石岡のおまつりが始まります。

 今日もまだ暑かったが、大分秋の気配が感じられるようになった。石岡のお祭りが9月18日~20日に行われるが、昨日の日曜日の晩に「たたき初め」がおこなわれた。市内の各地域で山車を引きだして伝統の「石岡囃子(ばやし)」などを披露していた。祭り好きにはたまらないようで例年張り切って参加をする人が多い。祭りの間は職場も休みにしたり、勝手に休んだり大変だ。学校の先生なども毎年参加する人がおり、その時はその先生は休みとなる。年に1度くらい熱中してもその他の時にしっかりやってくれれば何の問題もないと思っている。頑張れ! さて、この石岡のお祭りは「関東三大まつり」と地元では紹介してきた。そのおかげで、ネットで検索してみるとちゃんと認証されているようである。一昔前までは、地元だけが言っている程度の反応であったが、これも先にいった方が勝ちである。しかし、この三大まつりという三番目は多くは沢山存在するので、あまり意味はないと解釈すべきだ。それを最近「根拠がないから言うのを止める」なんてことを言うようになったとか・・・。あきれてものが言えない。
この「石岡のおまつり」は、「常陸国総社まつり」というそうだが、これは明治35年に年番制度ができた時に1年がかりで作られたものという。当時の人たちの相当の努力があってのものだろう。まったく敬意を表したい。しかし、この祭りの元となったのは、中町の矢口家本陣隣りにあった「天王社」の祇園祭であり、江戸時代中期の毎年6月1に始まり、14日に各町から風流物を出して練り歩いたという。富田のさらさが一番目でこれが現代のまつりにも踏襲されたと思われます。5番目が木之地のみろくであり、現在復活をはかっているようです。しかしこの祭りが盛んであったのは、江戸中期であり、記録も完全ではない。根拠をここに求めるよりも明治の先達が町を元気にする祭りとして創設してくれたということでいいではないか。今こそ町の活性化の起爆剤にもっともっと活用したいものである。ちなみに石岡の昔のパンフレットなどでは、関東三大祭りの残りは千葉県佐原の「佐原ばやし(大祭)」と東京府中の「暗闇祭り」ということであるが、府中の暗闇祭りは秩父の夜祭りなどと共に三大奇祭として数えられ、一般には「川越まつり」を入れているところが多いようである。これもいい加減といえばいい加減なもので、地元がそう思えば何も反対などするものではないのです。皆さん自信を持って三大祭りと言いましょう。そのためには規模ももっと大きくしなければ・・・。

石岡のおまつり | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/09/13 19:38

石岡のおまつり(1)-まつり前

これから関東三大祭りなどと言われる「石岡のおまつり」を地元にいる立場から紹介します。
私も石岡に長いわけでありませんので、わかる範囲で一つ一つ紹介できればと思っています。

祭りの名称は「常陸國総社宮大祭」といい、毎年9月の敬老の日が月曜となったので、2003年より土~月の3連休に行なわれます。今年は9月17日~19日です。

(追記:祭りの開催日は当初重陽の節句の9月9日を中日とする3日間(9月8、9、10日)でしたが、これを昭和42年(1967年)に敬老の日9月15日を中日とする3日間に変更となり、更に2003年に今のハピーマンデーの月曜日が最終日となるように変更されました。)

開催の3日間で約40万人程が見学に来ると言われています。

しかし、この総社宮の正式な例大祭は9月15日に行なわれています。

こちらの行事は神社としての正式な行事となって、石岡のお祭りとは分けて考えられているようです。

このお祭りは一般に、「佐原の大祭(佐原ばやし)」「川越祭り」と似たお祭りです。
基本的には祇園祭がベースだと思います。

この三大祭りに東京「府中の暗闇祭り」や「秩父の夜祭り」などいろいろに名前はあがりますが、これも声が大きいところと祭りに熱心なところがだんだんと一般に定着していくのだと思います。
石岡も大いにPRして、皆に認められるようになるといいと思います。

歴史的なことはまた後で紹介する機会もあると思いますが、現在の形になったのは明治35年と比較的新しいものです。
もちろん、それまでに継承されてきたお祭りなどもありますので、起点が何処になるかは解釈も分かれます。

それよりも、なにしろこの町は昔は祭りになると全てお休み、3日間街中が祭り一色になるということです。今でも全部とは言いませんが、熱心な方は仕事などやってられないのです。

私は隣り町にしばらくいましたが、子どもの中学の担任の先生が石岡の人で祭りは山車の上で笛を吹いたり太鼓をたたくので休暇をもらっていました。

こちらに越してきて、やっと祭りの仕組みが少しわかった気がしましたので、これから順に紹介しますね。

まずは、祭り前の街の様子です。
お店のショーウィンドウにおまつりグッズが並べられ、祭りの雰囲気が盛り上がります。
もう盛んに各地で太鼓の音が響いています。

matsurimae07.jpg

中町商店街にて。(以前笑魚堂さんのお祭りストラップで紹介したものと同じですね。)
山車の上で演じられる新馬鹿(しんばか)というきつね踊りのキツネさんでしょう。
三村地区に伝わるものではないかと思われます。

matsurimae01.jpg

駅前御幸通りの花屋さんで。獅子舞いの人形です。

matsurimae02.jpg

同じく隣りにあった子供の獅子舞いでしょうか。かわいらしかったので・・・。

matsurimae03.jpg

同じく御幸通りの老舗の佃煮やさん「飯田屋」さんの店先です。

matsurimae04.jpg

こちらは香丸町から入った裏通りだったか? 木工屋さん?

matsurimae05.jpg

中町の昭和初期の有形文化財「看板建築」のお店やさんの店先です。

matsurimae06.jpg

同じく中町の老舗のお菓子屋さんの店先です。

写真は2年ほど前の8月末に撮ったものです。みなショーウィンドウのガラス越しに撮っているので反射していい写真はありませんが、雰囲気はわかると思います。

では次をお楽しみに。


石岡のおまつり | コメント(14) | トラックバック(0) | 2011/08/30 06:52

石岡のおまつり(2)-まつり風景

 石岡のおまつり、午前中はこの通りも車が通れますが、午後1時から9時までは通行止めです。

それぞれの町内の伝統の山車が通りを練り歩きます。

matsuri0001.jpg

 山車では笛太鼓に鉦の音が響きます。

matsuri0002.jpg

それぞれの山車の上には大きな人形(ここ香丸町は聖徳太子です)が飾られます。
そして舞台ではこれも伝統の石岡囃子が演じられます。
石岡ばやしの詳細はまた後から機会があれば説明しましょう。

matsuri0003.jpg

伝統の山車は全部で13台です。
人形は「八幡太郎」「弁財天」「仁徳天皇」「桃太郎」「聖徳太子」「楠木正成「大国主尊」「神武天皇」「日本武尊」「武甕槌命」「鐘馗」「菅原道真「静御前」です。

こうして名前を見ると全く統一が採れていませんね。

matsuri0004.jpg

中町の昭和初期の登録文化財「看板建築」や石蔵とのマッチも見逃せません。
しかし今年は各所にひび割れや屋根瓦などの損傷が見られ、現在も修理中のものなども目立ちます。

matsuri0005.jpg

その他に25騎近い幌獅子が通ると広い道も人がびっしりになってしまいます。
両側には屋台のお店が彩りを添えています。

matsuri0006.jpg

どうですか、お祭りの規模のイメージはつかめましたでしょうか?

matsuri0007.jpg

では、このあと、順を追って、祭りの神事から出し物などを見ていきましょう。

次回をお楽しみに。(毎日朝更新予定です)
 

石岡のおまつり | コメント(16) | トラックバック(0) | 2011/08/31 06:15

石岡のおまつり(3)-おっしゃい隊

 どこの祭りにも最近はギャル系のお姉さん演じる調子を合わせた息のあった掛け声と踊りが増えてきたようです。
ここ石岡も伝統の行事とともに一種独特の踊りがありますので紹介しましょう。
こちらでは「おっしゃい隊」というそうです。どうも「わっしょい」のことのようです。

でも「すきならすきとおっしゃいよ」とか?

odori 1

何時もは何処にいるんだろうと思うほど、お祭りには人が増えてきます。

odori02.jpg

もう、オジサンはこのパワーについていけませ~ん。

odori03.jpg

ねえねえ お姉さんたち、何時もはどんな格好してるの?

matsuri18.jpg

この娘たちは、3日間朝から晩まで元気です。
オジサンもパワーがほしい!

odori04.jpg

夜になると更にパワーアップしてる!! 
   

石岡のおまつり | コメント(22) | トラックバック(0) | 2011/09/01 06:00

石岡のおまつり(4)-富田のささら

朝一番の更新としていましたが、記事が多いので、本日2本目の記事を載せます。

 石岡のお祭りの神輿の先頭に立って露払いをする茨城県無形民俗文化財に指定されている「富田のささら」を紹介します。

富田町に伝わる伝統の獅子なのですが、非常に変わった独特なものです。
「七度半の迎えをうけて出る」というもので、なかなか姿を現しません。
表したと思ったら、素早く神輿の通る道を一気に駆け抜けます。

sasara01.jpg

屋台は紺地にサッカーのシンボルマークでおなじみのヤタガラスを染め抜いており、ヤタガラスも神武東征の時に大和に入る道案内をしたという神話に基づいています。

sasara03.jpg

獅子は全部で三匹です。老獅子・若獅子・女獅子といいます。女獅子には角がありません。
屋台の上では独特な動きをします。
太鼓に合わせて、黒の獅子がクルリと1回転します。(中に芯棒が入っていて、これを人が回します)

sasara02.jpg

獅子頭は2本の角を持ち、黒漆が塗られており、目や歯は金箔で、のど部には軍鶏の羽で覆われています。

歴史的にも古く、江戸時代にはこのささらは登場していますが、はっきりしたことはわかっていません。
もともとこの富田町は江戸の宝永年間まで「馬之地町」といわれ、国中から府中に馬が集まってきていた時にその中心となった場所か、そのまとめ役などが住んでいたところと思われます。

「ささら」のこの三匹獅子は関東から東北にかけて多く見られ、それぞれ独特の文化があるようです。
石岡地区ではここ富田地区と三村地区に同じようなものがあり、三村地区のささらは享保年間にはじまり、富田はそれより古いと思われ、少なくても300年以上前に始まったものと考えられています。

また、茨城県のささらは主に「棒ささら」とよばれるもので、獅子に棒を刺して、その棒を回して、獅子をくるりと回転させます。この動きは独特で、他の地方の「ささら舞」とは違った文化を持っています。

秋田の角館周辺に「ささら舞」が民俗芸能として数か所で残っていますが、こちらは常陸国を統一した佐竹氏が秋田に移った時に伝えられたものと言われています。

従って、本当のささらの期限は室町時代くらいと考えられます。
このような民俗芸能のルーツを探るのなど面白そうです。

なお、ささらの名前の由来は手にもった竹の棒をささら(編木)といい、稲穂が擦れあう擬音を表す楽器になっているとのこと。
五穀豊穣や魔よけの意味をもつものとされます。
 
次は石岡独特の幌獅子を紹介します。
 
 

石岡のおまつり | コメント(10) | トラックバック(0) | 2011/09/01 18:10

石岡のおまつり(5)-幌獅子

 さて、幌獅子(ほろじし)というのはあまり一般名的ではないですね。
これは石岡の祭り独特の物なんです。
佐原大祭や川越氷川神社の祭りなどではやはり上に大きな人形をのせた山車がでますが、この幌獅子はありません。
少し狭いところでも通れますので、いいのかもしれませんが、他ではない祭りの風情が見られます。
午後3時に駅前通りで、この幌獅子が一斉に集まってのパレードが行なわれます。

horojisi06.jpg

これが幌獅子です。
先頭は獅子舞いの獅子頭で、石岡のトレードマークのようになっていますね。
その後ろはいわゆる幌馬車の荷台部分です。
覆われる布は大概は2色のストライプ柄で、それぞれの町内で違っています。この色で区別できるようです。

horojisi03.jpg

この獅子頭は約20kgくらいの重さがあり、これが一斉に町の中を太鼓や笛・鉦に合わせて激しく左右にくねらせながら踊るのです。
なかなか壮観ですよ。
ただ、若者が一人で中で踊るので、とても長くはもちません。数人が交代交代で必死です。
でもこれがやる方も楽しいようです。

horojisi04.jpg

お~い、誰か変わってくれ~。と言っているかな?

horojisi07.jpg

どうだ、おれの方が格好いいだろう。
どの子の頭をかじろうかな?

horojisi08.jpg

主にこの幌獅子も駅前通りや、中町・香丸通りがメインですが、最初に回るところが大体決まっているようです。
中町の通りから府中酒造さんの前を通り、北向観音のところから金丸寿通りを進みます。

写真の後方に見える屋根が「富田の北向観音」です。 

horojisi05.jpg

府中酒造さんの石蔵(国の有形文化財)のわきを行きます。石岡の祭りの良さはこの風情かもしれません。

 
 

石岡のおまつり | コメント(16) | トラックバック(0) | 2011/09/02 06:10

石岡のおまつり(6)-石岡ばやし

 やはり石岡のおまつりを彩るのは山車の舞台で演じられる「石岡囃子(ばやし)」だろう。

昭和55年に、山車囃子と土橋の獅子囃子および土橋の獅子舞いが文化財の県指定無形民俗文化財の指定を受けました。
もともと石岡ばやしというものはなく、ここの「三村地区」および「染谷地区」に昔から伝わる囃子をこのお祭りにとりいれたものです。

そのため、各15名程で結成されている囃子連が24連くらい存在し、染谷流と三村流の流れが別々に踏襲されています。
またこれとは別に太田三楽斎の城のあった片野地区には排禍囃子がつたわっており、柿岡地区にも祇園祭で演じられる囃子があります。

hayasi01.jpg

hayasi07.jpg

きつねの舞い(曲は新馬鹿(しんばか))

hayasi06.jpg

おかめ踊り(曲は四丁目(しちょうめ) )

hayasi05.jpg


hayasi02.jpg

hayasi03.jpg

hayasi04.jpg

ひょっとこ踊り(曲は仁羽(にんば) ) 一番多い。

このほかに、撒喜利(さんぎり)という曲があり、山車の出発の時のみに演奏されるといいます。

では続きをお楽しみに。
 

石岡のおまつり | コメント(8) | トラックバック(0) | 2011/09/02 18:23

石岡のおまつり(7)-本神輿

 石岡のおまつり1日目は「神幸祭(じんこうさい)」といい、常陸国総社宮から神様(御霊)がその年の年番になった町に設けられた御仮屋に本神輿(みこし)に乗ってやってきます。

行事は午後2時に花火の音を合図に祭りが一斉に始まります。

matsuri_1_01.jpg

matsuri_1_04.jpg

まつりの開始の合図(花火)の音を待つ各町内の幌獅子。
総社宮の参道から境内にかけて、たくさんの幌獅子と見物客でいっぱいです。

horojisi02.jpg

出発の合図を聞いた幌獅子が神社の鳥居をくぐって街に繰り出します。
合図は花火で知らせますが、神輿と供奉(くぶ)行列が動き出すのが合図になります。

しかし、その前に神様が神輿に乗り移らねばなりません(神事)。
これは先ほどの写真の先にある茅葺の随身門の奥の境内で行なわれています。

人がいっぱいで、この神事を見落としましたが、翌日の午後の明神神輿でも行なわれていましたので、後ほど2日目の行事の中で紹介します。

matsuri_1_03.jpg

神輿の担ぎ手は白装束に烏帽子をつけ平安時代を思わせますね。
皆、担ぐ前に並んで、巫女さんよりお神酒でお清めします。

mikosi001.jpg


matsuri_1_02.jpg

ここ総社宮の神輿には皇室と同じ「菊のご紋」(正式な16弁)が付けられています。
明治30年の製作です。

matsuri_1_05.jpg

かなり重そうです。しかし重量は?
神様をお乗せしているので内緒のようです。

matsuri_1_06.jpg

もう汗びっしょりですね。この神輿は街中を2時間かけて練り歩き、年番の町(今年は総社にもっとも近い土橋町)の御仮屋に到着します。
 


石岡のおまつり | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/09/03 06:30

石岡のおまつり(8)-供奉行列

 総社宮境内より神輿が町へ繰り出します。これは神輿を囲むように供奉(ぐぶ)行列という隊列を組んで進みます。
多くの見物客は街中に入ると幌獅子や山車に囲まれるためあまり行列がどのように組まれているかはわからないくらいです。

実際は
「富田のささら」-「露祓獅子」-「祭太鼓」-「真榊」-「猿田彦」-「社銘旗」-「比礼鉾」「祭礼委員会」-「四神旗」-「氏子会長」-「錦旗」-「唐櫃(からびつ)」-「神輿」-「巫女」-「宮司」-「神官-「前駆」-「氏子」「年番役員」-幌獅子(年番順)となっているそうです。

しかし、富田のささらはいち早く駆けて行ってしまいます。(詳細は前回行いました)

gyouretsu01.jpg

猿田彦と社銘旗。猿田彦はどこでも天狗ですね。神話に出てくる案内役です。

gyouretsu02.jpg

四神旗や祭礼委員会、氏子会長などの列

gyouretsu03.jpg

gyouretsu04.jpg

氏子や役員代表の人達

gyouretsu05.jpg

巫女、宮司、神官の列

gyouretsu06.jpg

唐櫃(からびつ)です。神輿のすぐ前を行きます。

taiko.jpg

総社宮の太鼓の台座にも神輿と同じく菊のご紋がついています。

また次をお楽しみに。
 

石岡のおまつり | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/09/03 18:47

石岡のおまつり(9)-奉納相撲

 石岡のお祭りの2日目(大祭)に常陸総社宮の境内で朝十時半より奉納相撲が行なわれます。
これは「茨城県高校相撲選手権大会」です。
まつりは基本として3日間ともに午後からはじまるとされていますので、午前中は見物客も少なめです。

sumou03.jpg

場所は境内の随身門脇の土俵です。
普段は使われることがほとんどありません。
この随身門は最近修理改修が行なわれたので、この写真よりきれいになっていますが、右大臣・左大臣の像は来年春まで保存修理のため持ち出されており今はありません。

sumou01.jpg

高等学校の相撲部の選手が集まります。

sumou02.jpg

茨城県は昔から相撲取りも多く、今でも相撲が盛んなようです。
皆驚くほどいい体をしています。

この相撲が終わると、午後から「明神神輿宮出し」の行事が行なわれ、

・巫女舞い(浦安の舞)
・染谷十二座神楽

が総社の舞台で披露されます。

めったに見られないものですので、時間が許せばこちらも是非ご覧になってから街に繰り出されたら良いと思います。

次回は「明神神輿宮出し」についてです。お楽しみに。
 

石岡のおまつり | コメント(6) | トラックバック(0) | 2011/09/04 06:27
 | HOME | Next »