大原幽学遺跡(1)

昨日の千葉県香取市にある府馬の大クスから少し旭市の方に行ったところに「大原幽学遺跡」と書かれた国の遺跡があるので立寄ることにした。

大原幽学(ゆうがく)という人については残念ながらあまり知らない。

Wikipediaによると
「寛政9年3月17日(1797年4月13日) - 安政5年3月8日(1858年4月21日))は、江戸時代後期の農政学者、農民指導者。下総国香取郡長部(ながべ)村(後の千葉県香取郡干潟町、現在の旭市)を拠点に、天保9年(1838年)に先祖株組合という農業協同組合を世界で初めて創設した。」
と書かれている。

江戸後期の農学者で農協の創設者のようだ。

IMG_1409s.jpg

府馬の大クスの場所から南の方に進むと県道沿いに案内板があった。

そこから畑の間のような道を通り、山道を抜けてどんどん進むと、山を下ったところで水田が開けた場所に出た。

IMG_1401s.jpg

その一角に白い大きな建物が見えた。 これが大原幽学記念館ど。

IMG_1402s.jpg

大原幽学は尾張(現名古屋)の生まれで、江戸時代に混乱した時代にこの房総の長部(ながべ)村を中心に農村改革指導をおこなったという。
(記念館のHPはこちら

この記念館の1Fには「椿海(つばきのうみ)」の干拓事業で干潟八万石と言われるようになった郷土資料の展示がなされ、2Fではこの大原幽学に関係する資料が展示されているそうです。

でも何でこんな田舎にこれほど立派な施設があるのかと不思議に思ったが、農協を始めて造った人と知って少し納得。

IMG_1403s.jpg

記念館は有料で今回時間もなかったのでパスしてその先に進むとすぐ左側に大きな藁葺の屋敷が保存されていた。

江戸時代の天保年間に大原幽学の指導を受けて建築したという林家住宅。

住居があったのはJR旭駅近くの少し南側である。
旭駅とこの幽学記念館のある場所との間にも昔は大きな内海が広がっていた。
しかしそれも次第に海とは切り離されて大きな湖になっていたようだ。
ここを江戸時代に干拓したのだろう。

IMG_1404s.jpg

ちょっと農家の家とは思えない立派な家である。
機能的な工夫もされている。

IMG_1406s.jpg

IMG_1407s.jpg

ここに来てやはり干拓されたと言う「椿海」が気になりやはりFloodMaps で海面を+5mした地図を眺めて見た。

椿海

上に現われた大きな湖が「椿海(つばきのうみ)」であるようだ。

ここに伝わる話が面白いので残しておきたい。

「昔、この地に邪神が住む椿の大木があり、香取神宮がこれを東方の海中に椿の木ごと放逐したところ、その跡地に水が溜まって海になったという伝説があるが、当時の玉の浦の入り江が犬吠埼方面からの砂洲の形成によって出口を塞がれできた湖である。」(Wikipediaより)

この湖が江戸時代まであったがここを江戸後期に干拓して水田が出来あがったようだ。

いろいろ調べて見ると面白いものだ。

この大原幽学遺跡は結構広いので明日もう少し紹介します。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

旭市 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2014/05/11 19:14

大原幽学遺跡(2)

江戸時代の農学者「大原幽学」の遺跡を保存している千葉県旭市の施設を紹介しています。

世界で初めて農協のような組織を作ってこの場所に教習所などを建て多くの人を指導したようです。

天保水滸伝などにも登場すると言いますが、三波春夫の歌に登場した平手造酒をどうにか覚えているくらいで、ほとんど記憶にありません。

IMG_1410s.jpg

この天保時代に造られたと言う大原幽学の旧宅が残されています。
屋根は藁葺から銅版葺きに変更されていますが、内部の造りなどが参考になります。

IMG_1411s.jpg

IMG_1412s.jpg


IMG_1413s.jpg

なかなかこの史跡の敷地は広く、裏山も散策でき、若葉がまぶしく輝いていました。

IMG_1415s.jpg

門人たちの宿泊教習所の施設があったようです。
寺などではなくこのような大きな施設は当時珍しかったのではないでしょうか。

IMG_1408s.jpg

IMG_1416s.jpg

改心楼などと呼ばれた教習所があったようですが、なかなか難しいですね。

Wikipediaによれば、
「嘉永5年(1852年)、反感を持つ勢力が改心楼へ乱入したことをきっかけに村を越えた農民の行き来を怪しまれ勘定奉行に取り調べられる。安政4年(1857年)に押込百日と改心楼の棄却、先祖株組合の解散を言い渡される。」

となっています。5年も続いた裁判で傷心して幽学は切腹したのだそうです。

大原幽学は、農村改革の方針の中に「博打の禁止」を含めていた。
それによって、天保水滸伝に名を残している親分である飯岡助五郎一家や笹川繁蔵一家からたびたび博打を大目に見るよう直談判を受けたり、嫌がらせを受けたりしていたという。

幽学が自殺する原因の一つとなったこの改心楼に博徒が乱入した事件は、飯岡助五郎の兄弟分である松岸の半次が起こしたものであったといわれているとのこと。

それにしても「飯岡」「笹川」「松岸」など今でも地名でしっかり残っている。

IMG_1417s.jpg

大原幽学を祀る神社を敷地内に建てようとしたようですが、許可にならず「大原聖殿」の名称になったようです。

神社拝殿と同じつくりで、裏に本殿も作ったようですがこちらは取り壊されてのでしょう。

IMG_1419s.jpg

この山の中にある広い敷地ですが、きれいに管理されていました。

IMG_1420s.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

旭市 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/05/12 20:51

(松沢)熊野神社(旭市)

 香取市小見川から府馬の大くすを経て、県道28号線をそのまま旭市の九十九里方面に車を走らせました。

それは小見川側も昔は海で大きな低地が今は水田などが広がり、府馬の大クスや大原幽学などの場所は小山になっているが、この道も旭市側でまた昔大きな湖(椿海)が広がっていたのを地形的に確認したいと思ったことにありました。
また「椿海」は「太田ノ胡水」とも呼ばれ、太田地区を中心にした地域であり、太田神社がどんな所かを見たいと思ったbのです。

幽学の場所からしばらく行くと坂を下って旭市の街中に向かって下っていきます。

その下る手前の高台に大きな鳥居が見えました。気になって立寄って見ました。

熊野神社となっています。熊野信仰が盛んであった頃にできたものと考えたのですが、結構古くて大きな神社です。

IMG_1559s.jpg

雨が降ったりやんだりの生憎の天気。でもこの時は降っておりませんでした。

IMG_1561s.jpg

社務所もあり、神楽殿もある比較的大きな神社です。

IMG_1564s.jpg

大同元年の創建といわれる神社の一つであるようです。
最初に建てられたのはどうやらもう少し九十九里に近い「三川浦」で、955年にこの地に移ったとされています。
三川は飯岡の少し南側です。

どうやらこの辺りが東国への進出の拠点であったのかもしれません。
後でもまた全体の地形を考察してみたいと思います。

私には栗山、屋形、匝瑳、三川、飯岡など気になるところです。

この説明では「松沢荘(まつざわのしょう)」はこの旭市清和乙の当たりの荘園のようです。
この清和(せいわ)甲、乙などという地名も気になるところです。

清和は清和源氏からこの名前となったのでしょうか?

この神社も鎌倉時代に武士の信仰が厚かったようです。

IMG_1568s.jpg

神楽殿

千葉県指定無形民俗文化財 熊野神社の神楽
 毎年3月21日熊野神社の神楽殿、拝殿で演じられる神楽である。
 かつては社家によって演じられたが、明治以後は氏子によって行われるようになり、現在は保存会を結成してその伝承につとめている。
 当日は旧神官宅でお祓いを受け、神楽殿で、猿田彦による露払いに始まり、素戔嗚尊(スサノオ)による七五三切りで終わる。囃子には笛、鋲打ち太鼓・締太鼓が用いられる。この神楽は元禄年間に現在のようにまとめられたといわれる。
 仮面神による一人舞を基本とし、太太神楽の古格をよく保存するとともに、独特の郷土色が加わった、きわめて地方的特色をもつ神楽である。  (現地の案内板)

IMG_1571s.jpg

IMG_1572s.jpg

市指定有形民俗文化財「熊野神社の女男石」 昭和52年4月12日指定
 言い伝えによると、昔、三川の浜に、ある朝こつぜんと二個の石が打ち上げられた。陰陽の形をしており、かつて権現様(熊野神社)があらわれた地であることから、神の石として、三川から当地に運び安置されたといわれている。以来、この石は女男石、または縁結びの石として信仰されている。また、石の頭に酒を注いで、こぼれずに染み込めば願いが叶えられる酒呑石ともよばれている。
(現地の案内板による)

IMG_1577s.jpg

2011年に行われた13年に1度の式年神幸祭については、東日本大震災で津波が海岸を襲い、被害をこうむった後だったので規模を縮小して行ったそうです。

この熊野神社の場所は昔、椿の海を見下ろす場所であったことは明らかです。
今の旭市の街中などは大きな湖が広がっていたのでしょう。

また近くに「脇鷹神社(そばたかじんじゃ)」があったのですが、気が付きませんでした。
今度時間があれば見てきたいと思います。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

旭市 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/18 19:39

太田神社(旭市)

 千葉県の先端「銚子」には仕事で時々出かけており、その時に少しその途中や近隣の歴史散策などをしている。

先日から銚子より少し先の旭市あたりまで進出した。
香取市や小見川から旭市の方に県道28号線が走っており、昔の地形の香取の海から椿の海を通って玉の浦に出る。
何の事かわからないかもしれないが、江戸時代の初めころまではきっとこんな呼び名で呼ばれていたのかもしれない。

江戸時代になりこれらの海と呼ばれた所は湖や谷津となりここに干拓が行われて広い田が作られた。

その農業指導を行い、組合まで作ったのが大原幽学であり、この指導所は、この2つの昔海(湖)であったところの中間にあった。

小見川近くの笹川には笹川繁蔵親分がおり、玉の浦(九十九里)の飯岡には飯岡助五郎親分がいた。
この2つのグループが対立して大利根河原で決闘が行われたのが「天保水滸伝」で、旭市の飯岡と佐原を訪れた子母澤寛が聞いた話からヒントを得て作られた話が「座頭市」である。

そして、少し前に今年の冷夏予想を書いたのだが、天保水滸伝の話のきっかけは江戸の天保大飢饉が発端だと思っている。

笹川繁蔵が全国の有名な親分衆(清水の次郎長など)を集めて賭博を開いたのはこの飢饉を救済するためだったとか・・・・。

そして大原幽学の教習所に押し掛けて争いになったのも関係しているので、いろいろ調べると面白い。


IMG_1612s.jpg

入口の鳥居の真下に丸い石が置かれている。
こんな所は始めて見た。
これも力石なのか? 力自慢? 鳥居の下の石を持ち上げてはいけないように思うが・・・

この神社には別の力石が置かれている。これは明日また書いておきたい。

IMG_1615s.jpg

IMG_1620s.jpg

IMG_1621s.jpg

IMG_1617s.jpg

この説明の最後にこの神社の別名が「第六天宮」と書かれているではないか。
これは先日書いた「久保神社」と同じだ。久保神社は「大六天宮」であるが同じことだ。

やはり祭神は途中で変わったと言うことになる。
元々は神仏習合の時代に第六天魔王(他化自在天)を祀っていた。
神仏分離で別れた別当寺は「(大坊)幸蔵寺」という。この寺はもう少し南下して市役所より海側にある。

IMG_1619s.jpg
(境内社の子安神社)

この神社の場所は昔の椿の海(太田の胡水)の中というよりは水際にあったようなところだと思う。
太田の胡水とも言われたのでこの神社に来ればもう少し何かわかるかもしれないと思ったのだが・・・。

IMG_1629s.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

旭市 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/05/20 20:57

太田神社(旭市)(2)

 この香取市、東庄町、旭市などを巡って見るとあちらこちらに江戸時代からの相撲(角力)の話が残されている。
そもそも天保水滸伝で争った笹川繁蔵も飯岡助五郎も実際に相撲取りともなっているし、力が強かったのでこの地方で荒くれ者たちを束ねることが出来たのではないだろうか。

そんな思いも抱いていたら、この太田神社にも面白いものが置かれていた。

IMG_1614s.jpg

神社によくある力石だ。

江戸中期の安永9年(1780)にこの地方から江戸に出て商売をしていた4人の商人が大鳥居を奉納し、その基礎に使った石から2つを力石としたもの。
大きいほうが206kg(55貫)、小さいほうが135kg(36貫)あり、大きい方は今までに持ち上げたのは大正2年に城之内与吉
氏ただ一人だと言います。

もっとも今ではコンクリに固められてしまっていて持ち上げることが出来ません。

IMG_1618s.jpg

この太田神社で江戸中期から毎年「黒虎相撲」があるそうです。
黒はプロで虎は素人の事だそうです。

一時廃れていた時もあるようですが、また平成4年から復活して行っていると書かれています。(11月3日に開催)
土俵が見当たりませんでしたが、仮設の土俵がその時期に造られるようです。
また今では玄人(プロ)の相撲取りは来ないそうですので正式には黒虎ではないですね。

この神社の祭礼は7月に神輿・お囃子などでにぎやかに行われています。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

旭市 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/21 20:57

海宝寺(旭市)

 昨日書いた千葉県旭市の太田神社は「袋」という場所にあり、すぐ近くに昔の椿の海を干拓した干潟がある。
干潟八万石と呼ばれて江戸時代から大きな農地(約5100ha)が広がっている。

この干拓は寛文10年(1670)に行われ、江戸初期であり、江戸の人口が急激に拡大してきたことからこの一大干拓事業が行われた。

田んぼの水を確保するためにため池を数カ所確保した。その最大のものがこの近くにある袋公園となっている池である。

この近くに干拓の頃に創建された「海宝寺」という真言宗の寺がある。
なかなか大きな寺だ。

干拓後の延宝9年(1681)に幕府の許可で近くの太田村下新田に創建され、10年後に現在の場所に移った。

IMG_1592s.jpg

海宝寺山門と「不許葷酒入山門」(葷酒山門に入るを許さず)の石柱が立っています。

IMG_1594s.jpg


IMG_1595s.jpg


IMG_1593s.jpg

服部耕雨(耕石)

「服部氏の先祖は江戸で尾張藩御用の呉服業を営んでいた。椿の海干拓事業に出資し、干拓地の大間手、ついで琴田村に住み、海宝寺の創建にも尽力した」と書かれている。

IMG_1597s.jpg

「香樹園耕雨翁碑」大正7年(1918)建立

IMG_1600s.jpg

「鐘楼」

IMG_1601s.jpg

こちらの方にも「不許葷酒」の柱がありました。

酒もニンニクも食べてないのでいいでしょうか。
私はこの「不許葷酒」があると、門をくぐるときにも手を合わせお辞儀をしてくぐります。

また戻る時も向き直って頭を下げます。

IMG_1602s.jpg

IMG_1604s.jpg

寺の本堂

IMG_1607s.jpg

IMG_1608s.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

旭市 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/22 22:19

飯岡漁港

 10日ほど前になるが、小見川から旭市に内陸を通っていった時に、天保水滸伝の飯岡助五郎のいた飯岡へ行ってみた。
九十九里浜沿いの九十九里ビーチラインに出て少し車を走らせてみた。
当然九十九里の砂浜が見られると想像していたのだが、海が見えない。

この日はあいにくの雨で視界も悪く、車を止めて歩いて海岸に出ることもあきらめた。

でも海が見えないのは・・・・。

そう、どうやら防潮堤の工事が進んでいるようだ。

3年前の3月11日の東日本大震災の時にこの九十九里や銚子も大きな津波が襲った。

特に九十九里の北端であるここ飯岡地区を襲った津波の高さは7.6mであったという。

道路沿いの民家や商店を中心に死者13 人,行方不明2 人,全壊427 棟,半壊335 棟,床上浸水387棟の被害があった。

防潮堤の高さを6mくらいにするとの記事もあったが、今建設されている堤防の高さは私は知らない。

堤防の上に道路も作るような話もあるようだが、この飯岡は鰯(イワシ)漁で昔から栄えた場所で、海が見えないとどうも落ち着かない。

IMG_1638s.jpg

ビーチライン沿いのサーファーに人気の食堂「つちや食堂」。

ここも震災で津波を被った。今では復旧して営業をしている。5月から名物の磯カキが出ている。
この地域での大粒の磯牡蠣はこれからが旬である。

今度時間がある時にここや玉の浦食堂などにも立寄って見たい。

IMG_1640s.jpg

飯岡漁港。九十九里浜(昔の玉の浦)の北端にあるこじんまりした港である。
江戸時代から鰯漁は盛んであったようだ。

飯岡助五郎もこの漁港があったからこの地にやってきたのだろう。

3年前の3月にはここを6~7.6mの高さの津波が襲った。飯岡の市街地も標高が4~6mくらいなので、市街地も津波に襲われたようだ。

IMG_1641s.jpg

左手の丘の上には飯岡灯台がある。今度天気の良い日に行ってみようと思う。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

旭市 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/24 18:48

岩井滝不動(龍福寺)(1)

 ブログ読者の方から勧めていただいた旭市の岩井滝不動尊へ見学に行ってきました。

正式には仙滝山龍福寺(真言宗智山派)という寺で、弘仁6年(815年)弘法大師(空海)が東歴の際に、不動明王を彫り安置したと伝えられる寺だそうです。

(写真はクリックすると大きな写真を表示します)
IMG_1685s_201405251113405ed.jpg

廻りを緑豊かな「龍福寺の森」と呼ばれる森(県の天然記念物)が取り囲み、裏山から湧き水による滝が流れ落ちるとても美しい寺です。

新緑の木々がまぶしい中に大きな朱色の仁王門がとても映えます。

IMG_1686s.jpg

本尊は不動明王とその使いである制多迦(せいたか)、矜羯羅(こんから)です。



IMG_1688s.jpg

IMG_1690s.jpg

IMG_1691s.jpg

本殿

なかなか重厚な造りなのだが、文化財の登録が無いようで書かれたものが見つからない。
戦国時代に戦火で一度焼失したようだが、かなり見ごたえのある造りであるので見つけられないのは残念である。

IMG_1684s.jpg

IMG_1692s.jpg

大日殿

IMG_1693s.jpg

山法師(ヤマボウシ)の白い花が寺に似合っている。

IMG_1694s_201405251115063a2.jpg

本殿の手前に宝篋印塔(ほうきょういんとう)?が置かれていたが、何時頃のものか・・・。
書かれた説明が無い。

この寺は大きな寺で美しいが、その謂れや歴史が良く見えない。海匝(海上・匝瑳)地区の寺としてもかなりの規模がある。

IMG_1696s_20140525111505da5.jpg

本殿の龍の彫刻も見事である。

IMG_1701s.jpg


寺の裏は山となっていますが、寺はそれ程の高所ではありません。
それでも豊かな森の1角に建っています。

本殿裏手の森を上に登ると滝郷学園という養護施設の建物が立っていて開けた場所に出ます。

明日にもう少し続きます。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

旭市 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/25 18:11

岩井滝不動(龍福寺)(2)

 千葉県旭市岩井にある岩井不動尊(龍福寺)を紹介しています。

本堂の前に大きな鬼瓦のような屋根飾りが置かれていました。
よく見ると龍をかたどった鬼瓦のようです。本堂の屋根に使われていたものなのでしょうか。

IMG_1697s_201405251814222af.jpg

この鬼がわらが大きくて隣の狛犬がとてもかわいらしく見えます。

IMG_1699s.jpg

IMG_1698s.jpg

手水舎も龍です。 龍の手水は結構あちらこちらで見かけます。


IMG_1700s.jpg

IMG_1704s.jpg

本堂の横に奉納されている写真ですが、昔修学旅行か何かで訪れた時に撮られたような古びた写真が額に入っています。

IMG_1707s.jpg

この本堂の裏手は切り立った崖で、そこに数本の滝が流れ落ちています。
この滝の存在がこの寺の龍を表しているのでしょう。

IMG_1708s.jpg

これが大滝と言われるものらしいです。
高さは15mくらいでしょうか。

IMG_1710s.jpg

川ではなく湧き水だと思われます。昔はもっとたくさん富士白糸の滝くらいの水量があったのかもしれません。

IMG_1711s.jpg

滝の下には登り龍の彫刻が不気味に置かれています。

IMG_1713s.jpg

滝の入口には祭壇と横に不動明王像が置かれています。

IMG_1712s.jpg

滝の所からふり返りました。

IMG_1715s.jpg

大師像(修行中の姿)が置かれていますが、今の時期は新緑がまぶしいです。

IMG_1718s.jpg

この寺の周りの森が県指定の天然記念物になっています。

IMG_1719s.jpg

奥に進むと洞窟(トンネル)があります。

IMG_1720s.jpg

それほど長くはないのですが一人で中に入るには勇気が必要です。今回は入るのを止めました。

寺の境内の案内図ではこの先に「奥の院」があることになっています。

写真を調べたら古い比較的こじんまりとしたお堂が置かれているようです。

IMG_1724s.jpg

戻る途中の反対側の崖には洞穴が2つ。
自然のものでしょうか。

IMG_1726s.jpg

紫陽花が咲きはじめていました。

このお寺は大変美しい寺です。
国土地理院の地図などを見て見るとこの寺のある場所は標高で35mくらいです。

そして寺裏のがけの上(滝の上部)が標高で50mくらいのようです。

街道側の反対側は昔、椿の海があった場所で標高は5mくらいで、今は水田が広がっています。
昔の地形を考えて見るとこの海匝台地は隆起したのかもしれません。
そこに湧き水が滝となって流れていたのでしょうか。

やはりこのような場所は特別なものを感じたのでしょう。そして龍は水の神で祀っている。
もう少しわかれば後で調べて見たいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

旭市 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/26 20:27

田一反

 旭市清滝の龍福寺入口街道(県道73号線)近くに「春日神社」というこじんまりした神社がある。

この神社の境内に変わった奉納石碑が置かれていた。

IMG_1730s.jpg

この県道73号線の東は山となっていて龍福寺があるが、西側は田んぼが広がっており、地形を見るとここが椿の海があった東端で、この西側は広い干拓地なのだ。

IMG_1730s2.jpg

「田壹反七畒二十歩也」

さてどんなことなのでしょう。

私はサラリーマン家庭で育ち新潟生まれといっても幼い時に都会に出てきていて、昔の単位の田畑などの大きさの知識もなく、昔の度糧法についても知識が乏しい。

田舎の農家で祖父母などと暮らしておられた方はある程度理解できるのかもしれない。

調べた知識なので違っていたら指摘願いたい。

「田壹反七畒二十歩也」・・・田一反(たん)は七畝(せ)二十歩(ぶ)である。

田一反は、1石(だいたい大人が年に食べるお米の量)のお米を作る田んぼの面積のこと

1反=10畝(畒)=300歩=300坪 とすると この七畒二十歩=230歩=230坪 くらいになる。

しかし、単位の1反は大昔は360歩であった。
それを秀吉の太閤検地でに300歩にして、その後の変更はないと言う。

太閤検地の変更も田でのコメの収穫量が良くなってきての変更であったと思う。

江戸時代初期に行われたこの椿の海の干拓で、この地のコメの収穫が非常に優れていたと言うことを表しているのだろう。

普通300歩(300坪)で作るお米が230歩で収穫できたと言うことならば、ここの田では通常より20%以上収穫量が多かったということなのだろう。

椿の海の干拓地で収穫されるコメの量を地元では「干潟八萬石」と呼んでいる。
またこの干拓は1670年に完成し2,741町歩の新田と18ヶ村の新田村が誕生したとある。

1町(町歩)は10反です。 計算してみても8万石にはなりませんが、周辺の干拓地を含めた合計なのでしょう。

私の習った1ha(ヘクタール)は約1町だそうです。

IMG_1731s.jpg

春日神社鳥居。 この鳥居の手前側(西側)は広い田んぼが広がっています。

IMG_1732s.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

旭市 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/27 20:50
 | HOME | Next »