夏の日差しが傾く中で

はじめまして。企業を定年退職して2年が過ぎ、新しい挑戦にもチャレンジ中です。
常陸の旧国府である石岡市に越してきて6年が過ぎました。
歴史などに何の興味もなかった私が、この場所に来て何か古いものがとても懐かしく感じいろいろ場所を訪れるようになりました。
今は埋もれた古道を探索中です。
昨日、銚子に用事があっていってきましたが途中の大杉神社には「天狗のふるさと」の看板があり、阿波(あば)神社なども徳島阿波の関係を感じます。
また利根川の水門は朝方は海側は激しく波が渦巻いて鳴門の渦潮のようでしたが、反対側の川の流れはとても穏やかに流れ、穀倉地帯の稲も大分穂が実ってきていました。
とてものどかな風景でした。
利根川とともに常陸川の標識板がとても印象に残りました。
鹿嶋・香取に挟まれた水郷地帯はきっと昔は水運が盛んで多くの物資が運ばれたに違いありません。
成田線にある木下(きおろし)駅は昔材木を川に下ろす場所が名前の由来です。

URL:1300年の歴史の里石岡ロマン紀行

あいさつ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2010/08/11 16:27

本牧メルヘン

今日は台風が日本海側を北上している影響で風が強く、暑さの点では助かっている。
韓国へ上陸したはずの台風が日本列島に戻ってきて大きなニュースになっている。
日本のニュースや天気予報も日本列島ばかりで隣国である韓国はニュースにならない。
もし、同じように報道していれば距離感なり我が国の立地と他国との関係などももう少し身近に感じられるに違いない。
ここ石岡も多くの百済人(要人)が自国が滅ぼされた時にやってきて土着したようである。意外に身近なところに大和民族や朝鮮半島人、アイヌ人や縄文人が住んでいたことに驚かされる。
ところで、先日NHKテレビの歌謡番組で鹿内孝が「本牧メルヘン」という歌を歌っていた。
私は生れは新潟県であるが幼い時から小学1年生までこの本牧(横浜市)に住んでいた。
1972年に発売されたこの歌はほどほどのヒットで記憶にある人は多くはないと思うが、変わった歌詞が私の小さかった時の思い出と共に蘇った。
 本牧で死んだ娘は鴎(カモメ)になったよ
 ペットのブルースに送られて  (ペット:トランペット)
 踊るのが大好きといってたあの娘が
 さびしさに耐えかねて死んだのさ
 ジョニーもスミスの泣くのを忘れて
 海鳴りに向かって歌っていたよ
 本牧で死んだ娘は鴎になったよ
 なぜかしら誰でもがそう思う
まったく寂しい歌である。作詞家の阿久悠が「あまり売れなかったが何故か愛しい歌」として選んでいる。
  URL:阿久悠「あんでぱんだん」
阿久悠はこの後大ヒットとなった「ジョニーへの伝言」を書き、ジョニーを再登場させているのである。
私が本牧で育った頃は、まだ戦後の貧しい生活があたりまえで、アメリカ兵の後についていけばチョケレートが貰えた。「ギブ・ミー・チョコレート」の英語を知らぬ間に使っていた。
アメリカ兵と付き合って派手な服装をしていた日本娘は「パンパン」などと呼んで蔑みのことばで呼ばれていた。
しかし、当時アメリカ人の屋敷が広大な敷地で一面の芝生の緑が目に焼き付いてもいる。
こちらは粗末な家に住んでいたが、うらやましいとは感じなかった。まだ家がなく海岸沿いの崖に掘られた洞穴や山の上にある御堂に住んでいた人もまだいたし、学校の同級生にもいたのである。
恐らく、ここ石岡では経験することはなかったと思う。阿久悠があえて国籍不明の(無国籍の)歌を作ったのも、またその象徴として本牧を選んだのも何か今となって感じるものがある。やはり阿久悠は天才なのであろう。
ここ石岡に来て、この町を見る感性がきっとこの頃からのものなのかもしれない。
本牧は昔海だったところは埋め立てられてはるか先に行かなければ海がない。昔は海苔などを採る漁師も大勢いたのだが・・・・・。

子供のころ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/12 10:24

映画「ひまわり」

台風が過ぎ今日もまた真夏の暑さが戻ってきた。
夏の花といえば「ひまわり」であるが、1970年に公開されたマルチェロマストロヤンニとソフィアローレン主演の映画「ひまわり」がある。この映画の冒頭に一面のひまわり畑がでてくる。そしてヘンリー・マンシーニの心にしみてくる音楽である。映画音楽がこんなにせつなくなるほど映像とマッチした作品を私は他に知らない。
最初に日本で上映された時にはあまり感動は少なかったが、仕事の関係でモスクワからウクライナへを回ったときにウクライナで一面に続くひまわり畑を目にしてもう一度見たくなってビデオを借りた。
そこに映し出された映像はまさにウクライナのヒマワリと同じであった。この映画は初めてロシアに西側のカメラが入ったことで話題となり、ひまわりの撮影場所ははっきりさせていない。モスクワ近郊で撮影されたと書かれたものも見ているが、まさにそれはウクライナの景色であった。モスクワでは地下鉄が川の上を渡るところやサッカースタジアムなどはまさにモスクワとわかったが、このひまわりはウクライナであると思う。しかし、旧共産圏ソ連連邦の一員から1991年に独立して、土地も住民に分け与えられ、その土地をまた大量に集めてひまわり畑にしていったと考えると、1970年当時に本当にウクライナが現在のようなひまわり畑があったのかはわからない。私の推測でしかない。映画ではこの延々と続くひまわり畑の下にイタリアやソ連などの多くの兵士が眠っているという。戦争の無残さを映像と音楽でこんなにも人々を圧倒できることに感動を覚えたのである。
独立したウクライナはロシアとヨーロッパとの間で行ったり来たり。政権により方針が定まらない。ロシア語が学校の教科書から消えたとも聞いたが、またロシア側寄りの政権ができたので今はわからない。しかしそれにしても首都キエフは美しい町だ。高台に緑の楽園が広がっているような町である。女性も多くのファッションモデルを輩出しているだけあり美しい人が多い。しかし、現実は西側の文化に憧れをもって生活しているのである。ヘソ出しルックにタトゥーなど、これも西側への憧れなのかも知れない。またチェルノブイリ原発事故の影響は北側のベラルーシ(旧白ロシア)とともに今も残っている。

海外 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/13 16:26

横浜本牧の八聖殿

 今日は朝早くからミンミンゼミの合唱がはじまりジリジリと暑さが増してきた。蝉もこの頃になるとなにか過ぎゆく夏を惜しんでいるように忙しく鳴いているように聞こえてくる。このあたりでは蝉はアブラゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシ、ツクツクボウシなどであるが、南の地域静岡以南ではクマゼミがものすごい鳴き方で圧倒してくるようである。小学1年生まで住んでいた横浜の本牧元町ではよく近所の友達や二つ上の兄とセミ取りに夢中であった。セミ取りの網などはなかったのか、長い棒の先に針金で輪をつくりそれに朝早いまだ露が付いているくらいの蜘蛛の巣を沢山つけてから山へのぼってセミを捕まえるのである。蜘蛛の巣は粘着力があって木に止まっているセミの背に押し付けるとくっついて蝉が捕まえられるのである。この方法は今の虫取り網よりも確実で簡単であった。ある夏の日に高い木の上の方でシャンシャンシャンとクマゼミが鳴いていたのを見つけたがあまりの高さに見上げいるしかなかったことを覚えている。その後少し大きくなって伊豆の宿屋に宿泊した時、朝起きるとまわり中クマゼミの大合唱であった。このセミはミンミンゼミのように羽が透き通っているが、少し黒っぽく大きさも一回り大きくて、子供の時は自分の昆虫採集標本に加えたいと探したこともあったが横浜で鳴き声を聞いたのはこの1回だけであった。地球温暖化で今では東京あたりまで進出しているような話も聞いた。
kumazemi.jpg

さて、このセミとりの舞台が八聖殿山で、山の上に八角形のお堂があった。これは奈良の法隆寺夢殿の形を模して昭和8年に熊本の政治家が制作したものを昭和12年にこの地に移したものだという。しかし昭和30年当時にはあまり整備はされずにいたように記憶されている。今は横浜の郷土資料館として幕末からの農業・漁業などの展示品を含め無料で公開されているという。周りは本牧市民公園として四季の木々なども美しい市民憩いの場所と紹介されていました。
先日のブログで鹿内孝の「本牧メルヘン」を紹介し、懐かしくなって地図を調べて、昔とはかなり姿がかわり、小さな時の思い出の地が良く分からなくなりそうでした。この八聖殿の街と反対側はすぐ海で崖があり、怖いようでしたし、三渓園や私の通っていた真門小学校もグランドからすぐ海岸に下りられたのですが、今の地図では高速道路が近くを通りその先は石油タンクや工場が広がり、海ははるか先で、歩いてはとてもいけない程先にいってしまっていました。文明の進歩があるのは当然ですが、その変貌ぶりが激しいとどこかにしわ寄せがきます。この文明の技術の進歩が、何千年もの日本の歴史から見て、今後どのような評価が下されるのかはわかりません。でも人間って愚かな生き物か賢い生き物かよくわからなくなっているだな~。

子供のころ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/22 11:19

スカイプを使ってみました。

このブログもはじめて2週間が経過した。とりあえず毎日更新できたことで少し満足している。疲れたら休めという極意になかなか達成していないため、なにかネタを探して続けなければなどと考えているが、これでは続くわけがない。まあ書けるときのみ好きに書いていけばいいのだからノンビリやるさ。
 さて、夜はさすがに暑さは和らいできたし、虫が鳴き始めたので秋も間近になってきました。
今朝早く、イギリスのロンドンに嫁いだ娘と話をした。10月に休みを取って夫婦で日本に来ると言っていた。まだ紅葉には少し早いかもしれないが日本食を食べるのが目的らしい。インターネット電話にしているのであまり電話代もかからないのだが、娘から言われてスカイプというものを使ってパソコン同士で話をしました。簡単にやれて良く聞こえたし、今はマイクだけだけれどウェブカメラをつければ向こうの顔も見れるらしい。しかも無料だから、このようなものが広まれば電話会社も困るでしょう。海外で携帯電話でも使えるのですから・・・。最近個人の所有している書籍の電子化を請け負う会社が出てきて、しかも350ページまで100円以下なんて信じられない設定です。ただし、日本は著作権法が厳しく、本当は個人目的でも電子書籍はグレーのようです。しかし世界の流れに遅れてしまうので制度の見直しが是非必要だと思います。日本はすべて性悪説にもとづいて規制をしていくという考えのようであるが、お役人も自分たちの利権については性悪説での規制には反対らしい。既得権をいつまでも唱えていればだんだんと小さくなっていく国は沈んでいくのみと思われます。図書館の本は今や世界中のものが検索でき、しかも読めるようになるのももうすぐでしょう。いままでの技術・科学書籍なども自由に皆が使えるようになれば、きっと技術革新も進むに違いありません。しかし、その情報をうまく使えるかどうかはその人の技量によってきまってくるでしょう・・・・。

近況 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/25 21:13

道の駅

 石岡に道の駅をつくるという話があると聞いた。現在建設が進んでいる朝日トンネルの近くに計画されているらしい。つくば側からトンネルができれば朝日峠越えの道が大分近くなり笠間側や茨城空港なども近付くだろう。八郷地区の観光も脚光を浴びてくるかもしれない。頑張ってほしいと願っている。
道の駅は現在茨城県にはまだ9か所しかない。栃木19、群馬21、千葉21、埼玉19箇所などと比べても極端に少ない。似たような設備としてロードパークや直売所的なものもあり、区別がつかないほど似通ったものもある。たとえば「かつら」と「みわ」の間の緒川地区に「かざぐるま」(水戸黄門に出てくる風車の弥七の墓が近くにある)という施設がある。紙すき場の跡もある。
yashichi.jpg
「風車の弥七の墓」(本当にいたの?)
これは茨城県北西部を対象としたグリーンふるさと振興機構(財団法人)が運営しているようだ。見た目では区別がつかない。多くが地元を中心とした特産品を売っているという印象だが、あまり変わり映えしない。みわ(美和)の方にはよく行くので、「道の駅みわ」には何回か立ち寄ったことがある。比較的大きく観光バスも結構来ていた。売り物は「満天トイレ」と北斗星をイメージした建物やレストランだ。私の「歴史の里美和編」にも近くの歴史の情報を載せており、非常に興味のある地区でもある。石岡と売り込みものは似てくるかもしれない。星を見るイベントを毎年行ってもいる。しかし、ここの黒字?はこれだけではないように思う。この地区はシイタケの栽培がさかんで、リンゴなどもつくられている。売店でリンゴを買おうとして驚いた。売っていたのは長野県産(信州リンゴ)だけで、大量に仕入れて安く売っていた。実に商魂たくましく熱心であった。朝日トンネルを抜けたあたりは果樹が盛んだ。しかし、時季が決まっている。当然果物狩りとタイアップして大型バスが何台も止められるスペースがほしい。フラワーパーク、薬師古道や小町の北向き観音堂も近い。しかしこれだけではきっと他とかわらない「道の駅」にしかならないように思う。八郷のシャモ料理、有機野菜の里、かやぶき屋根の民家・・・・。少し工夫が必要だなあ~。
CAS冷凍設備をして年中果物も、牡蠣、アンコウなども何時でも美味しく食べることができる設備などがあったらな~。CAS冷凍設備は以前から私が気に入っているものだ。柏の近くにあるアビーという会社がやっている。おもしろい社長さんだ。テレビで拝見したが、とても好きである。冷凍したものは東京やつくばなどに卸すこともできる。なんて自分がやるわけでもないのに・・・・。発想を柔らかくして、発展を願うのみである。

地域振興 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/27 21:49

モスクワの地下街

 もう8月も終わろうとしているのにこの暑さである。数年前に数回ロシアを仕事で訪問したことがある。5月の半ばに訪れた時に4月まで地域暖房が入っていたのをやめたばかりなのに昼間気温が30℃になった。モスクワは個人住宅などなく多くがアパートなどの住宅に住み、週末には郊外の別荘に行く人で車がラッシュとなる。エアコンもあまり必要なかったそうだが、窓に取り付けた所が急速に増えていた。今年の猛暑は日本と同様らしい。さて、一般に観光旅行に行くとクレムリンや美術館などに行くようであるが、少し気になったところがあったので紹介しようと思う。それはモスクワの中心部赤の広場の近くマネージ広場の地下につくられた巨大な地下街である。1994年頃に3年がかりで完成したという。
moscow07.jpg
地上の広場から地下への入口(2005年5月撮影)
moscow01.jpg
地上は地下の吹く抜け部分の明かりとり用円形の窓(2004年10月撮影)
moscow05.jpg
地下街は3階建で真中が吹き抜けで広々している。(2005年5月撮影)
この地下街は地上の建物としては、今では良く見られる方式であるが、例えば、横浜のランドマーク、品川駅、成田空港など似た方式を見ることがある。現地に滞在していた人に、ここの地下の設計をするときに日本を参考にしたと聞いた。東京に見に来たともいっていたが、東京にはこのような所を私は知らない。しかし、ここに来た時に私はどこかで似た風景を見た気がした。後で思い出したが、大阪梅田の地下街である。大きなスクリーンBIGMANがあり紀伊国屋書店にいった時、確かにこのような吹き抜けの両側に店や喫茶店などがあったように思う。石岡にもし箱モノを作るなら記念に、また話題になるくらいのものを作らなければ何の意味もない。世間知らずなどと思われない自分よがりでないものを創造していきたいものだ。現地を観光で旅行した人はあまりこのような所にはいかないようだ。ロシア語しか通じないのでひとりで食べ物屋にいくのも結構大変である。まあ何の参考にもならないかもしれないが・・・・。

海外 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/30 22:44

モスクワの歩行者天国

 今日で8月は終わりである。しかしまだまだ暑さが続くという。こんな調子では生産性も上がらずバテテしまう。困ったものだ。昨日に続いてモスクワでみた町おこしのヒントについて書いてみたいと思う。
あまり参考になるかどうかわからないが・・・
 モスクワ市内の通りは文豪の名前などがついて親しみやすい。しかし「ゴーリキー通り」と呼ばれていたところは「トヴェルスカヤ通り」と名前が変わっており、これも歴史が変わっていく表れかもしれない。仙台なども「晩翠通り」などがあり似ている。土地の人に親しみが持てる名前は残してほしいものだ。
今日はその中で「アルバート通り」である。ここは15世紀末からモスクワの中心部としてこの名前が登場するらしい。しかし、ここにレストランや土産物屋が軒を連ねるようになり、1986年通りを修復して歩行者天国になった。
moscow04.jpg
土日になると近郊から人があつまる。通りの両側はレストランがテラスを出したり、モスクワの土産物「マトリョーシカ」などを並べた店が賑やかだ。通りの真中には自分の絵画を並べたり、手作りの首飾りなどいろいろなものが並びます。
moscow03.jpg
ここで、この通りの一部に変わったレンガ(タイル?)があった。何か字や数字が書かれていた。その中に日本人の女性の名前を見つけた。この通りを直したときに募集して寄付した人が思い思いの字を書いて、それが焼かれてレンガやタイルとして通りに並べられていたようだ。
そこで、提案であるが、石岡でもお金をかけて決まったタイルなどで整備するのではなく、観光客の方に、決められた大きさのイラスト付きのタイルに絵や字を好きに書いてもらい、中町の歩道や路地または、壁に貼って記念に残していけるようなイベントをやったらどうだろうか。今意外にタイルなどを焼き付ける技術は発達して簡単にできるという。一度訪れていただいた方に想い出を残してくれれば必ずまた来てもらえる。こんな提案も今春市長さん宛てにメールしたが、反応はなかった。無視されるのが一番残念だ。(まあ、続けて3-4点提案したので、最初の時だけ返事があったが、それもいい提案だから担当部署に話しておく・・・。といったまま実現していない)今年もおまつりが始まるようだ、あちらこちらで笛・太鼓の音がして練習が始まっている。それにしてもお祭りだけはどこから人が来るのかと思われるほどにぎやかだ。普段にもこの1割でもきてくれたらいいのにな~。

海外 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/31 21:06

防災の日

 今日は防災の日。企業では毎年防災避難訓練をしている。マンネリでもやって体で覚えるのが一番だとか・・・。さて、今から86年前に関東大震災が起こった。東京の地震はその前は安政の大地震であるからさらに69年前である。そろそろまた地震があるかもしれないと心配になる。
新潟中越の地震は丁度ロシアから帰ってきた日であった。大きなゆったりとした揺れが心配になりテレビで小千谷が被害にあったことを知った。私の生まれた所である。東京の母が数日後に現地に行くことになっていて、長岡-塩谷-山古志にも行く予定であった。出かけているときに地震が起こっていたらとゾッとしたものだ。あれから6年。また阪神淡路の時(15年前)もひどかった。妻の親戚が西宮にいて被害にあった。電車が止まっているのに心配で会いに出かけていた。運よく家は壊れたが命は助かった。本当に何時どこで起こるか分からない。鹿島神宮の要石のことを私のホームページに書いたことがある。茨城は本当に地震は多いが、被害にあう程の地震には会っていない。この石岡の台地も活断層は無いようだ。
 でも石岡といえば火災の被害が多い。昭和4年の市内の火事はメインの店々を一変に焼いてしまった。しかし、当時の石岡は復興も非常に早く活気がみなぎっていた。現在中町を中心に昭和ロマン建築(看板建築)はこの時に建てられたものだ。多くが現在国の有形文化財に指定されている。しかし、その昭和ロマンの建物も維持管理していくのは大変で、観光客や近隣の人たちを呼び込まなければこの先やっていくのは困難だ。行政も街の活性化を叫んでいるが、視点が内向きだ。来ていただくお客さんの満足をいかに得ることができるのかの視点で考えてほしい。自分たちの利益や中にいる人の満足を追求していては絶対に満足は得られない。「情けは人のためならず」である。情を持ってお客さんを迎えるにはどうしたらよいか?食事をしたいと思ってもどこで食べればいいの? お土産に本当に石岡の良いものは何なの?駅前の観光案内所は夕方4時には閉まってしまう。観光案内の満足な案内図はない。歴史もうわべをかじったような案内をして満足するのだろうか?お客さんのレベルに合わせいろいろなパターンを検討してほしい。昔中学生のころ青森の弘前の市役所を訪れて市の案内パンフレットをいただきたいと言ったとき、とてもきれいな写真入りの冊子をいただいた。うれしかった。その時の弘前城と桜の写真が忘れられない。観光は教育委員会の仕事ではない。まったく違った観点からやるべきだと思う。

近況 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/09/01 21:11

雨よふれ。ふってくれ。

 今年が観測史上もっとも暑い夏となったとか。天気なのもよいのだが、雨がふらない。これは困ったものである。道路もカラカラで車が通るとほこりが舞ってしまう。いままで、夏の日中暑い日には決まって夕方ににわか雨がふったものだ。それが今年は記録的な集中豪雨にカラカラ天気である。
江戸時代も飢饉がたびたび起きていたという。四大飢饉といわれる飢饉があった。寛永・享保・天明・天保を言うのだそうだ。しかしこのほとんどは冷夏や大雨である。また浅間山の噴火などによることが影響したことも多いという。今年のような暑い夏は作物は何とかなるということか・・・。それにしても葉物などはすぐに萎れてしまう。高原キャベツ・レタスなど生育も悪く、みずみずしさがない。本当に困ったものだ。我が家の鉢植えの朝顔も毎日水をやっているが、朝晩2回やらないと葉の一部が少し黄色くなってしまった。街中を歩いていると、この暑さにもかかわらず「さるすべり」の花が美しい。夾竹桃やムクゲなどもまだ元気だ。

近況 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/09/02 19:50
 | HOME | Next »