FC2ブログ

安古祖父神社

 五万堀古道の安侯駅家(うまや)があったと思われる安居(あご)地区に、気になる名前の神社があります。
安古祖父神社(あふるおおじじんじゃ)というので立ち寄ってみました。

IMG_6811s.jpg

近くに行くと、鬱蒼とした木立の中に神社の拝殿が奥の方に見えてきました。
上の写真の左手奥が神社です。

IMG_6812s.jpg

名前のとおり古そうな神社です。

IMG_6813s.jpg

こちらが入口の鳥居。正面に神社の拝殿が見えます。

IMG_6814s.jpg

参道に沿ってたくさんの境内社が一定の間隔で置かれています。「八幡宮」「加波山神社」・・・・

あまりこのような一定に置いてあるところは少ないように思います。

それぞれ、近くに信仰の対象となった小さな神社があったのでしょう。
それをここに集約したのでしょうか。

IMG_6817s.jpg

この神社のいわれを調べてみたのだけれど見つからない。笠間の図書館でも行けばわかるのか?

安居(あご)と安古(あふる)と読みは違うが同じ意味なのか??

IMG_6820s.jpg

IMG_6808s.jpg

すぐ近くにある「医王院」。建物の脇には苔むした石像や石塔などが無造作に置かれている。
この医王院の隣には「上安居公民館」があり、広場が広がっている。

恐らくこの医王院と安古祖父神社は一体だったのかもしれません。神仏分離などでわかれたものか。
書かれたものがないが、恐らくかなり古い寺院であったように思われます。


笠間方面 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/05/15 19:36
 | HOME |