FC2ブログ

八郷の里にクラフトアート作家が集う

 11月21日から23日まで八郷地区大増の大覚寺近くにて「やさとクラフトフェア」が開かれています。
昨日の日曜日午後少し遅くなりましたが行ってきました。
今年で14回目ということで、思ったよりも大勢の人が車で来ていて驚きました。
用意された駐車場も満車で道路にまで車が並び、空くのを待つような状態でした。
ここは吾国山からのハングライダーの着陸場となっている場所で、いつもは幾つも空を飛ぶ姿を見ることも多いのですがこの日は加波山側の方で盛んに飛んでいる姿を見かけました。

kraft10s.jpg

テントの中は全国のクラフト作家がおもいおもいの作品を展示しています。
その向こう側にはステージが造られ、ミュージシャン達がそれぞれのパフォーマンスを披露します。
また、焼き芋や焼き肉などいろいろの食べ物もあり、子供たちにも楽しい催しです。

kraft11s.jpg

オリジナル陶器の展示販売

kraft12s.jpg

干支の輪投げ(孫へのおもちゃ?)

この場所は石岡の一番外れで、すぐに板敷峠を越えて桜川市へ行ける。
そのため少し足を延ばして羽黒の月山寺庭園の紅葉を見にいってきた。
さすがに秋が一番美しい。京都風の庭園で一度お出かけください。

kraft14s.jpg

帰りに、瓦会の方を通って石岡市内に戻ってきたが、「有明の松」が根元で切り取られて無くなっていた。松くい虫でやられたのだろうか。
せっかくやっと昔の松から大分大きく育ったところだったのにとっても残念だ。
難台山の歴史を伝えていくためにも絶対に残していかなければならない史跡である。
復活を期待したい。
 

地域振興 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/11/22 20:57
 | HOME |