八郷の里山(1)

 高い山から紅葉もこの八郷里山にも下りてきています。
遠くに行かなくてもこの里山風景を見るだけでホッとします。

都会の雑踏に疲れた時、ぜひ一度「日本の里山100選」に選ばれているこの地に足を向けてみませんか?

そこには昔からどこにでもあった日本の田舎の風景もたくさんあります。



(写真はすべてサムネルです。クリックで大きな画像を表示します。)
IMG_5160s.jpg

いつの間にか献上柿で有名になり高くなった柿など地元でもなかなか手が出ませんが、普通に街道沿いで売られている柿は安くても甘くて美味しいです。

IMG_5161s.jpg

この時期はほとんどの柿農家も収穫を終えて、残っているのは少なくなりました。
この1角だけが残っており、道路沿いにお店を出して売っていました。

IMG_5163s.jpg

柿のある里山も今は黄葉と残った柿の実が調和する風情を漂わせていました。

IMG_5164s.jpg

柴間の「ギター文化館」です。
スペインのフラメンコギターの巨匠マヌエル・カーノの世界のギターのコレクションの寄贈を受けて、展示保管をするために1992年に建てられた施設です。

このドーム型の中央で演奏するとその反射音が中央に集まるため、世界のギター演奏家にも注目されている施設です。

しかし、この地元での知名度は今ひとつ足りません。

しかし、朝日トンネルが開通しましたので、少しずつ風穴が開いてくると思います。

今日と明日、この場所でことば座の定期公演が行われます。
「常世の国の恋物語百」の第31話「涸れた龍の涙」を初めてクラリネット奏者「橋爪恵一」さんとのコラボが実現しました。(詳細PDFは → こちら

12/1・2 の2日間行います。お時間と興味のある方はお出で下さい。
当日十分OKです。
午後2時開場、2時半開演です。

今回は東北被災地で津波などで汚れてしまった着物を洗濯して四角の布にしてつなぎ合わせた「タベストリー」を展示し、その中で演技をすることになっています。

IMG_5165s.jpg

最近天気が悪く、紅葉もどんよりしてしまいましたが、里山は今いろいろな色に染まっています。

IMG_5166s.jpg

山の左側が部原(へばら)集落で、この山の麓を通って、右側の峠を越えて真家地区に行く。
この道が江戸時代の筑波参拝の道「瀬戸井街道」だったと思う道だ。


里山の風情 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/01 10:20

八郷の里山(2)

 本日2本目です。

常陸大子はSL列車が走ったはずですが、袋田の滝は雪が降っていたようです。

こちらでも今日は昼過ぎまで冷たい雨が吹き付けるように降っていました。

この中、2時半からギター文化館で行われることば座の定期公演会に出かけたのですが、家を出る頃には雨が上がり、薄っすらと日も差してきました。

家から車で15分くらいで到着できるのですが、雨が上がった里山に下から雲が徐々に切れて山がとても綺麗でした。

IMG_5234s.jpg

山崎南の交差点付近から筑波山と加波山方面を見たところです。
山の上にはまだ雲がかかっていますが徐々に雲が上がってきていました。

IMG_5236s.jpg

前に「ギター文化館通り」と勝手に名づけた高台を走る通り(昔の宇都宮道、又は瓦会道と呼ばれていたと思われる)から対岸の山「鐘転山(かねころばしやま)」の黄葉が見事でした。
先程まで雨で何も見えなかったはずです。

IMG_5239s.jpg

奥の山は「吾国山」(あがくにさん:ヤマトタケルがここに登って、ここまでが我が国だと叫んだとされる名前です)や「難台山」(なんだいさん:天狗小僧虎吉が最初に連れてこられた場所です。南北朝時代に激戦があった山でもあります。

IMG_5240s.jpg

今日午前中に紹介した柿などの写真は、この下の道から写したものです。(ギター文化館の庭から風景)

IMG_5291s.jpg

ギター文化館に到着したのが開演ギリギリでした。
第1部の公演を終えて、ギター文化館の喫茶室から外を眺めました。
いつもきても素敵な場所です。

IMG_5291s2.jpg

第2部は「涸れた龍の涙」です。
龍神山の龍を題材に書き下ろした脚本も、今回で4本目になりました。(龍は今回が最終章だそうです)

今、龍神山は龍が帰れない山になってしまいました。
1500年前よりここに住んでいた龍は涙を流していたのでしょうが、涙も涸れて、龍の生まれた何億光年も先の星に帰って行きました。

人のエゴが無くならない限りこの国には住めないと・・・・。

窓から見える鐘転山に龍が天に向かって立ち上っていく様子が見えたのでした。

今日の公演はよかった。

柏木さんのダンスはすごいですね。さすがに伊藤道郎の門下生です。
今日は親友のモデル「山口小夜子」の追悼の舞も見せていただきました。

いつまでも心から離れないと思います。ありがとうございました。

明日も公演があります。ご希望の方は2:30開演(3000円)です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

里山の風情 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/12/01 18:22

雪入の春景色(1)

 ゴールデンウィークの連休で各地の高速道路も混雑していた様子がテレビで伝えられた来ました。
こちらはどこも行くこともないので、家でのんびり。天気もよくゴロゴロしていると眠くなってきます。
まあこういう日はブログもあまり調べて書く元気も出てきません。

近くで咲いていた白い梨の花もあっという間に終わり、これから実がついてくるのでしょうがこれからの雹などに注意が必要なようです。

 さて、今日はかすみがうら市の山側にある雪入地区の風景を紹介しましょう。

かすみがうら市(旧千代田町)の雪入地区は昔の志筑藩の一番奥まった地区だ。
名前とは違って、奥まったところだがこのあたりは雪がほとんど降らない。

明治維新直前に1万石となり藩に昇格したが、秋田から来たこの本堂家は藩と同じように参勤交代や水戸街道の宿場を維持するために、大変貧乏な藩と言われた。

前に書いたが、助六一揆が起こり、助六は処刑されこの地蔵が山側に立っている。
この山の少し南西方向にこの雪入地区はある。

この山の中に志筑藩では郷倉という倉庫を建て、収穫したコメを飢饉に備えて備蓄していたという。

高浜で恋瀬川に合流する天の川の上流になる。
ここに「雪入ふれあいの里」があり、「ネイチャーセンター」という自然観察施設が置かれている。
ここを拠点に手軽なハイキングができる。カブト虫コース、尾根コースなど色々なコースが整備されている。

私が昔子供が小さかった頃に来た時はこのようなコースはなかったが、今ではたくさんの人が来るようになったそうだ。

IMG_7132s.jpg

この山の麓は果物栽培が盛んで、梨や柿畑が一面に続く。
最近は観光農園も多く、都会からの梨狩り、柿狩り、いちご狩り、巨峰狩りなどができる。

タンポポの花が柿畑の近くに咲いていた。

IMG_7133s.jpg

すぐそこには柿畑があり、その奥には雪入から閑居山の山並みが広がります。

IMG_7151s.jpg

IMG_7150s.jpg


IMG_7134s.jpg

山の中腹にネイチャーセンターがあります。

IMG_7135s.jpg

ネイチャーセンターの駐車場から見た山里の風景は、この時期には特に美しさが増します。
淡い緑の若葉が輝き、風が優しく吹いてきます。

IMG_7148s.jpg

近くの山中には山藤がたくさん咲いていました。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

里山の風情 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/04/28 18:40

雪入の春景色(2)

 今日もかすみがうら市の雪入ネイチャーセンター周りの風景です。

IMG_7139s.jpg

レンゲの花のようですがよくわかりません。駐車場周りにたくさん咲いていました。

IMG_7147s.jpg

ネイチャーセンターから千代田、神立の方向を望みます。
麓から見るといつもこの山が若葉の色合いが燃えるようで気になっていたところです。

IMG_7141s.jpg


ここから中央青年の家方面にハイキング道があります。近いんですよ。

IMG_7142s.jpg


ネイチャーセンターの横の展望台から駐車場を見下ろします。

IMG_7145s.jpg


ネイチャーセンター入り口に「ザリガニ採り」用の道具が置かれています。
近くに水路が有り、ここにザリガニがいるようです。
ここで道具が借りられるようです。

子供の頃にたくさんとったことを思い出しました。
昔に、このブログでアニメまで作ったことがあります。(こちら

IMG_7146s.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

里山の風情 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/04/29 18:14

春色里山-菖蒲沢

 この田植えの時期になるとこの里山風情が恋しくなる。
ここに住んでいると当たり前の風景なのだが、やはり日本の原風景に浸りたくなる。

八郷の菖蒲沢から仏生寺・小野越地区へただ田んぼとカエルの声を聞きにやってきた。

住んでおられる方はこの時期天気もいいので家族総出で1日田植えというご家庭も多いようだ。

IMG_7220s.jpg


道路の端を苗を積んだ田植え機がのんびり走っていくが、運転しているおじいちゃんの隣にはお孫さんも乗っていたりする。微笑ましくもある。

IMG_7222s.jpg


田植えの機械が導入されているところもあれば、狭いところは手植えでやっている。
既に植え終わった田んぼでも、丁寧に手を加えたりしている。

IMG_7232s.jpg


菖蒲沢、仏生寺・小野越地区は筑波方面からは不動峠を超えて、反対側に下りたところから直ぐで、筑波四面薬師と小町の北向観音がある山で囲まれた静かなところだ。
辻のいちごハウス畑もすぐそばで、朝日トンネルからも近い。

IMG_7217s.jpg

八郷地区は日本の里山100選に選ばれた場所で、このように都会から近くてもコメ以外にもいろいろな野菜の収穫から梨・柿・いちごなどの果物栽培も盛んで、筑波山系に囲まれていて、都会の雑踏を逃れて自転車などでめぐるのは気分が晴れ晴れする場所として選定されたものと思う。

でも地元では意外にこの良さを認識していないようだ。

絵になる風景はどこにでも転がっている。
田んぼ、小川、菜の花、民家、柿の木、人々の暮らし、藁葺きやね、ミツバチ、蝶、蛙、取り残された橋、森林(特殊保護地区でもあります)、姫ハルゼミ・・・。

IMG_7221s.jpg


IMG_7239s.jpg

目に青葉 蛙(かわず)喜ぶ 田植えかな


そうそう、田んぼに水を流す音に混じって、もうあちらこちらで鳴き始めましたよ。


里山の風情 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/05/04 17:17

春色里山(2)

 皆さん連休はどうお過ごしですか?

まあ、天気も良いし、それほど暑くも寒くもないのだからどこかに出かけなくちゃと混雑したところに出かけてそろそろぐったりしている人もいるかもしれませんね。

今日のニュースだったかに喫煙する人を就職エントリーから除外する企業が増えていると書いてありました。
昔は職場内での喫煙も当然だった時に比べたら、分煙や禁煙が浸透してきてタバコを吸わない人にとっては過ごしやすくなったと言えますが、これがタバコを吸わない人にとっても最近の煙がない状態に慣れてくると、ちょっとの煙でもすぐにわかるほど敏感になってしまいました。

ですから喫煙所などの近くを通っただけでももうダメですね。

海外に行くともうだいぶ前から喫煙する人のことをあまり良い顔で見られないようになってきました。
先進国に行くほどその傾向は強いですよね。

もう25年以上前にロンドンのホテルで禁煙室というのに泊まりました。ホテルのその階はすべて禁煙室でした。
いまではもう当たり前になっていますが、当時は少し驚きました。
だってまだ飛行機の喫煙席と禁煙席は単に座席のエリアで区切っていただけでしたので、禁煙席でもすぐ前が喫煙席なんてのもありましたから。

いまでもまだタバコを吸い始める若者や女性が多いですね。
こんなに虐げられてもなお、そんなに魅力があるのですかね。

私は個人的には1箱1000円くらいにして、たくさん税金を収めてくれたらいいなと思っています。
ですからタバコを吸う人も嫌いでないですよ。ありがたいです。

 春のやさしい薫風に誘われて、疲れた目を少し休めましょう。

IMG_7212s.jpg

石岡市池袋近郊にて。

IMG_7213s.jpg

八郷の片野地区より県立フラワーパークとその上に見える筑波山。

IMG_7216s.jpg

同じ片野地区。水田ばかりでなく、麦や野菜など多種の畑が混ざり合っている。
奥に見えるのは「富士山」。八郷地区にも富士山があるんですよ。
昔(万葉の頃)は鼓ヵ嶺(つつみがみね)と呼ばれたそうです。山の上で足を踏み鳴らすと振動したんだそうです。

IMG_7243s.jpg

フルーツライン近くの辻、上青柳地区から弓弦(ゆづり)方面を見たところです。

IMG_7246s.jpg

この頃はどこに行っても春色です。
私は植物園などもいいのですが、このような里山の風情が好きです。
いつまでも変わらないでいてほしいと願っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

里山の風情 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/05/05 17:42

パラグライダー

 石岡の八郷地区はパラグライダーを楽しむ人たちが大勢訪れます。

筑波山から加波山そして、ぐるっと回って吾国山、難台山など比較的高度の低い山並みが続き、その山にはさまれたところが八郷盆地です。

ここにパラグライダーを楽しむ人たちは昔から居ましたが、最近はこのパラグライダーを気軽に楽しめるスクールができています。
以前は土浦市の小町の里の近くのスクールを見てきましたが(新治パラグライダースクール)、先日石岡から真壁に抜ける県道7号線を走っていたら上曽宿にスクールができていました。

天気も良い日だったので皆気持ちが良さそうに飛んでいました。
まるで大空を飛ぶ鳥になった気分なのでしょうね。


IMG_7326s.jpg
(画像クリックで拡大します)

上曽峠の麓の斜面を利用して、パラグライダーの練習場がありました。
斜面を利用して飛び立つ練習したり、ここから山の上の方に上昇します。

IMG_7326s2.jpg

IMG_7326s3.jpg

新緑の山並みを上から見たら気持ちが良さそうですね。

IMG_7327s.jpg

水田には水がはられ、山並みもきれいに映し出され、絵になりそうですね。

IMG_7322s.jpg

県道7号線の途中にこのパラグライダースクールの事務所がありました。
詳細はホームページを確認してください。(こちら

IMG_7324s.jpg

この上曽峠を越えて真壁に出る道(県道7号線)は昔は主要街道だったようです。

真壁はひな祭りで有名になってきましたが、石岡とも深い関わりがあったとも思われます。
こちらはまたじっくり紹介していきたいと思います。

上曽峠もトンネルを作る計画があるようです。
確かに私もこの山越えをするのはあまり好きではありません。
途中少し道が狭くなっているとこなどが有り、メインの街道というには石岡からは山越えのイメージがついてきます。

IMG_7255s.jpg

でも峠を越えたところに昔の真壁城もあったようです。
上の写真は真壁氏の累代の墓がある遍照院の本堂屋根の上を飛ぶパラグライダーです。

IMG_7301s.jpg

上の写真は真壁城跡(国指定遺跡)から山側を飛ぶパラグライダーです。

石岡から見ると山を越えた向こう側(真壁地区)からの眺めです。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

里山の風情 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2013/05/14 19:29

柿若葉

 柿の若葉の美しい季節となりました。「柿若葉」は夏の季語です。

ということで先日、雲行きの怪しくなってきた午後に献上柿の産地である「真家地区」に行ってみました。

IMG_7461s.jpg

IMG_7462s.jpg


IMG_7465s.jpg

柿の若葉のかがやく空を 死なずにいる   (種田山頭火)

う~ん、俺にはこんな歌は読めん。山頭火らしいな。

IMG_7470s.jpg

茂山や さては家ある 柿若葉   (与謝蕪村)

蕪村らしい歌だな。

IMG_7472s.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

里山の風情 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/05/18 13:15

麦秋(ばくしゅう)

 水田に田植えが終わったばかりですが、梅雨の前に麦(大麦)の収穫があります。

この収穫時期に秋のような色合いの麦が一面に広がります。

麦秋=ばくしゅう というそうです。 夏の季語です。


野の道や童蛇打つ麦の秋(正岡子規)

病人の駕も過ぎけり麦の秋 (与謝蕪村)

麦秋や子を負ひながらいわし売り (小林一茶)

IMG_7475s.jpg

場所は山崎南の信号近くで下林に向かう周辺です。
地名は「嘉良寿理(からすり)」「山崎」「「下林」の境界線あたり。

IMG_7476s.jpg

麦秋には少し早いようだけど、麦秋になると収穫が早いから・・・。
でももう少ししたら本当に紅葉してしまうんです

IMG_7477s.jpg

こちらはまいた時期が少し違うのでしょうか、まだ青々とした麦の穂がきれいでした。
奥の山は足尾山、加波山の連山で方向です。

品種は「カシマムギ」だそうです。
六条麦の一種だそうです。
この場所には「茨城県指定種子生産ほ場」という看板がかけられていました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

里山の風情 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/05/22 17:32

パラグライダー(2)

  10日ほど前に八郷地区の上曽宿のパラグライダースクールを紹介しました。(こちら

先日、県道7号線の上曽峠を越えて真壁の広大な城跡を歩いていた時に、上の方からタンデムコース(こちら)の体験飛行が見られました。

IMG_7516s.jpg

高いところから気持ちよさそうに飛んで、段々に下に降りてきました。

IMG_7517s.jpg

タンデムコースというのは体験者と一緒にインストラクターが乗り、操縦をしてくれます。

IMG_7518s.jpg

この広い真壁城跡の草原に降りるようです。
数人が下で待ち構えており、風速や風向きのチェック、降りるときの補助などをやっています。

IMG_7519s.jpg

こんなかたちで飛びます。

安全には十分配慮されているようですが、下の方からの上昇気流などが渦巻いている場合も有りるようです。
私は、高所はあまり好きでないんですよね。気持ちよさそうには見えました。

若い女性やシニアの方の挑戦も多いようです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

里山の風情 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/05/24 19:54
 | HOME | Next »