お盆風景

 昨日8月13日は旧盆を行っている多くの地方で、先祖のお墓を先祖のお迎えのために多くの人が訪れたと思う。ここ石岡も旧市内には多くのお寺があり、夕方から提灯を持った家族連れが歩いて市内のお墓を訪ねるため行列ができるほどであった。私のふるさとはどこになるのかはっきりしない。企業にいた時も新潟県生まれではあったが県人会には入っていない。しかし、今は東京に父が眠るお墓があり、1週間前にお墓参りをしてきた。お寺の住職に聞くと7月のお盆と8月のお盆の割合が丁度半々くらいだという。また、都会では歩いてお墓に行ける人は少なく、電車や車でいくことになる。そのため、逆にこちらのお盆の風景は私にとっては新鮮である。
お彼岸にもお墓を訪れる人は多く、茨城では、お盆と彼岸の時期が一番お花が売れるらしい。他県の倍くらい売れるようだ。こちらの特徴は、自分の先祖のお墓だけでなく、知り合いの墓にもお花を持っていくので、一人で何束も抱えている人を多く見かける。東京では聞いたことがほとんどない。また、市内にあるお寺やお墓の数もかなり多いと思う。ちょっと路地を入るとお墓がある。お盆には家を離れた家族が戻ってきて、楽しい話も多く語られるのであろう。良く言えば市内は家族的で、近所付き合いも良いが、悪く言えば、よそ者には排他的で近視眼的にしか物事を見ることができない。
街起こしをしたいと、よそから来たものが熱心であっても、なにか白々しさがあるように思うのはこちらの僻み根性かな?他所から来た者には感じられて、中に入っていて当たり前に思ってしまって感じられなくなっている部分がかなりありそうに思う。他所からの人を沢山受け入れていくか、自分たちが海外も含め、他所を見てくることが大切だ。ここで注意が必要なことは旅行者のパックツアーに行ってその土地を知ったことにならないことだ。今の中国人が多く日本に来て買い物をしていくが、これは一昔前の日本の姿でもあった。きっと現地の人の本音は見えていなかったのかもしれない。今のままでは茨城空港に降り立った外国人はこの街を素通りしていくのみであろう。

街中の様子 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/14 15:19

丁子屋とかき氷

 石岡の中町通り(昔の水戸街道府中宿)には江戸末期の建築物である丁子屋(ちょうじや)がある。昭和4年の大火の難逃れた唯一の建物と言ってよい。昔は染物屋であったが、今は市の観光用の施設 まち蔵「藍」として使われている。今年の夏は特に暑く、店の前を通ると店の前に出した椅子とテーブルに子供たちが群がっていた。お目当ては「かき氷」で昔ながらの手でハンドルを回して氷を削っていました。なんでも100円という安さですから・・・・。今年の夏にはピッタリですね。また子供たちも私の昔の風情と変わらぬ昔風でした。まだ、石岡には駄菓子屋さんもあります。こんど紹介します。
choojiya.jpg

街中の様子 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/17 19:39

製氷店

 お盆が終わったが、暑い日が続いている。今年はセミが少ないとも聞くが、我が家では多いと思う。先日は家の中にミンミンゼミが入ってきて飛び回った。また朝玄関を開けるとアブラゼミが飛んでいく。そのセミもようやくツクツクボウシの鳴き声が聞かれるようになり、秋も近ずいているように感じられる。
さて、石岡の中町商店街(旧水戸街道府中宿)入口の通りの両側に古い製氷店が2軒向かい合っており、何時商売しているのだろうと思って気になっていた。氷一貫目(3.75kg)の標準サイズで400円である。右手が「魚亀仕出し製氷店」という。名前の通り、魚店との取引で成り立っているのであろう。もう一つは藤枝製氷店(本当は酢屋氷店というようだ)は夏場以外は石岡名物の獅子頭の制作をおこなっており、店主藤枝さんはこの道の達人という。弟子も数十人いるようです。今日は店番をしながら居眠りをしていました。夏の一風景ですね。
koori01.jpg

街中の様子 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/18 19:12

交通調査

 今日も暑かったが、夜はクーラを入れなくても過ごせている。秋も近付いてきていることを感じる。今朝最近開通した恋瀬川の府中橋から6号国道につながった道路で交通調査をやっていた。先日も香丸町の通りで調査していたので「よくやるな~」という印象であったが、橋の両側にそれぞれ2-3人ほどの人が日よけのテント張って丸一日かかりでやっていた(朝と夕方に通ったがともにやっていた)。調査の結果、町の発展に寄与してくれればよいなと願うのみだ。府中橋とは恋瀬橋より一つ山側の橋である。近くの田んぼではもう一部で稲刈りが終了していて早いな~と思っていたのだが、気になっているのはこのあたりの恋瀬川の風情である。最近川の浅瀬によくシラサギがとまっている。今までもう少し高浜寄りでは良く見かけたが、この辺りではそれほど見かけていなかったように思う。昨年この橋の上でカワウソのような動物を見かけた。あまり動物に詳しくないのでイタチなどを見誤ったのかもしれない。日本カワウソはほとんど絶滅に近いらしく見かけたとしてもヨーロピアンカワウソとは思うが、交通調査をするなら川に生息する動物なども調査してほしいものだ。年々人の通りも少なくなり、シャッターを下ろす店もかなり出てきている。それなのに、やることは街中という狭い枠だけで物事をとらえ、外への広い視野がない。「茨城の名前発祥の地」などというあやしい内容をもっともらしく看板にして、それも「野バラがたくさん生えていたから」などというのはもう止めにしてもらいたいものだ。

街中の様子 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/26 22:46

藤原不比等の子孫?

 さて、石岡の町中で自分の祖先の話が良く聞こえてきます。
先日ある方の話として、「先祖が藤原不比等です」といわれたのを又聞きしました。
直接伺ったわけではありませんので「それはすごいですね」とも言いませんでしたが、
またある方は「私の先祖は平安時代に都よりこちらに来た公家です。」などといわれます。
私は昔の祖先がどのような方であるかにはまったく興味がないので、お話は「そうですか」と聞くばかりですが、逆に何かこんな話題が普通に聞かれる環境に驚かされてしまいます。
 私の家系は新潟でその昔、平家方のようですが、本家では家系図を大事にしており、1000年くらい遡れるような話も聞いていますが、一切興味はありませんし、確認したこともありません。
民族はほとんど混血で進化してきました。純潔では却って退化する危険があります。
日本は島国で、単一民族だなどと寝ぼけたようなことを言った国会議員もいたそうです。
 ところで、藤原不比等は藤原鎌足の息子で、藤原家を発展させた祖といわれます。
藤原鎌足は中臣鎌足であり、大化の改新で名前が出てきますね。
この中臣家は九州から大和に登り、そして鹿嶋にやってきたと思われます。
鎌足はその名前からも鉄に関係しているのでしょうか。
鹿嶋の生まれではないかと考えられています。
出生の説はいろいろありますが、奈良の春日大社は鹿島神宮崇拝の象徴でもあり、鹿嶋出生説が正しいように思われます。
藤原不比等の娘が光明皇后(聖武天皇后)で、このあと皇族とかかわり権力を持って行ったと思われます。
しかし、光明皇后は貧しい人に救いの手を差し伸べ、薬草を集めたり、非常にボランティア的な働きをしていますので人間的な魅力もありますね。
光明皇后の亡き後に建てられた「法華寺」は全国の国分尼寺の中心となりました。
法華寺の十一面観音像はこの光明皇后をモデルにしたといわれ、本当に傑作です。
私の大好きな仏像の一つです。学生時代京都にいた私の妻もこれが一番好きだといっていました。
国分寺や国分尼寺などはこの聖武天皇や光明皇后とつながっているので興味がわきますね。

街中の様子 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/10/30 19:10

恋瀬橋と6号バイパス

 今日はクリスマス。
昨夜はイブであったが、今は子供も離れているので祝うこともなかった。
子供が小さな時は仕事も忙しく、毎晩夜中の帰宅でクリスマスも子供のプレゼントだけが楽しみなことだったように思う。
我が家の3人の子供に夜中にそっとプレゼントを枕元においてサンタさんを演じていた。
比較的大きくなるまで子供たちもサンタさんを信じて楽しみにしていた。
朝起きた時のうれしそうな顔を見るのが楽しみだった。

 その子供たちも大きくなり、来年春には末の息子も社会人。
どうにか親の責任を果たしたことになるかな?

昨日、府中城を名古城といった赤穂の山鹿(やまが)素行の話を紹介しました。
また今夜テレビで赤穂浪士が放送されるとか。
その中で、大石内蔵助が討ち入りの時に打ち鳴らされる太鼓は「山鹿流陣太鼓」と言われて、どのドラマ、演劇などでも必ず使われます。
これは山鹿素行の山鹿流兵法に由来しているのですが、実際にはこのような陣太鼓はなかったそうです。
後の創作ですね。でもこれがないと話がしまりませんね。
討ち入りは12月14日ということですが、今の暦(西暦)では1月30日とのこと。
和歴が西暦(太陽暦)に変わったのは明治5年12月3日で、この日が明治6年1月1日になったそうです。
ですから昔は月の動きがとても大事だったのですね。
人々も敏感に月の満ち欠けなどを気にしていたのでしょう。

 今日は朝から天気が良いので恋瀬橋に筑波山を見てみたくなり8時半頃出かけてきた。

koise01.jpg

ここからの筑波山の眺めはいつ見ても素晴らしいですね。

koise02.jpg

しかし、この橋の東側は現在6号バイパス道路という名の道路と橋の工事中です。
現在は橋の陸上部の土台となる土盛りができて、しばらく風雨にさらして固まるのを待っているところのようです。工事再開はもう少し先なのでしょう。

koise03.jpg

新しい橋は青(緑)色に塗られて川の水の上だけはすでに架けられています。
橋の反対側(東側)に回ってみると橋の上に筑波山が見えました。

koise05.jpg

この橋の北東側(下り方向)は舟船塚山古墳や中津川遺跡の方向です。
古代(縄文・弥生時代)の豊富な遺跡の残る貴重な場所なのです。
毎年のように調査が繰り返されていますが、その都度新しい発見があるような場所です。
遺跡が壊されないかとても心配です。

道路ができれば、恋瀬橋の混雑は解消されるでしょう。
しかし、石岡と言う古都は益々衰弱してしまうのではないでしょうか。
仕事量が増え、暮らしに役立つという見方も当然あります。
同時に、将来を見据え、子供たちが笑顔がはじけるような町作りを進めてほしいですね。

 この続きはまた明日書きます。

街中の様子 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/12/25 18:20

恋瀬橋ロードパーク

 昨夜はテレビで赤穂浪士が放送されたが、あまり面白くはなった。
やはりバタバタと撮影されたためかあまり深さを感じられなかった。
視聴率ばかり気にするテレビではこんなものかもしれないが・・・。

 今日は昨日の恋瀬橋の続きです。
現在の6号国道に架かる恋瀬橋は、平成13年に建て替えられたものです。
その前は今より少し西側にありました。
この橋ができたため、橋のたもとにあった店は道路が行き止まりとなり廃れてしまいました。

しかし、この旧道と新6号との間のポケット部分に「恋瀬橋ロードパーク」が建設されています。
地元の人間にとってはあまり利用しないのですが、他所から来られた方は時々立ち寄られているようです。

駐車場ときれいなトイレ、それに観光案内板。
この地が石岡市とかすみがうら市の境に位置するため、地図、見どころ案内などが両市のものが載せられています。

koise00.jpg

両市の共同となっているのは面白いですね。さてどちらの方が魅力的でしょうか?
どちらも分かれるのではなく、同じところに混ざり合う方が本当は歴史などの理解にはありがたいのですが・・・。

koise06.jpg

ロードパークのトイレと小型車の駐車場です。この手前に大型車の駐車場があります。

koise07.jpg

平成13年に作られた橋の欄干入口部に立てられた石板には恋瀬川と筑波山の絵が描かれていました。

koise08.jpg

ロードパークにはその前まで使われていた橋の親柱と欄干の一部が残され、展示されていました。
私も何度かここを通っているのですが、気がつかずにいました。
現地の説明板によると。「昭和6年から70年間使われた」となっていました。

石岡の大火が昭和4年。すぐに復興して昭和天皇がこられたのが同じ年でした。
この頃はまだ自動車などはほとんどなかったのですから、どんな風になっていたのでしょうか。
ただし、上の写真は橋の幅や長さが実際よりかなり小さくなっていますね。
 

街中の様子 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/12/26 18:22

府中橋連絡道路の工事

昨日まで書いてきた恋瀬橋は現在バイパス道路の工事中ですが、その逆の山側の恋瀬川に架かる橋は「府中橋」という名前がついています。
常陸総社宮を下りた(昔はこちらが入口で、ここに下池があった。今は小さな広場)宮の下から志筑(しずく)へ向かう道路の恋瀬川に架かる橋です。

この橋を渡って道路は右折していたのですが、真っ直ぐ山を切り開いて6号国道とつながる道路が今年完成しました。
今、更に今度は橋の手前から355号バイパス(旧有料道路)の昔料金所があった辺りまで真っ直ぐ結ぶ道路を工事中です。
今まで少しまわり道になっていたのを最短で結ぶことになります。

koise09.jpg

工事中の写真も残しておかないとそのうち当たり前になって、忘れてしまいますから・・。

koise10.jpg

道路工事にしては何か高い機械がたくさん。 どうもこれはこの場所が田圃であったためのようです。
きっと地面にパイルを打ち込んでいるのではないでしょうか?

koise11.jpg

何か意外にも周りの雰囲気と違って、不思議な景色が生まれていますね。
何時完成かわかりませんが、結構急ピッチです。
 

街中の様子 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/12/27 19:38

みかん

 今日はもう28日だ。今年もわずかになった。
海外と仕事をしていると、クリスマス休みから正月1日か2日まで休むところが多い。
クリスマス前頃には逆に日本には休みの間の見積もり依頼なども多い。
夏休みなども同様である。
逆に日本のゴールデンウィークは海外でも有名で、日本の休みが多いと良く指摘される。
中国は1月末から2月が正月休みだ。

日本でゴールデンウィークを分散させる話があった。
まったくナンセンスだと思う。
今やある地域だけで取引している会社など少ない。発想が貧弱だと思う。

もう、年末のこの時期になれば皆バタバタとしてのんびりブログどころではなくなりそうだ。
従って、地域の紹介などもある程度少なめに留めておきたいと思う。

我が家の庭にミカンの木があるが、今年は「たわわ」に多くにミカンの実がついた。
前にも書いたが「たわわ」は「撓む(たわむ)」からきているが、この言葉は縄文語で、山と山の間の低い部分、すなわち峠のことだという。言葉も知れば面白くなる。

いままでに何回も採って食べてきたが、今回は残りを全部取ってみたら100個くらいまだあった。
少し小粒で酸っぱさもまだ残っているが、それでも十分美味しい。

実のなる木が庭にあるのも良いものです。おなかがすいたらミカンでも多少は腹が膨れる。
昔、私の母が戦時中に静岡に住んでいて、「ミカンばかり食べて手も顔も黄色くなった」と言っていたのを思い出した。
 

mikan1.jpg

こんな写真を載せてもしょうがないのだが、記念に残しておこう。

地元には「筑波みかん」というものがある。
八郷の山側から行方あたりまで栽培されているようだ。
皮が薄く、昔ながらの味がするという。
しかし、一般的な温州ミカンがやはり一般的で、最近は甘く食べやすいものが増えた。
筑波ミカンは別名フクレミカンともいうそうでフクレは「福来」と書き、この皮を干して細かく切って唐辛子に混ぜて使われるといいます。

この唐辛子はまだ試したことはない。
 
 

街中の様子 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/12/28 19:21

梨の花が咲いてます

桜の花が散ったと思ったら、あちこちの梨園に白い花がいっぱい咲いています。
ネットで覆われているので花がすぐに目に飛び込んで来ないのですが、もうそこらじゅうで咲いていました。
茨城県は梨の生産高は全国2位だそうです。
では1位はどこでしょう? 二十世紀梨が有名な鳥取県と思ったら、千葉県だそうです。
鳥取県は平成13年まで1位でしたが、幸水・豊水におされて三位に後退してしまったのだそうです。
茨城県でもこの辺りは梨園がとても多いところです。今この時期に雹が降ったりするとその年の生産に悪い影響があるようです。
今年は大丈夫でしょうか。8月~9月の収穫に向けて、甘い梨の実をつけてくれるでしょう。

P1010012s.jpg

歌舞伎界を「梨園」と呼びますが、唐の玄宗皇帝の時代に芸術家を集めて芸を磨いた場所が梨の植えられた梨園であったことに由来するそうです。
私などは三国志の最初の方に出てくる劉備・関羽・張飛の兄弟の契りを結んだ桃園の方がすぐに浮かんできます。

P1010013s.jpg

このあたりの梨は「幸水」「豊水」が主体で、袋をかぶせない無袋栽培がほとんどです。幸水は8月中旬~下旬の2週間。豊水も9月初め~中旬の2~3週間です。短いですね。

P1010014s_20110423093945.jpg

梨の花も良く見るととてもかわいい花ですね。

街中の様子 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/04/23 17:21
 | HOME | Next »