常陸風土記の丘にいってみました

 今日は土曜日で家にほとんどいたが、本当に暑かった。いつもクーラの中に昼間いると気がつかなかったのかもしれないが、体が秋を求めているのに「まだまだ~よ」と言われたような感じであった。
この暑い中に久しぶりに常陸風土記の丘公園に出かけてみた。この暑さで人もまばらではあったがこの空間は貴重であるので、益々の発展を願っている。
P1010031s.jpg
今は人気の花もなく、暑い日には人では少ない。小学生が自転車で5-6人遊んでいた。
P1010032s.jpg
公園も暑いが木陰に入るとホットする。風はあまりないがやはり涼しい。
P1010036s.jpg
古代ハスも8月半ばでほぼ花は終わり、今はハチの巣のような花弁が奇妙だ。
tombo.jpg
公園内はまだツクツクボウシが賑やかで、トンボはシオカラトンボとやっと赤トンボが結構飛んでいた。
P1010037s.jpg
花は今は見ごろのものはほとんどない。サルスベリの赤い花が美しかった。
 公園の駐車場にはマイクロバスが1台。筑西市の俳句会様とか。俳句の会も近隣を中心に多くの人が訪れる。しかし、正岡子規の水戸紀行の時に泊まった「萬屋」旅館の跡地は知られていない。せめて看板でも設置してほしいものだ。市長さんからは「良い提案であるので「教育委員会」の方に検討するように指示した。」と4月に返事をもらったのだが・・・・。良いものを作ってもこれを皆さんに活用してもらうのは市民のみに目を向けていては活性化しない。PRもとてもへただな~。

風土記の丘近辺 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/09/04 19:49

二つの池

 石岡の風土記の丘公園は年々整備されて美しくなっているが、管理区分とPRに多少問題があるように思う。
桜、すかし百合、古代ハスなどの時期を除くと、休日でも比較的人が少ない。
この5月連休明け頃は新緑がきれいなのだが、花としてはツツジ以外にパットしたものがないためだろうか。
しかし、公園を巡る森林浴コースなども整備されているのだが、市の公園の案内にはほとんど表示されていない。
行政区分が違うようなのだが、入口の地図などにも全く別扱いだ。もったいないことだ。
こちらにとっては静かでよいのだけれど、市の発展のためには観光客ももう少し多くて良いと思う。

 今日はこの公園のあまり人がいかないところにある二つの池を紹介します。
場所は金山池の左手の少し上にあるが、会津の民家の所を左に下って木道を少し進んだところにある。
右に進むとすぐ池が現れる。この池は「雄池」である。この池の周りに遊歩道が巡らされている。

ike011.jpg 雄池

先ほどの木道を渡った先をそのまま山を左から巻くように道が上っているがそちらにまったく同じようないけがある。
形はそっくりだが少し小さめのため「雌池」とよばれている。
現地には池の名前も説明もない。
子どもたちが釣りを楽しんでいるばかりである。森ではこの時期なのにウグイスがしきりに鳴いていた。

ike02.jpg 雌池

昨日の土曜日に訪れたのだが、昼時で公園の草刈り整備の方たちがお弁当を広げていた。
いつもきれいにしていただきありがとうございます。

ike04.jpg

この二つの池の名前は龍神山の麓の池であり、昔から貴重な水源であったと思われます。雄雌の名前も山の神の名前とダブります。

この池を含めたこのエリアは「龍神の森」と呼ばれ、池の周りや森の中にたくさんの遊歩道が整備されている。
しかし、何時行っても人はほとんどいない。
散歩にはもってこいのエリアであり、天気が良ければかなり明るい気持ちの良いエリアとなっているので、もっと多くの方に知っていただきたいと願っている。

私のHPに、この森林浴コースを紹介するスライドをUPしているので興味がある方は見てくださいね。(→こちら)
(BGMをつけていますので、会社などで見る場合は音量を調節してください。)

 

風土記の丘近辺 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2011/05/15 10:56

白い藤

 風土記の丘公園の入口の高台に藤棚がある。ここから公園が見渡せる場所となっている。
この藤の花は今まで普通の紫色の藤ばかりだと思っていたが、よく見ると白い藤の花と紫の花が別々に咲いていた。
白い花は珍しいので写真に撮ったのであるが、この藤なかなか上品な白であった。

fuji01.jpg

fuji02.jpg

fuji03.jpg




風土記の丘近辺 | コメント(20) | トラックバック(0) | 2011/05/16 19:36

今年もスカシユリが順調に育っています。

 5月17日2度目の投稿です。

風土記の丘公園の花は、桜についで人気のある「スカシユリ」がもう1カ月くらいで咲きます。
先週末に行った時はまだまだでしたが、6月中旬から末にかけて今年もきれいな花を咲かせてくれそうです。
この花の時期に是非是非訪れてみてください。

sukasiyuri01.jpg

今はまだつぼみもまだのようですが、すくすくと順調に育っています。

sukasiyuri02.jpg

今月末くらいになればつぼみのはっきりしてくるでしょう。


以前6月末に撮影した時のスカシユリです。花の時期は意外に短いですね。

yuri04.jpg
 

風土記の丘近辺 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/05/17 21:15

風土記の丘

6月5日(日)2度目の投稿です。
先月の15日に風土記の丘に行きスカシユリの状況をお伝えしたのですが、市のホームページを見ると「ユリまつり」が6月11日(土)~26日(日)までとなっていたので、まだ早いとは思いましたが様子を見に行ってきました。

P1010040s.jpg

さて、入口の坂のアジサイはこんな具合です。あと2週間くらい後の方がよさそうです。

P1010042s.jpg

スカシユリは下草取りの手入れの最中です。
手入れしていたおばさんに聞いてみました。

「来週はもう花は見れますか?」

「今もみんなで話していたんだが、今度の日曜には咲くと思います。こればっかりはわからないけど・・・。
まあ満開にはならなくとも咲きだせば早いから。見に来たのにもう終わってたと言われることもあるで・・・」

「前に6月末に来て満開だったのだけれど、今年は少し早いのかしら?」

「・・・・」

P1010044s.jpg

つぼみは大分大きくなりました。あと1週間くらいで咲きだして、2週間くらいは楽しめそうです。

P1010045s.jpg

ユリの奥の白い花はハナミズキみたいですが「ケナシヤブデマリ」の花のようです。

P1010046s.jpg


P1010047s.jpg

ユリまつりの看板と「時の門」。まつり期間中有料ゾーン入場者には「ゆりの小鉢」プレゼントだそうです。

風土記の丘近辺 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/06/05 16:13

風土記の丘花だより

 本日(6/25)2度目の投稿です。今日は涼しくて助かりますね。

 常陸風土記の丘に様子を見に昨日の夕方行ってきました。
しかし、もうすべて営業も終わりひっそりしていました。
もっとも、何時もこの時間が多く、人の多い時は敬遠するので、いつでも無料で入れるのはいいですね。

fudoki01.jpg

紫陽花の花。

fudoki02.jpg

スカシユリの花。時季をずらして咲くようにまだつぼみの列のある、来週もよさそうです。
昼間の休日はユリまつりで少しにぎわっているのでしょう。

fudoki03.jpg

花ショウブが今年は少し目に付きましたが、もうすぐ終わりですね。
7月末からのの古代ハスもいいですね。
お閑でしたら一度お出かけください。



風土記の丘近辺 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/06/25 13:28

風土記の丘再び

本日2度目の投稿です。

 今日は七夕。親父の命日でもある。墓は東京郊外にあるのでなかなか行けないが、命日はおぼえやすい。
今年の夏は電力事情で土日出勤の木金休みと変則となった。
今日は平日の休みで、また、風土記の丘に行ってきた。もうユリも散ったかと思ったが、まだ見ごろの所もあった。

fudoki01_20110707115335.jpg

最近写真もアングルが少し気になって、記念撮影から卒業しなくては。てな訳でアジサイをこんなアングルにしてみました。向こうに見えるのが「金龍橋」です。

fudoki02_20110707115335.jpg

公園の休み処より「時の門」を眺めました。「近世」「中世」「古代」の門をくぐります。
門の右手の大きな木が気になります。葉をみるとどうやら「ホウノキ」のようです。
葉をとってきて「朴葉味噌」など焼いて食べてみたいなどとすぐに食い気が・・・。

fudoki03_20110707115335.jpg

古代ハス(大賀ハス)がもう咲いていました。時期はこれから8月半ばまで楽しめますが、ハスが咲くのは朝早くようです。

fudoki04.jpg

でもまだほとんどは蕾です。シオカラトンボとのツーショットもイイ?
でも何故「塩辛トンボ」っていうの?Wikipediaには「胸部~腹部前方が灰白色の粉で覆われるようになってツートンカラーの色彩となる。この粉を塩に見立てたのが名前の由来である」となっていますが、どこか解せない・・・。

fudoki06.jpg

朝小雨が降っていましたので、睡蓮の葉には水玉が丸くまるまって・・・。

fudoki07.jpg

まだスカシユリも咲いていました。でも今週末で終わりでしょうね。

次のイベントは「観蓮会」があるはずで、案内のチラシなどがないかを探しましたが何処にもありません。
市の観光協会のHPにも載っていないし、風土記の丘のHPもほとんど更新されていない。
やっと平成23年度予定表が出てきたが7月30日となっていた。
心配になり、風土記の丘の受付窓口に聞いてみた。
女性の方が日曜日と思いますのでちょっと聞いてみますと、そこの男性の方にきいてきました。
月末の日曜日の朝7時となっていると教えてくれましたが、どこかこの市の観光行政は間違っていますね。

1)今の時期にチラシが貼っていない。
2)案内のホームページが間違っていても気がつかない。自分たちではほとんど見ない?
3)対応はにこやかに・親切に。接遇大歓迎!
4)売店の名物は? 石岡名物は? 何もわかりません。
  どうぞ遠慮しないでこれが良いというものを前面に出して。

どうかよろしくお願いします。
もっとも私も苦虫を噛み潰したような顔だと言われていますので接客には向きません。
 

風土記の丘近辺 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2011/07/07 12:34

古代ハス

 府中六井はもう一つですが、少し置いておいて気分転換。
本日朝5時起床で、風土記の丘へ直行。ハスが咲いているかと思ったが、一角のエリアだけが咲き誇っているだけでいるだけで、まだもう少し先のようです。

fufoki01.jpg

この古代ハス(大賀(オオガ)ハス)は、各地にて栽培されるようになってきましたが、花はかなり大きくて立派です。
やはり「観蓮会」の7月31日(日)くらいが見ごろなのでしょう。
この会は毎年行っていますが、朝7時から9時ころまで行なっています。

fudoki02_20110712181508.jpg

まだつぼみが多いですね。これは2~3日内に咲くのでしょう。

fudoki03_20110712181508.jpg

全体では、この一角だけが咲いているだけで、メインの場所はもう10日程先のようです。

今朝は日が上ったのに曇っていました。8時過ぎには夏の太陽が照ったのですが、この時はまだ少し薄暗く、カメラのオートフラッシュがつきました。
ジョギングや散歩の人がチラホラいましたが、カメラマンは一人もいませんでした。

数年前の観蓮会の様子は→こちらを参照ください。
 

風土記の丘近辺 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/07/12 18:31

柏原池公園

 風土記の丘へ朝寄った後、こちらの柏原池公園に立ち寄りました。
この公園の池の周りにはジョギングやウォーキング用の遊歩道があります。
足への負担を和らげる素材で道路を作っていますが、一周600mと比較的短いので、カロリー消費を考えると何回も廻らなければなりません。
朝早くには今日も10人近く歩いていました。

kasiwabara01.jpg

ここの公園は桜でも有名ですが、公園の中心はこの池と水鳥、それに真中に配された赤い屋根の休憩処です。
誰の設計でしょうか? きれいですね。

kasiwabara02.jpg

ここの水鳥は何故ここにいるのでしょうか。誰かが放したものでしょうか。
飼っていたものを放したものもありそうです。亀が1匹増えていました。

kasiwabara03.jpg

この公園は新しそうですが、実は歴史は長いそうです。昔から市民の憩いの場所だったのです。
ここの水が山王川になっているのですが、ここへ流れ込んだり湧き出している水の元は龍神山だったのでしょう。
この場所から見える龍神様が今のような姿になってしまったのはこの石岡市の現在の姿を現しているのです。

この公園からはじまる山王川をきれいに、園部川または恋瀬川から水を引いて、豊かな川へ復活し、川沿いに遊歩道を整備して、街中に水のきれいな場所を復活してほしいと願うのは私だけでしょうか?

古都といわれる場所にこの多くの伝説が残されている柏原池と川は石岡の血液となっていなければいけないように思います。
龍神山の復活が望めないなら、2次的な手段を考えるべきでしょう。

昔、龍神山に棲む龍が毎晩美しい少女になってこの池に現れたという昔話(こちら)などを想い浮かべながら散歩するのもいいですよ。

ここの水を引いて田を作った跡が見つかっているのですから、歴史的な検証もして、資料もわかるようにしてほしいものです。
ここを訪れる人に昔の写真などを展示して、龍神山が立派な姿をした山であったと覚えていてほしいものですね。
昭和60年に開園したこの新しい柏原池公園ですが、昔の池は今の池の2倍位あったようです。
その風景はさぞ壮観だったのでしょう。
街創りの根幹にきれいな水を考えるべきだと最近特に思うようになってきました。
 

風土記の丘近辺 | コメント(7) | トラックバック(0) | 2011/07/13 06:07

古代ハス(常陸風土記の丘公園)

 本日(7/29)休みだったので、雨が上がったのを見て風土記の丘へ行ってきました。
2000年前のハス(大賀ハス)が咲いていました。
時間的には10時頃だったので少し遅かったのですが、雨あがりもまたいいですね。
今度の日曜日に「観蓮会」が朝6時~9時にあります。
お近くの方は一度行ってみてください。

hasu02.jpg

古代ハスは皆ほとんどピンクの可憐な色合いです。純白のハスもきれいですが、昔の花だと思うとまた違った思いがします。

hasu01.jpg
  

風土記の丘近辺 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/07/29 17:24
 | HOME | Next »