FC2ブログ

茨城の難読地名(その9)-大角豆

難読地名09 

シリーズ1回目からは ⇒ こちら 

大角豆 【ささぎ】 つくば市

車で国道125号(354号)線を走っていると「桜土浦IC」の近くに「大角豆」という比較的大きな交差点がある。
茨城に来て頃に、最初に何て読むんだろうと気になった場所の一つだ。

「ささぎ」と読むのですが、これは赤飯に使う「小豆(あずき)」に似た「ささげ」のことだ。
漢字で書くと「大角豆」となる。

私など赤飯もほとんど小豆だと思っていたので、ササゲそのものを知らなかった。
見た目の区別もあまりできない。

茨城地方は赤飯には「ササゲ」を使うようだ。
これは地方によっても違うという。ササゲをほとんど使わない地方もあるそうだ。

区別は小豆に比べて豆が少し黒っぽく、芽のところが小豆は白いのに対して、ササゲは白い周りに黒い縁取りがある。

あまり煮崩れしないので祝い事の赤飯には多く使われる。

「ササゲ」を「ささぎ」となったのは、方言的な要素だといっても良いだろう。今でも各地で両方使われているようだ。

でもなぜこの場所が「大角豆=ささぎ=ささげ」なのだろうか?

角川日本地名大辞典(茨城)によると、初めのころは「大角豆房村」と言っていたが、寛文年間~元禄年間に「大角豆村」に改称されたという。寛文年間の時は麻生藩で、元禄年間からは常陸府中藩(石岡)の領地であったという。

したがって、この大角豆は大角豆房が最初に名前についていたというので、小豆のようなイメージの「ささげ」ではなく、「いんげん」と同じような(房)形をした「ささげ」のことだったようです。

では「ささげ=大角豆」はいつごろから日本にあるのでしょうか?
Wikipediaによれば、平安時代に「大角豆」という記述が残されており、江戸時代の『農業全書』には「豇豆」という名前で書かれているという。
また、アズキは煮ると皮が破れやすい(腹が切れる=切腹に通じる)のに対し、ササゲは煮ても皮が破れないことから、江戸の武士の間では赤飯にアズキの代わりに使われるようになった。という。

では、戦国時代または江戸初期に、この地方で、いち早く、この大角豆(ささげ)が栽培され始めたのかもしれない。
また、大角豆の房のように土地がデコボコしていたからではないかという説もあるという。


茨城の難読地名 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/07/02 07:32

安福寺と松尾神社(白鳥山・札)

このブログも先日から「茨城の難読地名」シリーズとして書き始めてしまいましたので、通常記事がおろそかになりそうです。

今日は久しぶりに歯医者に行って治療してもらいました。
いい加減にしていたので何箇所も直す所があってしばらく通うことになりそうです。

それにしても暑いですね。梅雨明けが早すぎます。
あまり暑いと何もやる気がなくなりますので困ります。

さて、先日、霞ヶ浦北浦の鉾田市(旧太陽村)札にある普門寺(白鳥山)の観音堂を訪れた記事を書きました。(こちら
今回はその続きです。

この普門寺は札地区の少し高台にあり、ここには中世の城があったという。今は立派な観音堂が建っていたが、このすぐ下の所にお寺の小さなお堂の屋根が見えた。
地図には「安福寺」となっている。

この普門寺とは道もつながっているようだが、山道を下るのは少し不安であったので、通りに出て回っていった。

P6260033s.jpg

写真の右手にあるのが安福寺(天台宗)で、お堂とお墓があるのみ。
まっすぐ山に登っていく道が確認できるが、これは恐らく普門寺へつながっていると思われる。

P6260034s.jpg

このお寺は天台宗の寺だという。
情報では薬師観音を祀っているらしい。
ということは「、「南無薬師瑠璃光如来」と言うらしい。

P6260035s.jpg

お堂の中をのぞくと正面に黒い厨子がおかれていて、この中に薬師様が祀られているのか?

P6260036s.jpg

その厨子の右側に少し変わった形の仏像が安置されていました。
おくには神将像や何かの眷属(けんぞく)の像のような・・・ それにしても右端の2つの大きな顔の像は少し不気味だ。
どういう意味の像なのだろうか。

お堂の外には六地蔵の石造などが置かれていた。

P6260037s.jpg

お堂の横から山の方に入っていく道があり、この上は普門寺があるからそこに出るのだろうが、すぐ左に曲がって山を登っていく道がもう1本ある。

P6260038s.jpg

この道は古くからの参道の道で、脇の木の根がむき出しになり、踏み締められた道は下にかなり沈んでしまったようだ。

P6260039s.jpg

両側に木々が繁っているのでこの道は2~3度気温が低いように感じる。 
通りの暑い日差しの中を来たのでひんやりして気持ちがよい。

P6260040s.jpg

竹林の中を登って行くと神社の鳥居があり、その先に階段を上った所に神社があった。
神社の名前は「松尾神社」となっていた。

この辺りではあまり聞かない神社の名前だが、京都の松尾神社の末社か?
であれば「大山咋神(おおやまくいのかみ)」を祀っているのか。

大山に杭を打つ神様で、この山の所有者(神様)という。
酒造の神様でもあるという。

P6260042s.jpg

P6260044s.jpg

境内の一角にはこのような小さな像が一杯。
大黒様や恵比寿様などが多そうだ。

P6260048s.jpg

この札村もなかなか侮れない場所のようです。

鉾田 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/07/02 09:00

茨城の難読地名(その10)-赤法花

難読地名10

シリーズ1回目からは ⇒ こちら 

赤法花 【あかぼっけ】 守谷市

守谷市は平将門(10世紀前半)がここに城を築いたという伝説が語られていて、それにまつわる伝説がとても多い土地です。

この将門の城といわれる場所は、守谷駅のすぐ東側の「ひがし野」地区にある通称「平台山」と呼ばれる丘の上です。
ここに中世の土塁や堀の跡が残されており、「本守谷城址」または「守谷館跡」などと呼ばれています。

この「赤法花(あかぼっけ)」という場所は、この城跡から少し東の小貝川に沿った地域につけられた地名で、守谷市のホームページなどでは将門伝説の一つとしてこの名前の由来が書かれています。

それによると、「平将門が城内からあたりを見渡したところ、沼の向こう側にある壁が、唐土(もろこし:中国)の赤壁に似ていることから、「あかぼっけ」と呼ばれるようになった」とされています。

しかし、平将門がこの守谷(森屋)城を築いたという確証はなく、実際には将門の子孫を名乗る「相馬氏」の城であったと考えられています。

歴史を紐解いていくと、平安時代後期に実質的な千葉氏の祖といわれる「千葉常重」が上総氏(平常晴)からの相馬郡を譲られ、千葉氏を名乗りました。
そして、北相馬郡のあたりの土地一帯を伊勢神宮の領地として寄進し、「相馬御厨(そうまみくりや)」と呼ばれていた荘園(しょうえん)があったようです。
ただ、この後も源平の対立などもあり、この荘園の所領についてももめたようです。
その後、鎌倉時代になり、源頼朝の有力な家人であった千葉常胤の次男・千葉師常(もろつね)が相馬氏を名乗りこの地を領しました。そして、この守谷城を築いたと言われています。

この相馬氏は、自らを平将門の子孫であると述べており、この城も後世に「将門の城」といわれたことから、「相馬内裏」または「相馬偽宮」と大いに喧伝されましたようです。

「角川日本地名大辞典」でもこの伝承を載せているだけで、地名のその他の由来は書かれていません。

では、将門伝説ではない地名の由来を見ていきましょう。

「赤法花」と今は漢字で書きますが、昭和21年の当用漢字が定められる前は「赤法華」と書かれていました。

この「あかぼっけ」と呼ばれる地名は結構各地に存在します。

・福島県桧枝岐村 赤法華 【あかぼっけ】、赤法華沢【あかぼっけざわ】 (燧ケ岳、桧枝岐川=実川の谷間)
・栃木県下都賀郡壬生(みぶ)町 赤仏 【あかぼっけ】(姿川の最上流部にある窪地)
・茨城県守谷市 赤法花 【あかぼっけ】(小貝川の右岸段丘)(今回の地名対象)
・茨城県筑西市 赤法花 【あかぼっけ】(小貝川の左岸大沖積地)
・茨城県猿島郡五霞町小手指(こてさし) 赤法花 【あかぼっけ】(利根川の右岸大沖積地)

などです。茨城県にも結構ありますね。

一般にはこれらの地名の由来は古アイヌ語(縄文語)ではないかと言われています。

「ボッケ」「ホッケ」「ポッケ」「ハケ」などが、pokであり、崖とか崖下を意味するとするいわれており、「アカ」については、「aka」で、魚の背の線を指す言葉で、地形に使われる時は「山の尾根(稜線)」を指すとされています。

「日本語になった縄文語」(鈴木健著)によると、この「アカ」とつく地名は南は沖縄から北は北海道までたくさんあるとされ、沖縄の久米島に「阿嘉:アカ」、慶良間(けらま)島にも「阿嘉:アカ」があり、土地の形状からしても「断崖」を意味すると考えられ、アイヌ語でも【aka地形では尾根(山稜)を指す。北千島にもある語で崖または岬を指す。】とあり、絶壁の下に住む集落民からの発想で、a われわれの ka 上方 というのが語源であろう となっています。
また赤薙山(あかなぎさん:栃木県)、赤城山(あかぎさん:群馬県)、赤倉山(栃木県)などの「赤:アカ」も崖地などを指している言葉ではないかとしています。

ただ、今の地形から考えても崖地というには少し異なる場所も散見されるため、もっと別の意味があるのかもしれません。
waka (わっか:水)から w が抜けて aka アカとなったことも考えられ、水に関した地名の可能性もあるようです。

その他
・宮城県栗原市 石法花 【いしぼっけ】
・栃木県下都賀郡岩舟町 法花 【ほっけ】
・愛知県岡崎市 法花 【ほっけ】
などという地名もあります。

なお、茨城県の石岡市鯨岡の小字名に「赤法ケ」という地名があります。地元の地名由来によると赤は土の色の赤茶色をした痩せた地土を意味し、「ボック・ホック」は茨城方言で、畑地の間に掘り下げた小さな水田をいう。と書かれています。

もうすでにこのブログでも採りあげていますが、水戸の「木葉下=アボッケ」地名などもこのアカボッケと発音は似ていますね。
関連もあるようですが、詳細はわかりません。

茨城の難読地名 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/07/02 16:58
 | HOME |