FC2ブログ

千葉の難読地名(30) 求名 墨名

≪求名  ぐみょう≫ 東金市
≪墨名  とな≫ 勝浦市


千葉難読地名30


≪求名  ぐみょう≫ 東金市

室町期にすでに郷名として『郡名(ぐみょう)郷』と出ている。
文禄3年(1594)の上総国村高帳には「求石村」とあり、寛永2年(1625)には「公名村」とある。

求名村(ぐみょうむら)の名前のいきさつについては次のような話が伝わっている。

「徳川家康が鷹狩りの際に付近を訪れ、「この地はなんという所か?」と問いかけた。
とっさに家来が、名を求められたのだから、求名にしようと「求名と申します」と答えたので「求名」になった。
または、家康の鷹狩り時に、村に名前がなかったことから、村人は家康公に村名を付けくれるように依頼した。
その時に家康は即座に「求名」と名付けたという。」

この家康の命名説についてはもう一つ別な地名もあります。
この九十九里に来る前(慶長19年(1614)1月)に家康は、船橋御殿で休憩した後、東金に向かった時です。
途中立ち寄った村で、出迎えを受けたのですが、村人は、何を献上して良いか迷い、自分の土地で獲れた「籾」を恐る恐る家康に差し出したのです。これを受け家康は、この地の人たちが農業に精出していることに感心し、この地を「実籾(みもみ)」と名付けたといわれています。(習志野市)


まあこの名前由来はどこまで信じてよいか迷うところですが、新しく新田開発をして、その昔の郷名=郡名(ぐみょう)を別な字で置き換えて考え出されたものなのかも知れません。

同じ「求名=ぐみょう」という地名が別に1箇所あります。

鹿児島県薩摩郡さつま町求名 ぐみょう

こちらの地名の由来も良くわかりません。

≪墨名  とな≫ 勝浦市

勝浦湾に南面する丘陵上に位置する。
慶長6年(1601)の検地帳に伊保庄夷隅郡新官之郷墨名村とある。
地名は「黒土名(くろとな)」が転化したものといい、黒土の浦がつづまったものとも言う。(角川 日本地名大辞典)

その他、昔、この地に春部直黒生賣(はるべあたえくろうめ)という者がいたこと「くろとな」となり、「とな」と変化した。
などもありました。

(「とな」 地名を探すと)
千葉県千葉市中央区仁戸名町 となちょう
沖縄県国頭郡国頭村辺土名 へんとな

がありました。やはり地形が関係する言葉だったのかもしれません。



千葉の地名シリーズ最初から読むには ⇒ こちらから

千葉の難読地名 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/06/26 05:45

千葉の難読地名(31) 稲荷木 稲荷山

≪稲荷木  とうかぎ≫ 市川市
≪稲荷山  とうかやま≫ 成田市


千葉難読地名31


何故稲荷を「いなり」とよまずに「とうか」と音読みするのか?
稲荷神社で「いなり」という読み方が一般的になって「稲」の音読みである「とう」という読み方がすぐに出てこない。
「水稲・陸稲」などとなれば「とう」と普通に読めるのだが・・・・・

≪稲荷木  とうかぎ≫ 市川市

江戸川の下流で、旧江戸川が分離する左岸に位置する。
稲荷木村の集落は市川村や八幡村から本行徳村に通じる木下街道に沿って形成される。
寛文期(1661~1673)の絵図には「トウカキ」と見える(平凡社 千葉県の地名)

この稲荷木の地名は【稲を干す木=稲木】から来ているとする説がある。


≪稲荷山  とうかやま≫ 成田市(旧大栄町)

大須賀川の支流の天昌寺川に臨む丘陵地縁辺に位置する。
地名は鎮守である稲荷社(現宇迦神社)の鎮座による。同社は中世久井崎城内に勧請されたもので、多古町東松崎および佐原市(現香取市)岩ヶ崎の稲荷神社とともに、香取郡三崎稲荷と称されたという。(角川 日本地名大辞典)


この稲荷を「とうか」と読む地名は全国に結構たくさんある。

群馬県前橋市稲荷新田町 とうかしんでんまち
群馬県高崎市稲荷台町 とうかだいまち
福岡県大牟田市稲荷町 とうかまち

江戸時代には稲荷神社も「伊奈利」と書かれていた神社も多い。
元々穀物などの神を祀る神社で、神仏習合の地域信仰で祀られてきたが、次第に正一位の京都の伏見稲荷を総本山とするようになったものだと思われる。

「稲荷」の漢字も元々は「稲成」であったようだが、稲を荷なう神像の姿から後に「稲荷」の字が当てられたとも言われている。
(Wikipedia)


そのため、「稲荷=とうか」という読み方も江戸時代初期には比較的一般に使われていたのかもしれない。

広島市中区にある圓隆寺の総鎮守である「稲荷大明神」では「とうかさん大祭」という祭りが行われている。
そこのHPでは、この「とうかさん」という言葉は、『御神体である「稲荷大明神」は法華経の守護神で稲荷を「いなり」と唱えず、音読みで「とうか」と呼んだのが語源』となっていました。

このため、「稲荷=トウカ」の読みは神仏習合において、法華経(仏教)を意識した時の呼び方ではないかと思われます。



千葉の地名シリーズ最初から読むには ⇒ こちらから


千葉の難読地名 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/06/26 17:45
 | HOME |