宝満(ほうまん)

銚子の犬吠埼から海岸沿いに南下して長崎鼻の方に行くと、海岸付近に変わった岩礁があります。

P3230024s2.jpg

大小2つの岩を大宝満、小宝満と呼んでいますが、この岩は確かに岩肌が普通の岩とは違って見えます。

今から約2000万年前に噴火した火山の溶岩が固まってできた安山岩(高マグネシウム安山岩)でできているといいます。
それは日本がその頃にユーラシア大陸から離れて日本海ができてきたころに当たります。

P3230022s.jpg

上の写真の先に犬吠埼灯台が見えます。
反対側は長崎鼻がすぐ近くにあります。

P3230023s.jpg

このあたりはいろいろな年代の地層が重なっているようです。

P3230024s1.jpg

銚子は確かにジオパーク(地球公園)として見どころ満載のようです。

また宝満(ほうまん)という名前も義経伝説で「九郎判官」の判官から名前が付いたという説があります。

銚子ジオパーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/04/02 22:04
 | HOME |