稲敷散歩(1)ー茨城百景(江戸崎)

 土浦から国道125号線を走り美浦村を過ぎたあたりから成田方面に進むと江戸崎の街を通る。
しかし、中世では城があった場所で中心地の道路はどこもクランクのように曲がっている。

このため、あとからできた県道等の車の多くがこの街の中心地は通らない。

古代の地形や道を調べているとこの江戸崎(現稲敷市)の街はとても興味深いのだが、中心街は一度も行ったことがなかった。

やはり一度探索しておかないとこの辺の様子を理解することができなそうです。

先日やっと念願叶って、一度訪れたので、少しずつ考察しながら景色等を楽しんでみたいと思います。

江戸崎というと「かぼちゃ」が有名ですが、何故ここにかぼちゃが取れるようになったのでしょうか?
このあたりはまた散策を進めていくうちに調べてみたい。

まずは、茨城百景として、この江戸崎が前に紹介した「古渡(ふっと)の湖畔」と並んで「江戸崎の景」が選定されているのです。

美浦の方から成田方面に県道49号線が走っているが、江戸崎の街に行くには途中から左に入っていく道がある。
この道のまだ市街地に行く手前の江戸崎の入口にこの碑が立っています。

edosaki01.jpg

道路沿いに石柱の碑が少し離れて二つ置かれている。

edosaki02.jpg

ひとつは景勝江戸崎八景「吹上の秋月」とあります。江戸崎の景観の中で八箇所の指定があるようです。

それぞれ八景には歌が添えられていてここは「月色玲瓏(れいろう)たり吹上の秋」です。

edosaki03.jpg

向かって右側には「茨城百景 江戸崎の景」となっています。
さて、ではどんなすばらしい景色が見られるのでしょうか?

edosaki04.jpg

木々の間から一面の田んぼが広がっています。
これが百景??

edosaki05.jpg

この下に広がる一面の田は、「稲波干拓」と言われる場所なのです。
この江戸崎八景も茨城百景も今の姿で考えることができないのです。
名物の松の木も枯れてしまったそうです。

これを昔の姿で捉えてみると、そこには古代のロマンの景色が広がるのです。

edosaki06.jpg

茨城百景の碑の裏側には「昭和25年」の文字を読むことができます。
そこで「稲波干拓」が出来た時を調べてみました。

昭和14年(1939)に干拓事業が始まり昭和32年(1955)に完成した一大事業で235haの面積の穀倉地帯ができたそうです。

その前はというとここには大きな「榎の浦」という霞ヶ浦につながる入江のような場所があったのです。

古代江戸崎

昔の地形を想像するために前にもやっている「Flood Map」で水面を+3mとしてみました。

現在の地図は下に示しますので比較してみてください。

この眼下には穏やかな水面が広がっていたのです。

この「稲波干拓」の場所は今でも貴重な鳥の宝庫だそうです。

特に「オオヒシクイの越冬地」としては関東唯一だそうです。

下に降りて水路脇の道を走りましたが、とてもゆったりとのんびりした風情が広がっていました。

ところで「江戸崎」の名前の謂れが気になりますが、私はここに来る前まで江戸の名前の由来と同じこの小野川が霞ヶ浦に注ぐ戸口で「江戸」そこに飛び出した岬だとばかり思っていました。

しかし、この場所に立って眺めていたらこの考えは違うと思えてきました。

「榎の浦の津」(常陸国風土記)→「榎ヶ浦崎」→「江戸崎」に違いないと考えるようになりました。

まあどれが本当かはわかりませんが、昔ここから水面に映る秋の月を眺めた風情を思い浮かべて佇んでしまいました。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

稲敷散歩(江戸崎周辺) | コメント(0) | トラックバック(1) | 2012/06/22 20:11

稲敷散歩(2)-羅漢山(江戸崎)

 今回旧江戸崎の街を歩いてみたいと思い立ったのは、今日紹介する羅漢山(らかんやま)があるのを知ったことかもしれません。

五百羅漢が山に立っているその姿を想像して行ってみたくなったのです。
近くにもこんな場所があったことをつい最近まで知らなかったのです。
出雲の立久恵峡には岩壁にたくさんの羅漢像が彫られており、昔訪れたことを思い出していました。

rakan01.jpg

江戸崎の街中近くに「瑞祥院」という臨済宗の寺の裏山の上に1780年から24年間にわたって、多くの人が寄進したものだそうです。

rakan02.jpg

現在500に少し足りないくらいの仏像が置かれています。
仏様の名前や寄進者の名前が彫られているものも多いようですが、読み取れなくなっているものも多くあります。

rakan03.jpg

仏像の首が折れたり、折られてしまったものが多いようで、接いだ跡が目につきます。
これは神仏分離の影響なのでしょうか。

rakan04.jpg

色々な表情の羅漢さんが立ち並ぶのもなかなか壮観です。

rakan05.jpg

この羅漢像をここに集めてまつった人の昔話が、こちらにありました。(手堀り江戸崎の昔話

rakan06.jpg

羅漢山から江戸崎の市街が一望できます。
昔はここからの眺め(榎の浦)は素晴らしかったと思います。

rakan07.jpg

羅漢山へは麓の瑞祥院の裏へ回って石段を登りますが、脇の方に登り口があり、この竹林の先の山を金比羅山といって、金毘羅堂があったそうです。

rakan08.jpg

こちらが脇にある金比羅山への登り口なのですが、この石段の上に金比羅堂があったようですが、地震の影響なのか崩れてしまったようです。

今は重機で整備していました。

rakan09.jpg

rakan10.jpg

ここにも江戸崎八景の碑が置かれています。「羅漢山の夕照」とあり。麓の瑞祥院の山門入口近くに置かれています。 「花光爛漫羅漢山の夕」だそうです。

水面の方向は東側にあるので、夕景はきっと山の後ろから日が差し、水面もキラキラ輝いていたのかもしれません。
この山にたくさんの羅漢像を寄進した人たちはここの景色を眺めながらいろいろなことをお願いしたのでしょう。
自分の分身を置いたものもあるのでしょうね。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

稲敷散歩(江戸崎周辺) | コメント(5) | トラックバック(1) | 2012/06/24 18:02

稲敷散歩(3)-瑞祥院(江戸崎)

 現稲敷市となった旧江戸崎町の散歩の3回目です。
この江戸崎は霞ヶ浦の海運で発達した街のようです。

2回目に紹介した(五百)羅漢山の麓にある臨済宗の禅寺「瑞祥院(ずいしょういん)」を紹介します。

zuishouin06.jpg

瑞祥院入口です。
手前にひょうたん池があり、橋をわたって右手に羅漢山の江戸崎八景の碑が置かれています。

zuishouin05.jpg

寺の入口にひょうたん池です。寺に入るのに小さな石橋を渡ります。
このひょうたん池は江戸崎城の外堀の名残と言われており、この橋も1843年に架けられたもののようです。

江戸崎城は1387年に美濃国から来た土岐原氏が、この地に入り、城を築き約200年この一帯を収めていたといいます。
土岐原氏も石岡(府中)と同じく天正18年(1590)に佐竹氏の軍勢により落城してしまいました。

zuishouin07.jpg

この瑞祥院がこの場所に移ったのは戦国時代末期と書かれているので、城が落城した頃かもしれません。
その前は「小角(おずみ)」にあったと書かれています。
地図で調べてみると、ここから2.5~3.0km位北西になるようです。

寺の入口には臨済宗の禅寺であり、「不許葷酒(くんしゅ)入界内」の戒壇石が置かれています。
お酒を飲んで寺には入らないでくださいね。

zuishouin01.jpg

正面が本堂(大師堂?)。左手が虚空蔵堂です。

さて、この寺では春に「大師講」が行われているようです。
禅宗ですから、大師=だるま大師のことかと思いましたが、弘法大師様とも・・・・。

大師講は一年間に亡くなった人の供養を、十日間にわたって八十八の札所をお参りする事だそうです。
ということはやはり弘法大師(空海)のようですね。

この瑞祥院の大師堂にある八十八体の大師像にお参りしてから八十八カ所の札所参りをして一枚づつお札を貼って歩くのだそうです。

zuishouin02.jpg

この虚空堂の横に置かれている像は弘法大師のように見えます。

zuishouin03.jpg

虚空蔵堂です。お札がたくさん貼ってあります。

zuishouin08.jpg

本堂の前にお宮がひとつ置かれていました。
あとから考えると、隣の山の金比羅山が崩れたために、お宮をここに仮置きしているのだと思います。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

稲敷散歩(江戸崎周辺) | コメント(0) | トラックバック(1) | 2012/06/25 19:26

稲敷散歩(4)-不動院(その1)

 旧江戸崎(現稲敷市)の街中に大きな寺がある「不動院」である。

実はこの寺は徳川家康の江戸の町作りや風水、家康の墓を日光にしたことなど、大きな影響を与えたとされる「天海」(大僧正)が、1590年(天正18年)から約17年間、住職を勤めていたと言われています。

天海はこの後に、川越喜多院住職、日光山座主、上野寛永寺住職をつとめています。
このような寺に並ぶ由緒ある寺と言えます。

このような話が何気なく残されているのは驚きです。
本当に驚くべき話だと思います。

また、ここの仁王像がとても大きくて驚きます。

fudoin06.jpg

「北関東三十六不動尊第三十番霊場」また「関東八ヶ壇林」とあります。
この寺は天台宗の寺で、壇林というのは江戸時代に僧侶がそこで修行するために寝泊りしていたお寺のことで、天台宗としては前に紹介した「月山寺」もそうです。

桜川市羽黒の月山寺は今も僧侶が何人か修行しておりました。こちらの方はわかりません。

fudoin04.jpg

立派な仁王門がで~んと構えています。
その入口に江戸崎八景の碑があります。

「医王山の暮雪」と書かれています。「雪時かつて賞す医王山の景」だそうです。

医王山はこの不動院の名称です。正式名称は「医王山東光寺」です。

fudoin09.jpg

それにしても大きな仁王像です。

fudoin07.jpg

仁王門は、明暦元年(1655)4代将軍家綱の寄進によるもので、仁王尊は関東最大のものといわれているそうです。

fudoin08.jpg

明治9年に本堂は消失してしまいましたが、この仁王門は残ったのです。

fudoin05.jpg


fudoin03.jpg

fudoin02.jpg

寺の本堂はこの仁王門から階段を上った上の方にあります。
上から仁王門を眺めたところです。

fudoin01.jpg

お寺の方は次回に書きます。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

稲敷散歩(江戸崎周辺) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/06/27 19:43

稲敷散歩(5)-不動院(その2)

 今日は江戸崎不動院(医王山東光寺)の続きです。

寺は嘉祥元年(848)慈覚大師(円仁)の開祖と伝えられると書かれています。
慈覚大師は最後の遣唐使に僧侶として参加し9年半唐で修行した天台宗(総本山:比叡山延暦寺)の高僧です。

これだけ長い期間中国で修行した僧も少ないのではないだろうか。
848年というと円仁が中国(唐)から帰ってきてまもない頃だろうと推測されます。

慈覚大師円仁は平泉の中尊寺や毛越寺(もうつうじ)の開祖としても有名で、平泉の寺は嘉祥3年(850)とされているようですからこちらの方が2年早かったようです。

毛越寺も山号は「医王山」です。平泉とつないで考えてみるのも良さそうです。

fudoin17.jpg

仁王門をくぐって、急な階段を上ったところに「菩提樹」の古木があります。

脇に石碑が置かれていますが、これは19世紀末から20世紀初めにインド留学した僧侶・大宮孝潤(こうにん)を記念して昭和5年に建てられたものだそうです。

fudoin10.jpg

参道中央の石燈篭は寛保3年(1743)に寄進されたものだそうです。
300年以上前のものが何気なくあります。

この寺は文明2年(1470)に江戸崎城主となった土岐原氏により再興され、その後天正18年(1590)に佐竹氏により滅ぼされた後、芦名盛重(佐竹義宣の弟)が江戸崎城主となり、寺の修復をして「天海」大僧正を8世として迎えています。

このことはもう少し調べたいことがありますのでまた明日にでも書きます。

fudoin11.jpg

「北関東三十六不動尊霊場 第三十番札所」となっています。

fudoin12.jpg

左側の像に「満願不動尊」、右側の像は「吉祥妙童子」となっています。

fudoin14.jpg

延命地蔵? 安産祈願のお地蔵さんで元文4年(1739)の銘があるそうです。

fudoin15.jpg

見晴らしの良い東側の山のところに「稲荷社」があります。

fudoin13.jpg

この寺から江戸崎の町や小野川がよく眺められます。 
昔の大きな「榎の浦の津」と言われた頃はどのような景色だったのか想像すると楽しくなります。

常陸国風土記にでてくる「榎の浦の津」の場所がこの小野川の河口付近であったということは想像できますが、これは想像するのみで確証はされていません。

この川の向こう側(現在の阿波やアンバ様の大杉神社などがある)場所が大きな島のような半島状の形をしており、安婆嶋と呼ばれたようであり、この先の現在の千葉県と茨城県の境をなすおおきな利根川の河口付近を指すという説もあるようです。(江戸時代に利根川を移し替えたので、昔は利根川ではなかった?)

江戸崎散歩の1回目に載せた地図をまた載せます。
これからも考察するうえで何回も使うことになりそうです。

古代江戸崎

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

稲敷散歩(江戸崎周辺) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/06/28 19:34

稲敷散歩(6)-不動院(その3)

 今日も良い天気でした。
青い空に浮かぶ白い雲。風がないせいかふんわりと筑波や加波山の上の方に浮かんでいます。

雲を見ながら幸せな気分になりました。

ここのところ政治もおかしくなっているし、東電の報告書はもうどうしようもないし、関電の株主総会等はやはり思った通り、被災地の人の思いとは全く心の通わない温度差でどうしようもありません。

一昨日また地震雲が出ていると言われていたら、昨日は2度グラグラと大きめの地震がきて、不安がまたよぎりました。
まだ安心するのは早そうです。

温度差はどうしようもないかもしれないけれど、今もまだ仮設ではなく廃学校の教室に暮らしている避難者がたくさんいます。

今日は少し、疲れているので、いつもの記事は少しだけにします。残りはまた明日書きます。

fudoin16.jpg

江戸崎散歩の不動院は街中の低地に大きな仁王門が立ち、そこをくぐると寺へ登る石段があります。

「長寿の坂」と名づけられているようです。

なぜでしょう? 書かれてものが見つかりませんでしたが、長寿等という言葉はそう古いことではないでしょう。

きっとこの寺の住職もしていた「天海」が108歳という長寿だったと言われているからでしょう。
石段も108段あるようです。


この寺は文明2年(1470)に江戸崎城主となった土岐原氏により再興され、その後天正17年(1589)に佐竹氏により滅ぼされた後、芦名盛重(佐竹義宣の弟)が江戸崎城主となり、寺の修復をして「天海」大僧正を8世として迎えています。

天海大僧正(慈眼大師)は福島県の会津高田の生まれで、姓は蘆名(あしな)氏となっていました。

この蘆名はここの芦名氏と同じです。
気になりますが詳しいことはわかりません。そのうちにまた調べてみたいと思います。

ただ、芦名氏を調べていたら色々と面白いことがたくさん出てきました。
もう少しまとめてからまた書きましょう。

天海大僧正は家康や家光の絶大なる信頼を得ていた人物ですが、この寺の住職であったことはあまり知られていないようです。

この寺と川越喜多院の住職を兼務していたときもありそうです。
年代別に整理して、喜多院がこの天海僧正と家康との関係より関東における天台宗の総本山の地位を獲得しています。

さて、芦名盛重は兄佐竹義宣の秋田移封に従って、秋田へ移り、角館に入り角館の城主として今の街並み等を整えています。

この角館の街並み(城の移転、道路の拡張など)は芦名氏が築いたようですが、3代で終り、そのあとに佐竹北家の佐竹義隣が入ってから、小京都といわれる街を造ったようです。

この角館の芦名氏をもう少し調べてみたい気がしています。

3代続いたといっても、2代目は早死して、その子が1歳で家督を継ぎ、3歳で転んで死んでしまったのですから・・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

稲敷散歩(江戸崎周辺) | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/06/29 21:13

稲敷散歩(7)ー(江戸崎)街中(1)

 旧江戸崎町(現稲敷市)の市街地を散策してみました。
この街は中心部の道路が入り組んでいて、街道は脇に出来ているため、この街に用事があるかその先の小野川を超えた先に用事がないとあまり通ることがありません。

そのため、近くに行ってもその街の様子を知らなかったのですが、水辺に出来た古代・中世・江戸とそれなりに特色のある街だったようです。

しかし、鉄道からは離れ、高速もようやく近くまで伸びてきていますがまだまだ不便な場所という印象を持っています。

edosaki01_20120630200551.jpg

町の中心街に作られた「笑遊館」という施設です。
昭和初期に建てられた旅館を改築して町のPR施設として使われています。

edosaki03_20120630200551.jpg

笑遊館の裏手に「チャレンジスペース」という建物が最近オープンしたようです。
ここでは各種イベント(落語など)のホールと厨房施設も付いているようです。
各種イベントに借りて利用ができるようです。

石岡も「まちかど情報センター」等がありますが、これくらいのイベントホールがあればいいなあ~と思います。もっとも石岡はNPOですが・・・。

edosaki02_20120630200551.jpg

さて、こちらが江戸崎のメイン商店街? 人通りは少ないですね。
石岡よりももっと寂しいです。でもなかなか古めかしい趣のある街並みなんですよ。

edosaki04_20120630200550.jpg

どこも町の活性化には苦労しているようです。
皆同じようなことをやって嘆いているだけかもしれませんが、この町が好きな人も沢山いるように思います。

edosaki05_20120630200550.jpg

どうですか? 懐かしい? どうしようもない?
私は、この街をよく知りませんが、行ってみてもっともっと知りたいと思える街でした。

風光明媚というものの考え方なのでしょうが、綺麗に飾られた創られたお店が並んでいることが良いことだとも思われません。

昔ながらの暮らし、お年寄りが楽しくゆったりと暮らせる街などでもそこに暮らす人たちが幸せに思える場所が良い街だとも思います。

edosaki06_20120630200550.jpg

変わらないよさもありますよね。

この街のために行っておきますが、中心街ではなく街の周りには大型のスーパーやお店等もあります。
しかし、この街中の商店会が寂れた感じとなっているのはまったくここ石岡と同じ構図です。

edosaki07.jpg

明日はもう少しちがった江戸崎の街を紹介したいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

稲敷散歩(江戸崎周辺) | コメント(4) | トラックバック(0) | 2012/06/30 20:37

稲敷散歩(8)ー(江戸崎)街中(2)

 江戸崎の街中をもう少し歩いてみました。
古い建物が残っています。
「えどさき街並み遺産」として保存活動をされているようです。

霞ケ浦の水運で栄え、霞ヶ浦周辺の小麦と大豆を原料に醤油醸造業が栄えたそうです。
これは石岡、高浜、土浦なども同じです。

edosaki08.jpg

山口商店さん。野菜の種等が置いてあります。もとは何屋さんかはわかりませんが出桁造りですね。
場所は「切通し」となっています。

edosaki09.jpg

山口商店さんのとなりには「鰯屋薬局」さんです。土浦などにもある見世蔵作りというのでしょうか。

edosaki10.jpg

面白い文字の看板が掲げられたお店です。「江戸家猫八??」と思ったら・・・

edosaki11.jpg

「江戸文字職人梅八(うめはち)」さんでした。梅八さんは大学の落研の時に江戸文字を書いていていつの間にか独特の江戸文字の職人になってしまったようです。

昨日紹介した「笑遊館」の番頭さん役を週3日やっているそうです。
元は山口邸でしたが、今は「笑遊館」の施設の一部となっているのかもしれません。

edosaki12.jpg

このお店も石岡にも残る石蔵造りですね。

edosaki13.jpg

高尾米屋さんです。クリーニングの取次もされているようです。

edosaki14.jpg

「飯野屋旅館」さん。

edosaki15.jpg

「酒のいとう」さん。

edosakieki.jpg

さて、江戸崎は鉄道が通っていません。
しかし街の中心部に「江戸崎駅」があります。

JRバスで土浦と結ばれており、朝晩は2本/時、昼間は1本/時のバスが走っています。
駅と名前がつくのは鉄道ばかりではなく自動車駅といわれているもので、本来はここにキップを発売したりする職員や設備もあったようですが、今では無人で、クリーニング店?が併設されていました。

土浦まで美浦トレセン経由で50分だそうです。

佐倉方面もあったようですが、別なバス停も少し離れたところにもあるようですので詳しいことはわかりません。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

稲敷散歩(江戸崎周辺) | コメント(3) | トラックバック(0) | 2012/07/01 18:31

稲敷散歩(9)-水辺の街(江戸崎)

 江戸崎町(現稲敷市)は古代から中世、江戸、明治などにそれぞれ独特の文化が花開いた場所だと思う。

このように書くと、今の江戸崎を知っているだけの人はきっと不思議に思われるかもしれない。
私もつい最近までこの街をまともに見てこなかった。

古代縄文時代には霞ヶ浦(流海)による豊富な魚介類、製塩などで豊かな暮らしがあった。
律令制に入ると、そこには新たな人たちがやってきて支配した。
付近一帯は大きな入江のように静かな湖面(海面:昔は霞ヶ浦は海)が広がっていた。

古渡(ふっと)なんて珍しい地名にも首をフットフットと狩って付いたなどという話が残され、その本来の意味する縄文語(多分?)もちがった意味になっていった(個人的な想像です)。

この場所が下総国と常陸国の境をなす場所であって、物部氏の残した足跡などがそこらじゅうに散らばっている。

また平将門の孫が住み、相馬氏となったなどという話も伝わる。
戦国末期には芦名氏(佐竹氏の次男)が入り、天海僧正にまつわる話も多い。

霞ヶ浦水運により醤油産業が発達し、大豆問屋などで大きくなった問屋も多いようだ。
じっくり掘り起こせばいろいろなものがきっと出てくるに違いない。

この場所を知らない人も多いのだから、水辺の町の景色も紹介しましょう。

taishoubasi01.jpg

江戸崎市街地はすぐ小野川の分流川(正式には沼里川)に接しています。

taishoubasi02.jpg

右側の青い橋が「大正橋」で、その川の向こう側が旧市街地に当たります。

taishoubasi03.jpg

上の写真から見る角度をそのまま左に振ったところです。 
写真に見える古めかしい建物は「稲敷市役所」です。

taishoubasi04.jpg

きっとこのあたりは大昔(1000年以上前)に「榎の浦」と呼ばれた場所なのでしょう。
もっともっと大きな水面が一面に広がっていたと思われます。
写真は「江戸崎総合運動公園」側から稲敷市役所側を見ています。

この運動公園内に江戸崎八景の一つ「高田の落雁」(高田の落雁芳洲を渡る)の碑があるとありましたが気が付きませんでした。この景色に近いのでしょう。

また、市役所の敷地内にも八景の碑「浜河岸の帰帆」(浜河岸(はまがし)の帰帆高楼に映ず)というのがあるそうです。
この大正橋あたりのことを詠んだものでしょう。
霞ヶ浦の水運が発達していた時には川岸がこの橋の近辺にあって賑わったのでしょう。

takadabasi01.jpg

市街地から大正橋を渡って東に来ると小野川の本流があり、「高田橋」という橋があります。
この橋から眺めた小野川もゆったりと流れています。

上の写真は高田橋側より霞ヶ浦方面を見ています。
古渡(ふっと)を経由して霞ヶ浦に注ぎます。

takadabasi02.jpg

こちらは少し下流から川の上流側を見たところです。この橋が「高田橋」です。

edosakimap.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

稲敷散歩(江戸崎周辺) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/07/02 19:24

稲敷散歩(10)-リバーサイドパーク(江戸崎)

 江戸崎駅から少し入ったところに「かぼちゃ公園」という案内矢印を見つけたので行ってみた。
地図には「リバーサイドパーク」となっている。

確かに川沿いなのでリバーサイドに違いない。
洒落たネーミングなのに「かぼちゃ公園」と案内にはあった。

park04.jpg

駐車場脇にある入口の広場に丸い石のモニュメント。この上に登って遊ぶのだろう。
案内図には「かぼちゃ広場」となっています。

park05.jpg

公園の周りに散策路があり、花も咲いています。

park03.jpg

でもこの公園の特徴はここから直ぐに川が見えることです。
「展望デッキ」だそうです。
この日はお年寄り2人がのんびりと川から吹く風も気持ちよさそうにベンチに座っておりました。

park02.jpg

ベンチの先は川沿いの道路がありその先は小野川(沼里川)です。
船が何艘も留っていました。

この川沿いの道もこの先を少し行くと車は通れなくなります。
江戸崎八景「洲崎の晴嵐」(遙かに望む洲崎晴嵐の後)という洲崎という昔は川に飛び出していた岬があるようですが(地図で洲崎が確認できませんでした)、今は干拓の田んぼが広がっています。

さて、「江戸崎かぼちゃ」としてブランド化されているかぼちゃ。
歴史をたどると40年ほどだといいます。

関東ローム層の畑で完熟してから収穫をするもので、美味しいのはもちろんですが、ブランド化されているのでお値段もそれなりにします。

何故この場所で「かぼちゃ」なのでしょうか?
どうやら近くにある美浦トレセン(競走馬トレーニングセンター)が関係していそうです。

このトレセンには競走馬が2000頭近く飼育されているようです。
そして、栄養たっぷりの餌で元気に飼育されている馬糞も栄養価も高く、トレセン内で微生物で発酵処理されて有機肥料に生まれ変わります。

この有機肥料が様々な農作物にとても良いそうです。

野菜、米、マッシュルーム栽培などにも使われているといいます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

稲敷散歩(江戸崎周辺) | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/07/03 20:18
 | HOME | Next »