FC2ブログ

千手院山門

 先日から常陸国分寺の雪の時の写真を載せていますが、もう少し載せておきたいと思います。

この昔の常陸国国分寺の跡に現在も同じ名前のお寺が建っています。
しかし、昔あったという国分寺は戦火などでほとんど焼失してしまったと思います。

江戸時代にはこの地には千手院という大きなお寺があり、ここ常陸府中の町の中心的な寺院でした。

いま残っているのはこの山門だけとなりました。

この千手院は、818年行基大僧正の弟子行円上人によって開基され、1253年には一旦廃れてしまったが、その後1593年に中興されたいわれています。

sanmon03.jpg

この藁葺屋根の山門をくぐると、その正面に現在の国分寺の本堂があります。

sanmon02.jpg

山門に彫られた彫刻については昨年の鷲の話でも紹介しました(こちら)がまた写真を撮ったので載せておきます。

小猿を鷲がつかまえていまにも襲いかかるように見えます。

sanmon01.jpg

サルが悲鳴をあげているようです。

しかし、この彫刻の解釈としては「鷲は慈悲深い観音様の化身であり、猿は煩悩に身を焦がして奈落の底に転げ落ちようとしている人間を現しており、それを救済するために鷲となって助けている」のだそうです。

でも鷲のするどい爪で押さえつけた猿の口からは悲鳴が聞こえそうですよね。

kokubunji10_20120127171612.jpg

国分寺本堂です。宗派は(新義)真言宗。 空海(弘法大師)様の密教です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

石岡市内 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2012/01/27 07:15
 | HOME |