fc2ブログ

常陸国風土記の世界<行方郡>(1)

行方郡

 この行方郡は本風土記でも省略箇所は無いとされ、もっともボリュームの多い地域となっています。
他の地域についても同じように細かく記載があったのかどうかわかりませんが、当時の様子を知るにはやはりこの書かれている場所を訪ねて見ることも大切ではないでしょうか。

常陸国風土記の行方郡も現在の玉造・井上・芹沢あたりから徐々に南下していき、潮来(板来)地方まで順番に書かれている。
1300年も前の事でもあり、当時の地形や町や集落の様子などは全く違っていたであろうから、書かれている場所を正確に探すことはかなり困難でもある。
地名として残されていたりしても、そこが当時からそのように呼ばれていたとは限らない。
まあ、それでもこのあたりのことを言ったのであろうと推察して楽しむことはできる。

そんなところを勝手に推察したりしていくのもまた良いだろうということで、勝手に決めた遺称地なるものをいくつか載せて見よう。

では、この行方郡の領域を、風土記に記載された地名の内容で見て行きましょう。
ここでは次の6箇所に地域を分けてまとめてみる事にしました。
各地区の右側には和名抄に書かれている郷名を参考に記しました。

1)玉造地区:荒原郷・曾禰郷
2)手賀・井上地区:提賀郷・井上郷・行方郷・餘戸郷
3)小高・麻生・香澄地区:小高郷・麻生郷・香澄郷・八代郷
4)北浦・大生地区:大生郷・逢鹿郷・道田郷・藝都郷・高家郷
5)潮来地区:板来郷
6)鉾田市当麻地区:当鹿(当麻)郷

行方郡01

①現原の丘      ② 梶無川       ③ 鴨之宮1
④ 鴨之宮2      ⑤ 若海香取神社    ⑥ 曾尼の駅家
⑦ 椎井の池と夜刀神社 ⑧ 荒原神社      ⑨ 玉清の井
⑩ 井上神社     ⑪ 井上長者館跡(郡家?) ⑫ 国神神社
⑬ 橋門阿弥陀堂(鯨岡) ⑭ 側鷹神社(香取の神子) ⑮ 大麻神社
⑯ 八坂神社     ⑰ 天王崎      ⑱ 化蘇沼稲荷神社(藝都の里)
⑲ 鉾神社(小牧)  ⑳ 雷神社(丘前の宮)  21 大生神社
22 板来の駅家    23 国神神社(古高)   24 熱田神社
25 当麻の郷(二つの神子の社)

(1)玉造地区(荒原郷・曾禰郷)

行方郡02

① 現原(あらはら)の丘

 風土記には「倭武(ヤマトタケル)の天皇が、車駕(みこし)を廻らして、現原(あらはら)の丘に幸し、御膳を供へ奉りき。
時に、天皇、四を望みまして、侍従を顧て曰りたまひしく、「・・・・・・此の地の名を、行細(なめくわし)の国と称ふべし」とのりたまひき。・・」と書かれています。

 この現原の丘からの眺めがまるで山や谷などが、細かなヒダのように織り成していて行細しと言う表現がぴったりするから「行方(なめかた)」と言うのだと・・・・
まあ、この名前の説明はこじつけであることは明らかですが、その話は別にして、この現原の丘がどこかと言うと、これは行方市の教育委員会で指定されている場所があります。

梶無川を上流に行った芹沢地区に近い場所です。
河童伝説でおなじみの手奪橋の直ぐ横に架かる橋を渡って、玉造工業高校の方へ少し進んだところに「現原の丘」の矢印看板が出ています(玉造工業高校側からは約1.7kmです)。
この看板にしたがって右に進むと若海ゴルフコースの案内板があります。

そして坂を登る道が続きますが、両脇はゴルフ場のきれいな芝のエリアが広がり、その間をこのような金網のフェンスで仕切られた道を進みます。

途中に左右をゴルファーが行き来できる解放された場所もあり、また上を渡る歩行者用の橋もあります。

行方郡03 
行方郡04

そしてゴルフ場の途切れたあたりが田となっていて、そこに「現原の丘」の看板があります。
行政的な市町村合併の歴史を見て見ましょう。
1889年(明治22年)4月1日に「捻木村」・「若海(わかうみ)村」・「芹沢村」・「谷島村」が合併し「行方郡現原村」が発足し、昭和30年に玉造町に編入されています。

常陸国風土記にはこの行方郡と隣の茨城郡との境はこの梶無川となっていますが、明治22年に発足した「現原村」のうち、捻木(ねじき)村と谷島村は川の西側ですので、昔は茨城郡であったかもわかりません。

② 梶無川(かじなしがわ)

 現在の「梶無川」と呼ばれている川は、風土記には昔「大益(おおや)河」と呼ばれていたが、ヤマトタケルの天皇がこの河を小舟に乗り上流に向かっていたときに舟の梶が折れてしまったので「無梶河(かじなしがわ)」と呼ぶようになった。と書かれています。

又この川ではたくさんの魚がとれ茨城郡との境となっていたと書かれています。

行方郡05

一方、現原の丘近くの芹沢地区にかかる橋は「手奪橋(てうばいばし)」となっており、芹沢家に伝わる伝説(いたずら河童の手を切り落として、それを取り返しに来た河童は手を膏薬ですぐさま元通りに継ぎ直し、お礼に良く効く膏薬を置いて行った)により「手奪川」などとも表示されることもあるようです。

この橋の近くの小字名には「テバイ」地名も残されていますので「テバイ川」などともいわれた地域もあったようです。
河童の手を継いだという「手継ぎ神社」も近くにあります。

(その2へ続く)


常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/03 11:45

常陸国風土記の世界<行方郡>(2)

③ 鴨之宮1(加茂地区)

 常陸国風土記には「倭武(ヤマトタケル)の天皇が、現原の丘から降りて、無梶河を郡境の果てまで行ったとき、鴨が飛びわたるのが見えた。
そこで天皇が弓でそれを射ると、弓の弦の音に応じて鴨が地に落ちた。
鴨が落ちた場所を「鴨野」と言う。
しかしそこは土地が痩せていて草木も生えない。」
と書かれており、この鴨の落ちた場所にお宮を建て祀ってきたといわれています。
その場所が実は2箇所あります。

最初にお宮が建っていた場所が、昭和2年に鹿島参宮鉄道が玉造駅から鉾田方面に延伸することになり、この鴨の宮の敷地を通過する事になったのです。
そしてこのお宮のあった近くの崖上に「鴨の宮再建」と刻んだ碑が建立されたとあります。
そしてその50年後の昭和53年に玉造第一保育園のすぐ北東の山側に「鴨の宮」が移されました。
しかし、これが遷宮との意見と分社という意見で分れており、元あった場所にも鴨之宮が残されています。
まずは移転された後の鴨之宮を紹介します。
玉造市街方面から県道116号を梶無川に沿って上流へ進むと玉造甲から乙地域に入り、左側に「玉造第一保育園」があります。

この保育園の先の右手の細い道を少し行くとその左側の山の中腹に神社があります。

行方郡06

行方郡07
 
「鴨の宮」と書かれた案内矢印看板を少し上れば神社の鳥居が見えます。
鳥居の横に彫刻家の宮路久子さんが作られたヤマトタケルの像が置かれています。
この神社に置かれた説明板には昭和50年3月9日に元の鴨の宮の地から遷宮されたと書かれています。
ただ、今の神社が立てられる前までここには「石神神社」という神社があったそうです。

④ 鴨之宮2(鴨の宮地区)

 さて、遷宮される前の鴨之宮は何処にあったのでしょうか?
あまりはっきり書かれているものが見当たりません。
そこで、この鴨の宮を探してみました。
元あったという鴨の宮は江戸時代末期に存在した玉造郷校の跡地から東に250mくらいの場所にあると書かれた記事がありましたので、江戸時代に水戸藩の大山守をしていたという「大塲(おおば)家住宅」へ。

行方郡08

行方郡09

なかなか手入れも行き届いていて梅の花もきれいに咲いていた。
この大塲家の裏山に戦国時代末期まで玉造城があり、城は1591年に佐竹氏により無くなったが、江戸の末期に玉造郷校が建てられました。
大塲家住宅の右横の細い道が少し上ると右側に郷校があった場所に登る階段があります。
その入口に玉造郷校跡の説明看板が置かれていた。
また道の少し上には玉造城跡の説明看板もあります。
この上まで車で回りこんで登れる。
町が見下ろせる高台に出るが、ここには鴨之宮の元あったと思われる場所を見つけることは出来なかった。
鴨も宮があったのはここから東に250mくらいだというが、・・・

そこで、この場所は鹿島鉄道が通っていた場所になるはずなので、航空写真の地図上に、旧鹿島鉄道の線路らしきところを辿ってみた。

行方郡10

旧鹿島鉄道の線路が走っていた場所と思われるところに赤い線を引いた。
旧玉造駅は鉄道廃止後に以前行ったことがあり、ぼんやりとしたイメージはあった。
玉造の先は、榎本駅だと思っていたが、記の地図の右端部に「坂本駅跡」のマークがあった。
調べてみるとこの坂本駅は1957年に廃止された駅だという。
初めて知ったが、こんなものも一つの発見になる。

大塲家住宅の前の道をそのまま東方面に進むと、この鹿島鉄道の下を道路が通っている。
即ち道路の上を鉄道が通っていて、この鉄橋が壊されずに残っていた。

行方郡11

鴨の宮がこの線路で邪魔になり移転となったというのは昭和2年(1927)。この鉄道の軌道のあった場所らしき所にめぼしを付けて大塲家方面に戻る途中に玉造郷土研究会が掲げた看板が置かれていた。

行方郡12

その看板のところから、そのまま上に続く道を上った。

道は山に入って行く。そのまま歩数で100~150歩程度でここの家の墓所に出た。
代々続くこの方(関口家)の墓所のようだが、その一角にこの「鴨之宮跡」の石碑とヤマトタケルの像などが置かれていた。
 
行方郡13

行方郡14

行方郡15

行方郡16

 
この石祠には菊の御紋と「鴨之宮神社」と彫られていた。
今もこの地は「鴨の宮」というようだ。

(その3へ続く)

<行方郡>最初から ⇒ こちら




常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/04 10:14

常陸国風土記の世界<行方郡>(3)

● 大宮神社

 提賀の里のところに香島の子神の社の記述があり、この場所は次の手賀地区の「⑧荒原神社」を遺称地として挙げていますが、この玉造甲と乙(内宿)の境界地区に鎮座する大宮神社もこの候補地の一つです。
行方(なめがた)市には鹿島神社と香取神社が入り混じってたくさんあります。
鹿島神宮にも近いのに香取神社が比較的多いように感じます。
この大宮神社は鹿島神社の神であるタケミカヅチを祀っています。
延喜式の式内社でも途中で移動したり、分裂していくつかに分かれたりすることは多いですので、提賀の里に書かれていても時代で移されてみたものと考えることができます。
社伝によれば、この神社は奈良時代前の708年創建とされていますが、戦国時代に第13代玉造城主である玉造(平)憲幹(のりもと)が社殿を建立したといわれています。
市の文化財である銅鐘は1431年に鋳造寄進したとありますので、この頃に社殿ができたのでしょう。
行方地方に水戸の吉田地区から行方次郎がこの地に入り、その4人の息子がそれぞれ行方(小高)、島崎、麻生、玉造とそれぞれの地区を治めた。
玉造は4男であり、おそらくこの手賀地区の鹿島神社をこちらに分社して持ってきたのだろうと思われます。
玉造地区は玉造氏は滅びたが、家老の大場家が水戸藩の大山守となり、神社もまつりが復活してにぎやかになったものと考えられます。
現在5月4日、5日の2日間、御輿・大鉾・猿田彦が町中を練り歩き、山車の上ではお囃子に合わせて踊りなどが披露され、霞ケ浦の御浜降りも行われます。
また最後には流鏑馬も行なわれています。

行方郡17

行方郡18
 
この「大宮神社」という名前の神社は各地にありますが、それぞれその町の中心となる「大きなお宮」というような意味のようだ。
入口鳥居から両側に木々の中を拝殿に向かう。

行方郡19

行方郡20
 
二の鳥居の手前に石灯篭が並ぶ。
鹿島の神が中心ではありますが、猿田彦もその中心的役割をしています。
しかし繁昌にある鹿島神社に置かれていた猿田彦神は「大正元年に大宮猿田彦神社を合併」と書かれていましたので、同じような経緯かもしれません。
旧玉造11の地区が4年または3年に一度役(神輿・大鉾・天狗(猿田彦))が回ってくるそうです。


⑤ 若海香取神社

 鴨野の北側について以下の記述があります。
 「野の北に、櫟(いちい)・柴(くぬぎ)・鶏頭樹(かへりで)等の木、往々森々りて、自ら山林を成せり。即ち、枡の池有り。此は高向の大夫(まへつぎみ)の時、築きし池なり。北に香取の神子の社有り。社の側の山野は、土壌腴衍(こへ)て、草木密生れり。」
とあります。
「鴨野」は土壌塉捔(やせ)て・・・・ とあるのに対し、こちらは土壌腴衍(こへ)て・・・と対照的に書かれています。

そこで、「鴨野=鴨の宮地区や加茂地区」に比べて当時、人々が暮らすには良い場所で、「香取の神子の社」があるところを探してみます。
何か土地柄にそんな差がある場所なのでしょうか?

行方郡21

現在の地図(航空写真)で見てみましょう。
前に書いた「現原の丘」看板位置と、鴨の宮の2箇所の場所を書き込み、今回「香取の神子の社」と思われる「若海香取神社」及び、「捻木香取神社」及び、この後に出てくる提賀の里の北にあるとされる「香島の神子の社」の遺称地という「大宮神社」の位置も記しておきます。
風土記の本に書かれている「香取の神子の社」が捻木と若海地区のどちかであろうとありますが、梶無川の東側が行方郡であったという推定により、若海香取神社が遺称地の可能性が高いと考えられそうです。

ということで、この若海香取神社に行って見ました。
県道116号を梶無川に沿って上流側に向かい、若海ゴルフコースという案内にしたがってきれいに舗装された道路を東へ登っていきます。
少し行った先に気になる社がありました。「若海観音堂」となっています。

ただ、このお堂の謂れなどはよくわかりませんでした。

行方郡22

行方郡23
 
その観音堂から少し行った道沿いに「香取神社」の入り口看板があります。
かなり古くからある神社のようです。
道路とほぼ平行に参道があり、東側に鳥居があります。
また、神社の入口に近い道路沿いに「若海貝塚」の立て看板が置かれていました。
この香取神社もこの貝塚の上に立てられているようです。
もちろんこの前の舗装されたきれいな道路も貝塚を削り取ってしまっているようにも思います。
ここも、ゴルフ場開発により作られた道路でしょう。

行方郡24

この貝塚も規模が大きく、ここの発掘で、人骨、それも当時の人としてはかなり大柄な身長が170cm前後の男性の骨が見つかったというのです。

なぜ、貝塚に人骨があったのか、当時の埋葬形式ではないで棄てられたのか?
謎のようです。

さてこの神社の下は、広々とした谷津田が広がっております。
神社から少し東へ進んだあたりから見下ろすと、枡池のような灌漑用の池もあります。
池が築かれたのは「高向の大夫(まへつぎみ)の時」とあります。

行方郡25
枡の池?

また、この行方郡は653年に茨城郡の国造らと那珂郡の国造らが惣領であった「高向の大夫(まへつぎみ)」らに申し出て、2つの郡の領地を分けて設けられたともあります。

時代はやはりこの653年頃だと思われます。
また高向(たかむく)氏族は武内宿禰後裔氏族の一つだそうです。
やはり灌漑用に作られた池だったのだろうと思われます。
このあたりに昔も枡の池があったのかもしれません。

(その4へ続く)

<行方郡>最初から ⇒ こちら



常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/05 07:29

常陸国風土記の世界<行方郡>(4)

⑥ 曾尼(そね)の駅家(うまや)跡

 次に述べる「角のある蛇・夜刀の神」が祀られている「椎井の池」の近くを国府から鹿島神宮へ向かう陸路の官道があったといい、この池の近くに「曾尼の駅家」が設けられていたという。
しかし、この道がこの池の北側なのか南側なのか良くわかっていない。

行方郡26

行方郡27
 
現在池の東側を走る県道50号線に近いあたり(国道354と50号の泉北交差点より潮来・鹿島方面に700mほどいったあたりの旧泉区内に地元有志による「曾尼の駅家の跡」という看板が建てられています。
この曽尼(そね)の名前の由来については確かに風土記の記述では「疏禰毘古」という佐伯の名前から付けられたと書かれています。

佐伯というのは当時大和朝廷に逆らった現地人のことであると一般にはいわれています。

ただ、「ソネ」については、中心都市の隣の部落などにつけられていたのではないかとの指摘もあります。
古代東海道の常陸国国府府中(現石岡)の一つ手前の駅家(うまや)の名前は延喜式に記載があり「曽弥(そね)」となっています。

ただ鹿島と国府を結ぶ陸路は船路が発達して次第に使われなくなり、この曾尼及び板来の駅家(うまや)は西暦810年頃に廃止となったと思われます。



⑦ 椎井の池と夜刀神社

 風土記の記載内容でもっとも特異な表現がされている「頭に角がある蛇=夜刀神(やつのかみ)」が祀られている場所に行ってみました。
ここには椎が生い茂っている井戸のある場所だという。この場所を当時、蛇神の住む地と人間の暮らす場所との境としたといわれるところだったという。
現在、今でもぶくぶくと水の噴出す泉とその上の山に「愛宕神社」と「夜刀神社」が置かれている。風土記の記述によると、この角のある蛇を振り返ってみるとその家は滅びてしまうという。蛇神信仰としても興味深い話である。
この池には泉地区の浄水場から右に降りていく道があり、案内版も確りしているので問題はない。

行方郡28

行方郡29
 
この湧水のある池の横に椎の木があって、ここに蛇が群がっていたのだろうか?
この場所は完全に谷津(やつ)と言って良いだろう。谷津が夜刀(やつ、やと)となったものだろう。ただ現地の看板では「夜刀神=やとのかみ」と読ませている。
イメージ的には「やと」ではなく「やつ」の方がすっきりくる。しかし、夜刀神はもともとこの地にいた原住民のことではないかとする解釈もあるという。
そしてこの池の端の方で地下から絶えず水がわきだしている。
ここに社を建てこの裏山が夜刀(蛇)の神の場所で、ここから南は人間たちが住む場所と蛇を祀り、人々が生活する場所を区別したという。このような蛇神信仰はどのようなことから生まれてきたのでしょうか。三輪山神話の話が広がっていたのでしょうが、蛇というものは日本もギリシャもユダヤ・キリスト教もそれほど変わらないのでしょうか。
この椎井の池のわきには駐車場があります。また池の反対側の丘の上は住宅が広がり、そちら側からも神社の入口鳥居が置かれています。

行方郡30

行方郡31
 
住宅地側の鳥居です。
ここから下に椎井の池があります。
この鳥居の脇には道祖神が置かれ、何かただならぬ場所という印象を受けます。

池の脇から今度は神社まで上りです。
このようにいったん下って上ると谷津のイメージは強く感じます。

行方郡32

行方郡33
 
椎井の池の横の石段を上ると上に「愛宕神社」の拝殿が見えてきます。正面に神社の拝殿。そしてその右奥に「夜刀神社」と書かれた神社が置かれています。

(その5に続く)

<行方郡>最初から ⇒ こちら



常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/06 04:57

常陸国風土記の世界<行方郡>(5)

(2)手賀・井上・行方地区(提賀郷・井上郷・行方郷)

行方郡34

⑧ 荒原神社(提賀の里)  

「郡衙より西北に提賀(てが)の里がある。
昔、この地に住んでいた手鹿(てが)という名の佐伯がいたため、里の名になった。
里の北に香島の子神の社がある。
周囲の山や野は、土が肥え、椎、栗、竹、茅などが多く繁っている」
と書かれており、現在「手賀」といわれる地区だと思われます。

ここに「香島の子神の社」があるとあり、これがこの「荒原神社」といわれています。ただし、玉造にある大宮神社も鹿島神宮の神を祀っており、こちらにあった神社が移ったという説もあります。(前の玉造地区で書いた)

行方郡35

行方郡36
 
この荒原神社は355号線の手賀の信号を山の方に少し入った先にあります。 現在この神社の前の何もない畑地に大きな新しい特養老人ホームが作られています。

<現地看板より>
「手賀里: 荒原神社の鎮座するこの台地は、古くから人々が住み着き、縄文時代中期にはすでに核となる集落がつくられていました。現在もこの台地、特に傾斜地の縁には多くの貝殻が散らばっています。このような遺跡は「貝塚」とよばれ、八幡平貝塚・堀ノ内貝塚・西内貝塚があり、貝に混じって動物や魚類の骨も見つけることができます。
 また、この台地から西方向霞ヶ浦へ伸びるこぼれ谷にはさまれた細長い台地には、多くの古墳がつくられました。そのひとつが手賀古墳群であり、箱式石棺とよばれる埋葬方法により、円形の塚を盛るなどいくつもの古墳が残されています。この他近くには大塚古墳があります。「常陸国風土記」には、永く当地方に住み着き大和朝廷に抵抗した「手賀」という名の人々のことが記録されています。「手賀里」はこの人々の名にちなんでおり、現在の手賀の地名の由来もここに求めることができます。
そして同じ風土記にある「里の北に位置する香嶋神子之社」が、荒原神社とする説もあります。現在の祭神は武甕槌命、祭礼は7月23日に行われます。
 古墳時代から奈良時代にかけて手賀里の人々は、山海の豊かな幸と米づくりを中心にくらしていました。荒原神社馬場前遺跡はその代表的な古代集落跡で、土器や魚労具が発見されています。・・・・・・・
この地は、中世には手賀氏の館が構えられ荒幡神社もその一角に祭られていた。別当の神宮寺、現在の持福院も薬師堂にあったと考えられます。・・・・・」
と書かれています。

香島の神の子社はこの「荒原神社」と霞ヶ浦よりにある持福寺のすぐちかくにある「手賀八坂神社」の2社が考えられています。
しかし、この荒原神社はこちらの手賀八坂神社にも合祀されているのですが、こちらにもまだ残っているようです。
 さて、手賀の「八坂神社」でもこの「荒原神社」と合同で「お浜降り」の神事が行われています。そこで、こちらの八坂神社もここで紹介しましょう。まず、すぐ近くに持福院という天台宗の寺がある。荒原神社の別当の神宮寺だと考えられています。
「天台宗 持福院」(天台宗雄喜山神宮寺持福院)で、(旧)手賀小学校のすぐ手前にある。
住職も48代目と言うことで、かなり古い寺である。
しかし、境内や墓地もそれ程広くはなく、寺の建物などの重厚感はあまり感じられない。
寺の本尊は釈迦如来座像で、鎌倉時代の製作と見られている。この本尊はほぼ等身大の大きさで、寺の中の正面に置かれていた。

行方郡37

行方郡38
 
さてこの持福院からさらに100mほど進むと、道沿いに「八坂神社」がある。
八坂神社といえばこの先の天王崎に八坂神社があり、元々は天王崎と言う名前の由来にもなった牛頭天王を祀る神社であった。

行方郡39

こちらの手賀八坂神社で、7月下旬の土日に手賀祇園祭が行われる。両宿、浜町、竹の塙、横須賀(横新)の4地区の山車が奉納曳行される。この山車で演じられる囃子が石岡・柿岡・片野などの石岡市の民俗芸能の流れを汲んだものだそうだ。この八坂神社は「荒原神社」が合祀されている。

神社に掲げられた説明板によると
「八坂神社(祭神・素戔嗚尊)古文書など保管されているものは、見当たりませんが、わずかに保管されているものは、江戸中期の延享二年(1745)遷宮したとされる棟札があり、当時村社の荒原神社と合祀された。 古老の話では、その昔舟津の湖岸にあったが、度重なる水害のため、現在の宿集落の中央に遷宮されたといわれている。21軒屋敷で守護してきたが、重荷になり村の氏子に移管された。鳥居はこれまでに、何回か修理されたが、笠木を解体した時、文化2年(1805)の墨書が発見された。」とある。
参考までに中世この地を領していた「手賀氏」について少し述べておきましょう。

<手賀氏>:
手賀氏は玉造城主・玉造幹政の次男政家が手賀郷に住して手賀氏を名乗ったとされます。
菩提寺は養徳寺で、城は寺の奥の東側の山の中にあったという。
この寺に手賀氏の墓石がある。戦国末期の1591年2月に手賀高幹と弟は佐竹氏の招きに応じて常陸太田の城に向かった。その後の具体的な記録がないが、常陸太田城で二人とも殺されたと思われます。

行方郡40

行方郡41

(その6へ続く)

<行方郡>最初から ⇒ こちら


 


常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/06 14:44

常陸国風土記の世界<行方郡>(6)

⑨ 玉清の井

 「常陸風土記」で玉造の街の名の由来ともなったとも言われる湧水「玉清井(たまきよい)」に行ってみました。
「常陸風土記」の解釈に2通りがあり、日本武尊(ヤマトタケル)が東征して常陸の国にやってき来た時、「ここの清くわく泉で手を洗い、玉で井を清めた」という解釈と「水をすくおうとして、水中に曲玉(まがたま)を落としてしまった」という解釈があるといいます。

行方郡42

行方郡43
 
ヤマトタケルが本当にいた人物かどうかは別にして、当時の書物にも書かれている場所でもあるのです。
ただ、この泉も江戸時代の旱魃のときに水を求めて昔の言い伝えによりこの地を掘って泉が出現したとされています。
現在はまわりの田圃の中に木がこんもりした場所が目に付き、すぐにわかります。
この池の中に日本武尊(ヤマトタケル)の像が置かれています。
まわりは皆、田圃で、そこに古い木の鳥居と新しい石の鳥居が立っています。
鳥居の横には大きな合歓(ねむ)の木があります。


⑩ 井上神社

 清玉井の北側に山側に少し上ったところ「井上神社」があります。
風土記の記載では「郡衙の西北に提賀の里がある」と書かれていますので、郡衙があったとおもわれる地域としてこの「井上」という地域が注目されています。
井上などという比較的よく使われる地名や苗字なのですが、ここはヤマトタケルの井戸(玉清井)のすぐ上にあるという意味から付けられた名前で昔から使われてきた名前だと思われます。

行方郡44

行方郡45
 
霞ヶ浦の北岸を走る国道355号線の少し山側を走る旧道(183号線)を玉造から麻生の方に進み、西蓮寺への入口を少し進んだところに「井上」の信号がある。
ここから内陸側に少し坂を登って行くと道沿いに「井上神社」がある。
この井上神社は鬱蒼とした木々に覆われており、道路の反対側には広い駐車場も完備している。
鳥居をくぐると前に狛犬と拝殿が見えますが、その手前に相撲の土俵があります。
この神社では毎年、無病息災を祈願して奉納相撲が江戸時代頃から行われてきたようです。
今では毎年10月10日に相撲甚句などが披露され、地元の消防団や保育園児などによって相撲大会が行われているそうです。
神社の本殿が市の文化財に指定されています。
説明板には「祭神は、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と鸕鶿草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)であったが、誉田別名命(ほむたわけのみこと)と倉稲魂命(うかのみたまのみこと)の2柱が合祀された。」と書かれています。

彦火火出見尊は「山幸彦」のことで、鸕鶿草葺不合尊はこの山幸彦と海の神「豊玉姫」の子供です。
共に九州の日向の神様です。
海洋神が多い銚子の方には有りましたが、この辺りの神社にはあまり祀られていない神様です。
誉田別名命は応神天皇のことで八幡神社の祭神です。
倉稲魂命は穀物の(女)神で伊勢神宮でも内宮の食糧倉庫などの御稲御倉(みしねのみくら)の神様です。
これは後から下河辺氏の八幡神社を持ってきたというので、二つの神社が一緒になったもののようです。
下河辺氏は佐竹氏のこの地方を制圧した時に麻生城に派遣されました。
元々は藤原秀郷の流れをくむ人物かもしれません。
この下河辺氏がやって来て八幡神社をここに合祀したのでしょう。
これにより元からの神社(日向神)は影が薄くなったのかもしれません。
八幡神社も古く、建保(けんぽう)元年(1213年)は鎌倉時代です。
恐らく合祀されたのは1600年より少し前の頃でしょうか。

この元々ある井上神社は「社伝では坂上田村麿呂が奥羽征伐の際戦勝を祈願したとされます。」と書かれていますが、これはこの辺りの多くの神社が同じ時期に田村麻呂に合わせて作られており、話も何処まで真実かはわかりません。
奥の深い神社だと思います。

 本殿の棟札には、「享禄2年(1529年)8月、地頭下河辺治親他郷士・・・」とあるといいますので、この本殿も侮れません。
また、この九州日向の神様というのがどのような意味を持つのか興味がわきます。


⑩ 井上長者館跡(郡衙跡?)

行方郡の郡衙がどのあたりにあったのかはわかっていませんが、この井上長者館があったとされる付近がもっとも可能性は高いかもしれません。

行方郡46

この館跡の場所は1962年に撮影された航空写真から発見された場所でした。
標高は33m程で県道50号線の西側の畑地でした。
この付近は「長者郭」という小字地名が残っており、古代瓦が表採されていた場所でした。
1989年~1990年に市が発掘調査をしています。
出土物から8世紀から10世紀頃の居館跡と見られていますが、郡衙との関係などはわかっていません。

近くには西蓮寺などもあり、広い範囲に寺の領域もあったようですので、郡衙についてはまだまだ不明なところが多く残されています。

県道50号線を曾尼駅家の遺称地から、そのまま潮来方面に進むと、手賀のあたりを過ぎて右側に「西蓮寺参道入り口」と書かれた看板があります。
ここから参道が2㎞西蓮寺(さいれんじ)まで続いています。
このあたりは一面畑地が広がっています。
ここは住所も西蓮寺、そしてこの少し先が「井上」でその先が県道183号線と交差し、信号は「井上藤井」です。
信号すぐ隣に大きな施設「なめかた地域医療センター」があります。
この西蓮寺参道入り口と「井上藤井」信号までの区間の右側(西側)の畑の部分に、航空写真から大きな屋敷跡「井上長者館跡」が見つかった場所です。
古代の行方郡の郡衙はこの辺りではなかったかと思われます。



⑪ 国神(くにがみ)神社

 常陸国風土記の行方郡の鴨野の記述の少し後に、
「郡の西に津済(わたり)あり。謂はゆる行方の海なり。海松(みる)、及塩(またしほ)を焼く藻生ふ。
凡て、海に在る雑の魚は、載するに勝ふべからず。但、鯨鯢(くじら)の如きは、未だ曾て見聞かず。
郡の東に国社(くにつやしろ)あり。此を県(あがた)の祇(かみ)と号(なづ)く。
杜の中に寒泉(しみず)あり。大井と謂ふ。
郡に縁れる男女、会集(つど)ひて汲み飲めり。」とあります。

行方郡47

この郡の東にあるという国社(くにつやしろ)といわれる「国神神社」が行方市行方1820にあります。
玉造の町の方から国道355号線で霞ケ浦に沿って南下し、左の山沿いの旧道と交わってすぐ、左手に行方郵便局があり、その先を左に入っていったところにあります。
私は県道50号線側からこちらに向かっていきましたが、距離的にはちょうど中間あたりでしょうか。
郵便局側(国道355側)から進むと、右側に「八王子神社」へ曲がる看板があります。
このところを反対の左手に少し入った少し先の右手の小山の上に鎮座しています。
神社へは作業用の道路のような横道に入り、神社入り口は反対側を向いていました。
比較的新しい社殿で、きれいに整備されて守られていました。
地元関係者が最近(平成19年)に再建、修理、整備をされたようです。
ここに祭られている神様は「大己貴神(おおなむち)」です。
出雲大社の神である大国主命と同一です。
日本の国造りを成し遂げた神様です。 


この風土記に記載の神社は「香島の神子の社」、「二つの神子の社」などと表現されている鹿島・香取神宮の子社などを「天神(あまつかみ)」と呼び、もともとその地にあった祇(かみ)を「県(あがた)の祇(かみ)」と区別しています。
他に行方郡には潮来市古高(ふったか)に国上神社があり、やはり大己貴神と少名彦名神が祀られています。
また、潮来市上戸にも国神神社があります。
神社としてはこの上戸の方が有名ですが、古高の国上神社から勧請したのではないかともいわれているようです。
国神神社、国上神社などが全国に数多くありますが、ほとんどが大国主命など、出雲大社とかかわりのある神様が祭られているようです。

この行方市行方の国神神社の場所の字名が「国神」で、このあたりの地区を「神田地区」と呼んでいるようです。
ここに来る手前の道路の反対側に「八王子神社」がありましたが、八王子は牛頭天皇の皇子(8人)を祀っているというようですが、天王崎なども近いのでどのように関係しているか興味を覚えます。
明治維新の廃仏稀釈で牛頭天皇を祀る「天王社」は皆、スサノオをまつる神社に替わってしまいました。

(その7へ続く)

<行方郡>最初から ⇒ こちら


常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/07 05:09

常陸国風土記の世界<行方郡>(7)

(3)小高・麻生地区(小高郷・麻生郷・香澄郷)

行方郡48

<常陸国風土記>
1)郡の南七里に男高の里あり。古、佐伯、小高といふもの有りき。其の居める処為れば、因りて名づく。
2)南に鯨岡有り。上古之時、海鯨、はらばひて来り臥せりき。・・・・「橋門阿弥陀堂」
3)北に香取の神子の社有り。・・・・「側鷹神社」

<行方四頭>
・小高城は水戸の吉田清幹の次男平忠幹が平安時代末期に行方に入り行方氏(行方二郎)を名乗った。
・1184年、忠幹の子供4人に土地を分与し小高氏、島崎氏、麻生氏、玉造氏の行方四頭と呼ばれた。
・小高氏はこの行方四頭の長男であり、行方地方(小高・行方)の中心であった。
・1591年2月、佐竹氏の南方三十三館の仕置により、小高氏父子は常陸太田城(?)で殺害された。
・小高城は佐竹氏支配となり菩提寺は常光院。ここにあった小高氏の菩提寺皇徳寺は南に移転。
・城内から逃れた奥方と越元6人が福岡(古墳)の地で自害した。その場所に約100年後に戦った人々の霊を慰め、お互いの確執を除くため観音堂が建てられた。・・・「福岡観音堂」

行方郡49

⑫ 橋門阿弥陀堂(鯨岡)

 常陸国風土記を読み進めていくと、クジラの話が何箇所かに出てきます。
この行方郡には2箇所に書かれています。

1) 郡の西に津済(わたり)あり。謂はゆる行方の海なり。海松、及塩を焼く藻生ふ。 
凡て、海に在る雑の魚は、載するに勝ふべからず。但、鯨鯢の如きは、未だ曾て見聞かず。

さて、ここでは当時は霞ヶ浦も海水の流れ込む内海でしたが、いろいろな魚類がたがクジラは見なかったようです。
ただ、土浦などの貝塚ではクジラの骨が見つかっており食用にしていた時代も縄文時代頃はあったと思われます。
ここで、クジラという漢字は「鯨鯢」と書かれていますが、鯨は雄のクジラをいい、鯢は雌のクジラを指すようです。

2)男高の里あり。・・南に鯨岡有り。上古之時、海鯨、葡匐(はらば)ひて来り臥せりき。  
この男高(小高)の地に当時「鯨岡」という地名があったようですが、現在はありません。
そこで考えられる場所としてこの「橋門(はしかど)」地区にあるこんもりとした小山で上に「阿弥陀堂」が祭られている場所だろうとされています。
この橋門辺りの海岸に「太古の昔に鯨が浜にはいつくばって死んでしまったことからその名前になった」場所なのではないかといわれています。

国道355号線を石岡の方から霞ヶ浦に沿って南(東)下して、行方市に入り、玉造を過ぎ、男高に近い旧麻生町に近い「橋門(はしかど)」という場所の国道沿いに小さな小山があり、その上に祠がおかれています。

行方郡50

行方郡51
 
案内版には「橋門の阿弥陀様」と書かれています。

この国道側から上に登る階段がありますが、上にある社の向きは右手を向いており、そこに手水舎らしきものもあります。
この右手側も広場となっていて、恐らくは昔はこちら側からお参りに上ったものだと思います。
阿弥陀様となっていますが、この社の中はいくつかの石の板碑などが置かれています。
この板碑に阿弥陀像が彫られているのかもわかりません。
この小山は古墳のようです。
祠の建設時に古墳がけずられ、恐らく国道建設時にも古墳の一部が削られているものと思われます。
鯨岡と言う名前は地名では残っていませんが、この場所の北東の近隣に「公事塚古墳群(くじつかこふんぐん)」という古墳群があったといいます。
しかし、そこは砂利採取場として崩されてしまったそうです。
この橋門(はしかど)地名を考えると、昔は入り江にでもなっていたかもしれません。
また、この地の直ぐとなりが「於下(おした)」と言う場所です。
ここでは於下貝塚があり、犬の骨がバラバラに見つかり話題にもなった場所のようです。

⑬ 側鷹神社(香取の神子の社)

 「当麻(たぎま)大夫の時代に池が作られ、それは今も道の東にある。池より西の山には、草木が繁り、猪や猿が多く住んでいる。・・・池の北には、香取の神を分祀した社がある。栗家(くりや)の池といひ、大きな栗の木があったことから、池の名となった」とあります。

行方郡52

「そばたか神社」というのは千葉県に多くあり、茨城県では少ないのですが、ここ社は香取神宮との関係も深く、千葉氏の守護として祀られる場合が多いようです。
祭神も昔ははっきりされず、今では側高神としています。
神社は旧小高小学校のすぐ南側にあります。
 
 あまり車の多く通る道でもありませんが、道路沿いに鎮座しています。
鬱蒼とした木々が茂る一角にあります。
大きな鳥居と広い参道が奥の拝殿につながっています。
現地の説明板では「神代の昔、経津主命が東征のおり、この地に憩い天祖高皇産霊尊を祀り石槌剣を捧げて戦勝を記念したとの故事によって、その霊剣を御神体としてここに鎮祭したと伝えられている」と書かれています。
香取神宮に祀られているフツヌシが、霞ヶ浦(流れ海)を越えて、この地よりも東に向け軍を進めたのでしょうか。
行方市の鹿島神社と香取神社の数を調べてみると香取神社が多いのも意味があるのかもしれません。
境内にはかなりの年代を経たと思われる古木があります。
側鷹神社を東北の鬼門に祀っていたとしたら、一族の城、住居のあったと思われる場所がありました。
この神社から南西方向に「皇徳寺」という寺がありますが、その裏山に「皇徳寺古墳群」があるのです。
きっとこのあたりにこの側鷹神社を祀っていた部族が住んでいたのではないかと思われます。
これは考古学的な根拠もありませんので、あくまで推論です。

(その8へ続く)

<行方郡>最初から ⇒ こちら






常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/07 20:01

常陸国風土記の世界<行方郡>(8)

⑭ 大麻神社(麻生)

「麻生(あさふ)の里には昔、沢の水際に麻が生へていた。
その麻は、竹のように太く、長さ一丈に余りあるほどだった。
椎、栗、槻、檪が繁り、猪や猿が住んでいる。野に住む馬は乗馬用になる。
 飛鳥の浄御原きよみ はらの大宮に天の下知ろし食しし天皇(天武天皇)の御世に、郡の大生(おほふ)の里の建部(たけるべ)のをころの命が、この野の馬を朝廷に献上した。
以来、「行方の馬」と呼ばれた。「茨城の里の馬」といふのはまちがいである」
と風土記には書かれています。

 行方市の麻生の街中に近いところに「大麻(おおあさ)神社」があります。
大麻は「たいま」とは読ませないようで「おおあさ」と読ませています。
麻は総(ふさ)と同じで千葉県東部からこの地域に徳島(阿波=粟)からやってきた種族(忌部氏)などが麻を広めていったと思われます。

行方郡53

行方郡54
 
通りに面して入口の鳥居があり、神社の隣りは行方警察署(旧麻生警察署)です。

大麻神社(おおあさじんじゃ):(現地の説明板)

「常陸国風土記」に「麻生の里、古昔、麻、渚沐(なぎさ)の涯(きし)に生ひき。囲み、大きなる竹の如く、長さ一丈に余れり」とある。
これが即ち麻生の地名のいわれで、また、本社社名の由来と伝えられる。
御祭神は武甕槌命(たけみかづちのみこと)・経津主命(ふつぬしのみこと)の二柱の神の他に五柱の神々を祀る。
十月の第三、土・日・月の三日間、祭典が行なわれる。
付近にある大宮貝塚は、猪・鹿・狸・鯨の骨・人骨などが、貝殻と共に出土する縄文時代の集落跡である。」

ここでも鹿島と香取の祭神がともに重要な神としてまつられている。
通りから鳥居をくぐって階段を登る。
両脇には古木がこの神社の古さを感じさせる。
伊勢神宮(皇大神宮(内宮))のお札を一般に「大麻(たいま)」というようですが、これもお祓いの時に使われる大麻(おおぬさ)の名前から来ているそうです。

行方市のHPでのこの神社の由緒などでは「この神社は地元では「大宮様」と称され、創祀は大同元年(806)と伝えられ、祭神は武甕槌経津主命、手力男命、大宮姫命、倉稲魂命、市杵島姫命、水速女命の七柱です。
当時、蝦夷遠征の戦勝祈願のために征夷大将軍坂上田村麻呂が北関東に神社を寄進しており、近くには武甕槌命を祀る鹿島神宮や経津主命を祀る香取神宮が鎮座していたため、麻生の里にも武勇の神を祀ったものと考えられます。」と書かれています。 

 また「仏教が地方へ伝播されると地域の人々の依り代である神社と結びつき神仏習合の信仰が広がりました。
麻生地方の郷社であった大麻神社の別当として神宮寺、後の東光寺(現在の医王山蓮城院)が誕生し中世まで続きました。

又、大麻神社と神宮寺は、中世当地方を支配した常陸大掾庶流麻生氏の居城である羽黒山麻生城の北東鬼門に位置し、麻生氏一族への災いを防ぐ信仰の地となっていたのでした。

江戸時代に近江国から外様の麻生藩新庄氏が入部すると、麻生地方の人々の心の拠所で郷社であった大麻神社を庇護するとともに、氏神として諏訪神社を勧請しました。
また、麻生陣屋の南西裏鬼門には八坂神社を勧請して、馬の産地の特性を活かし疫病除けの馬出し祭を興し、今日まで伝統行事として受け継がれてきたのでした。」と書かれています。

常陸国風土記でも「行方の馬」としてこの地方を馬の産地として紹介しています。


⑮ 八坂神社(香澄の里)(天王社)

行方郡55

行方郡56
 
「郡家より南へ二十里のところに、香澄(かすみ)の里がある。
古い伝へに、大足日子の天皇(景行天皇)が、下総の国の印波(いなみ)の鳥見(とりみ)の丘に登られたとき、ゆっくり歩きながら国を望み、東を振り向いて「海にただよふ青い波と、陸にたなびく赤い霞の中から湧き上がるやうにこの国は見えることだ」と侍臣におっしゃった。
この時から、人は、「霞の郷」と呼ぶやうになった。
里の東の山にある社には、榎、槻、椿、椎、竹、箭、やますげが多く繁る。
里より西の海にある洲は、新治の洲といふ。
洲の上に立って北を遥かに望めば、新治の国の小筑波(をくは)の山が見えることから、名付けられた。」とあります。 
天王崎のすぐ近くに「茨城百景水郷麻生」という碑が建っています。

場所は、この岬のすぐそばにある「八坂神社」の境内に置かれている。 
この石碑は霞ケ浦から吹き付ける風などでかなり読みにくくなっている。
参道の両脇は松並木となっており、海辺と言う印象が強い。霞ケ浦も昔は海だった。
 この八坂神社は慶長9年(1604)麻生藩の藩内24か村の総鎮守として祀られたという。
昔は旧暦の6月14日、15日に藩の祭典が盛大に行われ、廃藩後は、古宿、新田の両集落が中心となって「麻生祇園馬出し祭」が行なわれてきたという。いまでも7月最終の土日に祭典が行なわれており、八岐大蛇に見立てた飾り馬と須佐之男命を奉じた神輿がもみ合う神事が行なわれている。

⑯ 天王崎(新治の洲?)

風の塔(別名麻生タワー)という展望台が行方市麻生の天王崎に立っています。
入口の壁には霞ケ浦の帆引き船の絵がタイルに描かれています。
塔には真中に螺旋階段があります。
一番上についているのは帆引き船のモニュメントのようです。

行方郡57
「新治の洲」から新治国(筑波山)を望む

行方郡58

行方郡59
 
この麻生の天王崎には白帆の湯という日帰り温泉施設(国民宿舎と隣接)があり、この浴室が最上階にあり眺めが良いです。やはりこの場所の夕日は美しい。

(その9へ続く)

<行方郡>最初から ⇒ こちら



常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/07 22:48

常陸国風土記の世界<行方郡>(9)

(4)北浦・大生地区(大生郷・道田郷・藝都郷・逢鹿郷)

行方郡60

まずこの地域については、風土記には「藝都の里」「田の里」「相鹿の里」「大生の里」と順番に北から並んでいるように書かれています。
そして、この地名についてもそのいわれが書かれており、ヤマトタケルの伝承話しとして書かれているか個所が多くあります。
伝承話ではありますが、この遺称地を訪ねてみるといろいろなことが見えてきます。
では、書物に書かれた順番に現地を探って見ましょう。

1)藝都(きつ)の里=うるわしの小野
 「この藝都(きつ)の里には昔、現地人の種族の寸津毘古(きつひこ)、寸津毘売(きつひめ)という男女2人を長とした種族がいた。
ヤマトタケルの天皇が来たときに、男の寸津毘古は天皇の言う事に従わなかったので一刀のもとに切り殺された。
これを見て女の寸津毘売は白旗を掲げて地べたにひれ伏して許しを願い天皇を奉った。
天皇はあわれんでこれを許し放免した。
すると寸津毘売は喜んで一族皆引き連れて(姉妹:男女問わず一族のこと)雨の日も風の日も、また朝から晩まで天皇に奉仕した。
ヤマトタケルの天皇はこれを喜び御恵みを与えられた。
このことからこの地を【うるわしの小野】というようになった。」と書かれています。


(注)ここではその地に元から住んでいた現地人を「佐伯」ではなく「国栖(くず)」と表現しています。
この国栖の表現は「山城国」と同じです。
年代や種族によって使い分けているのかもしれません。
この「藝都の里」の場所ですが、平安時代に書かれた倭名抄では行方郡の中に17箇所の郷名(提賀・小高・藝都・大生・當鹿・逢鹿・井上・高家・麻生・八代・香澄・荒原・道田・行方・曾禰・坂来(板来)・餘戸)が書かれており、ここの「藝都(きつ)」の場所だと思われます。

藝都郷 ⇒ 旧北浦町 小貫・長野江・三和・成田・次木(なみき)のあたりで、江戸時代の村名では小貫・次木・成田・帆津倉・金上・穴瀬・高田・長野江という地名がそれだといいます。
また、小抜野(をぬきの)はその同じ郷に中の「小貫」地区と見られています。
ここを「うるわしの小野」といわれているように書いてありますが、現在現地に行っても特に感じられるものはありません。

新編常陸の記述では「成田村の西の野に小沼あり、水湧出す、これを化蘇沼(けそぬま)と云う」と書かれているとあります。(角川地名大辞典)
この化蘇沼近くに「化蘇沼稲荷神社」が1478年に建立され、この地の住所は内宿町ですが、本来隣の成田町ともいわれ、この旧藝都郷の一角に入るとされ、この神社境内にこの寸津毘古(きつひこ)、寸津毘売(きつひめ)の像が置かれています。

以前にこの神社を訪れました時のことを紹介します。
神社参道の入り口に木の鳥居があり、その横に「茨城百景化蘇沼稲荷」の石碑があります。
鳥居から桜の並木が続く。桜の木もかなりの年数が経っている古木です。
行方郡61

行方郡62
 
しばらく進むと赤い神社の建物が見えてくる。
祭神は倉稲魂命で、五穀豊穣の神様です。
創建は1478年で、大掾(だいじょう)氏が水戸城を江戸氏に奪われ石岡(常陸府中)に居を構えていた時です。
その大掾氏がこの地を治めていたようだ。
これは木崎城や香取神社でも出てきたが、甲斐の武田氏一族もこの地方にやってきたのは15世紀の初頭でした。

行方郡63

行方郡64
 
稲荷神社なので狛犬ならぬ狐の像が置かれています。
稲荷神社ということで本殿、拝殿ともに柱などは全て赤ですが、たくさんの鳥居が並ぶようなものはありません。
でも敷地も建物もかなり厳かな雰囲気があります。
この神社の建物が行方市の有形文化財に登録されています。
また手前にある古木はモミの木で幹回り約4m、樹高約16m、樹齢は約360年といわれており、市の天然記念物に指定されているそうです。

この神社の裏手に立派な土俵がありました。
この稲荷神社は別名「関取稲荷」といわれるようで、昔から相撲が盛んだったようです。
特に天保年間(1830~1844年)にこの町出身の秀ノ山雷五郎(四代目秀ノ山親方)が生まれ、ここで奉納相撲をしたことで豊作を祈願する行事と合わさって盛んになったといいます。

今でも毎年夏に子供たちの相撲大会や巫女舞などが行なわれているといいます。

行方郡65

行方郡66
 
この神社境内に「・この道やゆく人なしに秋のくれ」
という芭蕉の句碑が境内にあるという。写真は取り忘れたのでない。
この 「藝都郷」は江戸時代には俳人などもいて、結構賑わったらしい。
今では其の面影を感じることも殆んど無いが・・・・。
実は小林一茶が文化14年(1817)にここを訪れている。
一茶は小川の本間家で1泊し、そこからここまで4里を馬で送ってもらったという。
そしてこの近くの北浦湖畔で1泊し、対岸の札村にわたり、その後鹿島神宮を訪れ、潮来から舟で銚子へ向かっている。
一体何がここにあったのだろうかと前から気にしていたが、いろいろ調べていくと少し理由が見えてきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「市報 行方」(行方市教育委員会生涯学習課)
洞海舎河野涼谷(本名:河野新之右衛門)は、水戸藩の支藩守山藩領の行方郡帆津倉(ほつくら)村に宝暦12年(1762年)に生まれました。 
その頃の関東各所、特に銚子から野田にかけての利根川沿岸では、利根川の水運を生かして醸造業が栄えており、利根川に続く常陸の北浦沿岸も同様でした。
生家河野家はその醸造業繁栄圏に位置しており、村の名主を務めながら醤油醸造業も営んでいました。
大店の主である涼谷は、芭蕉や親交のあった一茶のような職業俳人ではなく、俳諧を趣味として楽しんだいわゆる遊 俳であり、その仲間も句会や業俳との交流を楽しむ趣味人でありました。

 その中でも特に涼谷は、洞海舎社中をまとめながら、句会の開催、句集の編集と発行、江戸の業俳との交流会や接待を精力的に行う遊俳の一典型とも言えます。

 文化から天保期にかけての北浦湖岸の俳諧圏は、少なくとも四十村二百人の俳人を数えるほどに大きな俳諧圏を築いており、中でも洞海舎同人を中心とした帆津倉俳壇の活躍は地方稀(まれ)なる盛況と書き残されています。

 名月も昨日になりぬ峰の松

洞海舎河野涼谷は、多くの業俳と親交を持ちました。
小林一茶の旅日記「七番日記」には、文化十四年五月二十五日の条に「小川よリ四里、馬にて送らる、化蘇根(沼)いなり社有、李尺氏神と云。帆津倉(ほつくら)に泊。」とあり、
化蘇沼稲荷神社に詣でたり、北浦の涼谷宅に宿泊したリしたことが分かリます。

 涼谷は、他にも江戸や備前の業俳を招いては句会を催しました。
それは言うまでもなく利根川の水運と河岸(かし)の持つ経済力と業俳の持つ指導力と情報力がうまくかみ合ったからなのですが、遊俳の人々の進取の気風と江戸の文化への憧憬(どうけい)が大きな要因ではなかったかと思われます。

 化蘇沼稲荷神社境内には芭蕉の歌碑が二基あリ、いずれも洞海舎連中の建立によるものですが、涼谷と芭蕉の句が一つの石に彫られた歌碑は、芭蕉百六十五回忌、涼谷二十三回忌の安政五年に社中によって建立されたことがわかリます。

 裏には建立に当たった俳人の名が連ねられておリ、洞海舎の隆盛と共に句碑や奉納額が掲げられていた当時の化蘇沼稲荷神社が偲ばれます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
という記事がありました。

俳人であり、また醤油業に進出して財を成した「洞海舎河野涼谷」という人物がここにいたからなのだとわかりました。

2)田の里と鹿島神宮の神馬

先日書いた行方郡の芸都(きつ)の里の後に、「其の(芸都の里)南に田の里あり。息長足日売(おきながたらひめ)の皇后の時、此の地に人あり、名を古都比古(こつひこ)と曰ふ。三度韓国(からくに)に遣されしかば、其の功労を重みして、田を賜ひき。因りて名づく。又、波須武(はずむ)の野有り。倭武の天皇(ヤマトタケル)、此の野に停宿りて、弓弭(ゆはず)を修理ひたまひき。因りて名づくる也。野の北の海辺に、香島の神子の社在り。土塉(つちや)せ、櫟(いちい)・柞(ははそ)・楡(にれ)・竹、一二生(お)ひたり。」と書かれています。「三度韓国(からくに)に遣されしか・・・」と書かれていますが、どうやら新羅・高麗・百済の三韓征伐のことを指しているようだが、この征伐として3回派遣されたというような話は無いという。そして功労により田を貰った。と云うのは税としての特権を与えられたということなのか?

行方郡67

どうもこの辺りは訪れる機会が少なく、あまりイメージがわいて来ません。ただ、大生より北で芸都の里よりも南の地はどんなところなのでしょうか?霞ヶ浦の北浦沿いで、鹿行大橋の南側で、新しくできた北浦大橋の少し北側の地域です。田の里に比定される地域は、平安時代の倭名抄で「道田郷」といわれる地域だとされています。

行方郡68

この道田郷については、角川の地名辞典によれば、「新編常陸」には江戸期の地名といて、新宮・小牧・籠田・天掛・杉平・板倉・四鹿の7村を当てているといいます。しかし、この「田の里」の東側に香島の神子の社があり、そこはすぐ海の近くだとなっていますので、このマークした鉾神社(高台台地に在り、中世には小牧氏?の城があった?)の下は現在蓮田が広がりますが、風土記の頃は水がこの下あたりまで来ていたのでしょう。
天掛や新宮などの北浦沿いは当時まだ水の中だったかもしれません。当時から続いている神社と云うことで、「鉾神社」に行って見ました。ただ、この鉾神社も車で近くまで行くのもよく道がわかりません。近くの「大和第一小学校」は2013年春に閉校となりました。

行方郡69

学校の建屋は全く在りませんでした。すっかり平地となっていて、中にも入れないようになっていました。
この学校跡地の脇の道を北にそのまま進むと、遠くに神社の鳥居が見えました。
車も通れそうです。ただ、小学校入口からはこちらへは工事中で道がなく、
少し先に回り込んで狭い道ですが、近くまで来られそうです。
 
行方郡70

行方郡71

少し長い参道を進んで、赤い鳥居の脇に昭和19年建立の「村社鉾神社」の石柱が置かれ、説明案内版が置かれていました。
ここでは「小牧(こまき)」地名に対して「こうまき」と読みをふっています。
この地域が鹿島神宮の馬の飼育地(牧)だったために「小牧=神牧」の意味だと書かれています。
祭礼も鹿島神宮から昔は禰宜等が年に何度もやって来て行っていたようです。
江戸時代から近くの村々の信仰がかなりあったようです。

行方郡72

行方郡73
 
小さな社に納められたものが2つ。寛政年の銘が入っていました。

小牧の普門寺

 田の里にある(小牧)鉾神社のある台地の南側に普門寺(天台宗)というお寺があり、この神社の別当であるという。
寺へは下の道から回っていきました。

行方郡74

寺の入口に「天台宗」の文字が。奥に寺の本堂が見えます。
寺の開祖の説明板によると大同元年(806年)に創建された「薬師堂」、「三光寺」が最初のようだ。
九州日向国(宮崎)の上人が建立したという。
普門寺と合併したのは大正末期のようだ。

行方郡75
 
上の写真が薬師堂(鉾薬師。右の池から仏像を神鉾で救い上げて、それを祀ったと言う。
上りの石段は苔むしていて雨の日などは足元が危ない。ゆっくりと足を踏みしめて上へ。

行方郡76

行方郡77

「鉾薬師如来」の扁額が掲げられている。
内部を隙間から覗くが内部が暗く、何が置かれているのかがよく見えないが、須弥壇中央に薬師如来とその左右に月光・日光像? まわりに十二神将像? 
そしてその手前に祝詞用の座布団と台?こんなところだろうか。
比較的雑然とおかれていた。
寺には市の文化財の仏像がたくさんある。
 
こちらの阿弥陀如来像は合併前の普門寺にあったものか?
鎌倉時代から室町時代後半という。 多分、寺の本堂に安置されているのだろう。
こちらの平安時代作の薬師如来像が、薬師堂の本尊。806年という年号とあっているかは不明。
薬師如来像が約1m弱、日光月光像は50cm弱。十二神将像も40cmくらいの像だ。
鉾薬師堂の裏手は竹林なっている。なかなか趣きのある寺である。
このような場所にひっそりと佇んでいるのはなにか勿体ない思いがしてしまった。

(その10へ続く)

<行方郡>最初から ⇒ こちら


常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/08 16:06

常陸国風土記の世界<行方郡>(10)

3)相鹿の里(丘前の宮)

常陸国風土記の行方郡の最後に、
「此(田の里)より以南に、相鹿(あふか)・大生(おほふ)の里あり。
古老の曰へらく、倭武の天皇、相鹿の丘前(おかざき)の宮に坐(いま)しき。
此の時、膳(かしはで)の炊屋舎(かしぎや)を浦浜(うらべ)に構へ立て、小舟を編みて橋と作(な)し、御在所(みましどころ)に通ひき。
大炊(おおひ)の義(こころ)を取りて、大生(おほふ)の村と名づく。
又、倭武の天皇の后(きさき)、大橘比売(おほたちばなひめ)命、倭(やまと)より降り来まして、此の地に参り遇(あ)ひたまひき。
故、安布賀(あふか)の邑と謂ふ。」と書かれている。

田の里の南に「相鹿(あふか)・大生(おほふ)の里」があるといい、その地名の由来を書いている。
古老の話しで、しかも倭武の天皇(ヤマトタケル)の話となれば、まともに信じることは出来ないが、平安時代に書かれた「倭名類聚抄」に書かれた行方郡の郷名に「逢鹿」「大生」があるので、この名前で残っていることになる。

大生(おおう)郷は元鹿島といわれる大生神社や大生古墳群があるので、大体の場所は判る。
では「逢鹿郷」はどのあたりなのか。

ここはこの前の紹介に書いた「田の里(小牧など)」と大生の間の地域だ。
南は「大賀」あたりで、北は「岡」あたりのようだ。
伝承ではヤマトタケルが「相鹿の丘前(おかざき)の宮」にいた時に、食事を大生で作っていたというので「大生(おおう)」となり、后の大橘比売命(弟橘姫命)に再会した場所なので「相鹿(あふか)」という地名になったというようだ。
この「丘前(おかざき)の宮」と言われる場所は、行方市の「岡」がその遺称地だという。
ここには「雷神社」があり、その麓あたりだという。

「丘前の宮」は北浦大橋近くで、茨城県道185号線(繁昌-潮来線)沿いの「岡農村集落センター」の南隣りである。

行方郡78

行方郡79
 
ここには「相賀山 寿福寺」と門柱がある。このあたりに丘前の宮があったと思われている。この寿福寺という寺は現在この場所にはない。ここを入っていくと「雷神社」という神社が建っている。

行方郡80

行方郡81
 
上に登っていくと正面に新しい神社の建物が建てられており、左側に古いお宮が3つある。
一番左側に鳥居があって「雷神社(らいじんじゃ)」と書かれている。 
真ん中にあるのは「丘前宮道鏡大明神」と書かれていた。丘前宮(おかざきのみや)と呼ばれていたが途中から道鏡様(弓削道鏡)=男根 信仰が合わさって、この祠の中には何かそのようなものが置かれていた。
説明は下記を読んでいただければある程度分かるが・・・・。

行方郡82

常陸国風土記に書かれている内容も現代語で読んでどうも地理関係がよくわからない。
そこで、Flood Mapsで海面の高さを+4mして当時の地形を見ながら解釈してみた。

行方郡83

ここに書いたように「岡」という地域が「丘」であり、雷神社の手前東側にヤマトタケル
の居たという「丘前の宮」があり、大生神社あたりから水辺に降りた辺りに「大賀」という地区があるので、このあたりに煮炊きする炊事場の建物があったようだ。
この炊事場と、丘前の宮へ通じる浜辺に小舟を繋いでこれを橋として行き来したということなのだろう。やはり現地にいったり、地図を広げて当時の地形を考えてみたりしないと、本を読んだだけではよくわからないものだ。さて、この丘(岡)は、相鹿山と呼ばれているようで、この台地の西側に中世の城「相賀城」があった。雷神社から台地上を西に進むと、開けた畑が広がり、一つの立て看板「相賀城跡(あいがじょうあと)」があった。

行方郡84

このまわりに土塁とか城の名残が残されていたようだが、今はあまり畑が広がるだけ。「相賀城(あいがじょう)は平安時代の末、逢賀太郎親幹(おうがたろうちかもと)が築いた逢賀城(おうがじょう)で、これを室町時代の末期に手賀左近尉義元(相賀入道)が再建し、相賀城と呼ぶようになった。」と書かれていた。

逢賀太郎親幹はこの名前(幹)からしても大掾氏の系統であることは確かで、行方四頭の系列であろう。手賀氏は行方四頭の玉造氏の系列だから、同じ系列かもしれない。やはり最後は佐竹によって滅ぼされた(南方三十三館)ようだ。この相賀城跡から下の「根小屋」地区にそのまま降りられるそのふもとの住宅街に、「ナウマンゾウの化石」の発掘場所という看板が置かれていた。こんな場所に1万5千年以上前にナウマンゾウがいたという。
 またこの「相賀城」の麓である根小屋地区に気になる寺と神社がありました。
「相賀山 龍翔寺」といい敷地の隣に保育所が併設されています。

行方郡85

行方郡86
 
相賀城の菩提寺だったようで、1501年に開山されたと記されています。
江戸時代はかなり大きな寺だったようです。

(その11へ続く)

<行方郡>最初から ⇒ こちら

常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/09 05:23

常陸国風土記の世界<行方郡>(11)

4)大生の里

「田の里より南に相鹿(あふか)、大生(おおう)の里がある。
昔、倭武の天皇が、相鹿の丘前(おかざき)の宮に留まられたときに、膳炊屋舎(おほひどの)を浦辺に建てて、小舟を繋いで橋として御在所に通はれた。大炊(おほひ)から大生(おほふ)と名付けた。」とある。
この大生の里は現在の地名では行方市ではなく潮来市になります。
風土記では現在の潮来市も行方郡に属していました。

● 大生(おおう)神社

大生神社は元鹿島ともいわれる古社です。 
常陸国一宮の鹿島神宮に元鹿島と言われる社があることをご存知だろうか。

行方郡87

場所は鹿島神宮とは北浦を挟んだ西側の少し高台になった潮来市の北端です。
長い参道沿いに樹木が茂りひっそりとした佇まいの神社です。
大同元年(806年)創建とも言われるが、年代は明らかではありません。
祭神は鹿島神宮と同じ健御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)(武甕槌神)であるが、ここが元鹿島と言われるのは、タケミカズチが最初にこの地で祭られた場所と言い伝えられていることにあります。
そして、今の鹿島神宮に遷宮されたと伝えられているようです。
大和国の多(飯富)族がこの地に移住し、その氏神として祀ったのではないかと考えられています。

行方郡88

長い参道沿いに樹木が茂りひっそりとした佇まいの神社です。
神社には天正8年(1590)の棟札が残されていて、鹿島神宮の神職を勤めている東家の文書に、この大生神社は南部大生邑(多村)から移されたとあるといいます。
この大和の神社は「多坐弥志理都比古神社」です。

そして、この大和の神社は多(おお)氏の太安麻呂の子孫が神主となって続いています。
本殿は県指定の文化財に指定されています。
この神社を理解するためには常陸国風土記の内容を少し紐解いておかねばなりません。

 これによると、タケカシマはまず今の霞ヶ浦の南岸にある阿波(アバ)(大杉神社のあたり)に滞在し、流れ海(霞ヶ浦)の北側で暮らす人の煙を眺めていた。
そしてそれが敵(蝦夷人)か味方(大和人)かを探っていた。
そして、それが敵(蝦夷人)であることを知り、制圧のために流れ海(霞ヶ浦)を舟で軍を進めます。
対岸で、そこの住民を従わせようとしますが、その住民たちは素早く自分たちのすみかである穴などに潜り込んで出てこなくなります。
困ったタケカシマは、天岩戸の話よろしく、七日七夜の間、火を焚き・歌い踊り・笛を吹いて楽しそうに踊りまくったのです。

最初は穴ぐらに潜ってしまっていた地元の原住民たちは、その様子を伺いながら皆出てきて、その宴に参加してきました。
するとどうでしょう。彼らの住居としていた穴を塞いで、そこに出てきた原住民を皆捉えて、火を放ち皆殺しにしてしまったのです。
その原住民を痛く殺したために、この地が「伊多久(板来)」になり、今の潮来という名前になったというのです。
この地を制圧したタケカシマの一族(=多氏)はこの大生の地に自分たちの棲家を建て、自分たちの大和にあった氏神をこの地にも持ってきたのが、この大生神社の始まりではないかと思われます。
そして、この神社にタケカシマを現地の神と融合した神=タケミカヅチ命が祀られ、その後鹿島神宮に祀られるようになったのかもしれません。
でもこの神社の創建はこのあたりの古いたくさんの神社と同じ大同元年(806)と言われています。
元鹿島というには少し時代が後のような気がします。
この大生神社がもっと古くからある神社としても、では鹿島神宮の方が新しいということはありません。
元々鹿島神宮の森は原住民(蝦夷人)たちの神聖な神を祀る場所だったのではないでしょうか。
この地を制した大和朝廷の人々は、この地の住民を治めるのに、鹿島(香島)に強大な力を感じてここを原住民たちや自分たちの共存共栄をはかるシンボルとしたのではないかと思われます。
ですから最初は大生神社に祭られたタケミカヅチを鹿島神宮に移したのかもしれません。
鹿島神宮の神官であったとも言われる中臣氏と中臣鎌足(藤原釜足)とのつながりはあるはずですが、鎌足が常陸国で生まれたのか、大和国で生まれたのかは定かではありません。
奈良の御蓋山(みかさやま)に藤原氏の象徴として建てられた「春日大社」は鎌足の子「藤原不比等」が710年に建立しました。
この神社は常陸国中臣氏の祭神「タケミカヅチ」が白鹿に乗って山に降り立ったとされています。

この大生神社には「巫女舞」という祭りがあります。
13歳までの少女が毎年選ばれます。
また、この大生地区には5世紀頃の築造といわれる古墳がたくさん(百十余基)残されています。
この神社の西側に分布していて、県内でも屈指のものです。
またこの古墳の埋葬者は多氏一族であると言われています。

● 大生(おおう)古墳群

 潮来市の北部の大生神社周辺には「大生古墳群」と呼ばれるたくさんの古墳があります。 
ここは大和朝廷のタケカシマの種族オフ氏(多氏・飯富氏)が集落を作って住んでいたと思われ、茨城県としては最大級の古墳群(約110基)です。

・「鹿見塚古墳」 前方後円墳 全長58.1m 茨城県指定史跡

大生神社に向かう途中にもあり、通りからも見えるのに前には気が付かずにいました。
それほど大きいものではありませんが、形は少し特徴的です。
古墳時代中期(5世紀頃)の築造とみられていますが、発掘調査はされていないようです。
古びた看板がありますがよく読めません。茨城県教育委員会の説明では
「大生地方は、古くはオフ氏の根拠としたところで、大生神社を中心に一大文化圏をなしていたと思われます。
この環境を背景として北浦に面する大生原台地には、110余基からなる古墳群が存在し、旧時の状態を良好にのこす古墳群として、また県下最大の規模を誇る古墳群として極めて貴重です。
この鹿見塚古墳は、大生西部古墳群内に存在する盟主的な片耳式前方後円墳です。 
主軸は北西より東南に走り、全長約58m、前方部巾約32m、後円部直径約34m、同高さ約6mを有し、墳丘西側括部中央よりやや南に低い造出しを付設しています。 
さらに後円部がとくに高く突き出していることで特異な墳形をしています。 」と書かれています。

この古墳の向きは鹿島神宮方向を向いているといわれています。

行方郡89

東南方向に向いています。

ここの大生古墳群は5世紀頃からのものだそうですので、ここに住んでいたオフ氏一族はタケカシマがやってきた時より100年以上後になるのでしょうか。

・子子舞塚古墳

「鹿見塚古墳」のすぐ西側に隣り合っている「子子舞塚古墳」がある。
石碑には「古墳子子前塚」と彫られている。
舞ではなく前となっている。
子子舞塚と漢字で書かれても知らない人にはこれも読めない。
「子子」で「まご=孫」と読みます。
では誰の孫なのでしょうか?
この古墳は前方部の一部を除いてほとんどが消滅してしまっている。
全長は71.5mくらいと考えられている。ここから 箱式石棺がでてきた
。中から人骨、玉類、耳環、直刀、鉄鏃、刀子などが出てきており、また埴輪類も見つかっている。
6世紀頃の築造と思われている。この出土品の玉、環類などは近くの水郷県民の森のビジターセンターで展示されている。
この県民の森のエリアにも古墳は点在しています。

行方郡90

行方郡91
 

● 文殊院(大生)

 さて、大生神社の少し先に「文殊院」があります。
古ぼけたお堂が3つ並んで置かれています。左から阿弥陀堂、観音堂、地蔵堂です。

行方郡92

立派なお堂が横に3つ並んでいます。
入口の石柱には「大生山 文殊院」と「天台宗 神宮寺」と左右に分かれて書かれています。
神宮寺というので、恐らく大生神社に付帯して後から建てられたものでしょう。
1698年の棟札があるので、江戸時代初期に建てられたものなのか、それとももっと前からあったのかは明らかではありません。

一般には、寺のこれらの建物は全体の中でバラバラに配置して置くのですが、このように隣接して並べておくのは珍しいです。
やはり多氏(おおし)と関係があるのでしょうか。

阿弥陀堂厨子には寛文5年(1665年)と書かれており、貴重なものです。
この阿弥陀様は、地元では「いぼ取り」の信仰があるそうです。
観音堂の中には毘沙門天・十一面観音・不動明王が祀られています。
安産・子育ての神様として信仰されています。
地蔵堂には小さな「地蔵菩薩像」が祀られています。

1. 妙光寺(潮来市築地)

 築地は潮来市にあり大生の少し南側の地域で主要街道も通っていない場所だ。
麻生の一条寺を見学してこの寺の関係からこの場所を知った。
ここは実に不思議な場所だった。
また実に立派な寺であった。

行方郡93

潮来市教育委員会の説明板:
「本圀山妙光寺 この寺は文永2年(1265)、宗祖日蓮大聖人の直弟子、中老僧一乗阿闍梨日門上人の開祖、当時隣村の水原村に居住していた油井但馬守国光、横山遠江守勝光が鎌倉参勤の際、日門上人を招聘し一宇を創立したのが始まりである。
即ち本圀山妙光寺と号し、常陸国最初の日蓮宗の古刹である。
その後、正応3年(1290)中道院日正上人によって現在地に移転される。
往昔は朱印等があったが、記書焼失のため上地となるなど一時退転の形勢となりましたが、十六世日遙上人の時、代官矢野九郎右衛門、郡奉行萩原庄右衛門、芹澤伊賀守、三木五兵衛等の力により水戸藩から費用を仰いで九間二七間の客殿を建立した。

 元禄12年(1699)十九世徳大院日具上人の時、徳川光圀公より費用を下附され四間四面の本堂を造営した。
堂内の日蓮大聖人の御尊像も同時に奉納され、また法華三昧堂の正面の額は光圀公自筆の書である。
二十世日孝上人の時、徳川綱條公より祈祷料として玄米五十俵を下附された。
現在の本堂は寛永年間(1624~1643)の再建にして、寺宝には日蓮聖人直筆の御本尊並びに御消息断片、日門上人直筆御本尊、徳川光圀の書簡、光圀拝領の蒔絵法衣箱・状箱・硯箱、紺紙金泥法華経開結十巻などがある。・・・・・・・・」説明によれば、この寺は日蓮宗の常陸国では一番古い寺だそうだ。

本堂から少し上ったところにある「法華三昧堂」があり、この堂の額は光圀直筆だとの説明があった。
何故このような場所に寺ができたのだろうか。
「築地」という地名にかかわっているような気がする。

2. 熱田神社(潮来市築地)

「妙光寺」から800mほど南の同じ築地地区に「熱田神社」がある。
地図を見ていると道路がこの場所に集中しているようだ。

行方郡94

現地の説明は、「日本武尊、東征の折当地に立ちより、東は鹿島、南向香取、西方遥かに筑波の霊峰を望み、北は北浦に接し展望絶景高燥の地なるを以って戦勝祈願を行ったという。
この地にあって尊の命に従い功のあった三十番神を褒め称えた。
村人はその跡を都恵地(築地)と称し祠ありしが、大同元年(806)社殿をつくり日本武尊を祭神とし三十番神を合祀、尊崇した
延宝3年(1673)水戸藩主・光圀公巡視の折、由来を尋ねられ熱田神社の神号を賜る。」と書かれています。

要点を書きだすと、
・ヤマトタケルがこの地でこの辺りに住んでいた部族を退けたので、戦勝を祝って戦功のあった三十の勇者を讃えた。
・そしてこの地の名前を「都恵地」と名付け、後に「築地」となった。
・水戸光圀(黄門)がヤマトタケルの戦勝記念の話を聞いて、草薙の剣が奉納されている熱田神宮と同じだと言うことで「熱田神社」と改名した。

このあたりで地元部族をやっつけたのは「建借間命」であり、この後に水戸から那珂川へと攻め込んでいる。
また、この神社の隣りは空地になっていますが、以前「津知第二小学校」がありました。

(その12へ続く)

<行方郡>最初から ⇒ こちら

常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/09 10:36

常陸国風土記の世界<行方郡>(12)

(5)潮来地区(板来郷)

行方郡95

●<板来の駅家(うまや)>

板来(潮来)の駅家(うまや)は府中(石岡)から鹿島への官道の途中に設置された陸路の駅だが、陸路は810年前後に廃止されたらしい。
荷物を運ぶのも馬より船に変っていったのだろう。
この板来の駅家がどこにあったかははっきりしていない。
現在潮来市街地にある「長勝寺」の境内にこの駅家(うま)跡の標識板が置かれている。

行方郡96

ただ、廃止されたのも早く、実際の駅家のあった場所ははっきりしていないようだ。
当時もう少し東側にあったのではないかと推測している。
潮来の町の東側に「辻」という場所がある。
この辻は昔は「津知村」と言っており、南北に細長い地形に広がっている。
近くに「津=湊」があったことを感じさせる。
元々「辻」の言葉は、街道から津の方向に向かう分かれ道部分(津を知る)につけられ、それが「辻」に変わっていったと思う。

●<天王原古墳(潮来)>

 板来の駅家の碑が長勝寺境内置かれているが、もう少し東側で辻辺りではないかと書いた。
その根拠として「辻=津知」で津がこの近くにあったのだろうとしたが、もう一つの根拠がこの古墳の存在だ。
アヤメ園で賑わう前川沿いを少し上流に進んで辻(津知)の少し先にこんもりとした古墳がある。
ここは潮来の前川を廻る観光船がこのあたりで引き返す場所にあたる。
霞ケ浦の水運が発達していたころはこの前川も北浦から常陸利根川や利根川方面に荷物を運ぶ船でにぎわっていたのだろう。
こんな川沿いの街中に古墳があるのが不思議な気がした。
天王原古墳という前方後円墳だという。

行方郡97

行方郡98
 
古墳周りには紫陽花の花がきれいに咲いていた。またこの近くには天王原遺跡(古墳時代から平安時代)が存在しているという。天王原という名前はどこから来るのか?
牛頭天王社でもこのあたりにあったのか?
前に潮来の祇園祭が行われている「素鵞熊野神社」を見学したときに現地の説明看板に次のように書かれていた。

「素鵞神社は天安2年(857~858)潮来町地先浪逆浦より出現。
 始め辻村天王原に奉祀す。
その後文治4年(1185)6月に至り潮来天王川岸地内に祠を営み遷し祀り板久牛頭天王と称し4丁目以西の鎮守となす。」

やはりこちらの方に昔はあったらしい。

●<大洲(大六天神社)>

 風土記の記載には「板来の南方の海中に洲がある。
(周囲)三四里あまりである。
春になると、香島・行方両郡の男女たちが残らずやってきて、津白貝(つのおう)をはじめさまざまの貝類を拾う。」
と書かれており、この場所は潮来市の「大洲」と呼ばれるところだとされている。

潮来の駅、アヤメ園の方から東に進み、県道50号に突き当たる辺りが大洲と呼ばれる地域だ。
この交差点の角に「大六天神社」がある。
この神社に置かれた碑により、この地の開拓と水害の記録が見えてきた。

潮来のアヤメ園から東側の地区は東日本大震災でも液状化でかなり道路も凸凹になり地盤の悪さが目立った。
霞ケ浦も昔はこの辺りは水面下であった。
利根川の東遷で大量の土砂などで大きな洲ができ、江戸時代にはこの地を開拓して水田が広がった。

神社の境内を入った右側にこの経緯が彫られた石碑が置かれている。

行方郡99

「今より392年前天正5年北浦の浪逆寄洲に祖先が7軒居住し7軒島と称す。忍耐と努力を重ね新田を開拓し、水禍に嘆き苦しつつ郷土の基となる寛永18年330年前大洲新田として年貢を上納するに至り、天保15年常陸国大洲村戸数60戸となる。明治9年潮来町と合併し今日の潮来町大洲戸数84戸となる。・・・」(昭和47年建之)


何故か神社の歴史よりもこのようなことが書かれているとこの地の先祖の苦労が伝わってくる。境内には芭蕉の鹿島紀行の句碑があった。
「かりかけし 田面の鶴や さとの秋  はせを」 の碑 (明治9年建之)
(稲を刈りかけた田んぼで、鶴が餌をついばんでいる)
芭蕉は鹿島紀行でこの辺りを通ったのだろうか? 確かにこの句もこのあたりと考えられなくもない。
境内には庚申塔など幾つもの石碑が置かれている。

行方郡100

大六天神社:この大六天は何時頃の創建かは定かではないそうだが、天保5年(1834)に再造営された棟札あり、それ以前であるという。
大六天(第六天)は仏教でいうところの仏道を妨げる魔王で、欲界を支配している最強の摩王です。
他化自在天ともいわれ、人の快楽を自由に自分の快楽にしてしまう力を持つと言われます。
織田信長が第六天魔王を自称したとも言われています。
天保の頃の祭神は素盞鳴命で、現在の祭神は「高御彦霊神」だそうです。どのように変わってきたかは不明。

この大六天神社は、千葉県香取郡山田町山倉の山倉大六天神社より分礼祀されたものと思われ、小泉地区の代神として祀っていたが、途中鹿島吉田神社の境内に移し数年後に現在地に移され、昭和46年潮来有料道路新設に伴い移転新築されたという。
大六天神社の拝殿の右側に「水神社」が置かれていいます。
寛文3年の創立と推定されています。

●<国上神社(古高村)>

 風土記では建借間(タケカシマ)命が潮来に上陸して、そこに暮らしていた賊どもを皆焼き殺してしまった。

行方郡101

この時に「臨(ふつ)に斬る」といった所を「布都奈(ふつな)の村」と行ったとある場所が、この延方の西側の潮来市古高(ふったか)とみられています。
ここには「国上神社」があります。
産土神ですがここも祭神は「オオナムチ」、「スクナビコ」といった出雲神です。
道路よりも高い位置にあります。


●<麻績王(をみのみこ)のこと>

常陸国風土記の行方郡の後半に、気になる記述がある。麻績王のことである。
「新治の洲より南方十里(約5km)に板来の村あり。
近く海浜に臨みて、駅家を安置けり。此を板来の駅という。
その西、榎木の林がある。
飛鳥の浄見原の天皇の世(天武天皇と持統天皇2代)、麻続王(をみのみこ)を遣らひて居処らしめき。
其の海に、塩を焼く藻・海松(みる)・白貝(おふ)・辛螺(にし)・蛤(うむぎ)、多に生へり。」

ここには、この駅家の西に麻績王が派遣されて住んでいた。と書かれている。

麻績王は「麻続王」とか「麻續王」などとも書く。

1) 日本書紀の記述(天武天皇4年夏4月の条)では675年に罪があり、因播に流され、その子供2人が伊豆嶋と血鹿嶋に流されたとなっている。

(原文)
庚寅、詔諸國曰「自今以後、制諸漁獵者、莫造檻穽及施機槍等之類。亦、四月朔以後九月卅日以前、莫置比彌沙伎理・梁。且、莫食牛馬犬猨鶏之宍。以外不在禁例。若有犯者罪之。」
辛卯、三位麻續王有罪、流于因播。一子流伊豆嶋、一子流血鹿嶋。
丙申、簡諸才藝者、給祿各有差。是月、新羅王子忠元到難波。

(現代語訳)
(夏四月)十七日、諸国に詔して、「今後、漁業や狩猸に従事する者は、檻や落とし穴、仕掛け槍などを造ってはならぬ。四月一日以後、九月三十日までは、隙間のせまい梁を設けて魚を獲ってはならぬ(稚魚の保護)。また牛、馬、犬、猿、鶏の肉を食べてはならぬ。それ以外は禁制に触れない。もし禁を犯した場合は処罰がある」と言われた。
十八日(675年5月17日)、三位麻続王(おみのおおきみ)に罪があって因幡(いなば)に流された。一子を伊豆島(いずのしま)に、一子を血鹿島(ちかのしま)(長崎の五島列島?)に流した。
二十三日、種々の才芸のある者を選んで禄物を賜わった。
この月、新羅の王子忠元(ちゅうげん)が難波(なにわ)に着いた。


このように、因播=因幡(いなば)=鳥取県で、伊豆嶋=伊豆島=伊豆のどこかの島で、血鹿嶋=値嘉島(ちかのしま)=(長崎の五島列島)と一般には解釈されています。値嘉島(ちかのしま)という島の名前はありませんが、昔の五島列島をそのように呼んでいたようです。さて、常陸国風土記の地から見ると、因播=印旛(いんば、いには)? とか 血鹿嶋=鹿嶋 ではないかなどとも考えてしまいます。

それにこの風土記は麻績王が、板来(潮来:いたこ、いたく)にやって来て住んでいたとなると日本書紀の一般的な解釈の場所と違いがありすぎます。風土記が書かれたのは、この麻績王が流されて50年ほど後の事であり、それほど年数も経っていないので、意外にこの記述は正しいのではないかとも思えます。
麻続王は貴族でその位が三位というのでかなり上の位になります。一位、二位などは全部で3人ほどしかいないようなので、上位4~5番目くらいになるし、朝廷の一族とも考えられます。一般的にはこの麻績氏は麻(を)を績(う)むということからの名前で、麻を細く裂いてより合わせて麻糸をつくることを職業とする集団と言われていますが、いわゆる「海人族」の共通の先祖としてあがめられているといいます。

2) 日本書紀の記述と違った記述が万葉集にあります。
 (2-1) 万葉集 第一 23番 読人不知(麻績王を哀れんで人々が詠んだ歌)
(原文)
 麻績王流於伊勢国伊良虞島之時人哀傷作歌
打麻乎 麻績王 白水郎有哉 
射等籠荷四間乃 珠藻苅麻須
(読み下し)
打麻を 麻績王 白水郎なれや 
  伊良虞の島の 珠藻刈ります
(意味)
麻績王が伊勢国の伊良虞島に流されたときを哀傷して作った歌(詠み人知らず)
麻績王は漁師(海人)であられるのか
 いいえ、漁師(海人)でもないのに伊良虞の島のよい藻を刈っておられる
(注)
伊良虞(いらご)の島:現在の渥美半島の伊良湖岬辺りではないかという。この時代は伊勢とも距離は近く、この辺りの島は伊勢国に属していたようです。伊賀国から行く古東海道も、伊賀から伊勢に行き、伊勢からは陸路より船で海路の方が一般的だったようです。ここでは確かに伊勢国となっていますが、「いらご」という名前は昔の潮来も古代には呼ばれていたらしく、この「いらご」が「いたこ」となったという説もあるようです。ただこの「いらご」の意味はよく判っていません。
地名では「砂」と書いて「いさご」と読むところは近くにもあります。これは「石子」が細かな石で「いさご=砂」となったといわれています。また砂鉄のことも「いさご」ともいうらしいです。その他に浜の真砂(まさご)などという言葉もありますね。でも「いらご」と「いさご」は明らかに違います。

(2-2) 万葉集にはこの詠み人知らずの麻績王を憐れんだ歌に対する麻績王の返答の歌も載っています。実際に会っての歌ではなく、人伝に聞いてそれに寄せた返歌のようです。
万葉集第1巻 24番 作者:麻績王
(原文)麻績王聞之感傷和歌
空蝉之 命乎惜美 浪爾所湿 
伊良虞能嶋之 玉藻苅食
(読み下し)
うつせみの 命惜しみ 浪にぬれ 
  伊良虞の島の 玉藻刈りをす
(意味)
 この世の命が惜しいので波に濡れて
伊良虞の草を刈って食べているのです

この万葉集には伊勢国の伊良虞島とはっきり書かれていますので、万葉集の編者は渥美半島あたりを伊良虞島と思って書いていると思います。
因播に流されたといいながら、罪を軽減されて、近くの伊良虞へ流されたなどとも考えることもできますが、常陸国風土記では潮来に来たといっているのですから、どちらが本当なのでしょうか。

ただ、潮来近辺を調べただけでは麻績王のいたと思われる地名などは見つかりません。
しかし、昔は舟で潮来からも近い下総国にはこの痕跡と思われる場所が存在します。
平安時代の倭名類聚抄(倭名称)に当時の郡名と郷名が書かれていますが、下総(しもふさ)国・海上(うなかみ)郡の中に15の郷名が書かれていますが、その一つに「麻續(をみ)郷」があるのです。
この場所は今の香取市小見川(旧小見川町)地域です。
Flood Maps地図で海面の高さを+5mして見ました。

行方郡102

地図に示したように潮来からは昔の内海「香取の海」ではすぐ対岸になります。
ただ、5m海面が上昇するだけで、このあたりは殆んど水没してしまいます。
ただ、このように山側に入り込んだ内海の回りは獲物を取り暮らすにはとても良い環境だったのではないかと思われます。
現在、小見川駅方面から内陸のほうに進むと、あたり一面は水田が広がりその奥の山に府馬の大クスという古木があり、そこの公園の展望台からこの平野部が一望できます。

そこに書かれた説明にはこの平野部は「麻績千丈ヶ谷」と呼ばれているとありました。
また、この麻績郷の隣の山側の地域はとても貝塚の多いところで、古代は「編玉郷」と呼ばれていた地域です。
貝塚としては国の史跡でもある「阿玉台貝塚」「良文貝塚」などがあり、中世の千葉氏の祖とも言われた平良文が住んだ場所でもあります。
この編玉郷にある「豊玉姫神社」はその名の通り「海人」族の象徴とも言える豊玉姫が祀られており、江戸時代までは編玉郷の総社で「編玉総社大宮大明神」といったそうです。
まさにこのあたりには海人族がかなり前から移り住んでいたと思われます。
まあ、これだけではこれ以上の探求も難しそうですが、これからの展開もまたあるかもしれません。


(その13へ続く)

<行方郡>最初から ⇒ こちら

常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/10 05:36

常陸国風土記の世界<行方郡>(13)

(7)鉾田(当麻)地区(当麻郷)

行方郡103

 常陸国風土記の行方郡の後半の記述に現鉾田市あたりの事が書かれている。
「都より東北十五里に当麻(たぎま)の郷(さと)あり。
古老の曰へらく、倭武の天皇(ヤマトタケル)、巡り行でまして、此の郷を過ぎたまふに、佐伯、名は鳥日子(とりひこ)と曰ふもの有り。
其の命に逆ひしに縁りて、随便ち(すなはち)略殺したまひき。
即(すなは)ち、屋形野の帳の宮に幸(いでま)ししに、車駕の経るところの道狭く地深浅しかりき。
悪しき路の義を取りて、当麻(たぎま)と謂ふ。・・・
野の土(つち)埆(や)せたり。
然れども紫艸(むらさき)生ふ。
二つの神子の社あり。
其の周の山野に、櫟(いちい)・柞(ははそ)・栗・柴、往々林を成し、猪・猴(さる)・狼、多に住めり。」

この悪路でデコボコしている様を、この地方の言葉で「たぎたぎし」というともあり、この言葉から「当麻(たぎま)」となったとされ、今の鉾田市「当麻(とうま)」がその場所と考えられています。
そこに二つの神子の社があったということで、これは鹿島(香島)と香取の二つの社があったと解釈されるのですが、上記風土記の表現では2つの社なのか、1つの社に鹿島の神と香取の神が祀られているのがはっきりしません。

そこで、地図を頼りに少し探してみた。

行方郡104

この当麻地区の西側境界を「巴川」という一級河川が流れている。
この川沿いを上流に進むと、「鹿島神社」があり、その少し東に「黒栖神社」という神社があった。この川沿いの道はそのまま少し行くと、親鸞上人ゆかりの「無量寿寺」に行く。

行方郡105

行方郡106
 
この道から右に車がやっと通れるかどうかと言うくらいの比較的細い道がある。
その入口角に「村社鹿島神社」という石柱が立てられている。
神社の社殿はここから少し山を登った所にあるが、「危険登るな」などという地元小学校の立て看板などがあった。
私も、登りに適した靴もはいていなかったので、上に行くのはあきらめた。

行方郡107

行方郡108
 
そこから地図ではこの細い道を少し行った所に「黒栖神社」があるはずで、車は通りの空き地において歩いて向かった。
少し行った所に神社の鳥居が見えた。 
この黒栖神社と思われる神社は「村社鹿嶋神社」と書かれていた。
先程あった神社は同じ村社だが「島」と「嶋」と漢字が違っている。
昔も同じ村同士だと思うが、どちらも村社である。

入り口にあった神社よりもこちらは拝殿・本殿ともに立派である。
巴川も、昔はもっと水量も多かったであろうし、江戸時代には船で荷物を運ぶために、涸沼に注ぐ川とこちらの上流地点を水路で繋ぐ計画も進んでいたようだ。
常陸国風土記にはこの地方にいて、成敗された現地人(佐伯)の名が「鳥日子(とりひこ)」というと書かれている。
この当麻の北の地域は「鳥栖(とりす)」という。どこか発音も似ている。

黒栖(くろす)と言う名前にも何か意味合いがありそうに思う。
栖(す)は住処(すみか)であろう。
現地に行く前は、この黒栖神社が香取神社から鹿嶋神社に変ってしまった(このありではよくあること)と思っていたのだが、もう少し深い意味合いがあるのかもしれない。
また、鹿島と鹿嶋だが、現在の鹿嶋市誕生時に九州佐賀県に「鹿島市」がすでにあったため、「鹿嶋市」となったと思い込んでいたが、市のHPなどを読むとそればかりともいえないようだ。
かなり昔から「鹿島」と「鹿嶋」は両方混在して使われていたという。




(行方郡終わり)

<行方郡>最初から ⇒ こちら

常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/11 09:39

常陸国風土記の世界<行方郡> 付録(1)

風土記記載の遺称地巡り記事はいったん終了し、少し追加の記事を何点か載せます。

まず最初は「行方郡」が成立したころからの地域の呼び名についてです。
風土記には孝徳天皇の白雉四年(653年)に、茨城郡から八里と那珂郡から七里を分けて、十五里(合計七百余戸)を行方郡とした。とされています。

これは大化の改新645年当時にはまだ行方郡はなく、その後に成立したということになりますが、もう少し理解が進むように調べてみました。

当時の里(さと)は50戸単位で1里としていました。
1戸はいわゆる家族単位で、同じ竈を共有している家族の集まりですから、大体3世代が一緒に暮らしていたならば1戸で約10人位いたと考えられますので、1里(さと)≒50戸≒500人程度となります。
これは風土記の記述でも15里≒700余戸と書かれていますのでほぼ一致します。

ただこの風土記には省略された箇所がないという「行方郡」もすべての十五里の名前は出てきません。
しかし、奈良時代初期には里(さと)と言っていた地域の単位は、次第に田畑を管理し、税収を正確に把握するという方向へ次第に変わっていったと思われます。

そして平安時代の930年代にまとめられた辞書である「倭名類聚抄(和名抄)」には、この「里」は「郷」という名称に変わっており、当時管理下にあった全国の郡名と郷名が記載されています。
これを比較することによってこの十五里を読み解くことが出来ます。

実際には和名抄の行方郡の郷名は15ではなく17あり、これは奈良から平安にかけて2つの里が分裂して4つになって全部で17となった経緯も見て取れます。

これを一覧表にしてみました。

行方郡の郷名


常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/12 03:56

常陸国風土記の世界<行方郡> 付録(2)

<1> 三昧塚古墳から見える風景

古墳名称


1、 全国的に注目されている三昧塚古墳は「古代常陸の雄」ともいわれている。ここから見つかった「馬の飾りのついた金製王冠(金銅馬形飾付透彫冠)」は何を教えてくれるのか?
昨年、明治大学博物館にて特別企画展とオリジナルグッズ販売が行われた。

2、 茨城最古の古墳(4世紀後半)ともいわれる勅使塚古墳などの沖洲古墳群は?(古代に勅使がこの地で倒れて埋葬されたと伝わる。どんなルートを通っていたのか?)

3、 霞ケ浦高浜入り対岸の富士見塚古墳からこちらはどう見えるか?

4、 風返古墳群の「風返稲荷山古墳出土品」の53点が今年1月に国指定文化財に登録された。土浦市の「武者塚古墳」、行方市の「三昧塚古墳」の3か所が指定されたことになる。

5、 残るは玉里地区に眠る多数の古墳群、それと沖洲古墳群の未調査墳か。

6、 三昧塚から見る筑波山の姿。目の前にある「ほほえみの丘」など、ここにはまだまだロマンが眠っています。


常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/13 06:16

常陸国風土記の世界<行方郡> 付録(3)

<2> 手奪橋とカッパ伝説の地から見える風景

tebaihasi01_20230714090313f14.jpg

tebaihasi04_2023071409031201b.jpg

 
1, 芹沢家に伝わるカッパ伝説(江戸時代の水府文書にある)から何が見える?

2, 風土記ではこの川が茨城郡と行方郡の堺であるという

3, 大益(おおや)川 ⇒ 無梶河(風土記) ⇒ 梶無川

4, この近くに「テバイ」という小字名がある。テバイ川⇒手奪川になったか?

5, 新選組の芹沢鴨とは何者か?本名は下村嗣次で、生まれは北茨城市中郷町(多賀郡)松井の神官の子という説が強いが? ただこの芹沢家には入りびたりであったようだ。

6, 鴨の名前は玉造郷校から数百メートル先にあったという「鴨の宮」からと推察できる?

7, 芹沢家の菩提寺は芹沢505にある「法眼寺」で、北条の多気大掾(頼朝により領地没収)の子孫という。佐竹氏の南方三十三館仕置き事件では佐竹氏の呼び出しに応ぜず、芹沢家(医者)を何とか存続できた。


常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/14 09:05

常陸国風土記の世界<行方郡> 付録(4)

現原の丘、玉清の井、井上神社から見える風景

行方郡03

1,風土記の頃ここはどんな景色が広がっていたのか?
今はゴルフ場で霞ケ浦まで見渡せないが・・・・倭武(ヤマトタケル)の天皇はこの丘に登って御膳を供し、四方を眺めて、山々のひだや海辺のひだが重なって連なり「行細(なめくわし)の国」と呼ぶべきだといわれた。これが行方となった。と書かれてはいるが・・・。

2, 風土記では、ヤマトタケルはこの前に「槻野の清水」(玉清井)に行ったことが書かれている。
何故、行方の名前の由来を書く文脈の前にこの井戸の事を書いたのか?
 「槻(つき)」は欅(けやき)の古名であるので、槻野の清水は欅の木のある野であり、名前も行方の名前も縄文語で「冷たい清水のほとり」=井上の意味ともいう。

行方郡42
 
 玉清の井(槻野の清水?というものからは、かなりイメージは遠い?) 

行方郡44

 井上神社 (なぜここに昔、山幸彦:彦火火出見尊が祀られていたのか?)

 やはり、海幸彦・山幸彦神話をこの地にあてはめたら何かが見えるのかもしれない。


常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/07/16 12:30

風土記遺称地めぐり-行方地方(第2弾)

 常陸国風土記の遺称地を巡ってみようと、ふるさと風の会で7月半ばに行方地方を巡りました。
しかし、予定していたところの60%くらいしか回れませんでした。
そのため残された地区を第2回目として10月に回る計画を立てました。

道が不安な箇所もあり、昨日、確認のため、一度一回りしてみました。

1,国神神社(行方市行方)

P9281181s.jpg

行方郵便局の信号の少し先の道を斜めに戻るように曲がった方が広くて間違わない。
また国神神社から畑の中を元の通りに戻る道は車が通るには厳しい。

2,常光院(小高)(佐竹氏菩提寺)

P9281183s.jpg

このお寺は1591年の佐竹氏南方33館仕置きにより、ここ小高氏から佐竹氏に変わった時に、佐竹氏の寺をここへ移したものです。
このため、佐竹氏が秋田へ転封となった時も、この寺の法灯を消してはならないと、家臣18名が残り、今も佐竹公の寺として法灯が受け継がれています。
鹿島、行方地方で唯一の佐竹公が建立した寺となっています。

昔、この寺も見て回ったのですがすっかりきれいになり、本堂なども見違えるばかりになっていました。

3,皇徳寺(小高氏菩提寺)

P9281206s.jpg

南方33館仕置きにより滅ぼされた小高氏(平氏)の菩提寺です。
前に記載した常光院のある場所にありましたが、佐竹氏に城を奪われてからは場所を点々と変え、西暦1700年から国道に近い今の場所に移っています。

4,大麻(おおあさ)神社(麻生)

ここに行く前に、麻生城跡に立ち寄った。
狭い道を上るので、前に数度来ているが、少し確認しておきたかった。
そして、山から下りて、国道に出ないで国道に平行に進んで、麻生の町の通りにでた。

麻生高校の先にこの神社がある。

P9281207s.jpg

そして国道に戻らずに県道50号線へ。

5,熱田神社(潮来市築地)

 この神社は常陸国風土記には出てこないが、ヤマトタケル伝説が残されている場所だ。
江戸時代に徳川光圀(黄門)が、この伝承を聞いて、草薙剣が奉納されている熱田神宮の名前をこの神社に与えたという。

6,大生神社

 元鹿島ともいわれる大生神社へ行くが、途中この辺りは道路工事も多い。熱田神社からは道なりにまっすぐ行けば着くので迷わない。
ただ、大生古墳群をもう一度場所の確認をした。
車は入れそうにないので、手前の道路わきに止めるしかなさそうだ。

7,らぽっぽなめがたファーマーズヴィレッジ

 昼食をここでとろうかと計画した。
初めて訪れたが、元小学校の有効利用に計画された、行方市のサツマイモをメインに計画されたテナントであった。
平日だけれどまあまあ人も来ていた。2Fのイタリアンレストランは営業していたが、1FのCAFEは営業中にもかかわらずお客さんはなし。
秋になったのでこれからはもう少しにぎわうとは思うが、きっと当初の期待よりはまだ計画半ばなのだろう。
千葉県の元栗源町にある道の駅紅小町のような焼き芋祭りなどを参考に計画してみるのもよいように思う。
紅小町のようなサツマイモ名称のブランド化や、この祭りのように思い切り焼き芋をみんなで焼いて、無料で楽しむのもよし。
またもっと子供が喜べる、少し遊園地的要素を入れるのもいいかな。

8,雷神社(行方市岡):相鹿の里

前のヴィレッジからここまでまっすぐに道が伸びている。
元に戻ることを考えていたが、比較的近かった。
ここは、行方郡の風土記遺称地として、あまり紹介されているのを読んだことがない。
ヤマトタケル命がこの場所に滞在し、大生の地からここへ飯を運ばせた。
その時に霞ケ浦の沿岸に小舟をつなげて並べて、この船の上を歩いて渡って運んだといわれている。
「丘前の宮」と言われる場所と推察されている。

P9281230s.jpg

ここへの入り口がわかりにくく、狭いので確認したかった。
消防小屋の横の道は狭いが、車も十分通れる。上に神社がある。

P9281231s.jpg

写真の一番左の社が雷神社だ。
またここから道なりに左に2~3分ほど進むと「相鹿城跡」の看板の場所へ行く。
つい最近下草を刈ったようで、歩いていくには問題なさそうだ。

9,鉾神社(行方市小牧)

 ここは小牧という地名だが、これは鹿島神宮の馬の管理をしていた牧があったことに由来するという。
鉾田にある鉾神社の元社である。神社の鳥居のところまではいれるかどうかを確認してきた。

P9281239s.jpg

ここにある小学校が廃校になり以前訪れた時は少し手前に車を置いて歩いて山を登るようにして入った。
今回元小学校の入り口から入ってみると、以前道路工事で通れなかった道も今は通れるようになって、神社の入り口まで車で入ることが出来た。

この先に藝都の里や小幡の観音寺も訪問予定だが、こちらは道もわかるので引き返した。

西蓮寺さんの近くを通ったら、「仏立」の旗が道路際に何本も立っていた。
今「常行三昧会」の修行中であったことを思い出した。
ただ、時間も限られていたので素通りしてきてしまった。






常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/09/29 11:54

らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ

 昨日は「ふるさと風の会」のメンバーで第2回常陸国風土記の遺称地を巡るとして、行方地方の2回目を行いました。

前回7月に行ったのですが、予定の40%くらいが回り切れず、今回その残りの場所訪問でした。
メンバーは6人。2台の車に分乗して朝9時に石岡を出発しました。

途中昼食に選んだのは、「らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」という行方市宇崎にある施設です。
白浜少年自然の家に近い場所で、廃校になった小学校を利用した観光施設です。

P9281227s.jpg

まだ学校の看板は残されています。多分あえて残しているのだと思います。

P9281209s.jpg

行方の特産品であるサツマイモを使ったいろいろな商品が販売されています。

P9281213s.jpg

大学芋をプラスチックケースに詰め放題で650円などというものもあります。
私は少し小さなケースに詰められた400円を1パック土産に買いました。
セブンイレブンで販売しても入り商品だそうです。

P9281215s.jpg

ネット販売などもしているようです。
これらの商品などは。「白ハト食品工業(株)」さまが運営をしているようです。

P9281219s.jpg

入場は無料ですが、この「おいもミュージアム」などの施設は有料のようです。
また、周辺にある農地での芋ほり体験などもできるようです。
お子さん連れなどもよいかもしれませんが、体験イベントは問い合わせてから行かれる方がよいでしょう。

P9281224s.jpg

まあ、今回訪れたのも近くの風土記遺称地である「丘前(おかさき)の宮」とも近いためでです。

施設の2回のレストランでランチをいただきました。

P9281226s.jpg

パスタ類が1200円
カレーが1500円です。

カレーも生野菜が入ったスープカレーのようです。

私が頼んだのは「きのことチキンクリームのパスタ」です。
セットに付く飲み物はアイスコーヒーを選びました。

PA121239s.jpg

PA121238s.jpg

このパスタには本当は(野菜)サラダも付くはずでしたが、この日はサラダ野菜がなくなり、ケーキがかわりに食後に付きました。

PA121243s.jpg

このお芋を使ったスイーツケーキ。かなりいけます。
サラダより何かお得な感じでした。






常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/10/13 13:24

(潮来)熱田神社の狛犬

 常陸国風土記の遺称地巡り第2回目として、先日あまり訪れない場所を巡ったが、その中に潮来市の郊外にある「熱田神社」を訪れた。
この神社は、常陸国風土記には書かれた記述はないが、ヤマトタケル伝説が残る神社だ。
県道50号線と潮来市辻あたりから大生神社をつなぐ街道との交差点付近にある。
この交差点は立体交差で、県道50号がこの神社の下を通る。

神社の詳細はむかしこのブログにも書いたので今回は省略する。
(前回記事:熱田神社(潮来市築地) ⇒ こちら1こちら2

この前に書いたブログにも紹介しているのだが、ここの狛犬の姿が良い。

atsutajinjya01.jpg

何か好きだな~。

atsutajinjya02.jpg

又こちらはキツネならぬ「鹿」(片方に角がある)である。




常陸国風土記の世界<行方郡> | コメント(0) | トラックバック(0) | 2023/10/21 15:43
 | HOME | Next »