FC2ブログ

茨城の難読地名(その58)卜杭

難読地名58

シリーズ1回目からは ⇒ こちら 

卜杭 【ぼっくい】 稲敷市(旧東村)

「卜杭」で「ぼっくい」と読みます。
「卜」はカタカナのトではありません。卜う(占う)という字です。塚原卜伝(鹿島の剣豪)のボクです。

卜杭=棒杭(ぼっくい) で、「焼けボックイに火がついた」という時に使われるボックイ=棒杭(木杭)のことだと思われます。

この稲敷市の「卜杭」の場所は常陸利根川と利根川をつなぐ「横利根川」に沿った西側にあります。
郵便住所地名では「八筋川」に含まれてしまいましたが、戦国時代末期の1591年または1600年にこの八筋川地域と共に開拓されて出来た地名です。

この卜杭という地名は 利根川を渡った千葉県の印旛沼から霞ヶ浦に注ぐ「長門川」沿いの印西市に「安食卜杭(あじきぼっくい)」と「酒直卜杭(さかなおぼっくい)」という2箇所の地名が存在します。

すぐ東が、(千葉県)栄町になり、「安食(あじき)」や「酒直(さかなお)」という地名は共に印西市ではなく、栄町にあります。
また安食(あじき)あたりはかなり古くから人が住んでいた場所です。

この「安食卜杭」や「酒直卜杭」は江戸時代の寛文年間(1661-1673年)に開拓された場所だそうで、その当時はまだかなり沼地だったように思います。
それを長い棒杭(ぼっくい)を境界に打ち込んで土を盛って耕作出来る場所に開拓したのでしょう。

この江戸時代の開拓で、「安食村卜杭野」と呼ばれていたようですが、この開拓の前から「卜杭野」と呼ばれていたようですので、たびたび起こる洪水のために棒杭を打ち込んで洪水を防止することをやっていた場所なのかもしれません。

ただ、「卜」(うらない)という字が使われていますのですこし違った意味合いがあった可能性もありますが、もともと「棒」という字も「木を奉じる」と書くように手で捧げられるほどの長さの木片を指す言葉ですから、これが「卜」と同じような意味合いを持っていたとも考えられます。

茨城の難読地名 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/08/10 06:05
 | HOME |