FC2ブログ

土屋稲荷神社(美浦村)

美浦村のJRAトレーニングセンターの素晴らしい広大な敷地を見て驚いたが、入口は警備のゲートがあり中には一切入れなかった。

ここもウロウロしていて道を間違って進入してしまったので特に見たかったものではなかったが、競走馬を運ぶトラックや大型バスなどがたくさん並んでいた。

この帰りに通ったところでこの神社を見つけた。
特に変わったところもないい普通のお稲荷さんであったが、「土屋」の名前が気になった。

土屋はこの地域の名前であった。
このような人の名前が住所になっているのにはわけがあるはずで早速調べて見た。

土屋は土浦藩の藩主「土屋家」と関係があった。

 最後の土浦城主土屋挙直(しげなお)の子土屋正直(まさなお)が経営する農場がここにあったのだという。

最後の藩主の子供ということで時代は明治である。この土屋稲荷神社付近にこの土屋農場の社務所があったという。

明治維新になって、土屋農場を作り、この地域の開墾を進めて、大農場を営み、地域の開墾入植者を募って人々に働く場などの提供をしてきたようです。

このため、この地では土屋正直は土屋の殿様などと慕って地域のきずなが強いようです。

tsuchiya01.jpg

車が通る道路わきに鳥居があり、そこから参道が真っ直ぐに続きます。
黄葉した木の葉が下に落ちて参道を埋めていました。
向かって左手は地域の公園になっており、その隣りには「土屋地区農村集落センター」の建物があります。

tsuchiya02.jpg

この「土屋稲荷神社」などの名前で立ち寄ったのです。少し変わっているでしょうか?
「なんでこんなところに寄るの?」などと言わそうですので、このようなところに行くのはいつも一人です。

tsuchiya03.jpg

稲荷神社の拝殿のすぐ横に立派な石碑が3つ置かれていました。

何だと思います?

美浦村村長の碑文が彫られています。すこし紹介します。
「土屋集落在住の還暦をこえる先達長命者を銘記し長寿を祝う記念碑の建立の偉業を讃え深甚の敬意を表しつつここに碑文を寄せるものである。
・・・・・当土屋集落は、その先陣を切り、今や二千数百の民を有する最大地区に飛躍をとげた。これは古い歴史とフロンティア開拓精神にあふれた土屋地区の魅力の賜であり、素朴にして善良な人々の連帯的地域づくりの成果である。・・・・」
そして「米寿」「喜寿」「古稀」「還暦」の人の名前が刻まれています。
10年ごとに作られているようです。

なにか美浦村の地域おこしの一角を見たような気がします。

tsuchiya04.jpg

少し見ていただけなのにもう日が沈んでしまいました。
見る場所により夕日の色合いも違って見えますね。

先日書いたように茨城県では東海村と美浦村だけが村のままで独自路線を歩んでいます。
今ではこの村も都会から多くの人が移り住んだりしているようです。
でもみんなが一緒になって村を守っていきたいと思っているようです。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

阿見・美浦・稲敷 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/12/21 07:07

星願

 昨日の夜、車で帰宅途中に大きな流れ星を見ました。
願いを言う余裕は当然ありませんでしたが、なんだか得した気分でした。

年末に近付きやはり気分的にあわただしいですね。
ストックの記事も底をついてきたので今日は写真なしでいきます。

流れ星から「星願」の言葉を思い出しました。
これはテレサ・テンが亡くなった時に最後に残していた詩のタイトルです。

昔、ネットに流れていたものを控えておいたので紹介します。

-----------------------------------------------------
星願 テレサ・テン作詞

過去を思うと堪えがたく、
この世のことを予想するのは難しい

煩悩を詩に綴ることはしないで、
短い夢も長い夢も皆同じ夢

すべてはみんな幼いころの野心のため、
一生は雨に打たれた浮草のように浮き沈む

天のはてのどこに己をよくわかってくれる人がいるのか
ただ悲しいのは歌と舞いが美しい色の雲のように
ちりぢりに飛んでいってしまうこと。

すべてはみんな水のように柔い情けの為、
常に月の朦朧さになるもよし

なぜ花を看ているのに花は語ってくれないのか、
多情が無情にかえられたのでは。

ロウソクの火は何も語らず一人眠る人を照らす、
愛情は苦しい海に浮き沈みをまかせる

花が落ちることはいかんともしがたい
唯長江の水は黙々と東に向かって流れている。
------------------------------------------------------

この詩は中国語で書かれているので誰かが訳したものだと思いますが
なんとなく好きで残していました。

<中国語では>最初だけ・・・
往事不堪思,
世事難預料,
莫將煩惱著詩篇,
夢短夢長同是夢

でも少し暗いですね。何を思って書いたのでしょうか?

テレサ・テン(麗君)の中国語で歌っている歌はいいですね。
早いもので突然の死から16年以上経ってしまいました。

よかったらこの歌を聞いてみてください。なぜかジーンときてしまいます。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

近況 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2011/12/21 19:15
 | HOME |