのあたりなのでしょうか。

こんなことに興味を持つと、この男女の松原の話も、少し違った話に見えてくるのです。

時間が無くなりましたので続きは明日に調べながら書いてみたいと思います。

この話の後に「手子后神社(てごさきじんじゃ)」を訪れました。

こちらにはこの童子女の二人を祀っています。この二人は神社に祭られる神様になっているのです。

ここを訪れようと思ったのは、先日石岡をバイパスする6号国道が通ることになっている舟塚山古墳の近くにこの波崎にある「手子后神社」と同じ名前の神社を発見したためです。

少しずつ紐解いてみたいと思います。
これから3-4回にわたって訪れた時の写真などで紹介したいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

手子后神社 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/04 20:37

童子女の松原(2)

 一昨日の記事の続きです。

神栖市波崎先端の鹿島灘側に面した海水浴場近くの松林に「童子女(おとめ)松原」公園があった。
常陸国風土記の香島郡のところに載せられた1300年前に伝承として伝えられたおはなし「童子女(うない)松原」の場所として推測した場所と思われる。

この歌垣(東国では嬥歌(かがい))の話として知られているが、何かもう少し深い話が眠っていそうな気がする。

その伏線は同じ常陸国風土記の香島郡の冒頭に書かれています。

「昔、難波の長柄の豊前の大宮に天の下知ろし食しし天皇(孝徳天皇)の御世の、大化五年に、大乙上 中臣の?子、大乙下 中臣部兎子らが、惣領 高向大夫に申し出て、下総の海上の国造の領内である軽野より南の一里(面積のこと)と、那賀の国造の領内である寒田より北の五里とを引き裂いて、この二つを合併し、新たに(香島の)神の郡を置いた。そこに鎮座する天つ大神の社(現、鹿島神宮)と、坂戸の社と、沼尾の社の三つをあはせて、香島の天の大神と称へた。ここから郡の名が付いた。」(口訳・常陸国風土記より)

この香島(鹿島)郡は大化5年(649年)に下海上国より「軽野」という土地と仲(那賀)国より「寒田(さむた)」といわれる土地をそれぞれ供出して新しい郡(こおり)が置かれたのだ。

常陸国風土記が書かれたのはそれより60年以上後である。

kasimanokoori.jpg

今では香島郡の北が何処まで課ははっきりしないが Flood Mapsで海面を5mくらい高くしてみると北にあったと言う阿多可奈湖(あたかなこ)が現在の涸沼から那珂川河口辺りに広がっているのでここが北の境であろう。

南はこの波崎の所までであるはずだから 5:1の大きさの面積で比較すれば上の地図のようになるであろう。

童子女(うない)の松原は一番南の方になる。

常陸国風土記の古老の話としてこの説話が書かれているのはこの香島(鹿島)の神の地が出来た頃よりも前の話かもしれない。
それともこの二つの国造の国からここを分離するために作られた話なのかもしれない。

そうでなければ別々の国の神に仕える男女二人がこの地で隠れて一緒になり、男は奈美松(なみまつ)、女は古津松(こつまつ)になって、そしていつのまにか奈美松霊・古津松霊という名の神様となって手子后(てごさき)神社に祀られているなどということにはならないはずであるのだから。

仲国造は神八井耳命(かむやいみみのみこと)=神武天皇の子 の後裔の建借間命(けかしまのみこと)が那珂川流域(水戸など)などに派遣されて切り開き場所であり、古代皇族の多氏の系統。

下海上(下兎上)国造は海洋や湖などの舟の操作が巧みな民族で出雲族だという。

すなわち多氏と出雲族がここで共に手を取り合って鹿島の神の地を作り上げたと言うことなのか?

ただ鹿島はどちらかというとやはり多氏の系統色がとても強いので、息栖神社がその象徴なのかもしれない。
息栖神社の現在の祭神は岐神(ふなどのかみ)・天神船神・住吉三神である。

息栖神社で芭蕉が読んだ句「この里は 気吹戸主の 風寒し」などということの意味もなんとなく気になってくる。

気吹戸主とはイザナギが黄泉の国から戻った時、けがれたものを清め流したその流れから生まれたのが気吹戸主とされる。
このため何でも汚れを清めてくれるのだそうだ。

さて、現在のこの童子女の松原公園の場所に松林も整備され、像がおかれているが本来は銚子大橋の波崎側の入口近くにある手子后神社の場所がこの二人が会ったという場所なのでしょう。

また、神栖市のホームページを見ていたら市の名前の由来が載っていました。
現在の神栖市役所のすぐ近くに大きな池がありその場所は昔から現在に至るまで神の池と呼ばれていました。
今の池は干拓も進み昔よりはだいぶ小さくなっているようです。

また息栖神社のある息栖町から栖の字をとって「神栖(かみす)」となったそうです。

この神の池も調べて見ると現在の百里基地(小美玉市、旧小川町)が建設される前にこの神の池と大野原地区に自衛隊の軍用施設が建設される話が持ち上がり、大反対にあいました。

結局これが小川町の百里ヶ原に建設されることになり今の百里基地と茨城空港となっていったのです。

ここにも大きな反対運動があったと聞いています。
それぞれの土地には知らなければいけないことがたくさん眠っていますね。

大間の原発のことなど知らされなければいけない事柄も隠しているように感じてしまいます。
まだまだ新しい原発をいくら建設途中だからと言って建設をするなどということは福島の避難民などの心を踏みにじっています。

プルサーマルですから、MOX燃料を使いたいと言うただそれだけの気持ちが先にあるとしたらとんでもないことだと思います。

明日は手子后神社を紹介します。

手子后神社 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/06 19:08

手子后神社(神栖市)(1)

 手子后神社(てごさきじんじゃ)は茨城県神栖市の銚子大橋の入口のすぐ近くにあります。

IMG_0925s.jpg

入口参道から奥に続いて拝殿が見えます。

IMG_0926s.jpg

入口に神社の説明があります。

「祭神は手子比売命(てごひめのみこと)。鹿島史によると神遊社ともいい、御祭神は、大神の御女なりとある。又一説には「常陸風土記」の「童子女の松原」に見られる安是の嬢子を祀った社とも言われている。

神護景雲年間(西暦七六七年)の創建と伝えられ、古くから息栖大洗両社と共に鹿島神宮の三摂社と称されている。

当社は漁師の信仰が厚く、鎮守祭には出漁しない習慣がある。この時期は大時化になることが多く、当社を信仰する漁師はこの習慣により難を免れた。以前は初出の漁船、また遠隔地へ行かれる漁船は必ず利根川の明神下まで船を進め、その無事を祈って船出した。」

そして「童子女(うない)の松原」の説明があります。こちらでは「うない」とフリガナがふられています。
その最後に「手子比売命と海上の安是(あぜ)の嬢子(いらつめ)とは同一神なりとの説もある」と書かれています。

少し内容をまとめてみると、この神社は「手子比売命」を祀った神社であり、この手子比売命は鹿島神宮の祭神である武甕槌(たけみかづち)大神の娘であるとされ、一説には常陸風土記に書かれた童子女の松原で古津松という松になったという安是の嬢子(女性の方)であるともいわれると書かれている。またこの神は同一であるかもしれないのだ。

どのように理解すればいいのだろうか。

IMG_0929s.jpg

場所が漁師町に近く江戸時代も波崎・銚子からは江戸へたくさん魚が運ばれていたのだから、この古社がいつのまにか漁業の女神を祀っているように思われていったものではないだろうか。

神栖市観光協会のホームページにはここの祭りについて

「毎年大潮祭は旧暦の6月15日に近い土・日曜日に執り行われます。
航海の安全や豊漁を祈る、海の男たちの祭りです。 初日夜の『宵宮』2日目の祭礼当日ともに神輿や鳴物が街中を練り歩きます。この日は波崎の漁船は出漁を止め大漁旗を飾り、乗組員は神社に参拝します。」

と書かれています。なかなか大きなお祭りのようだ。

IMG_0930s.jpg

狛犬もいい風情をしている。

IMG_0931s.jpg

IMG_0941s.jpg

神社拝殿。創建の年代が書かれている。
この年代にはすでに常陸風土記は編纂されていたのだから、あとからこの神社を建てる何かの力が働いたのか?

もっとも神社の創建年代などはあまりあてになるものは少ないが・・・。

IMG_0942s.jpg

こちらが本殿。

IMG_0944s.jpg

明日に続きます。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

手子后神社 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/07 20:33

手子后神社(神栖市)(2)

 茨城県神栖市の銚子大橋に近い場所にある手子后(てごさき)神社の紹介の続きです。

この神社と息栖神社、大洗磯前(いそさき)神社が古くは鹿島神宮の三摂社と言われていたとの記述もありが、現在の鹿島神宮の摂社には息栖神社をのぞいて入っていない。

大洗磯前神社の祭神は大己貴命(=大国主)と少彦名(すくなひこな)である。少彦名命 はこの大洗磯前神社と対をなす酒列磯前(さかつらいそさき)神社に祀られている神の分身である。

昔の地形を考えると大洗の方は鹿島郡で酒列の方は仲(那賀)の国造の土地であるようだ。

IMG_0927s.jpg

この手子后神社にはたくさんの境内社があるようだ。

入口の鳥居のすぐ近くに「厳島神社」がある。

IMG_0928s.jpg

それほど大きくはないが、当然安芸国(広島県)一宮である厳島神社から分霊されたものであろう。

IMG_0934s.jpg

その少し先の反対側には小山の上に社があり「浅間神社」が置かれている。江戸時代頃の富士山信仰の表れなのか。

IMG_0933s.jpg

その隣はキツネ像が置かれているので稲荷神社?、その隣が「天神さん」(菅原道真?)、「琴平宮」(海上安全?)となっています。

IMG_0932s.jpg

その隣に「大師堂」と書かれた門柱のある場所があります。
これは弘法大師を御まつりしているようですのでお寺です。

ここに寺があったのでしょうか。明治になってからの廃仏毀釈で寺が壊されたのでしょうか。

IMG_0935s.jpg

ここには古くからの信仰があった跡を見ることが出来ます。庚申塔などの三猿も良く残っています。
記録としても残しておきたいものばかりです。

IMG_0938s.jpg

ここも弘法大師の関連ですので四国八十八ヶ寺のそれぞれの仏像が置かれています。
これを拝むことで四国の霊場をお参りしたと同じ功徳が得られると信じられたのでしょう。

IMG_0939s.jpg

大きなものは弘法大師像でしょうか。

IMG_0940s.jpg

こちらは不動明王??

茨城県内の手子后神社は他に4カ所あると言うので今度少しずつ紐解いていきたい。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

手子后神社 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/08 21:10

手子后神社(石岡)と中津川(1)

 神栖市の手子后神社は常陸風土記に書かれている童子女(うない)の松原の話に出てくる松になった女性(古津松)を祀っていると言われ、これが鹿島大神(タメミカズチ)の娘ともいわれているとされています。

この話を調べて見ると私の住む石岡市にも手子后神社があることがわかりました。

この神社は国の史跡にも登録されている東日本で2番目の大きさを持つ舟塚山古墳のある台地(中津川)と同じ所に建っていました。

現在6号国道のバイパス工事が行われているすぐ近くです。

IMG_1019s.jpg

神社は3つ並んで建っていますが、YAHOOの地図などでは真ん中のの手子后神社は名前が表示されていません。
場所は中津川の高台側の先端部分です。

IMG_1020s.jpg

右側のこの神社は「素鷲(そが)神社」

IMG_1021s.jpg

この神社の横には古い石像や平たい石板がゴロゴロしています。

この辺りも舟塚山古墳群の一角なのでしょう。古墳の石棺などの一部もありそうです。

IMG_1022s.jpg

この三猿が彫られた庚申塔などもなかなか珍しいですね。クリックすると写真は拡大します。

IMG_1023s.jpg


IMG_1024s.jpg

地図には神社の名前が見えませんが真ん中の神社が「手子后神社」です。「てごさきじんじゃ」ではなく「てごめじんじゃ」というようです。

この神社の祭神は童子女の松原に出てくる男女の霊(奈美松(なみまつ)例と古津松(こつまつ)霊)です。

IMG_1025s.jpg

この辺りに松林はありませんが、舟塚山古墳も昔は古墳の上は松林だったと聞いたことがあります。
今では古墳の上は木は全て伐採してきれいな芝生になっています。

IMG_1026s.jpg

一番左側は小さな社にとたんの屋根覆いをかぶせています。

梨ノ木稲荷神社です。

IMG_1027s.jpg

入口にはキツネ像が置かれています。お稲荷さんです。梨ノ木という名前も少し変わっていますね。
昔の梨は結構堅い実がついたようですのでどのような意味合いがあるのでしょうか。

IMG_1029s.jpg

IMG_1030s.jpg

IMG_1032s.jpg

IMG_1035s.jpg

神社のある場所は石岡市中津川字上ノ宮というようです。宮とはどういう意味でしょうか。

今日はまた銚子に行ったりして遅く帰ってきました。
調べる時間もないのでそのうちに何かわかったら書きたすかもわかりません。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

手子后神社 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/09 21:54

手子后神社(石岡)と中津川(2)

 石岡市の中津川は高浜と石岡市内のちょうど中間部分に当たる。

古代の地形を考えると流れ海(現霞ヶ浦)を通って常陸国府(現石岡)に来ようとした時に舟でこのあたりに上陸したのかもしれない。

しかし、舟塚山古墳、愛宕山古墳などは結構高台にあり、この流れ海にの水面まで崖が続いているような地形である。

いままでこの崖下の道は車で何度も通ったが、この中津川の上の台地を散策した事が無かった。

IMG_1015s.jpg

思っていたよりも住宅が広がっている落ち着いた場所で、大きな家が多い。

IMG_1016s.jpg

庭に植えられたボケの花が美しいのでおもわず写真におさめさせてもらった。
もっとも野に咲く木瓜はもっと小さく地を這うように咲く。
子供の頃に過ごした武蔵野の林などではたくさん咲いていた。

IMG_1017s.jpg

白モクレンの花も品があって美しい。
でも少しすると花はだらしない姿となって地に落ちる。

IMG_1039s.jpg

高台から少し下った道沿いに中津川公民館がある。

IMG_1036s.jpg

この公民館に瓦屋根を持つ小屋風の建物が3つならんでいた。

一番左が「子安神社」真ん中は「???観音堂」、一番右は「花蔵院」と書かれていた。

これらは、この辺りにあったものをここに集約したのだろう。

IMG_1014s.jpg

今この近くを6号国道のバイパスが通ろうとしている。
通りにぶつかる家はほとんど壊されている。何処に移ったのだろうか?

IMG_1018s.jpg

うっそうとした谷部分に道路建設の開発が進む。

この地区は確かに古墳地帯で何処まで調査が終わっているのだろうか。
上の通り沿いには古代官道の跡が見つかり道路に架かる部分は発掘調査が実施された。

ただこれらの家の土台の下などは何も調査された跡はない。

神栖市の手子后(てごさき)神社とこちらの神社との関連はわからないが、茨城県に残された手子后神社はどうも古墳時代の民俗的な何かのつながりがありそうに思う。

この舟塚山古墳はだれの墓なのか? 茨城国造?

今後、時間を見てあと3か所を廻って見なければならないだろう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

手子后神社 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/10 21:18

手子后神社-(水戸市元石川町)

 神栖市の童子女(なうい)松原との関連がある手子后(てごさき)神社の紹介から、その他の茨城県にある手子后神社を探し、つながりを見たいと思っていました。

そして石岡市中津川の手子后(てごめ)神社を前回紹介しました。

さて残りの神社を探して行ってきましたのでこれから数回に分けてどんな所か紹介して行きたいと思います。

(今までの手子后神社については左のカテゴリーの一番下の「手子后神社」をクリックしてください。順番に読むことが出来ます。)

茨城県の手子后神社はわかっているだけですが次の5つです。とりあえず場所と祭神だけを記します。

1)手子后(てごさき)神社:神栖市波崎 祭神は手子比売命(てごひめのみこと)

2)手子后(てごめ)神社:石岡市中津川 祭神は奈美松霊と古津松霊(童子女松原に出てくる男女の霊)

3)手子后(てごさき)神社:水戸市元石川町 祭神は稚日孁尊(わかひるめのみこと)

4)手子后(てごさき)神社:水戸市田島町(内原) 祭神は手名椎命(宿魂石)

5)手子后(てごさき)神社:城里町(旧桂村)上圷 祭神の埴安姫命(はにやすひめのみこと)

では今回は3番目の水戸市元石川町の神社を紹介します。

6号国道の50号線との酒門交差点を東(大洗方面)に行くと水戸南ICにでる。
ここまでは片側2車線の広い道だが、そこを過ぎて少し行くと片側1車線の道になり車の量も極端に少なくなる。

この辺りは大洗から戻る時に数回通ったことがあるがその時は特に何も感じることもなかった。


IMG_1233s.jpg

そして更に少し行ったところはもう商店街もなく住宅も少なくなり畑が広がる場所になる。
そんな中の左側の森が茂った辺りが手子后神社がある場所だが道は狭いので手前で車を止めて歩いていくことにした。

IMG_1234s.jpg

家が点在し、両側が畑の中の道を進む。

IMG_1235s.jpg

畑の向こうの機が茂っているところに神社の入口が見える。

IMG_1236s.jpg

この場所まで車で入ることもできたようで、この神社正面を少し行ったところに駐車場もあった。
この手子后(てごさき)神社は思ったより大きな神社であった。

IMG_1238s.jpg

祭神は稚日女尊(わかひるめのみこと)だという。
ここの神社は神栖市波崎(旧鹿島郡東下村羽崎)の手子后神社から分霊されたものといわれている。

でも祭神の稚日女尊は神戸の生田神社の祭神である。
日本書紀では高天原で機織りをしていた稚日女尊のところにスサノオが馬の皮を剥いだものを投げ入れたので、驚いて機から転げ落ち傷ついて死んでしまった。

古事記では女性のある部分を傷つけたとあるが・・・・。

若く瑞々しい日の女神ということなのだが、生田神社では天照大神の幼名を稚日女としているそうだ(wikipediaより)


IMG_1242s.jpg

拝殿も立派な造りである。

IMG_1243s.jpg

この狛犬も特徴のある興味深い姿です。吽型

IMG_1244s.jpg

阿型。

IMG_1246s.jpg

拝殿前から入口鳥居の方を振り返って見たところ。
木々が茂っていることがわかります。

IMG_1247s.jpg

拝殿の手前右側に立派な蔵?が置かれていました。宝物館だそうです。

IMG_1248s.jpg

この宝物館の中にはこの神社の残されていた古文書(350年ほど前からの文書で801点もある)が保管されているようです。
かなり貴重なもののようで、火災などで焼けずに残っているのも珍しいのでしょう。

IMG_1252s.jpg

この本殿もかなり古いもののように見えます。調べて見ても良く分かりません。

この神社も神仏分離で円照寺という神宮寺があったそうです。元禄時代に阿弥陀寺と改称していたが、火災で焼失してしまい再建されずに六反田町の六蔵寺(六地蔵寺)に吸収されたと言うことです。

この神社の森の周りは窪地となっていて昔は水が入り込んでいたような地形です。
また神社の裏手には湧き水の出ていた場所もあるようで、後三年の役の八幡太郎一行がここに戦勝祈願してこの水で喉を潤したという話も残っているようです。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

手子后神社 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2014/04/19 19:45

手子后神社-水戸市田島町

 桜もほぼ散って、また寒さもぶり返して、体調も思わしくないのでこの土日は何処にも出かけず家の中に籠っていました。

ノンビリしたおかげで大分気分も戻ってきました。
童子女(うない)の松原からこの手子后(てごさき)神社を調べるうちに、この神社が何を祀っている神社なのかがわからなくなってきました。

もう少し全部を見て行ってから時間があれば考えて見たいと思います。
ただ5つの神社が私が何度も通い、今まで気になっていた土地に集中しているのです。
もしかしたら思い違いなのかもしれませんが・・・。

では今日は4番目の水戸市内原駅からあまり遠くない田島町にある手子后(てごさき)神社です。

この田島町はすぐ近くに大足(おおだら)とか牛伏(うしぶし)、木葉下(あぼっけ)などの気になる地名が集中する地域です。
また常陸国風土記で晡時臥山(くれふしやま)といわれる山とされる「朝房山」に近い場所です。

50号国道の内原のイオンモールの所の信号を北に入っていきます。

少し進むとすぐ左側に有賀神社(紹介記事はこちら)があり、その先を西に少し入ったところに先日紹介した「かたくりの里」(こちら)があります。

また、東側には舟塚古墳(こちら)があります。

その道を茨城県の難読地名にかならず出てくる木葉下(あぼっけ)方面に少し行くと左手に「くれふし古墳公園」(こちら)があり、たくさんの古墳群があります。

その古墳公園に曲がる道を反対方向の東側に曲がってそのまま平地の道を進んで少し登り坂になった辺りの右側にこの手子后神社がありました。

周りは畑や住宅が点在するまったくの平地で、何故このような場所にこの古いと思われる神社があるのか。少し不思議な感じがします。

IMG_1280s.jpg

まわりは畑の中の森という感じです。

IMG_1281s.jpg

入口に大正4年11月に建立された「奉祝御即位記念碑」と彫られた大きな石板が置かれています。

IMG_1276s.jpg

この神社については良く分からないが、祭神は手名椎命(てなづちのみこと)
この神はヤマタノオロシ退治でてくる足名椎命(あしなづちのみこと)とこの手名椎命夫婦の娘がクシナダヒメだ。

IMG_1278s.jpg

この場所も周りは古墳群であり、神社の近くにみな古墳があるのも興味深い場所です。

IMG_1279s.jpg

また、この神社は宿魂石を祀っているともいわるという。宿魂石については大甕神社(こちら1こちら2)でかなり書いたのでこちらでは省略しよう。




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

手子后神社 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/20 20:30

手子后神社-城里町上圷

 今日は茨城県に5か所ある手子后(てごさき)神社の5番目として城里町上圷の神社を紹介します。

ここは旧桂村の粟地区に近いところで前から何度も訪れている場所です。

今年1月には春慶塗りの粟野春慶を紹介した(こちら)場所の近くです。

石岡からは石塚街道を終点の石塚(城里町)に行くとここは中世の石塚城があった場所で、街道はこの高台から一気に落ちるような感じで下の平地に下ります。

この下りた場所が「圷(あくつ)」です。
圷は字のごとく山の下の方の地名であり塙(はなわ)の対義語といわれるが、どうもこれは少し違う気がする。

茨城には「圷(あくつ)」という地名と「小塙(こばな)」という地名がたくさんある。

小塙は少し山のように盛り上がった場所が多く、圷は低地だが湿地帯(または川べり)が多いようだ。
必ずしも2つの語は対になっていない。

アクツはおそらくアイヌ語由来ではないかと思う。

関東から北にアクツ、アクト、アクタなどと読む地名が点在している。
私はアテルイのことを悪路王というのとどこかでつながっているように感じている。

この場所の近くに悪路王の首を奉納したと言われる鹿島神社(記事はこちら)があるのです。


IMG_1289s.jpg

この上圷の手子后(てごさき)神社は、この街道から少し那珂川寄りの場所にある。
曲がり角には地図(MAPFAN)には下圷館跡と書かれた場所がある。

鳥居の脇には「村社手子后神社」と書かれている。

IMG_1290s.jpg

鳥居から木々に覆われた長い参道が伸びている。

IMG_1292s.jpg

正面に拝殿と社務所らしき建物がある。

IMG_1293s.jpg

こちらは左手にあった建物。社務所なのか? それとも神楽殿のような役割をしたものなのか?

IMG_1294s.jpg

正面が拝殿。右側は祭りの収納庫?

IMG_1296s.jpg

神社の額の横に干支の午をかざっています。
この神社がどのような神様を祭るかが良く分からないのではないかと思われます。

IMG_1298s.jpg

本殿。出雲系でしょうか。
この神社は創建は大同二年(807)だとされます。これは多くの神社が同じ年代です。

坂上田村麻呂の蝦夷征伐で戦勝祈願をしたとの言い伝えが残されているそうです。

この手子后神社は昔は「手子木崎神社」と言っていたそうです。
祭神は埴安姫命(はにやすひめのみこと)だといいます。

この神社を調べていたら面白い事が書かれていました。

埴安姫命が土をつかさどる神であるので土を焼く瓦はこの地区では使わなかったそうです。(セメント瓦を使う)

またこの地区には松の木を植えないと言う言い伝えがあるのだとか。

理由は埴安姫命が松の葉で眼を突き怪我したために松の木を切ったと言われたのだとか・・・。

でもこれは神栖市の手子后神社が松(古津松)になった安是の嬢子の話がどこかでこんな話に置き換わってしまったものかもしれません。


IMG_1300s.jpg

旧桂村のマンホールのフタ。村の鳥(うぐいす)、村の木(かつら)、村の花(かんな)が描かれています。
市町村合併で今は城里町ですからそのうちに変わってしまうのでしょうか。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

手子后神社 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/21 20:25

手子后神社と古墳(1)

 さて、手子后(てごさき)神社を5つ見てきましたが、やはり何を祭った神社なのかははっきりしません。
でもすべては「后」の字に現われているように誰かの「お后」を祀ったもの、又は後にそのように思われて理解されてきたものなのかもしれません。

香島(鹿島)郡の成立にからむと思われる童子女の松原にある手子后神社からその他の4か所の手子后神社を見て回り不思議な共通点が見えてきました。

それはすべてまわりに古墳群がある場所に建てられています。

関連するかどうかはわかりませんが少しづつ紹介します。

まずは石岡市中津川台地の手子后(てごめ)神社です。

tegosaki2.jpg
(FloodMapsで水面を+5mとした地図)

石岡は昔は常陸府中(常府)と呼ばれ常陸国が成立した頃から国府の地であり、国衙跡も石岡小学校の敷地で発掘されています。

そのため常陸国風土記が編纂された1300年前頃は国分寺、国分尼寺などと共に行政の中心が国府跡(石岡小学校)にあったようです。

しかし常陸国が出来る前に茨城国があり、この地に茨城国造がとりまとめていました。

常陸国が成立したのは大化の改新(645年)の直後と言われていてこの頃は常陸国に11郡が置かれ、この地は茨城郡となります。

この茨城郡の中心は石岡外城(とじょう)跡といわれる岡田神社の場所と茨城廃寺跡が集中する貝地、田島の舌状台地にあったものと思われます。

その台地を高浜方面に1.5km程行ったところに茨城県最大で東関東で2番目の大きさの前方後円墳「舟塚山古墳」があり、その近くに大小合わせて25個程の古墳群が点在しています。

この古墳の築造年代は5世紀後半と考えられていますので大化の改新よりも150年以上前になります。

また国分寺よりも古い寺といわれる茨城廃寺(茨木寺)の建造は7世紀後半ですから舟塚山古墳から200年近くも後になります。

この舟塚山古墳は茨城国造である「筑紫刀禰(つくしとね)」の墓ではないかといわれている。

この筑紫刀禰は天津彦根命(あまつひこねのみこと)の孫と言われ、天津彦根は出雲国風土記では出雲の屋代(現島根県安来市)にヤシロを建てたとされる神であるから出雲系の部族であろう。

日本全国に神社が建てられ広まったのはいつごろなのか?
坂上田村麻呂の東征でアテルイが都に連れて来られ処刑されたのは西暦802年で、この年から大同年間(806~810年)に創建された神社は数知れない程ある。

それまでどのような信仰のスタイルであったのかなどがあまりよく分からないが、やはり小さな社などを建てていたのかもしれない。

この手子后神社もその頃にこの古墳に眠る豪族の后の墳墓として古墳近くに置かれたものなのかもしれない。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

手子后神社 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/04/23 19:51
 | HOME | Next »