雑感-庭の花

 今年は暑さも異常なくらいでインドでは46℃などとなったニュースが流れている。

このブログも昨日の続きを書こうと思っていたが、昨日今日とやらなければならない仕事があって、どうにか片付きホッとしていたら夜になってしまった。

家内と外に食事に出かけきたので今更昨日の続きを書く元気がない。

東国三社としての息栖神社をどう見るかを考えていた。

まああまり考えるほどのネタも持っていないので昨日庭で採った花を載せておこう。

今年はやはり花が咲くのが早いようだ。

P5280002s.jpg

額紫陽花

アジサイも色々な種類があるようだ。かなりきれいに咲いた。


P5280008s.jpg

まだ咲きだしたばかり。
何処か紫陽花のきれいなところ(あまり人に知られていない)に出かけてみたい。

P5280003s.jpg

赤い花が綺麗に咲きだした。
ザクロ(柘榴)の花だ。

「万緑叢中紅一点」の紅はこんな朱色だったのか? 綺麗な色だ。

P5280005s.jpg

この花が段々とザクロの実になっていく・・・・・。

でもこの木ではきちんとした実には毎年ならない。

やはり剪定や人工授粉をちゃんとやらないからだろう。


雑感 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2015/05/28 20:49

ふるさとは何処か?

 昨日のヒロ爺(白井啓治さん)のブログに「ふる里の風に聞いてみた ふる里は何処かと」という記事が載った。(こちら

これは昨日私が市のある団体にこの会の支援ができないかを相談したが、あまりに肝っ玉の小さな"井の中の蛙"を実感したことをぼやいて氏へメールで連絡したからかもしれない。
もちろんこれは私が勝手にこんな組織に相談した方が悪いのだが。

こちらから綺麗な音色を期待してトライアングルを小さなバチで軽く打ちならしてもかえってくるのは蚊の鳴き声か?
それならと太鼓を大きなばちでたたいてみても間延びした鈍い響きがかえるだけだ。

白井啓治さんは「ふるさと風の会」の主査をされているが、この会も今月でまる九年となった。
来年は十年という節目を迎える。
そしてこの風の会展を

☆ 6月20日(土)・21日(日)10:00~14:30 石岡市柴間 ギター文化館

で開く。是非お越しください。14:30からはことば座公演も行なわれます。
(詳細は:こちら

しかし常世といわれたこの地で風に向かってつぶやいて九年になり大地に根をしっかり張っているので多少の風雨では倒れないが、いまだこの地では大きく開いてこない。

私の夢はこの地でなくとも綿毛のように飛んでいってそこで花開かせ、また舞い戻ってくることだって素晴らしいと思う。
この1年間少しだけでも動いてみたい。

結成三年目で白井啓治が書いた会報に引用された三好達治の詩(詩集「花筺(はながたみ)」より)を思い出したので紹介しましょう (風に吹かれて(09-9))

 「かよわい花」

    かよわい花です

    もろげな花です

    はかない花の命です

    朝さく花の朝がほは

    昼にはしぼんでしまひます

    昼さく花の昼がほは

    夕方しぼんでしまひます

    夕方にさく夕がほは

    朝にはしぼんでしまひます

    みんな短い命です

    けれども時間を守ります

    そうしてさつさと帰ります

    どこかへ帰ってしまひます

P6110003s.jpg

(2015.6.11 7:00 am 撮影)

時期的にはまだ朝顔も早いがもう咲いた。
これもたくさんの花が次々と昼といわず夕方ころまで咲く。



雑感 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2015/06/11 12:25

今年も半分終わった。

今日で6月も終わり。今年も半分終わってしまった。

何にもしないうちに半分も終わったと少し焦りを感じる・・・・・。
といって何もしなくても良いのだが。おかしなものだ。

ギリシャのIMFの債務約2000億円の返済期限が今日である。
でも返せないという。
デフォルトとなりそうだ。

他人事と言ってもいられそうにないのが借金大国日本なのだが・・・・・・。

こんなニュースのもう一方で東京国立競技場の建設費が大幅に見込みが狂い客席数を減らしたり、開閉式の屋根を後に回して建設資金を圧縮しても2520億円かかるのだとか。

全くあきれてものが言えない。
ギリシャの債務より大きいではないか!!
それなのに無神経な役人どもが平気な顔をしてだれも責任はないような厚顔ぶりである。

こんなことで東南海大地震や東京直下型地震が来るかもしれないのに何も感じていないのか。

箱根大涌谷で小規模とはいえ噴火したようだ。

何かむなしさが押し寄せてくる。
まわりを見ても年寄りばかり。

若者・馬鹿者・よそ者が町を変えるという。

P6290001s.jpg

常陸風土記の丘へ夕方行ってみた。
もうスカシユリは終わりのようだ。

この姿を見ると今年のスカシユリは失敗だったのではないか?

P6290003s.jpg

古代ハスも少し咲いていた。
これからだろうからまた来て見よう。

でもハスの花は朝来なくてはならない。

雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/06/30 21:25

梅雨とはいえ・・・・

 梅雨に入ったが厚い晴れ間があったと思ったら突然のスコール。
年々梅雨がはっきりしなくなっているように思う。

五月雨(さみだれ)、五月蝿(うるさい)、など梅雨は旧暦の5月。
各地で豪雨なども時々は起こっていたが、最近はこの頻度が上がってきているように感じる。
地球の温暖化とこれも関係するのだろう。

6月というので「6月の雨」の歌を2曲紹介します。

関西四国を中心に活躍されているシャンソン歌手別府葉子さんのオリジナル曲「六月の雨」
(ご本人がYouTubeにのせていますのでリンクさせていただきました)



もう1曲は小椋佳 さんの「六月の雨」
こちらは著作権のためYouTubeも問題があります。

 ⇒ こちらからPCの場合は視聴できます。

雑感 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/06/17 09:27
 | HOME |