FC2ブログ

天狗湯を探せ!(その一)

 天狗湯を探せ! っていったい何? と思いますよね。

実は今回から数回に亘って千葉県銚子市で、「天狗湯」というもう大昔に無くなってしまった銭湯を探した探訪記を載せようと思います。
これは、私の記録的な内容ですので興味のある方はお付き合いください。

<プロローグ>

 江戸時代の終わり頃(文政3年:1820年)、江戸の街中に天狗に攫(さら)われて数年して戻ってきたという少年が現れた。
少年の名は「寅吉」といい、戻ってきたときは15歳であった。

当時、神道思想の研究をしていた国学者の「平田篤胤(あつたね)」はこれを知って、すぐにこの少年を家に招いた。
そして少年の話す天狗の世界の体験談を聞き取り、これを『仙境異聞』という書物にまとめたのだ。

寅吉少年の話によると、寅吉は江戸下谷池の端七軒町のたばこ売り越中屋與惣次郎の子であり、7歳の時に上野池の端の五条天神前で遊んでいると、そこで不思議な男が毎日のように丸薬を売っていた。この男は仕事が終わると小さな壺に道具と共に自分も入って、その壺ごと、どこかに飛んで行ってしまった。
あまりの不思議さに、この術を知りたくなった寅吉は、数日後また薬売りにやってきていたこの男に話しかけ、誘われるままにこの男と、この小さな壷に入ってしまった。
そしてたどり着いた場所が、茨城県の南台丈(現難台山)で、その後に近くの岩間山(現:愛宕山)に連れて行かれた。
そして、ここには13人(疋)の天狗が暮らしており、この男はその13天狗の首領で「杉山僧正」といった。

そして、この岩間山で天狗と共に約8年間過ごし、この間に、この杉山僧正から天狗界(神仙界)の話を聞き、天狗の修行もし、また天狗に背負われて世界各地の見物をしたという。そして、15歳に時に浅草観音堂前にもどされたという。

戻ってきた寅吉少年の話を聞き取ってそれをそのまままとめたかたちで書かれている仙境異聞(1822年刊行)だが、寅吉少年は、それからもちょくちょく岩間山にも戻っていたらしく、この本には篤胤が、この杉山僧正宛てに手紙を書き、それを寅吉少年に託したという手紙も含まれている。

平田篤胤は、この約20年後の1843年に他界しているが、この寅吉少年がその後どうなったかということを調べた人がいる。

心霊研究で知られる浅野和三郎氏だ。
浅野氏は明治7年に利根川下流の現茨城県河内町の医者の家に生まれ、東京帝国大学英文学科を卒業後海軍学校の英語教師をしていた。
しかし、大正4年に三男が原因不明の熱病になり、多くの医者にかかっても治らず、三峰山の女行者の言葉により快癒した事から熱心に心霊研究をするようになったといわれています。

この浅野和三郎氏がこの寅吉少年のその後を調べ、さらに門下の河目妻蔵氏によって追跡調査がなされ、大正14年10月の「心霊と人生」誌(10号)に「寅吉の晩年」と題して発表された。

それによると、寅吉は天狗の首領である杉山僧正からもらった名前「嘉津間」を名乗り(石井嘉津間)、平田篤胤の弟子のひとりの五十嵐という神職を兼ねた医者からの要請で、千葉県笹河村の諏訪神社(香取市笹川の諏訪大神)で神職をしながら、天狗直伝の法術で病気治しを行っていたのだそうです。

これが近隣はもとより遠方まで評判を呼んでいたといいます。

そして53歳の時に奉公していた女中しほとの間に男の子が生まれ、「嘉津平」と名付けました。

この後、寅吉は安政6年(1859年)12月に「僧正からの急なお召だ」と言いながら死去したそうです。
その際に、天狗秘伝の薬の処方箋とともに薬湯をはじめよとの遺言を残し、子孫は銚子で二神湯(通称:天狗湯)という銭湯を始めました。

そしてこの湯は皮膚病や火傷、冷え性に薬効があると評判になり昭和30年代頃まであったそうです。

では、この「天狗湯」がどのような場所で営業されていたのか、調べてみようというのがこの「天狗湯をさがせ!」のテーマです。
なんだか頼りない情報ですが、銚子には毎月3回ほど通っています。

午後一番からは仕事の打ち合わせで、この湯の探索は昼飯を含めた1回午前中1時間ほどの時間しかありません。
しかし、調べていくうちに銚子の歴史の足跡を追いかけているような不思議な気持ちになりました。
もう、天狗湯にあまりこだわるのではなく、そこに生活をしている方達との会話などの方がとても気持ちよく感じました。

ここからは、あまり知られていない銚子の歴史などにも触れた記録を残して行きたいと思います。
単なる紀行文としての面白さが表現できるようになるといいのですが。

次回から数回に分けて書いていきます。

P1010009s_2019072019001056c.jpg

(岩間山の飯綱神社裏手の十三天狗を祀った祠と六角殿)

P1010011s_20190720190009db0.jpg


岩間山の13天狗の民話については以下のサイトなどを参照ください。

茨城の民話Webアーカイブ:http://bunkajoho.pref.ibaraki.jp/minwa/minwa/no-0801200005
笠間市(『いわまの伝え話』岩間町教育委員会):https://www.city.kasama.lg.jp/page/page000170.html
愛宕神社(岩間)-十三天狗の杜:http://www.rekishinosato.com/iwamaatago.htm
長楽寺の天狗: http://www.rekishinosato.com/essayW_16.htm

天狗湯を探せ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/07/20 15:15

天狗湯を探せ!(その二)

<西広(にしびろ)家>

 さて、寅吉の遺言で天狗直伝の薬草とその製法を子孫に伝え、薬湯の銭湯を始めることになった寅吉の息子(嘉津平)ですが、何故その銭湯が銚子に作られたのでしょうか?

その理由は、笹川で神職につきながら、この天狗秘伝の医術でいろいろな難病の回復があったとされ、その中に銚子の富豪の子供の眼病を治したという。
この富豪が「西広重源」という方だそうで、この人のお世話により銚子の風光明媚な場所にその薬湯銭湯「天狗湯」ができたとされています。

また、場所としては港町の東部本銚子町の中央、松林の別荘帯に位置して常陸の鹿島に面し、利根川河口をのぞむ風光絶佳の地」と書かれていました。

さて、これだけ情報があれば50年以上前にすでに廃業となっていてもすぐにわかるだろうとたかをくくっていたのです。
しかし、実際は場所が特定されるまで4~5回も足を運んでしまいました。

そして思わぬことにそれがとても面白く、探すことの楽しさを味わうことになりました。

その顛末を数回に分けて書いてみたいと思います。

まずは「西広重源」なる富豪ですが、合致する方はわかりませんでした。しかし「重源(ちょうげん?)」という名前は奈良の東大寺を再興した僧の名前と同じであり、法名のようなものかもしれません。となると「西広」という名前を頼りに調べてみました。
西広という名前は全国にあまりおらず、銚子を中心とした千葉県と広島県にほとんどの方が集中している事がわかりました。

また銚子の中を調べていると銚子市川口町にある「西廣(にしびろ)家住宅」が国の登録文化財に指定されていることが判明しました。
その文化財登録の名称は日本遺産「北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」となっています。

登録の説明には、
 『西廣家は江戸時代末期に紀州(和歌山県)から移住し、銚子の漁業を支えた代表的な漁家のひとつ。かつお節や缶詰などの加工品の生産に乗り出したことでも知られる。』 とあり、

また、『西廣家は銚子市を代表する船主で、江戸時代末期に紀州から移り住み、初代が質屋を営みながら質種として土地を取得し大地主となりました。そして、2代目治郎吉(じろきち)氏が漁業を始めました。
  船名は信仰していた長野県の御嶽山からとった「御嶽丸(おんたけまる)」で、屋号は漁業を始めた2代目の名前をとり、「治郎吉」になります。現在でも主屋の玄関上部にその表記が見られます。
1877年(明治10)に建てられた木造平屋桟瓦葺、寄棟造の本館と1937年(昭和12)に総檜、洋館が建てられました。豪壮な本館と、付書院に犬吠埼の風景をあしらうなど細部意匠をこらす増築部分が対照的です。
昭和初期に、痛みの早い鰯を保存することを目的として、水産缶詰工場が稼働を開始しました。木造2階建て部分と洋小屋組木造トラス(一部鉄骨) の工場部分が連結する形になっています。 木造2階建ての部分の一階は土間で工場と連続し、2階部分は地方からやってきた従業員の居住スペース確保するために1935年(昭和10)に建てられました。 元の平家部分の南側には、獲れた魚の鮮度を保つため氷漬けにするためのコンクリート造りの水槽が置いてありました。』 と書かれています。

また、歴史的には、銚子の街は太平洋戦争で大きな被害を受け、飯沼観音も焼け、街中の主要な建物が焼失してしまいました。
しかし、この街のはずれにあった西広家の建物は幸いにも空襲で焼けずに残った貴重な建物だったようです。

要約すれば、銚子は驚くほど和歌山出身者が多く、西広氏も和歌山から江戸時代末期にやってきて、質屋で財をなし、多くの土地を手に入れた。そして2代目「治郎吉」が漁業をはじめ、船主となったが、痛みの早いイワシを新鮮なうちに加工してしまおうと缶詰工場を建てた。これが成功して大きくなった。ということでしょうか。

ではまずはこの西広家住宅を見ることから始めましょう。

場所は銚子第二漁港(川口漁港)の海寄りの道から少し入った旧道の五叉路の直ぐ北側です。
この五叉路というだけで、地元民には比較的によくわかるようです。

「こころ」という料理屋がある近くで、ここにはこれまで何回かお邪魔しています。
ではまず手はじめに西広家住宅と「こころ」のランチを目指してみることにしました。

西広(にしびろ)家住宅は、登録文化財に指定されていても現地には何も説明看板はなく、個人宅のため公開もされていません。
ただ、現地の工場や倉庫跡は出入りは出来ました。
古びた木造建築の建物が数棟ならんでいます。

P5270062s.jpg

昭和13年に建てられた木造の缶詰工場(入口シャターは昭和30年にとりつけられたもの)で、この洋風2階建ての建物は地方からやってきた従業員の居住スペースです。工場はこの建物の裏手につながっていました。

P5270085s_20190721064028c45.jpg

この工場と母屋の道路側はこのような赤レンガの塀で囲まれています。
これも登録文化財の一つで、大正末期から昭和の初め頃に造られたものだそうです。
大谷石と銚子石(砂岩)製の石積基礎上、上部に煉瓦をイギリス積されています。


P5270065s.jpg
 
こちらは比較的新しい治郎吉倉庫です。現在も使っている?


P5270064s.jpg

1段高くなっているところに登録文化財の倉庫(北倉・南倉)があります。
江戸末期の慶応年間(1865年~1868年)に漁網の保管場所として建てられた木造瓦葺の建物です。
その後は貯蔵庫として使われていました。

P5270066s.jpg

現在では漁網の他、船舶を補修するための器具や、建具や高膳などが置かれる物置となっています。
中心部が2階建てになっており、中心をコの字型に囲む造りになっています。

P5270067s.jpg

この倉の直ぐ横に大きな鳥居があります。
倉庫の敷地はこの手前で区切られています。

P5270069s.jpg

P5270071s.jpg

さて、江戸末期の倉庫のすぐ横にあった大きな鳥居が気になり敷地を出て、廻っていってみました。

P5270074s.jpg

この鳥居はどちらを向いているのでしょうか?
この北側に「西宮神社」という社があります。
そのいりぐちからこの鳥居まで参道の様につながっています。
この配置からすると、鳥居はこの西広家を祀るために置かれていると言えるでしょう。

P5270075s.jpg

このすぐ横に「西宮神社」がありました。
そしてこの神社の裏手が森になっていて、遊歩道が造られています。
名称は「東部不動ヶ丘公園」でした。
地図を見ると南側の「和田山不動堂」の森につながっているようです。

P5270076s.jpg

P5270077s.jpg

後に知ることになるのですが、ここは川口神社(白紙神社、歯櫛神社)から御嶽神社を経て、お不動様(和田山不動堂)の森をつなぐ場所でした。

銚子の安倍晴明伝説をたどると出てくる場所でした。 こちらはまた後ほど機会があれば載せます。

さて、西広住宅(治郎吉漁業倉庫)を後にして、本日のランチはいままでに数回お邪魔している「こころ」さんでランチと情報収集です。

「こころ」さんは知る人ぞ知る銚子の隠れ料理屋さんですが、つい先日テレビ東京の昼メシ旅で紹介され、この日は結構混んでいました。
次の仕事の都合もあり心配しましたが、何とか1人前だけ先に受けてくれました。
おまかせ定食1000円です。

P5270086s.jpg

今回は混んでいたので女将さんも一人で料理作っていますので手が回りません。
でも、天狗湯の情報を探るべく早速聞いてみました。

「そう、この近くには確か3軒ほど銭湯があったのだけれど、みんな昔にやめてしまったの。
この東側に1軒、そこの五叉路の西側にたしか2軒あったはず。
西側の二股に分かれた道路の左手の大きな不動の入り口に1軒あり、もう1軒は右側に行った方だった。
不動に入口はたしか「滝の湯」という名前だったようだけれど、天狗湯はそのことかな?
もう一つの右側の湯はあまり記憶になくはっきりしないわね」
とのこと。

仕事に間に合わなくなるので、散策の続きは次回にして、美味しい料理を食べてこの港町を後にしました。
でもここのお刺身などはおいしいです。
建物は昔のスナックをそのまま使っているようですが、混んでいなければ、いろいろ要望も聞いてくれるし、魚も目の前でさばいてくれます。

kawaguchi.jpg

(2019年5月27日)

天狗湯を探せ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/07/20 23:33

天狗湯を探せ!(その三)

<庚申様>

前回の銚子訪問から1週間後にまた銚子にやってきました。

しかし、生憎の梅雨模様であまり天気も良くありません。
散策には不向きでした。
まあ少しの情報を追加しておこうと前回の五叉路の西側の2本の道を右(海寄り)を少し散策してみることにしました。

 前回、西広家住宅を見学後に訪れた「こころ」での情報から、川口の五叉路を右側(銚子駅側)に2つの銭湯があったと聞いていたからです。
また別の方よりも同じような情報を得ていました。

右側の2本の道の左側には滝の湯という銭湯があったことはほぼ間違いなさそうなのでもう1本の道を探索してみることにしました。

こちらの道はすぐに「通町(とおりちょう)」となり、そのまま進むと飯沼観音の南側のロータリーに出る道で、今は海(利根川)に沿った道がメインですが、昔はこちらの通町の通りが銚子の商店街にもつながっていました。

別なところで聞いた話で、この道を少し行った床屋さんの近くに昔銭湯があったようだとの情報もあったので床屋さんを探して行きました。

しかし、この通りも昔の面影はなく、かなりさびしい道となってしまっていました。
昭和30年頃というと、もう60年以上も前ですよね。
天狗湯を知っている方も70歳以上ではないでしょうか?

私も小学校の前半は家に内風呂がなく、銭湯に通っていました。
その銭湯も結構遠く、家から1駅離れた所で、母親と歩いて通っていたと思うのですが、その場所を聞かれたら大体の場所はわかりますが、そんな細かな場所までとても覚えていません。
やはり銭湯の近くに住んでおられた方に聞かなくてはダメだと思います。

まずは大雑把でも覚えている方を探さねばなりません。
名前を憶えている方は何人かわかったのですが、あの辺だとか、この辺だとか大雑把で意外に特定できなかったのです。

それで、その候補地の1つがこの通町の方でした。

でも、開いているお店も少なく、天候が良くないと歩いている方もあまりおりません。

そんな中少し変わったお宮を見つけました。
「庚申(こうしん)様」と鳥居の額に書かれたお宮です。
地図では旧道と港沿いの道が最も接近した場所です。

P6030053s_201907211316185e8.jpg

銚子には各地に「庚申様」を祀った神社やお宮、石塔が数多く残されているようです。

庚申塚などは道教信仰の一つとされているようで、各地で道祖神などと同じように祀られています。

茨城の方でも庚申塚とか庚申塔といったものは結構ありますが、このようにお宮として祀られたものはあまり見かけません。

P6240008s_20190721163013a7a.jpg

中に祀られていたのはこの庚申塔です。
見ざる・言わざる・聞かざるの三猿の上に青面金剛?が置かれています。
江戸時代には結構各地で流行ったようです。
60日おきにやってくる庚申の日に、体の中に棲む虫が天帝様に自分の悪事を夜中に知らせに行かれないように眠らずに番をするのだそうです。

これも夜中に飲食をするのも目的になったのでしょうか。二十三夜塔などの似たようなものでしょうか。


この庚申様のある場所から少し狭くなった旧道(横道)があり、何か由緒ありげな建物が残されています。
これが天狗湯の跡などと言われたら、そう思い込みそうです。
近くを通る人も見つからないのでとりあえず今回は散策だけで戻ります。

P6030060s_201907211316227b2.jpg

苔むした廃墟のような建物。 
壁からは何本もの小さなボイラー用煙突が出ており、もしかしたらなんて思いましたが違っているようです。
その前は地図には「クレープ屋」の文字があるのですが、店はやっていないようです。

こうして歩いてみるとこのあたりの家も空き家が結構ありますね。
もうだいぶ前から空き家となっていると壁が壊れたり、草木が生い茂ったり、蔦で覆われていたりしています。

昔こちらは本銚子町(もとちょうしまち)となっており、銚子町に組み込まれて一緒になったのは1933年(昭和8年)だそうです。
この頃の地図ではまだ港沿いの道路は無かったようです。

P6030061s_20190721131624e13.jpg


P6030063s_2019072113162705c.jpg

P6030065s_20190721131629e45.jpg

ここは川口漁港まですぐです。
銚子第一漁港と違って少し大型の舟が多く停泊していました。

P6030066s_201907211316309e5.jpg

P6030070s_2019072113280336b.jpg

通町の道を銚子駅方面に進み、飯沼観音横へ出ました。
ランチは入梅イワシを食べたくなり観音食堂「丼屋七兵衛」さんにお邪魔しました。

「真イワシの漬丼(単品)」800円でした。
漬丼ならここが一番おいしいです。
銚子を活性化したいと始めたお店です。

冬場なら鯖が美味しいですよ。

toorichou2.jpg


(2019年6月3日)


天狗湯を探せ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/07/21 11:49

天狗湯を探せ!(その四)

<和田山不動堂と滝の湯>

 天狗湯の近くにもう一つあったという「滝の湯」の場所はすぐに分かったので今回はまずこちらへ行ってみることにした。
川口に五叉路を西に行く左側の道方向にあるという。
それも道路が坂を登る直ぐ近くで、その近くに大きなお宮があるという。

少し車を走らせると右は次第に左にカーブし、登り坂となった。
ここに地図では「不動堂」と書かれた場所があるはずだが、郵便局と小学校がすぐに表れて、その手前にあるはずの大きな不動堂への入り口がない。

また戻ってみると、少し手前に斜めに入る道があった。

入口に大きな石灯篭がありました。

P6110027s.jpg

入口が通りから入りにくくなっていて、最初に入口がわかりませんでしたが、入口に入ってみるとなかなか大きなお不動さんのようです。

P6110028s.jpg

この階段を上った先に不動堂があり、森が広がっています。
しかしこの上には小学校や団地もできています。
昔はこの森が川口神社の方まで続いていて、次第に上の方が開発されて小学校(明神小学校)、中学校(第一中)や団地(植松町市営住宅)ができたようです。

P6110029s.jpg

この石段の入り口に石橋が架けられており、下には水が溜まっています。

P6110058s.jpg

 右手に刀に巻き付いた蛇の像があり、その上の方に水が落ちる口のようなものが見えます。
しかし、今はここから水は落ちていないようで、これが昔(江戸時代?)人口でつくられた滝だということがわかりました。
この滝があったので、近くにできた銭湯が「滝の湯」という名前であることに納得しました。

P6110061s.jpg

P6110031s.jpg

波切不動尊です。 
波の荒い海岸近くによくみかけます。

P6110033s.jpg

この不動堂をかなりのパワースポットという雰囲気がします。
色々な石仏などが所狭しと道沿いに並んでいます。

P6110036s.jpg

P6110037s.jpg

ここが不動堂の本堂のようです。立派な建物があります。

P6110039s.jpg

P6110038s.jpg

入口に置かれた狛犬もなかなか面白い表情です。

P6110043s_201907211836376d5.jpg

首が落とされた石仏がいくつもありました。
廃仏稀釈で壊されて物でしょう。

P6110046s.jpg

P6110047s.jpg

虚空蔵

P6110049s.jpg

ここも新四国霊場の一つなのでしょうか

P6110052s.jpg

P6110051s.jpg

この不動堂から遊歩道のように森の中に整備された道が続いています。
ここがこのまま西広家の方の西宮神社へつながっているのでしょうか。

夏場にはこの不動堂のまわりでお祭りが開かれているといいます。

P6110054s.jpg

では滝の湯の場所を近くの食堂に入って確かめることにしました。
地図を調べても食堂はこの1軒だけです。もう50年ほどはやっているらしい。

P6110067s.jpg

P6110069s.jpg

P6110072s.jpg

親子丼(700円)をいただきました。
まあ昔ながらの味でしょうか。

早速、女将さんに聞いてみました。
「この近くに昔 滝の湯 という銭湯があったと聞いていますが、ご存知ですか?」
「はい知ってますよ」
「場所はどのあたりですか?」
この通りの左へ坂を下りたところに魚屋さんがあるけど、その前にあったですよ。」
「いつごろまであったの?」
「そうね。もうずっと前に辞めてしまったから・・  ・40年くらい前かしら?」

「今は何か残っていますか?」
「いや何も残っていないね」

「もう一つ天狗湯というのがあったと聞いているのだけれど ご存じありませんか?」
「そうね。 ねえ!(常連の年配のおじさんに) 知ってる?」

年配のおじさん:「ああ知ってるよ!」
「え! どこにあったのですか?」
「この店を出て右に少し上ったところの交差点を右に行ったところにあったよ。」
「え! 通町の方ではないのですか?」

「いや、全然違うよ。 駅の方にその道を行って右側だよ。今も建物が残っているよ。」
「え! 本当に。 ありがとうございます。探して行ってみます。」

その道は、清水坂上から御飯町を通って銚子の街に至る道です。

さて、食事が終わったので、まずは滝の湯の跡を見てきましょう。

P6110088s.jpg

少し左に戻って坂を下ったところに魚屋さんがありました。

P6110089s.jpg

この前にあったというのですが、今は一般の住宅が建っています。
写真に見える奥の森が 和田山不動堂の森です。

滝の湯

下谷(したや)食堂で有力情報をゲットしましたので 調べに行きたいのですが、今日の時間はあまりなくなってしまいました。

長くなってしまいましたのでこの先は次回に回しましょう。

(2019年6月11日)


天狗湯を探せ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/07/24 07:55

天狗湯を探せ!(その五)

<清水町>

 前回の和田山不動堂近くにあった「下谷食堂」にいたお客さんより得た天狗湯の情報は、その前に数人に聞いていた情報とは違う場所の方向でした。

でも半信半疑で言われた方向を探してみることにしました。
食堂前の道を港とは逆方向に上るとすぐに少し広い道と交差します。
そこを右に行った右側だといわれましたので早速行ってみましょう。

すぐに「清水坂上」という信号になり、その少し先に「清水坂下」という信号のある比較的交通量のある道です。
この道は銚子駅の南を走る香取(佐原)方面から利根川沿いを通っている国道をそのまま東に進んだ道です。
国道は飯沼観音を過ぎて「御飯町」信号で2つに分かれます。
右に行くと銚子電鉄の線路を越えて、犬吠埼方面に行きます。
ここを曲がらずに真っ直ぐ進むと,道幅が少し狭くなって坂を登るような感じでこの道に出ます。

そして黒生(くろはえ)海岸へと続く道なのです。
この御飯町から少し上りとなり崖の中腹に添うように走る道です。
昔からある道のような気がしません。

また、天狗湯のあったらしき場所とみられる清水坂上から清水坂下信号間の海寄りは崖のようになっていてあまり家はありません。

でも、教えていただいたので半信半疑でそれらしき建物や空き地を探してみました。

P6110079s.jpg

通り沿いにある古びた建物を探していると見つけたのはこんな廃墟。
車を近くに停めて中を覗き込むとここにはカラオケスナックのような施設があったことがわかりました。
この飯沼観音(坂東33観音霊場、飯沼は銚子にあった陣屋の名前)は江戸時代から非常に参拝客が多く、一つ手前の霊場札所が、土浦の清滝観音ですからかなり離れており、宿泊客も多かったようです。
そのため、昔から呑み屋さんの数は多かったようです。

P6110077s.jpg

高台のため、このあたりからは湊の街並みが良く見渡せます。
天狗湯の場所も「利根川の向こう岸も良く見渡せる風光明媚なところ」とありましたからイメージにはよく合います。

さて、この日はもう時間がないので探すのは次回以降にすることにしました。
通りの右側にそれらしき建物や銭湯をやっていたらしき面影の場所があまりないのです。
何しろすぐ崖が迫っていて、下へ降りる舗装階段もいくつかりますので、この階段を下りるのかもしれません。

また、何せ、もう60年も前に廃業したらしい銭湯がまだ建物が残っているというのもあまり信用できそうにないんです。
もう少し周りを固める必要がありそうです。

また、この先御飯町から犬吠埼に向かう街道沿いの右側にも銭湯があり、こちらは一昨年の年末まで営業していたので、それと勘違いしているということも考えられそうに思えたのです。

少し自信がなくなりましたので、ある程度地形を頭に入れて後日また訪れました。

もう一度庚申様1のある港近くにやって来ました。
すると一軒の食堂が目に入りました。
地図を見て来ていたのですが、地図にも載っていない食堂です。
看板もなく、入口の暖簾が風にはためいて店の名前もわかりません。

入口の戸を開けると年配のご夫婦が迎えてくれました。

「やっていますか?」
「はいよ!」というわけで土間のテーブル席の椅子に腰かけました。
座敷にはテレビが点いており、マンガ本が無造作に積んであります。
いかにも港町の漁船に乗り込んで作業をしているあんちゃんたちが使っていそうなお店です。

P6240007s_201907241603331b8.jpg

ちょっと通っただけではわからなかった食堂です。
すぐこの先が銚子の第二漁港(川口漁港)です。
源長食堂と言います。 上の写真の手前右側です。
の線だけがわずかに食堂で営業中ということがわかります。

P6240004s_20190724160344972.jpg

一般的な中華屋さんといったメニューです。

P6240005s_20190724160330adb.jpg

肉ソバ(600円)を注文しました。

「ここ昔からやっているのですか?」

「はいもうだいぶなりますね」

「大昔に近くでやっていたという”天狗湯”というのを探しているのですがご存じありませんか?」

「ああ、知ってるよ。たしかにあったね。」
「え! どのあたりですか?」

「この先駅の方に向かって行って、最初の信号を左に曲がる。すると正面突き当りに千号があり、そこを左に行って100m位のところだ」
「まだ建物はあるんですか?」
「いや、もうだいぶ昔だから残っていないんじゃないかな」

またまた貴重な情報をゲット。やはりご年配のご主人と奥さまに感謝!

この言われたところはまさに前の時に聞いた場所と同じです。
突き当りの信号というのが「清水坂下」信号です。この左側だそうです。
じゃあヤッパリあの崖っぷちにあったのだろうか。

そこでまたその場所へ行ってみました。

天狗湯へ1


清水坂下と清水坂上の中間あたりのようです。
ここには割烹いとうという料理屋さんがあります。このあたりなのでしょうか。
割烹と聞くと昼時に一人で入るのは少し気が引けます。
(後で調べるとそうでもなさそうだし、評判も良いようですが入りませんでした)

P6240017s_20190724162212cbe.jpg
(割烹いとう:魚料理がおいしいらしい)

P6240028s_2019072416221415a.jpg

割烹料理屋さんの駐車場からの眺め 天気が良ければ波崎の方までよく見渡せそうだ。

P6240019s_20190724162212eb1.jpg

少し先に行くと道が二股の分かれており分かれ道の角にお宮があった。

P6240020s_20190724162212f25.jpg

お宮の中には邪気を踏みつけた金剛像のような石像が2体。
これもやはり道祖神や庚申塔などと同じなのか。
地図にはやはり庚申様となっていました。

P6240023s_201907241622080c6.jpg

わかれ道ということで石の大きな追分が置かれていた。
「左 ふとう 川口明神」?? と書かれているのか?
もう一つの面には「四国同行」と彫られていた。
ということは結構昔からこの道もあったのか?

P6240026s_2019072416221208c.jpg

また何本かこのように坂を下りていく道もあります。
この少し下りたあたりなのかもしれません。

また、この通りから少し下がったところに数軒の木造の気になる建物がありました。

P6240030s_20190724162218831.jpg

P6240032s.jpg

P6240033s_201907241622222a5.jpg

この気になる門の建物は結構古そうです。
昔の誰間の別荘のような気もします。
今は誰もおらず、草ぼうぼうで、よく見ると昔塾をやっていたような貼り板があります。

聞くところによるとこの塾の建物は昔文化財に登録する動きもあったらしいが、そのままとなり今では結構あれてしまったとのこと。
でもほかにはそれらしき建物がない。

やはり昔この湯に通ったらしい近くの人を探すのが一番だろう。

ところで、「清水町」という中江は昔は泉がわきだしていたところだという。
海寄りに真水の泉がわきだすところはかなり貴重だったはずで、この泉があったから天狗湯もここにできたのだろうことは容易に推察できる。

もう次回は少し周りも固めておこう。

(2019年6月24日)

さて、このブログの目的は、只、昔懐かしい天狗湯の場所を足しかけて終わりなのでしょうか。
どうもこの天狗湯探しをしているうちに目的も少し変わってきたように感じます。
あまりすぐ見つかっては面白くないと思えてきたのです。
見つかってしまえばこのような場所に足を運ぶことはもうないかもしれません。
何かもったいないんですよね。
埋もれた歴史の小さな跡などを掘り起こすのが本来の私のブログテーマだったはずです。

探して行くうちにそこに眠った昔話なども見つけてみたいですよね。
ではもう少し続きます。

本日(7/25)はまた銚子に出かけます。
でも仕事だし、記事書いていると仕事の宿題(プログラミング)が終わりません。

また帰ってきたら続きを書きます。


天狗湯を探せ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/07/25 07:58

天狗湯を探せ!(その六)

 <地図>

 そろそろ探し当てなければならないですね。
ネットを検索していたら、昭和5年(1930年)7月に東京交通社発行の『日本商工地図集成』です。
今では図書館のデジタルアーカイブにあるらしい。ネットから少し借用します。

昭和5年商工会地図

この左側に印をつけたところに「天狗湯」とあります。
ただ、この地図は当時のお店を載せることに主眼が置かれていて、実際の地図の縮尺などは全く無視されています。
これによると飯沼観音のところから銚子電鉄の線路側に沿って東(地図では下)に道を行くと、右に線路を超える道(犬吠埼の方向)への道を分けてすぐ、真っ直ぐの道の右側に書かれています。また、「本銚子駅」に近い場所になります。

この昭和5年のころとはどうも現在の道路がかなり違ってきているようです。
線路を越えて犬吠埼の方に行く分かれ道も現在のところではなく、清水坂下信号近くから右に上る道のようです。
ここには海静寺という浄土宗のお寺があります。
この寺は大正7年にこの地で亡くなった歴史家吉田東吾博士終焉の地という大きな石碑があります。
ここにも後ほど行ってきましたので別な機会に紹介します。

すると、天狗湯のある道は現在の清水坂下信号から斜め下の方に真っ直ぐに進む道のように思われます。
天狗湯はこちらの下の道の右側、上の広い道の左側になるようです。

もう少し情報を得るために、こちらの道を進んだところにある「そば処桶文(おけぶん)」さんを見つけましたのでランチに訪れました。

okebunn.jpg

この蕎麦屋さんは食べログなどにも載っていて人気もあるようですが、場所はあまり多くの人が通るところではありません。
やはり昔はそれなりに人の通りもあったのでしょうが、両脇を走る街道に挟まれたエリアですので地元の方がお客さんの主体です。

地図を見て、このお店を見つけ、メニューなどを調べていて気になるものを発見していました。
早々と開店時間の午前11時にお店に到着しました。
営業の暖簾がかかっていたので思い切ってドアを開けました。

「いらっしゃい」 店の清掃などの準備が終えたばかりのようでしたが、明るい感じのご夫婦が迎えてくれました。
一人で知らない地方のお店に入るときには少し気後れしませんか?
私も最近はだいぶ慣れましたが、2人なら気が楽でも1人だと少し気になるんです。
ましてやあまり観光客などが行かない常連さんを相手にしているお店は結構気になります。

私の地元(石岡)でももう10年以上ここに住んでいるのですが、地元相手のお店は入りずらいですね。
1人でドアを開けると怪訝そうな顔をされたことが何度かあります。

やはりドアを開けた時の対応が笑顔で接してくれると、こちらも気が楽になっていろいろ話などもできますね。

まだ誰もいないお店のテーブル席に座り、「”ちょうちん”ありますか?」とすぐに聞きました。
「はい、ございますよ」というので、何とも変わった名前のメニューを注文しました。

P7050053s.jpg

こちらがこのお店オリジナルという「蕎麦ちょうちん」(750円)です。

P7050056s.jpg

朱色の塗の容器が2段重ねになっていて上に蓋がついています。
蓋をあけると、上段が焼肉弁当風(豚の焼肉に、ポテトサラダや卵焼きなどが入っています)、下の段が冷やしタヌキそば風
これは暖かいのもあるそうです。

とてもおいしかったです。

食べた所で別なお客さんも来ていましたが、厨房にいた旦那さんとそのお母さん?も含めて天狗湯を知らないか尋ねてみました。
ご主人と奥さんはご存じなかったようで、80歳近いでしょうか、そのお母さんはご存知でした。

「はい確かにありましたよ。」
「どのあたりですか?」
「この店の前の通りを右に少し行って向こうの四つ角まで行かないところを左に入ったあたりでした」
「今でも建物が残っていますか」
「だいぶ昔なので残っていないのではないかしら」
「左奥には崖がありますが、その崖の手前ですか?」
「そうたしかそのあたりだった気がするのだけれど・・・」

ということで、食事後に、上に載せた地図の赤い矢印あたりを少し散策してみました。
しかし、このあたりもきれいな新築の家もあるのですが、廃墟となって荒れた家や、人が住んでいないと思われる空家も結構多いのです。
何処もそうですが、東京への一極集中で、地方はますます疲弊しているように見えますね。
天狗湯探しですが、銚子の街の衰退も少し気になるところです。 
銚子は千葉県で千葉市に続いて2番目に市制が始まった都市だそうです。

P7050059s.jpg

蕎麦処より戻って、最初の赤い矢印を記した通りはこんな感じです。
奥に上の通りからの崖(森)に突き当たります。

P7050060s.jpg

まわりにはどうも人が住んでいそうもない家がかなり多くあります。

P7050063s.jpg

このあたりも昔は港町で賑わったのでしょうね。
家はたくさんあり住んでおられる方もまだたくさんおられるようですが、やはり寂しさもありますね

P7050070s.jpg

P7050067s.jpg

丁度上の通りの「割烹いとう」さんの真下あたりにお宮がありました。
この崖に所から上の方が清水町で、この下のあたりは幸町というようです。
崖の下の方は清水町と名前が付けられたように清水がわき出ていた場所なのでしょう。
今でも少しジメジメしています。

天狗湯はこの湧き水が豊富だった場所に銭湯を建てたのでしょう。

P7050072s.jpg

通りの反対側に苔むした大きな煙突を見つけましたが、これは何かの工場の煙突だったようです。

(2019年7月5日 記)

さて、このブログもいつまでも天狗湯探しで引っ張っていくわけにもいきませんので次回は場所を特定しましょう。
次回をお楽しみに。

余禄として近くにあった「清水観世音」を紹介します。

P7050075s.jpg

P7050083s.jpg

P7050079s.jpg

P7050077s.jpg

P7050078s.jpg

P7050086s.jpg

P7050084s.jpg

P7050087s.jpg


ここにはこんなお話が残されています。

<清水庵の白蛇>
昔、清水庵(清水の観音様)の近所の人がお伊勢参りに行きました。
とちゅうで女の人と出合ったところ、その人が、
「これを銚子の清水庵へ届けてください。しかし、とちゅうでは絶対に見ないでください。」
といって、紙包みを渡しました。

その人は、不思議に思いましたが、約束を守って、清水庵まで持ち帰りました。
お堂の中で、その紙包みをそっと開けてみました。
すると、その中から白蛇の子が出てきて、すーっとお堂の奥の方へ消えていきました。

その夜、その人が眠っていると、いつかお伊勢参りのとちゅうで会った女の人が夢まくらに立って、ていねいにお礼をいいました。
その後、だれいうとなく「清水の観音様」には、白蛇のヌシがいるといううわさがたちました。

(銚子市教育委員会『銚子の民話』より)

天狗湯を探せ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/07/26 12:02

天狗湯を探せ!(その七)

<いよいよ天狗湯の場所判明>

 前回からまた1週間以上たちました。
天狗湯の大まかな場所はわかったので、そろそろ具体的な場所の特定をしたいと思います。

その前にすぐ近くの銚子電鉄の「本銚子(もとちょうし)駅」に行ってみることにしました。
ここは一昨年(2017年)夏の24時間テレビで地元の小学生からの希望で、ヒロミが駅舎をリニューアルしていた場所ですので覚えている方も多いのではないかと思います。

銚子電鉄はぬれせんべいでも有名になりましたが、銚子から外川までの短い区間を運航している路線で、ほとんどの駅が無人駅です。

P7180005s.jpg

ここ本銚子駅も無人駅で駅前広場なるものはありません。
山の上を切り開いた切通しの中に、1923年(大正12年)に線路が敷かれ駅舎もその時に建てられたという。

P7180006s.jpg

これが24時間テレビで新しくリニューアルされた駅舎。
何ともかわいらしい。
地元ではきれいになってよかったという声が多いようだが、大正末期の駅舎の雰囲気が損なわれたと嘆く鉄道ファンもいるという。

P7180007s.jpg

駅内部の待合室。

P7180009s.jpg

タイルと子供たちが製作したステンドグラスが飾られていた。

P7180012s.jpg

外壁は赤レンガで、結構大正ロマン風に工夫されていた。
これはこれでいいんじゃないかな。

P7180001s.jpg

跨線歩道橋「清愛橋」上からは眺めた駅舎と線路
もちろん単線です。

P7180002s.jpg

銚子電鉄の駅は赤字解消のため、駅名をネーミングライツで募集し、いろいろ変わった名前がついている。
ここも時々変わりますが、現在は「上り調子 本調子 京葉東亜薬品」となっていました。

ちなみに隣の「笠上黒生(かさがみくろはえ)駅」は「髪毛黒生」となっています。
ちょこっと笑ってしまいますね。

P7180003s.jpg

ここから次の笠上黒生駅までは切通しで紫陽花が目を楽しませてくれるという。

P7180014s.jpg

直ぐ駅の横にある市立清水小学校です。
駅前で少し広々しているかとも思いましたが、広場もなく狭い道でした。

さて、本題に戻って、やはり年配の近くに住む人を見つけて訪ねてみようと思い、清水坂下信号から一方通行を下りたあたりで聞いてみることにしました。
それにしてもあまり聞けそうなお店もなく、歩いている方もほとんどいません。
たまに軽トラに乗ったおじさんが通るくらいです。

そんな中ふと見ると魚の卸か何かをやっている店の中で年配のお年寄り(女性)が一人で作業しているのが目にとまりました。
なかなか声をかけづらいのですが、思い切って声をかけてみました。

「すみません。 昔このあたりにあったといわれている天狗湯という銭湯を探しているのですがご存じありませんか?」
「はいはい よく知っていますよ! 車ですか?」
「車は少し離れたこの先の空き地に停めて、歩いてきています。」
「じゃあ 案内しますよ。」
「え! 本当ですか?ありがとうございます。」

そのおばあさん腰もしゃんとして、家から出てきてすたすたと歩いて道案内してくれました。
結構お歳も召されていると思うのですが、軽い足取りで前を歩いていきます。

店から出てすぐに細い道を曲がって、この先きだというのです。
そして上の通りに出る上り階段をそのまま登っていくではありませんか。

そう、ここは前に上から見ていたお屋敷のところです。
そして、上の通りまで上がる前に、「ここから入ったんですよ」と門を指さしてくれました。

天狗湯01

竹で組んだ塀に門も趣があります。
そして中はシダのような草が生い茂っています。
門の扉につけられたマークもとても印象的です。

このあたりの家やお店などでも同じような家紋?をよく見かけます。
丸に木瓜紋(もっこうもん)?ではないかと思います。
またもしかしたら天狗小僧寅吉が異界において見聞した七生舞(御柱舞)の図を表現したものかも・・・・

「あっ! ここは塾の貼り紙がしてある家ですね。」
「そう、前に若いお兄ちゃんが塾をやっていたの。 もうやめちゃったのかしら・・・」

それからこの手前の家も確か後から別な方が建てて、今は住んでいないのだけれど、近くにいますよ。
しかしこちらの天狗湯の方は今はどこに関係した方がおられるかは知らないようでした。

おばあさんにここまで上がってきてもらい大変感謝してお礼を言い、分かれた後写真撮ってきました。

天狗湯02

屋敷内には古木や竹林があり、かなり昔裕福な方がいた別荘と言った雰囲気です。

天狗湯03

屋敷のまわりは竹の垣根で仕切られており、いい雰囲気です。通りからは見下ろすような感じです。

天狗湯04

上の街道からは別に門があり、屋敷にはこのように下へ降りるようになっています。
通りからは見下ろすような感じです。

天狗湯05

この感じだとつい数年前まではここで塾を開いていたのではないかとさえ思えます。
でもこの塾は2000年の電話帳には載っていましたが、2007年の電話帳には記載されていませんでした。
ということは辞めてから10年以上経つのかな・・・・

天狗湯06

門扉は簡単に開け閉めできそうなので、せっかく来たのだから少し下に降りてみましょう。

天狗湯07

郵便ポストも残されていました。最近まで使っていたかのようです。

天狗湯08

天狗湯09

屋敷にはクーラー(屋外機)が設置され、「伸学セミナー教室」という貼り紙がまだ残っています。

天狗湯10

裏には竹林がありちょっとした趣のある家です。

天狗湯11

しかし、建物の裏側に廻ってみると、残念ながらかなり破損していました。
もったいないですね。
銚子市でも残してほしい建物だと思います。

また、銭湯をしていた建物はこの建物の横にあったのかもしれません。
少し草に埋もれた建物の跡もあるように見えました。

天狗湯12

この上の通りから下の街を眺めたところです。
天気があまりよくなかったので常陸の方は良く見えませんでした。
きっと昔は風光明美な場所だったのでしょう。

天狗湯13

(住所は銚子市清水町2726です)

天狗湯14

それにしても元気なおばあちゃん(丸亀鮮魚店さん)ありがとうございました。

tenguyu.jpg

(2019年7月16日)


<エピローグ>

7回にも分けてこの天狗湯探しのお話を書いてきましたが、このあたりで終わりにしましょう。

最初は常陸国の岩間山に伝わる13天狗の話からこの天狗小僧の子孫が銚子で銭湯をやっていたという情報を頼りに、ちょこちょことゆる~く探す紀行文を書いてきたのですが、途中からゆる~くしすぎて締まりのない文章になってしまいました。
でも私のブログの多くがこんな調子で、行く先々で気になったところを掘り返し(調べ)、そこで過ごしてきた昔の人たちの気持ちや生活を想像することによって「本当の姿や小さな歴史を見る」ということにあります。

現代社会は一見便利にはなりましたが、機械的に作られたような世界で、あまり面白みがないんです。
そして歴史的には嘘も多く、それがまた本当のことのように語られていたりします。
明治維新以降はこの国の歴史が大きく変えられてしまいました。廃仏稀釈がそのよい例です。

でもやはり昔の姿を見ることができないのですから、このように歩き回ることで何かの真実らしきものに行き当たります。
今回の真実は何か?

それは人それぞれで、この先を知りたければ自分の足で調べるのがいいでしょう。
図書館でも、住所登録の台帳でも、知っている人を探すでもいろいろな方法はあります。
これはほんの入り口を示しただけです。

各地域に埋もれた歴史が隠されています。そんなものをこれからも探して行きたいと思います。

最後に近くにあった「割烹いとう」さんにランチでお邪魔しましたので紹介しておきましょう。

P7250036s.jpg

この割烹とある料理屋さんは地元の漁師との間で魚を仕入れているようですので魚が新鮮なのが売りです。
場所は天狗湯の直ぐよこなのです。
店ののれんにつけられた紋も天狗湯跡の扉の紋と同じようです。
これは丸に木瓜紋(もっこうもん)でしょう。
気になってからはこのあたりの家などにも同じ家紋がつけられた家が多数ありました。

P7250035s.jpg

比較的昼には早い時間でしたが、女性のおばさんたちの4人組がにぎやかにおしゃべりしていました。
正面のテーブル席に案内されましたが、そこから港や波崎の方が良く見渡せます。

P7250028s.jpg

窓側におすすめメニューが書かれていました。
やはり割烹料理屋さんですからランチメニューはありません。

P7250029s.jpg

すぐにお茶とおしぼりに一般のメニュー表を持ってきてくれました。
まあそれほど高くはないですね。
比較的リーズナブルでしょう。

P7250033s.jpg

刺身定食(1200円)をいただきました。

やはり魚は美味しいですね。
地元で40年以上魚料理の店を続けているそうです。

P7250034s.jpg

となりのご婦人たちが出された料理に感嘆の声を上げていました。
でもどんな料理が出されたのかは知りません。

P7250030s.jpg

この店からの眺めはいいです。
天狗湯も昔はこのような眺めが見られたのかもしれません。
この日は天気も良くなり、利根川の向こう岸の常陸国(波崎)の風車もよく見えました。
隣りにあった天狗湯さんのことも訪ねてみましたが、名前は聞いて知っているそうですが、あまり詳しいことはご存じないとのことでした。このお店も40年ほど前からやっているそうです。

天狗湯の深探記はひとまずこれで終わりです。

天狗湯を探せ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/07/27 06:39

銚子の晴明伝説

 千葉県銚子市で「天狗湯」なる銭湯のあった場所を探し、銚子駅の東側を細かく散策してきました。
そして、この銚子に伝わる一つの伝説に何故だか興味がそそられてきました。

銚子に伝わる伝説といえば犬吠崎や犬岩などに残された「源義経伝説」がありますが、これはこの銚子市の中でも一部の海岸などに伝わっているものです。
しかし、陰陽師安倍晴明伝説は銚子市の西北端から東南端まで幅広く晴明が動き回っているのです。

では、この晴明伝説を紹介しましょう。

 千葉県の銚子の一つ手前「松岸駅」に近い垣根町の海上小学校のとなりに「長者山仁王尊阿弥陀院(根本寺)」というお寺があります。
入り口の門柱にも「長者山」と書かれています。
ここ長者山と名が付いたのは、この場所に昔の海上郡で一番の長者が住んでいたことによります。
この長者にまつわるお話です。
この長者屋敷は「垣根の長者屋敷」と呼ばれていました。
長者の名前は「根本右兵衛義貞」といいました。
垣根の長者、海上郡随一の金満家であった根本右兵衛義貞には一人娘「延命姫」がおりました。

IMG_7024s_20190801110619e0b.jpg
(垣根町にある長者屋敷跡に建つ 長者山仁王尊阿弥陀院 仁王門)

IMG_7028s_201908011106212d0.jpg
(阿弥陀院の阿弥陀堂)

平将門の乱討伐のために筑波に足を運んでいた右大臣藤原師輔に見いだされた安倍晴明は、時の天皇に寵愛され才能を発揮します。
しかし、天皇を取り巻く政争にまきこまれ、 身の危険を感じた阿倍晴明は都を脱出し 故郷の筑波山麓にもどっていました。

西暦986年 、筑波に戻っていた阿倍晴明はさらにこの銚子に逃れてきてこの長者屋敷に泊まりました。
そこで垣根の長者の延命姫と出会い、姫が晴明に一目惚れしてしまったのです。

P3270098s_2019080111161300b.jpg
(阿弥陀院境内に立つ 延命姫供養塔 隣りに長者供養塔もある)

しかし延命姫は、生まれながらにして顔の左ほほ全面にアザがあったのです。
父の義貞は、裕福な資産家であり、娘のために安倍晴明に自分の財産を全て提供し、娘との結婚を願い出ました。
都から逃れてきていた安倍晴明は、最初はしぶしぶ延命姫との婚姻を約束するも、やはり次第に後悔しはじめ、延命姫のもとから逃げ出してしまいました。

晴明は、垣根屋敷から利根川に添って少し下流の「今宮」にやってきました。
そして、そこから対岸の波崎にわたろうとしましたが、海(川)が荒れていて渡れません。
そのため、晴明は飯沼観音へ逃げて、更に東の和田不動尊(和田山不動堂)に晴明は駆け込んだのです。

P9240075s_201908011819496f0.jpg
(飯沼観音)

P6110029s_20190801112334f48.jpg
(和田山不動尊入口)

P6110039s_20190801112336d0e.jpg
(和田山不動堂)

それでも姫は晴明を諦めきれずに必死にその後を追いかけました。
姫は常世田薬師堂(常灯寺)に 三日三晩 籠もり、晴明がいる場所を知らせてほしいと願掛けをしたのです。

P6290009s_20190801112952f6e.jpg
(常世田薬師堂 比較的最近まで茅葺屋根の立派なお堂でしたが銅版葺き屋根に改修されました。)

P6290015s_2019080111295409e.jpg
(薬師堂の横の土壁には奥へ続く洞窟があります。その側壁にはたくさんの薬師様が祀られています。)

晴明は、逃げても逃げても延命姫が追ってくるので、ついに屏風ヶ浦の小浜の地(現在の銚子市と旭市との市境に近い海岸)まで逃げたところで一計を案じたのです。 
自分が死んだように見せかければ姫もきっとあきらめると考えたのです。

屏風ヶ浦の「通漣坊(つうれんぼう)」に着物と履き物を脱ぎ捨てて、断崖絶壁の崖の上から海に飛び込んだように見せかけ、自身は近くの新田の明王山真福寺に身を隠しました。

追ってきた延命姫は、通漣坊にぬぎすてられた着物と履き物をみて、晴明が身を投げたものと思いこみ、自らもそのあとを追って身を投げてしまったのです。

この真福寺には、晴明が隠れたといわれる小さなお堂(晴明堂)が遺されています。(お堂はあとから建て直されたものでしょう)
また、姫が海に飛び込んだことを知った晴明が罪滅ぼしのためにここで荒行をしたといわれています。

また延命姫が身を投げた「通漣坊」は、 千葉縣海上郡誌に「潮漣洞」として下記のように紹介されています。
「豊岡小浜磯見川の河口にあり、潮汐 沿岸を洗い、岩石為めに穿(うが)たれて一の大なる竈(かまど)形の空洞を生ず。
一洞崩壊すれば、随って一洞を生ず。  世俗之を「延命淵」と称す。
数十年前には、川の左右両岸に大小二個あり。
小なるを「女竃(めがま)」と称し、大なるを「男竃(おがま)」と称せり。
海上浪(なみ)高き時は、侵入する潮汐、恰(あたか)も長鯨(ちょうげい)の水煙を呼出するが如く、実に奇観なり。
遠近伝えて奇異の顕象となし、夏季観客常に絶えずという。」」

 また、ここの名前の「延命が淵」については、この安倍清明伝説をそのまま紹介して、この空洞はこの延命姫が身を投げたときにできたものだとの伝説を紹介しています。
 
 この「通蓮洞」は、「旭市」との市境にあり、銚子市小浜側の「男竃」は「小浜通蓮洞」、旭市上永井側の「女竃」は「上永井通蓮洞」と呼ばれていたそうですが、「男竃」は侵食により明治30年代に消滅し、「女竃」も昭和30年代まで一部が残っていたそうですが今は見ることが出来ません。
また岩が潮を噴き上げる壮観な景観の場所であり、素晴らしい風光明媚な場所であったそうです。
現在も歩いてこの海岸淵に下りられますが、昔の洞窟などはなくなってしまっているようです。

IMG_2668s_20190801181952156.jpg
(飯岡灯台:刑部岬)

IMG_7638s_20130529205920_20190801182002ba3.jpg
(東洋のドーハー:屏風岩)

 さて、海に身を投げた延命姫の髪の毛は銚子川口の岩(千人塚の付近)にからみつき、歯と櫛が川口の地に打ち上げられたのです。
そして、その歯と櫛を川口の丘に埋めて祀られました。これが現在の川口神社です。
この川口神社は伝承によれば最初「歯櫛明神」とよばれ、それがいつしか「白紙明神」と名が変わり、明治3年には現在の「川口神社」に改名されたといいます。

この延命姫は顔にアザがあったのですが、この川口神社に櫛や鏡などを納めて祈願すれば、女性は美しくなり、神社にある「白」をつけるとアザがきえると信仰されてきたそうです。

IMG_8565s_201908011826175fc.jpg
(川口神社:白神明神)

さて、安倍晴明は平安時代の陰陽師としてその名を知られていますが、出生についてはいろいろな説があります。
大阪の安倍晴明神社のある阿倍野区というのが有力とされているのですが、茨城県の筑波山の麓である旧明野町猫島(現筑西市猫島)で生まれたとする説もかなり有力なのです。
晴明のことが書かれている最も古い歴史的文献「ほき抄」がその証拠と言われています。
平将門がいたのもこの近くです。

この海上国が常陸の筑波山の麓地方と関係があったことを伺わせる話であることが興味をそそります。

坂東三十三観音の霊場は、
第25番 筑波山 大御堂(つくば市)
第26番 南明山 清瀧寺(土浦市)
第27番 飯沼山 円福寺(飯沼観音)(銚子市)
と土浦市の筑波山の麓よりこの銚子の飯沼観音へと続いており、昔は水路で人の流れもつながっていたように思われます。

seimeidensetsu.jpg


天狗湯を探せ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/08/01 18:43

平田篤胤と銚子

 天狗小僧の子孫が天狗湯を始めたのが千葉県の東端の銚子。

銚子の名前は酒を注ぐ銚子口に利根川河口の形状が似ているからだという嘘のような本当の話だ。
もっとも銚子の名前が使われだしたのは江戸時代のことなのでそれほど古い話ではない。

さて、この銚子周辺を今までに何回も歩き回っていると、天狗小僧寅吉の話(仙境異聞)を書いた国文学者の平田篤胤の名前を見ることがあった。
やはり何か関係があるのか?

私はあまりこの平田篤胤のことは知らない。
本居宣長の後継者的国文学者で復古神道の確立者といった事くらいがぼんやりと浮かぶくらいだ。

さて少し調べてみよう。

Wikipediaによれば、生まれたのは、秋田(出羽)の久保田藩の大番組頭(大和田清兵衛祚胤)の四男だというので、これは茨城(常陸国)とは関係が深い。
秋田の久保田藩は常陸国を制した佐竹氏が移った土地であり、代わりにそれまでの秋田氏などは常陸国にやってきた。
秋田の美人は皆茨城県から連れて行ったなどとのつまらぬ噂も広まった。

篤胤は秋田では養子に出され、父母の手で育てられず苦労して20歳になると、脱藩・出奔して国もとを飛び出し江戸にやって来た。
江戸でも苦学の連続だったようだが、25歳の時に備中松山藩士で山鹿流兵学者の平田藤兵衛篤穏(あつやす)に認められて養子となったとある。
26歳で結婚し、本居宣長の死後初めて国学を知り、国学の勉強を始めたというからかなり遅いスタートだ。
ただ、すぐに本居宣長の門人と自称したというからかなりの才覚の持ち主だったのだろう。

文化9年(1812年)37歳で愛妻を亡くし、幽界研究に興味をもち、復古神道研究に没頭していったようだ。
やはり愛するものを失ったことが霊界を信じる入口になったようだ。

篤胤は江戸での私塾だけでは物足りなく、その門人を広げる思いもあり、文化13年(1816年)に下総・上総を巡っている。
まず、船橋から神崎神社を廻り、東国三社(香取神宮・鹿島神宮・息栖神社)を訪れた。
そこから銚子・飯岡を廻って、天之石笛(あまのいわぶえ、いしぶえ)を手に入れて持ち帰り、これが現在代々木の平田神社に保存されている。

石笛

長さが50cmほどの石笛で石に空洞が空いて笛のように左右に穴がある。風が吹くと笛のように鳴るらしい。

ただこれは本当に笛のような形だが、この地方で見つかっている石笛はこのような形の物は少ないようだ。

銚子の少し南の玉崎神社はこの平田篤胤も神社裏に祀られているが、旭市の天然記念物として神社に置かれている「天の石笛」は次のようなものであった。

石笛02

平田神社に大切に保管されている「天之石笛」については、篤胤の弟子が著した 「天石笛之記」にこれを取得したいきさつが書いてあるという。

要約すると、篤胤が不思議な笛を手に入れる夢を見たという。
そして東国三社(香取・鹿嶋・息栖)参りの旅に出て、その足で銚子にやってきたときに、神社で夢に見たのとそっくりな石を見つけた。それは、神社に近所の海岸で見つけた村人たちが奉納したものだった。
それがほしくてたまらなくなった篤胤は神主に何度も頼み込んで譲ってもらったものだという。
そして、江戸にもどった篤胤は、屋号を「伊吹乃屋(気吹舎)」に改名したという。

「天の石笛」については飯岡などで昔話として語り続いている話がある。日本昔ばなしに収録された話が以下のサイトにある。

日本昔ばなしデータベース:天の石笛(あまのいしぶえ) 

時化の時にそれを知らせてくれた石笛だという。
自然にできた穴に大風が吹き始めるとそれが笛のように鳴ったという。

篤胤はこの三社めぐりの翌年も下総などの旅をしている。
天狗小僧寅吉にあったのは三社めぐりの翌々年であった。

篤胤が江戸で屋号を「伊吹乃屋(気吹舎)」に改名したというのがこの笛を得たことだというが、息栖神社境内に置かれた芭蕉の俳句もきっと頭にあったことだろう。

 『 この里は 気吹戸主(いぶきとぬし)の 風寒し 』 (芭蕉)

この気吹戸主は江戸時代はこの息栖神社の祭神で 黄泉の国から逃げ帰ったイサナギが汚れを水の流れで洗い流した時に、その流れから生まれた神という。

息栖神社はこのように汚れた土地を清浄化して蘇生回復の力があるのだという。

東国三社は直角三角形の頂点に配置された神社で、鹿島・香取の両神宮を弓の弦として息栖神社から矢を射ると石岡、筑波、岩間方面に矢は飛んでいく。
岩間山の十三天狗が活動していたあたりに行く。 これも何かの関係がないとは言い切れない。

もっともこの直角三角形に配置したのは息栖神社を大同2年(807年)に少し移動したからで、人工的に配置されたものだ。

kasimaline.jpg

このあたりのことは昔書いた下記の記事などを参照ください。(まあ大昔の記事で内容も恥ずかしいが)

常陸から見た日本の夜明け: 


天狗湯を探せ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/08/03 06:05

笹川の諏訪大神

 銚子での天狗湯を探せの関連で少し記事を追加しています。
昨日銚子に出かける途中で、東庄町(とうのしょうまち)にある「諏訪大神」に立ち寄ることにしました。

天狗小僧寅吉が後にここで神社の神職をしながら妙薬による治療などもしていたと書かれていたので、数年前に何度か訪れたことがあるのですが、改めて立ち寄ることにしたのです。

「大神」とありますが、この地方は大きな神社は皆「大神」と表記されています。

銚子に行くときに最近は神栖の先端 波崎から銚子大橋を渡ることが多いのですが、今回は潮来の手前から国道51号線で利根川を渡り、佐原(香取)から利根川沿いに千葉県側を走りました。

佐原、小見川(共に現在は香取市)を過ぎ、東庄町(とうのしょうまち)に入り、成田線を横切る手前に「わが町に 相撲がある」という看板が目にとまります。

東庄町は平成の大合併では合併せず、香取市と銚子市に挟まれた場所に位置しています。
もともと中世に東の荘園があったようですが、千葉氏の一族「東氏(とうし)」がこの地を治めていました。
そしてここの少し内陸にある「東大神・東大社(とうだいしゃ)」がこの町の中心の神社です。

この東大社と銚子の雷神社、 香取市(旧小見川町)の豊玉姫神社の三社の間で20年に1度の式年三社神輿渡御が行われています。

P8050009s.jpg

東庄町の諏訪大神は国道356線(利根水郷ライン)沿いの笹川の中心地にあります。
かなり大きな神社です。
前に訪れた時に比べ駐車場も最近きれいに整備されています。

P8050015s.jpg

広い境内の奥に拝殿が見えます。
辺りは静かで近くの木々から盛んにミンミンゼミの鳴声が聞こえてきました。

P8050017s.jpg

拝殿の裏手が本殿ですが、かなり大きな本殿です。

P8050019s.jpg

やはり諏訪大神の名前の通り、長野県の諏訪大社の系列でしょうから出雲系なのでしょう。
香取神宮にも近い場所ですが、結構、ここのほかにも近くに諏訪神社があります。

P8050018s.jpg

拝殿の入り口横には「澪つくし(みおつくし)」の醤油が奉納として置かれていました。
普通はお酒が多いですが、これはNHKの朝ドラ「澪つくし」の撮影場所となった醤油場(江戸時代から続く)が近くにあるのです。

P8050016s.jpg

そして左手には「神楽殿」があり、その奥に立派な土俵が見えます。
これが「わが町の相撲場」です。

出羽海部屋の夏合宿がここで行われます。

P8050022s.jpg

夏合宿(稽古)の予定は8月10日~22日の朝です。御嶽海が最後の2日間参加するようです。
チラシは下記をご覧ください。
土俵のまわりにはテントなどが張られていました。

P8050026s.jpg

神社では昔は相撲が奉納されていた歴史がありますが、ここの相撲も歴史が長いようです。
テントに隠れるようになっていましたが、相撲の始祖といわれる野見宿禰の石碑が置かれています。

この碑を設置したのがここ笹川の親分「笹川繁蔵」のようです。
大利根河原で銚子の隣りの飯岡の助五郎との決闘は浪曲や三波春夫の詩でも大昔に流行ったので年配の方はご存じでしょう。

三波春夫など前回の東京オリンピックのテーマ曲が有名なくらいですからもうだいぶ昔ですね。

ここでは「天保水滸伝」として語り継がれています。

P8050024s.jpg

神社境内には「天保水滸伝伝承館」が置かれています。

P8050011s.jpg

天保水滸伝については ⇒ こちら を参照してください。
昔歩き回って調べたことがあります。

P8050028s.jpg


笹川繁蔵がこの神社の境内で日本の大親分(清水次郎長、国定忠治、大前田英五郎など)たちを集めて大花会を開いたという。
これも、天保の大飢饉で財政的にも困っていた人たちを救うための資金集めだったようです。

天狗小僧寅吉がここにいたかどうかはよくわかりませんが、平田篤胤は東国三社(香取・鹿嶋・息栖)めぐりの時にここにも来ているようです。
地元の有力者などを集めて学問を教えているようです。

1816年:平田篤胤、東総をめぐる
1818年:江戸に天狗小僧が現る
1838年:大原幽学(おおはらゆうがく)が農協を世界で初めて創設(平田篤胤の教えた人もこれに参加していたという)
1844年:大利根河原の決闘(飯岡助五郎勢を打ち破るが、助五郎は十手を預かる身で、繁蔵は笹川を離れる)
1847年:笹川に戻った笹川繁蔵が助五郎一味に暗殺される

この諏訪大神のすぐ横に「延命寺」というお寺があり、ここに笹川繁蔵の供養塔があり、両脇に子分・勢力富五郎の供養碑と大利根河原の決闘で死去した平手造酒の墓があります。

繁蔵も暗殺されたときに死体はなく持ちされれていました。当時は仕方なく土を持ち帰り供養塔を建てたのですが、最近になり銚子や飯岡で首や胴が埋葬されていたことが判明し、こちらに遺骨を返却したようです。

P8050031s.jpg

延命寺にある笹岡繁蔵の碑

P8050029s.jpg

延命寺は諏訪大神のすぐ隣ですが、あまり目印もなく小さなお寺です。

寺の裏手は神社と繋がっています。


天狗湯を探せ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/08/07 08:05
 | HOME |