新旧のはざまで・・・

 霞ケ浦北岸の国道355線で小美玉市から行方市に入ってすぐのところに三昧塚古墳があります。

横の国道を通りながら黄色の花と白い綿毛の穂が一面に揺れていたので写真に収めてきました。

P5300003s.jpg

タンポポのような黄色の花は、前に記事にしたときに教えていただいた「ブタナ」でしょう。
ブタなどと言わずにきれいだと愛でてあげたいです。

P5300005s.jpg

奥に揺れる白い穂は「チガヤ」でしょう。
今の時期にしかこのコラボレーションはみられません。

植えたわけでは無いでしょうが、草刈りもこの周りはしているのですが、古墳のまわりは残されています。

P5300006s.jpg

三昧塚古墳は湖岸の工事で一時消滅の危機にありました。
たまたま通りかかった県の職員の発見により貴重な古墳であることが判明し、復元されました。

しかし、形はいかにも現代風な角ばった形をしています。
この少し人工的な姿のためか、意外にこの古墳が重要な古墳だということに気が付きにくくなっているのかもしれません。

金の王冠に周りに馬の飾りが動くたびに揺れる「金銅製馬形飾付冠」が見つかったのです。
いまは茨城県歴史博物館(水戸)にて保存され、複製されたものが歴史館で展示されています。

P1140008s1.jpg
(金銅製馬形飾付冠:茨城県歴史館所蔵)

王冠
(茨城県立歴史館の再製レプリカ(復元品))

ここは、古の風を感じながら、少し公園風にアレンジされた古墳の上に立って、この外来種などの花が揺れるその先に霞ケ浦と筑波山が見渡せるのです。

新旧の風が交差しているのを感じることのできる場所です。

近況 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/06/01 09:39

ふるさと風の会展

 本日から3日間 ふるさと風の会の展示会を石岡「まちかど情報センター」で開催しています。

本日は10時に本や過去の会報などを持ち込み飾りました。

会員の兼平ちえこさんの常世の五百面相の絵を壁一面飾り、入り口部分に円柱にアレンジした葭簀の壁面にも飾っています。

P6010001s.jpg

風邪が入ってくると顔がゆらゆら揺れます。

P6010002s.jpg

部屋の中央に本日一日中いたのですが、たくさんお観客に囲まれているようでにぎやかな感じでいい気分でした。

P6010004s.jpg

私の本も展示させていただきました。
興味をもってお話させていただいた方や、FBのお仲間も来てくれました。
ありがとうございました。
明日、明後日(土日)もやっていますのでお近くに来れれましたらお立ち寄りください。

ことば座・風の会 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/06/01 20:07

潮来のアヤメ

 先日銚子に行く途中で潮来のアヤメ園に立ち寄りました。
5月末よりあやめ祭りが始まっていますので、平日とはいえ結構人が来ていました。

この時季にやはりのこのアヤメ(実はほとんどが花ショウブ)を見ておかねばなりませんね。

P5300026s.jpg

まだ始まったばかりですが、すでに花はほぼ満開でした。
いつもならこの時期はまだ早い感じだったとも思ったのですが、今が見ごろです。

あやめ娘も赤い傘をさして園内をぐるぐる回っていました。

P5300014s.jpg

前川あやめ園の園内にはアヤメ、カキツバタ、花ショウブの違いを説明する看板があちこちに置かれています。
でも何回も見たり聞いたりしても覚えられません。

まあ覚える気がないといった方が正直な気持ち。
私にとってはどちらでもいいのです。

P5300013s.jpg

前川あやめ園から前川の上流へ前川12橋めぐりの舟が出ています。

P5300016s.jpg

潮来の十二橋めぐりは加藤洲の方を廻る船をいいますが、こちらの川をさかのぼる船も人気です。
まあほかに楽しみも少ないからでもありますが・・・・
一度乗れば次は乗ら無いかもしれませんね。

P5300022s.jpg

歴史的に見ればこの前川は霞ケ浦の北浦からこちらの常陸利根川をつなぐ川で、江戸時代にはこの川沿いに東北の藩などの河岸倉庫が結構あったようです。

P5300009s.jpg

仙台あたりからも、江戸時代中期までは船が外洋を銚子沖を通るのは事故も多く敬遠されたのです。

このため、水戸で涸沼へ舟で入り、荷を陸に揚げ、陸路を北浦まで運んでまた北浦からこの前川沿いに並んでいた河岸の倉庫まで運び、少し大型の舟に乗せ換えて風待ちをして利根川経由で江戸まで運びました。

そんな歴史の説明は地元の観光案内にはあまり書かれていません。
潮来花嫁さんばかりではなく、そんな河岸跡を探してみても楽しいと思います。

潮来地区 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/06/01 22:20
 | HOME |