権現山公園(潮来牛堀)

今日はかなり寒かったですね。
それでも桜もだいぶ咲き始めたので、今週末が満開なのでしょうか。

来週から桜まつりではやはりおかしいですね。

昨日の朝筑波山を見たら、上のほうが白く雪に覆われていたんです。
まったくイメージしていなかったので不思議な気がしました。

さて、先週末に訪れた潮来の記事を少し書いておきたいと思います。

 潮来といえば水郷とイメージしますが、具体的な場所のイメージがありません。

今まで、銚子には何回も出かけており、霞ヶ浦の南岸沿いを走ったり、北岸沿いを走ってきました。
そして、北岸沿いの時は、霞ヶ浦の先端が常陸利根川に注いでいる国道51号線で香取方面に右折し、北利根橋をわたっているのですが、この場所が潮来市牛掘という場所です。

そう、葛飾北斎が富嶽三十六景で「常州牛堀」と題した浮世絵を描いた場所であることに気がついたのです。
今まで、そんな雰囲気は何も感じなかったので頭に浮かんでこなかったのです。

牛堀
(北斎の常州牛堀:富士を描いています。 ネットよりお借りしました。)

昔はこの霞ヶ浦から銚子の方に進み、途中から利根川を北上して江戸の方までの船運が発達していたのです。
この牛堀に描かれた景色が見られたのでしょう。
ここからは富士山も筑波山も見ることができます。

IMG_6622s.jpg

この牛堀の裏山に権現山公園という桜の名所があります。ソメイヨシノは約250本ほどあるそうです。

IMG_6623s.jpg

出かけたのは先週の金曜日でしたので、まだ1分咲きくらいでしょうか。

IMG_6625s.jpg

上の写真の手前は牛堀の町、その先の橋は「北利根橋」です。川は常陸利根川で、奥のほうが霞ヶ浦です。

IMG_6629s.jpg

これから桜が満開になると、ここからの眺望とあわせてとても素晴らしい場所だと思います。

IMG_6650s.jpg

この牛堀の街の川沿いには「北斎公園」という緑地帯が作られています。
対岸は常陸利根川と利根川にはさまれた中洲です。潮来市ではなく千葉県香取市になります。

IMG_6651s.jpg

上の写真はもう少し下流側を眺めました。
潮来の水郷と言われるのはこちらの方向で、十二橋(中洲)や菖蒲園(左手潮来駅近く)などがあります。

IMG_6653s.jpg

IMG_6655s.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

潮来地区 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/03/27 17:38

三熊野神社(潮来市牛堀)

 権現山の麓に牛堀地区の鎮守と思われる古い神社があります。
公園側から降りていきましたが、牛堀地区の家並み側に鳥居があり、すぐ牛堀の船着場があった場所に近いのでしょう。

IMG_6635s.jpg

この神社の裏手が権現山だ。そして反対側は牛堀の街と常陸利根川(北斎公園)がある。
平成の大合併前は茨城県牛堀町であった。

ここでは、毎年10月に勇壮な山車祭りが行われている。
この祭りにはこの牛堀地区だけでなく、となりの麻生町(現行方市)や千葉県香取市などの山車も参加している。

IMG_6632s.jpg

この三熊野神社はこの権現山に熊野権現信仰として祀ったものだと思われます。
霞ヶ浦の水運が発達し、蒸気船(通運丸、銚子丸など9が通るようになると、ここには牛堀河岸が作られ、水産業の問屋や、佃煮の加工業者などが多く集まった場所のようです。
今もこれらの名残が感じられる町並みです。

巴水牛堀の夕暮れ


(川瀬巴水の版画:昭和4年の「雨の牛堀」と昭和5年の「牛堀の夕暮」)
 巴水はこの牛堀の版画をたくさん残しています。

IMG_6645s.jpg

この三熊野神社の歴史などはよく調べていないのでわかりません。
しかし、熊野信仰が盛んになった江戸時代になって、小さな社をまとめて建てたのかもしれません。
本殿は覆われていて内部はよく見えません。
比較的新しいようですが、立派な本殿です。

IMG_6640s.jpg

こちらが御神木の大イチョウの木で、樹齢350年ほどだそうです。

IMG_6644s.jpg

神社の拝殿から街の方を振り返るとこんな感じです。
この先に常陸利根川が流れており、北斎公園があります。

IMG_6637s.jpg

IMG_6638s.jpg

IMG_6636s.jpg

IMG_6631s.jpg

神社から山に入る道の片隅に置かれていました。
下には三猿が描かれています。青面金剛と三猿の庚申塔のようです。

IMG_6647s.jpg

こちらも庚申塔ですね。江戸時代のものでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

潮来地区 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/03/28 19:06

牛堀諏訪神社の板碑

 (予約投稿です)

 潮来の牛堀地区を散策していたら、少し変わった物を見つけた。

旧街道沿いに神社があったので立ち寄ってみた。
神社は「諏訪神社」と書かれていた。
近くには祭礼で有名な諏訪神社もあるらしいが、ごく普通の町にある諏訪神社である。

IMG_6657s.jpg

道路のところに大きな石の鳥居と奥に拝殿が見えます。

IMG_6659s.jpg

拝殿の裏に本殿があります。特に変わったこともありません。

IMG_6656s.jpg

応永7年の「阿弥陀三尊種子板碑」だそうです。

前につくば市北条を散策していた時に見つけた「毘沙門天種子板碑」(こちら)のことが懐かしく思い出されました。

そう「種子」は梵字だそうです。
応永7年というと西暦1400年だとか。室町時代ですよね。
北条の板碑は鎌倉時代ですからこちらの方があ時代は後になります。
それでも古いですね。

IMG_6660s.jpg

こちらがその板碑ですが、よく読めませんね。

何が書かれているかは説明を読んでもよくわかりません。
知りたい人は上に説明板を読んで調べてください。
関ヶ原の戦の200年も前のものがこんな神社に置かれているんですね。

IMG_6661s.jpg

こうやって見知らぬ土地に初めて来てあまり知られていないものが見つかると嬉しくなるのはどうしてでしょうね。
このような場所ですが、境内は綺麗に枯れ木などが片付けられ、掃除されているんですよ。
訪れた時も女性の方が裏の方を掃いておられました。
この板碑のそばに枯れ枝を積んであったのですが、私がカメラを構えたら「邪魔でしょう」と退かしてくれました。
なんかこんな触れ合いがいいんです。
こういうことがホームページでの紹介でなく、ブログを書くきっかけになったようなものなんですから。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/03/29 19:21

観音寺(潮来)

 先日いった潮来の記事が途中になっていました。
また続きを少し載せます。

潮来に来た一番の目的はこの観音寺に来ることでした。

「瑠璃光山観音寺」(真言豊山派)といい、寺伝によると徳一法師が大同2年(807年)に開創したとある。

徳一法師の寺はこのあたりにもあったのかと少し不思議な気がする。
何せ、筑波山周辺や会津には多くの寺が残存しているが、その他の地域にも多くが徳一法師(法相宗)の創設がかかれている。そのほとんどが大同2年なのだ。

ここの本尊は聖観世音菩薩で、その他に薬師如来と不動明王を祀る。

IMG_6662s.jpg

創建当時は上戸(この近くにある)の尾の詰(おのづめ)という場所にあったが、観応2年(1351年)に藤原国安により現在地に移されたと書かれている。

この「尾の詰」という地名が何処から来ているのかが分からないが、尾の詰=小野住 となって、ここにも小野小町伝説がある。

IMG_6664s.jpg

寛政年間(1789~1802)に建てられた山門(四脚門、茅葺、妻入、市指定有形文化財)

IMG_6667s.jpg

弘治3年(1557)に建てられた薬師堂(三間四面、寄棟、茅葺、県指定重要文化財)

なかなか立派な見ごたえのある薬師堂です。

IMG_6669s.jpg

徳一法師の像? それとも弘法大師? 

いやいや賓頭盧(びんずる)様だそうです。どこか病の個所があればなでると治ると言われていますよ。
十六羅漢様(仏陀の弟子)の中の第1番です。

IMG_6670s.jpg

さて、観音堂の上の方にこんな花の彫りものがあった。
これは何?  笹竜胆だろうか。 そうすると源氏のマークになるが・・・。

IMG_6671s.jpg
(サムネルです)

萱ぶき屋根の薬師堂と手前のしだれ桜、裏手の竹林がすべて美しく調和している。
素敵な空間だ。

IMG_6672s.jpg

屋根は釘を用いず、四方から中心に向かって集まる垂木を一本の梁が支えている格天井様式だそうだ。

IMG_6674s.jpg
(サムネルです)

IMG_6665s.jpg

これが小野小町が植えたとされるしだれ桜の三代目です。

IMG_6666s.jpg
(サムネルです)

小野小町が眼病を患い各地を回り、この観音寺に百か日の参籠をして全快し、そのお礼にしだれ桜を寄進したと言い伝えられているそうだ。
この眼病やイボなどと言う話が各地で伝わるのも面白い。
石岡の八郷地区に小野越しの北向き観音に伝わる話も似ている。
山を越えた土浦市の小町の里も同じような話だ。

IMG_6679s.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

潮来地区 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/04/02 19:16

潮来稲荷山と長勝寺(1)

 潮来の街は常陸利根川を挟んだ低地の水郷地帯を中心に広がっているが、その北側にこんもりとした森がある。
それが稲荷山だ。

名前のとおり下から赤い旗に導かれて階段を上ると正面に稲荷神社がある。

しかしこの高台のところを国道51号線が走っているので、国道から見ると同じ高さになる。

IMG_6681s.jpg

国道を車で走っていて、森の中に見えた木の鳥居を見つけて立寄った。
森林公園のような雰囲気で、こちら側から入ると左手には木々の茂林で「稲荷山古墳群」があるという。

右手には稲荷神社がある。

IMG_6683s.jpg

裏から回ったので神社の本殿側に出た。 左手が拝殿。

IMG_6686s.jpg

こちらが拝殿で、潮来の街から階段を上った正面にこの拝殿がある。

IMG_6687s.jpg

上の説明にあるように神社としてはそれほど古くはない。
江戸時代に建立されたそうだ。

江戸時代にはここ潮来は水運の中心地となり、街も華やかであったと思う。

IMG_6698s.jpg

稲荷神社ですから当然キツネですね。(何故キツネなのか? 読んだこともあるけど忘れたな。)

IMG_6695s.jpg

この神社の階段上から潮来の街を見渡したところです。
この稲荷神社はそれほど歴史はないようですが、この森はかなり古くから親しまれていたようです。
この森が潮来のシンボルとして色々な記念碑が置かれていました。

 稲荷山から長勝寺へ続くところは木々が茂っていて、古代の古墳がたくさん眠っているという。

IMG_6705s.jpg

このような道が続くが、あまり整備されていないので道はよくない。

IMG_6702s.jpg

この先に行くと鎌倉時代に建てられた長勝寺や水戸光圀の御休処「遺愛亭」跡などがある。

IMG_6703s.jpg

そんな中に立派な石碑が置かれていました。
菊池寛の碑なのだそうだ。潮来との関わりは?

IMG_6690s.jpg

こちらは稲荷神社西側にあった「茨城百景水郷潮来」の碑

IMG_6691s.jpg

その横に「野口雨情と中山晋平」の歌碑がありました。

IMG_6692s.jpg

歌詞をみると「船頭小唄」でした。

IMG_6689s.jpg

「潮来町立女子技芸学校跡」の碑です。
この神社の横に明治40年に建てられました。
その後昭和13年に東の下の方に移転したようです。

この技芸学校というのはいかにも潮来らしいですね。
その後高等女学校になり、現在の県立潮来高校となったといいます。

京都などは芸子や舞妓などの養成学校のようですが、潮来も江戸・明治頃は花街として賑わったようですが、この学校はあまりそのような養成学校とは違うようです。
女子教育に熱心だったのでしょう。

IMG_6699s.jpg

 昭和41年に建てられた橋本登美三郎さんの顕彰碑。ずいぶん立派なものでした。
建てられたのは佐藤内閣の官房長官時代です。




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/04/12 15:09

潮来稲荷山と長勝寺(2)

 一昨日書いた潮来の稲荷山に行ったのは3月22日。まだ桜が咲き始めた頃でした。
この時記事を書いていて「長勝寺」という寺がこの山の麓にあることを知りいってみたくなりました。

なにしろ潮来では有名な寺のようなので一度見ておく必要があると思ったのです。
そして2週間後にこの近くを訪れる機会を得て寄り道したのです。

稲荷山の脇道を潮来の街へ降りていくと、古くからの水郷の街並みがあります。
山の麓を通る道は狭くてよくわからないため、商店街の道を進み適当に勘をつけて入ってみました。
一つとなりの道でしたが、大きな駐車場があったので車を止めて歩くとすぐにわかりました。
とても大きな寺です。

IMG_6993s.jpg
(サムネルです)

海雲山長勝寺(臨済宗の禅寺)です。こちらがその入口の門です。

IMG_6983s.jpg
(サムネルです)

説明書きによれば源頼朝が文治元年(1185年)に開いた寺です。
頼朝が伊豆で挙兵したのは1180年、その後安房、上総、下総、常陸と勢力を伸ばし、常陸国府(石岡)にやってきたのもこの1180年11月。大矢橋で佐竹義政を上総介広常が打ち取り一気に佐竹を追い詰めていきました。

そして壇ノ浦で平氏を滅ぼしたのは1185年です。
この年にこの寺は建てられたのです。

IMG_6995s.jpg
(サムネルです)

四月のはじめでしたが、桜は桜吹雪として舞い落ちる素敵な寺を拝顔する事ができました。
桜が散る中、寺への長い参道を進むと立派な楼門が現れました。

IMG_6990s.jpg
(サムネルです)

下の説明にあるように、元禄時代(江戸初期)に普門院の山門として建立していたものを水戸光圀(黄門)がこの寺に移したものだそうです。
普門院という寺はもう少し東側の洲崎にあるが、この近くに普門院別院がある。どちらなのだろうか。
なぜ移したのだろうか?少し気になるが・・・

IMG_6991s.jpg
(サムネルです)

IMG_6996s.jpg

山門をくぐると正面に立派な本堂が見えてきます。

IMG_6969s.jpg
(サムネルです)

藁葺きの本道は堂々としてその風格を感じます。

IMG_6968s.jpg
(サムネルです)

IMG_6964s.jpg
(サムネルです)

造りは桃山時代と考えられると書かれています。
笹竜胆の家紋(寺紋)などが施されており源氏を祀る寺のようです。

IMG_6988s.jpg
(サムネルです)

臨済宗という禅寺ですから鎌倉時代以降から室町時代頃にこの寺が臨済宗になったのでしょう。
頼朝がこの寺を創建して、その後臨済宗となったものと思われます。

もう少し明日に続きます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/04/14 06:49

潮来稲荷山と長勝寺(3)

(今日の2本目です)

 潮来の観光でも外せないという長勝寺。
確かにこの桜の時期には特に美しい寺だ。

 この寺は鎌倉幕府を興した源頼朝が1185年に創建したが、江戸時代にはかなり荒れてしまっていたのを、水戸光圀が力を入れて再建・修理したりしたという。

1180年に頼朝が伊豆の蛭島で挙兵した。三浦半島を支配していた三浦氏などを頼り、戦いを始めた頼朝だが、石橋山で敗北して真鶴岬から安房国に逃れた。

ここには千葉常胤や上総介広常が味方になりまず関東の制覇に向かった。
一方常陸国の南部の大掾氏勢力もこの流れに乗りますが、抵抗したのが常陸太田で勢力を持っていた佐竹氏です。

この佐竹氏は八幡太郎義家の弟、新羅三郎義光の子孫です。
同じ源氏同士ですが、関東では平氏も源氏も入り乱れていますね。

1180年11月に上総介広常と源頼朝は常陸国府(石岡)にやってきました。
そして佐竹氏に国府に話し合いを持つためにやってくるように使者を送ります。
佐竹氏はその時兄弟二人で城を守っていましたが、反対する弟を置いて、兄義政が府中(石岡)に向かったのです。
しかし、府中の入口である園部川に架かる大矢橋で事件は起きました。(こちら
前に書いているので内容は省略します。

この頃の話として思い出してしまいました。頼朝はこの潮来に寺を立てたということはやはり鹿島神宮のとなりであるという思いが強く働いたのでしょう。

さて、この長勝寺には明治の時代にすでに国の重要文化財となっている銅鐘があります。

IMG_6980s.jpg

この鐘は北条高時が頼朝ゆかりの寺ということで寄進した鐘だといいます。
鐘の銘に「客船夜泊常陸蘇城」と書かれているそうです。

常陸蘇城ということは、この常陸国板来(潮来)が中国の蘇州の風情に似ていたとのでしょう。
この時既にここは水運が発達していたのです。
1330年ころですから、江戸時代よりかなり前です。たくさんの客船がこの潮来の湊に停泊していたのでしょう。
ちょっと想像してみてください。

IMG_6979s.jpg

北条高時はその後、新田氏に鎌倉を攻められて31歳で自刀してしまいます。歴史の流れを感じます。

境内を散策していたら「潮来の駅屋(うまや)跡」という碑を発見しました。

IMG_6972s.jpg

奈良や平安時代に古東海道や東山道の官道の途中に馬を常備させた駅屋(うまや)が置かれていました。
潮来はこの東海道から外れますが、常陸国国府(石岡)から鹿島神宮までの道があり、その途中に置かれたと言われています。

常陸国府(石岡) - 曾尼(曾祢)駅(旧玉造町手賀) - 板来駅 - 鹿島神宮

のルートです。曾尼(曾祢)(そね)というのは常陸風土記に「提賀の里より北に、曾尼(そね)の村がある。昔この地に住んでいたそねびこといふ佐伯の名から名付けられた。今は駅家(うまや)が置かれている。」となっています。

そのため、手賀の少し北のあたりとされます。
いっぽうこちらの板来駅は、調べてみると弘仁6年(815)にこの駅は廃止となり、曾尼駅から直接鹿島神宮に向かっていたようです。

この頃は霞ヶ浦(香取の海、流れ海)を通る船のルートもあり、この道の利用状況はわかりません。

でもこの場にこのような看板を掲げられているからには何かここがその駅という証拠があるのでしょうか。
ほとんどの駅が未だに場所が特定されていないのです。地名でここらしいというのが多いのです。

石岡の駅の場所は前に国府町の6号沿いの高台ではないかとブログに書きました。
国府のあとは石岡小学校敷地と認定されたのですが、茨城廃寺のある茨城(ばらき)に茨城郡衙があったとすると、この二つの関係はどのようになっているのしょうか。

昨日、土浦市の上高津貝塚公園で開催されている「古代のみち」の展示会を見てきました。
かなり踏み込んで解釈がされていますが、私の持つイメージと異なります。
やはり土浦を中心に考えてしまうのですね。

IMG_6970s.jpg

その他に、芭蕉が鹿島紀行(貞享4年(1687)で残した歌の歌碑や、昭和7年に晋風建立の連句碑があります。

芭蕉が根本寺の和尚を訪ねた(こちらに記事載せています)、鹿島神宮に詣でた後、帰路に潮来の医師本間自準亭に泊まったといわれまています。

「塒(ねぐら)せよわらほす宿の友すずめ」松江(自準)

「あきをこめたるくねの指杉」桃青(芭蕉)

「月見んと汐引きのぼる船とめて」曾良

IMG_6974s.jpg

この文治梅というのは、この寺の創建年号から名付けられたそうです。

IMG_6976s.jpg

こちらは「茶筅塚」というそうです。お茶をやられている方はご存知でしょうか?
茶道具などの供養?

IMG_6977s.jpg

こちらは「茶筅塚」に置かれている石碑。何と書かれているかよくわかりませんが、載せておきます。

IMG_6984s.jpg

この寺もよく調べてから来ないと見落とすものが多いようだ。
機会があればまた来よう。

IMG_6985s.jpg

なにしろ今回記事を1時間くらい書いていたが、途中保存しないうちに消してしまった。
文章をまた思い出しながら書き直すのって、とてもまた労力が必要ですね。

IMG_6987s.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/04/14 19:49

潮来あやめ祭り

 昨日の金曜日は朝から晴れて蒸し暑くなりました。
午後から銚子で仕事がありましたので朝早めに出かけて潮来のあやめ祭りを見に行ってきました。

ここ数日雨続きで会場関係者もこの日ばかりはホッとしていたのでしょう。
朝の少しの時間だけしかなかったので駐車料無料の場所を探すのも時間がもったいなく、前川あやめ園さんに一番近そうな民間の駐車場に車を止めました。(500円)

時間は午前9時。それでも大分お客さんは来ており、屋台の準備も大急ぎでやっている最中というところでした。

アヤメの花も去年行ったのは5月でしたのでだいぶ早すぎてほとんど咲いていなかったのですが、昨日は満開を少し過ぎたくらいのアヤメがたくさん水郷情緒とともに輝いておりました。

30分程で撮った写真をこれから2回にわけて載せます。
あやめ祭りは今月29日(日)までです。もし行かれるのならお早めに。

IMG_2000s.jpg

IMG_2001s.jpg

IMG_2003s.jpg

IMG_2004s.jpg

IMG_2005s.jpg

IMG_2006s.jpg

IMG_2010s.jpg

IMG_2027s.jpg


IMG_2029s.jpg

現地で頂いたパンフレットをのせておきます。

あやめ祭り_1

あやめ祭り_2

あやめ祭り_3

あやめ祭り_4


明日にもう少し続きます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/06/14 11:31

潮来あやめ祭り(2)

 前の記事から2本イベント記事が入ってしまいました。
今日は夜は東京で飲み会があるので夕方には出かけます。本記事は予約投稿とします。

IMG_2002s.jpg

 「潮来花嫁さん」 (唄:花村菊江 作詞:柴田よしかず 作曲:水野富士夫) 1960年

 潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは 舟でゆく
 月の出潮を ギッチラ ギッチラ ギッチラコ
 人のうわさに かくれて咲いた
 花も十八 嫁御寮

IMG_2012s.jpg

. 「潮来笠」  唄:橋幸夫 作詞:佐伯孝夫 作曲:吉田正   1960年

 潮来の伊太郎 ちょっと見なれば
 薄情そうな 渡り鳥
 それでいいのさ あの移り気な
 風が吹くまま 西東
 なのにヨー なぜに眼に浮く潮来笠

そう、この上の2曲は同じ年の発売。今から54年も前。 橋幸夫のデビュー曲でした。

あの頃まではここ潮来も股旅物でのイメージがかなりあったんですね。
今や時代劇も無くなりさみしい限りです。

IMG_2026s.jpg

 「潮来出島のまこもの中に あやめ咲くとはし ほらしや」  光圀

水戸光圀(黄門さん)が元禄12年領内巡視の折りに詠んだ歌とされる。 

江戸時代はここは水戸から江戸への荷物の運搬には涸沼を通り、霞ヶ浦北浦からこの潮来を通り利根川経由で運ばれた。
そのため、ここには江戸の文化も伝わり独特の文化が花開いていた。

ここの芸者遊びなどで江戸にも伝わっていた「潮来節」と呼ばれる唄がある。
三味線による芸者唄などが主体であったかもしれないが、地方の民謡となり各地の盆踊り歌などにもなっていったようだ。

  ♪ 潮来出島のすな真菰(まごも)、殿に刈らせて我ささぐ。さつさおせおせ
  ♪ いたこ出島のまこもの中に、あやめ咲くとはつゆしらず
  ♪ 潮来出島の十二の橋を、行きつ戻りつ思案橋

そして、都々逸にも発展した。
都々逸の創始者「都々一坊扇歌」 は常陸府中(石岡)で亡くなり、国分寺に墓がある。

名古屋にも似た「神戸節」(ごうどぶし)があり、「そいつはどいつだ ドドイツドイドイ 浮世は サクサク」などの調子がおもしろかったので都々逸という名前になったとして、「都々逸発祥の地」などという碑もあるそうだが・・・。

もっとも都々逸も「都々一」と本来は書くはず。これは「都で一番」という意味が込められていた。

潮来節は各地の民謡に広がっているが、その代表的なものが徳島阿波踊りだともいう。
    (囃子)
   ♪ 阿波の殿様 蜂須賀様が 今に残せし 阿波踊り
(囃子)
♪ 巡礼お鶴の あの菅笠に いとし涙の 雨が降る
♪ こうも鳴門で 未練の深み  それで渦ほど 気がまわる
   ♪ 踊り踊らば しなよく踊れ  しなのよいのを 妻に持つ

盆踊りの歌詞にこの潮来節がどこかにうたわれているものが数多くあるのは面白い。

 ♪ ここは神崎 森の下 梶をよくとれ船頭どのよ
   主の心と神崎の森 ナンジャモンジャで気が知れぬ   (神崎神社)

 ♪ 潮来出島のよれ真菰(まこも) 殿に刈らせて我捧ぐ
   ささぎ揃いて船に積む 船は何船宝船 船は出て行く森の影
   此処は何処だよ船頭さん 此処は神崎森の下  森の下には狐棲む
   棲むや白狐 我も二三度騙された ♪  (石岡市太田善光寺)

IMG_2025s.jpg

IMG_2013s.jpg

IMG_2020s.jpg

IMG_2030s.jpg

上は鉄道ではなく県道101号線が通る。

IMG_2024s.jpg

前川から常陸利根川へ出たところ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/06/16 19:11

あじさいの杜(潮来)

 潮来と言えば水郷とアヤメだが、紫陽花で掘り起こしを図っている寺があるとネットで知って先日銚子に行く時に寄り道をしてきました。

場所は牛堀の方から国道51号線を少しいたこの潮来の方に行った途中の山側で、二本松寺というところです。

前に訪れた観音寺(記事はこちら)の近くです。

このお寺は知らなかったのですが、「あじさいの杜」と説明がありましたので少しわかりにくい道を入っていってみました。
とても大きな寺で駐車場も広く取ってありました。

IMG_2411s.jpg

お寺はこの上の写真の左手奥ですが、「あじさいの杜」と書かれた看板にしたがって下の方に降りて行きます。

IMG_2412s.jpg

下りる途中の左手に紫陽花の花が咲いています。 この下ったところの右手は学校(牛堀小)があります。
そして下には田んぼが広がっています。

IMG_2413s.jpg

二本松寺は少し高台にありその山の斜面を利用して約7000本の紫陽花が植えられています。

IMG_2414s.jpg

紫陽花の時期としては少し遅かったかもしれません。
これからも増やしていき1万本の紫陽花が咲き誇る寺にしたいと始めたようです。
これから数年するときっともっときれいに見られるようになると思います。

IMG_2418s.jpg

一旦下に降りてこの山を廻りこむようにして、寺へ裏手から上っていきます。

IMG_2420s.jpg

この上り道の途中にたくさんお紫陽花が植えられています。

IMG_2423s.jpg

寺の裏手に着くと「水戸光圀(黄門)公お手植えの槇」の巨木があります。
1691年に本堂を改築した時に植えたものだそうです。

IMG_2421s.jpg


IMG_2426s.jpg

こちらが本堂です。

IMG_2427s.jpg

IMG_2430s.jpg

天台宗羽黒山覚城院二本松寺。 本尊は薬師如来。
平安時代の初期824年頃に慈覚大師円仁により茂木に建てられたとされ、行方四頭の二男である島崎氏が島崎城を築城した時に京都比叡山を模して鬼門の位置にこの寺を配したという。
それから400年間島崎氏の祈願寺として繁栄した。

島崎氏が佐竹氏に滅ぼされた後も寺は佐竹氏、水戸徳川氏に守られてきたそうです。

この辺りは島崎氏の領地だったのですね。

IMG_2433s.jpg

IMG_2434s.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/07/13 17:34
 | HOME | Next »