FC2ブログ

絵画の思い出

 最近になって、甲子夜話に残されている「水雲問答」をひも解き始めているが、これも今の人にとっては少し難解な部分もあり、ここに現代語にしてUPし始めているが、現在約半分程度が終ったばかり。

毎日数点書いていると、他のことをする時間が取られてしまい、少しこの辺でペースを落として来月半ばくらいの完成を目指す事にしようと思っている。
またたまには別な記事も書かないと興味のない方には飽きられてしまう。

というわけで、頭に浮かんだ事などを記事に挟みながら進めたいと思っている。
そこで、他の人のFBにある画家の絵画の紹介があり、それを見ていて昔の記憶が蘇った。

それは今から50年以上も前のこと、大学の初めの頃の事。
大学で入った同好会で、夏休みに姫路の先輩宅で泊まって、山陰地方を合宿をかけて回ったときだったと思う。

現地への集合で、私は姫路に行く前によりたい場所があり、一人大きなリュックを背負って、倉敷で降りた。
蔵の街と言われるだけ有り、倉敷は情緒の有る素敵な街並みだった。

そんな街並みの一角にお目当ての建物があった。

「大原美術館」である。

学生時代は結構絵画も好きで、入社した時のも東京のブリジストン美術館に立ち寄ったり、ルノワールやセザンヌ、マリーローランサンなどの展覧会が東京のデパートなどで開催されるとよく見に行っていた。
また上野の西洋美術館なども時々足を運んでいた。

まあ、大原美術館も当時地方にあっては比較的有名であったので、近くにいけるチャンスが来たから一度行って見ようと思ったくらいの気持だった。

倉敷の駅に降り立ったのは1968年の7月末。

そして、大原美術館を目指したのだが、目にしたのは沢山の喪服を着た人の列であった。
何処へ続くのかと思ったら、これが美術館に続いていたのだ。

そう、この日は大原美術館の館長(倉敷レイヨンの元社長)大原総一郎氏の葬儀が行われていたのだ。
これでは、美術館も閉まっているだろうと、美術館の入口まで来た。

そうすると入口が開いていて、中には入れるようだ。

案内の方に声をかけると「どうど」と。

こちらは薄汚い格好の学生で背中にはこれからのたびの支度を入れ込んだリュックサックを背負っていた。

葬儀の列を横目に恐る恐る美術館に入れてもらった。

そこで、入ってすぐのところにあった。ミロの絵に釘付けとなった。

miro1.jpg

「夜の中の女たち」というタイトルがつけられた絵である。
一見子供が書いたいたずら書きのようにしか見えないかもしれないが、独特の色使いからも私にとって忘れられない絵となった。

その後、社会人になってから、もう一度大原美術館を訪れた事があったが、絵画や彫刻のイメージは最初の頃からは大分変っていた。
今はどうかわからないが昔の、葬儀のハプニングと共に思い出に残った記憶のほうが今でも鮮明に残っている。


昔の事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/03/25 09:53

絵画の思い出(2)

 さて、今日は昨日の続きで西洋絵画などを見るようになったきっかけの話です。
小学2年から大学に入る頃迄、私は東京の多摩地区に住んでいました。

中学1年生の冬に、東京上野の国立博物館でルーヴル美術館の絵画を中心としたフランスの絵画の展覧会が行われました。
始めてルーヴル所蔵の有名な絵画がたくさん日本で見られるとあって、かなりのニュースにもなりました。
ただ、まだ特に美術が好きであったわけでもなく、東京といってもまだ田舎の方に住んでいましたので、こういうものに触れる機会もほとんど無かったせいも有り、話題にはなっていましたが特に興味も無かったのです。

ところが、これを家族で見に行こうと父が言い出したのです。
父は東京銀座に勤めに通っていましたので、子供(兄と私)を田舎者にしたくなかったのかもしれません。

確か年の暮れか、正月かは忘れましたが、日曜日?の祝日に家族で出かけたのです。

上野といえば、その頃は、西郷さんの銅像と、動物園くらいしか余り頭に浮かばないくらいの人間でした。
電車に乗って、上野の公園口から降りて、西洋美術館のそばを通って、動物園入り口前の広い広場に出て驚いたのです。
なんと、そこには博物館の方へ続く長い人の列が、その広場をうめつくすくらいに並んでおり、西郷さんの銅像近くの方まで続いていたのです。

でも諦める事もできませんので、その最後尾に並び、少しずつ前へ。1時間くらいたってようやく博物館の入口が見えたと思ったら、並んでいる列は入口には入れず、博物館の周囲を1周していたのです。

それから広い博物館の敷地の周りを1周して、ようやく中に入ると、今度は博物館の敷地の中も列が続いていました。
疲れ果てそうになりましたが、何とか中には入れたのですが、絵画の前は黒山の人だかりのようになっていて、順番に押すな押すなといわれながら、あまり止まって鑑賞出来ずに、絵を順番に見て回るような状態でした。

ルーヴル美術館の絵はかなりの数が出展されていて、有名な人の絵画もたくさんありました。

見終わって、最後に額に飾る絵を買って帰ることになり、私が買ったのは、コローの風景画でした。

コロー2

「モルトフォンテーヌの思い出」と題するコローの大きな風景画です。
構図も色合いも、とても気に入ったのです。

しかし、母などはマリーローランサンの絵が好きだといってそちらも買って来ました。
今ではこちらの絵もよさがわかって来ましたのですが、ヨ-ロッパ絵画を見て最初に気に入ったのはこのような写実主義の絵だったのです。

当時西洋美術は上野の西洋美術館(松方コレクション)が中心でしたが、これだけの大規模な展覧会でしたので、会場を国立博物館にしたようです。

<調べたら>
 ルーヴルを中心とするフランス美術展
 1961(昭和36)年11月3日- 1962(昭和37)年1月15日
 会場:東京国立博物館
 主催:東京国立博物館、国立西洋美術館、朝日新聞社
 出品点数:絵画260点、彫刻60点、素描119点、版画39点、計478点
 入場者数:722,082人
とありました。

そして、その後、各画家ごとの絵画集(あまり高くは無い)などを家に取り揃えるようになり、印象派や抽象的な絵なども、少しですが有名な画家のものはわかるようになりました。

その後しばらくして西洋美術館でミロのヴィーナスがやってきたのでした。

まだ、ヨーロッパに旅行にいくなんて、望めそうも無い時代だったんですね。
こんな西洋文化にやはり人は飢えていた時代だったのかもしれません。

今では連れて行ってくれた父に感謝しています。

昔の事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/03/26 10:55
 | HOME |