FC2ブログ

千葉の難読地名(38) 北方町

≪北方町  ぼっけまち≫ 市川市 

千葉難読地名38


<北方町  ぼっけまち≫ 市川市

大柏川中流左岸に位置する。
地名は古く、室町期に「北方村」とある。応永年間(1394~1428)の帳に「北方 ボツケ」と見える。
北方町の南側に「北方(きたかた)」という地名があるが、こちらは後から「北方町(ボッケマチ)」より分離したときに、地名の読み方を変えたもの。



 さて、「ボッケ」というとあちこちでこの地名の由来はとり上げられているが、アイヌ語説が一番多いように思う。
しかし、どうもスッキリしない。

柳田國男の「地名の研究」には、ハケ、ハッケ、バッケ、ボケ などについては、
 「谷川の両岸の山の狭まっている所をホキ・ホケ・ハケという。これは今中国四国などに残っているが大分広い区域にわたっている。吉野川の大ボケ小ボケなどはその一例である」と書かれている。
・・・・・・・・
能登と越中の境などはクエ、崩れることをクエルといったのである。関東・東北はガケ・ガンケが多く、ハケというのもその系統に属するのかも知れぬ。九州から四国ことに土佐にかけては、ツエというのが一般のようになっている。
・・・・・・・・
たとえば崖の上面を何ハケといい、側面を何ハバといい、急傾斜を何ママというものが、国を連ねても十も十五も発見せられるなら、そのハケ・ハバまたはママは、こういう場所を意味した普通名詞なることが知れるのである
・・・・・・・
ハッケまたはハケは東国一般に岡の端の部分を表示する普通名詞である。武蔵には特にこれから出た地名が多い。甲武線の附近ではたとえば小金井の字峡田(はけた)、調布町小島分の字峡(はけ)上、谷保の字岨下。北郊にあっては田端の字峡附(はけつき)、岩淵町大字袋字峡通りの類、多くは古くから峡の字が用いてある。『武蔵演路』巻二、豊島郡峡田領の条に、当国の方言に山の岸または丘陵の片なだれの処へ作りかけたる田を、ハケ田というとある。また『新篇風土記稿』の入間(いるま)郡下安松(今の松井村大字)の条には、多摩郡山口村の辺より新座(にいくら)郡引又町(今の北足立郡志木町)の辺まで、すべて峡つづきゆえに高くして南の方は柳瀬(やなせ)川のへりに傍(そ)いたれば低しとある。「峡つづき」の台地の外縁であることは往ってみればすぐ判る。峡の代りに岨もしくは※[#「山+圭」、252-5]の字も用い、西多摩郡平井村の字では欠の字をもってハケに当てている。相模の原野地方にも武蔵野に似た地形があるが、ハケまたは※[#「山+圭」、252-7]の字を当てた例が多い。これらの漢字はさまで研究した用法でもあるまいから、いちいち『竜龕手鑑りゅうがんしゅかん』などを検してみるだけの必要もなかろうが、とにかく文字の方からもある状態を現わそうとした努力だけは見える。しかし他の地方においては多くは羽毛(はけ)・端気(はけ)などと音を画くのをもっぱらとしている。ただ一つ利根川の上流に(上野利根郡)久呂保(くろほ)村大字川額(かわはけ)と、額の字をもって川の高岸を表わしたのは例外で、思川の川筋には(下野上都賀郡)板荷(いたが)村字川化(かわばけま)たは大川化などと化けるという字が当ててある。東北においてはハケよりもハッケの方が多かったと見えて、八慶または何八卦などという地名が少なくない。八景とあるのもいくらも見かける。ハケとハッケと別物でないことは、『茨城県方言集覧』に、

バッケ   多賀地方にて崖のこと また他の地方にて山岡などの直立せる崖
イワハケ  岩の傾きたる岨(そわ)

とある。岨という標準語は普通水流に臨んだ高岸にのみ用いられるが、もし下が湿地平田等何であっても構わぬとすれば、ハケはまことにこれに相当している。」

---------------------------------

などと多くを割いて書いている。

しかし、これが「アイヌ語(縄文語)」かというと、私にはよくわからない。
茨城県も水戸の「木葉下(アボッケ)」、守谷市と筑西市、五霞町の3箇所に「赤法花(アカボッケ)」などがあるが、その他に
・福島県桧枝岐村に「赤法華(アカボッケ)」「赤法華沢(アカボッケザワ)
・栃木県壬生町に「赤仏(アカボッケ)」
・宮城県栗原市に「石法花(イシボッケ)」
・栃木県岩舟町に「法花(ホッケ)」
・愛知県岡崎市に「法花(ホッケ)」

(その他「ホッケ」地名)
新潟県燕市吉田法花堂
新潟県上越市三和区法花寺
富山県滑川市法花寺
石川県加賀市大聖寺法華坊町
愛知県名古屋市中川区法華
愛知県名古屋市中川区法華西町
愛知県稲沢市法花寺町
三重県伊賀市法花
京都府木津川市加茂町法花寺野
兵庫県豊岡市法花寺
奈良県奈良市法華寺町
奈良県橿原市法花寺町
鳥取県鳥取市国府町法花寺
徳島県徳島市八万町(法花)
徳島県徳島市八万町(法花谷)

など「ホッケ」「ボッケ」という地名はたくさんある。
そのほとんどが「崖」とか「崩れ地」に関係が有りそうである。

ただ、アイヌ語にその語源を求めるのは、あまりスッキリした解が見つからないのだ。

アイヌ語で探すと
【pok】 ~の下
【pa-ke】 出崎の突端の崖
位しか見当たらない。

これからなら、東京の国分寺崖線沿いに続く「ハケの道」の「ハケ」は、「水はけ」などと使う「ハケ」と同義であろうと思う。
しかし、「ハケ」「パケ」などと同義で「ホッケ」「ボッケ」などを同じように見ていこうとすると少し無理がある。

また、良くわからないので、地方の方言などとも書かれたり、「カケ=欠け」から来た言葉ではないかなどとも言われているのだろう。
もう少し各地を見ていけばスッキリした由来がわかるのかもしれないが、私の手には余るので、とりあえずここまでとしよう。


千葉県には「法花(ほうげ)」(勝浦市)があるが、こちらはNo9の方に書いた。
 古くは「法華」と書き、地名は「生(は)う華」または雑草蔓延の意の「生うけ」に由来すると伝える。(角川 日本地名大辞典)
とある。読み方が異なると解釈もニュアンスが異なってくる。


千葉の地名シリーズ最初から読むには ⇒ こちらから



千葉の難読地名 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2020/07/01 09:20

千葉の難読地名(39) 先崎

≪先崎  まっさき≫ 佐倉市

千葉難読地名39


印旛沼西端の丘陵地上に位置する。台地南の崖線に先崎城跡がある。(角川 日本地名大辞典)
元禄13年(1700)頃の帳に印旛郡として村名が見える。(平凡社 千葉県の地名)


そういえば茨城県小美玉市に「先後」で「まつのち」または地元では「まずのち」という地名があった。
「先」を「まず」と読むのはある程度自然の流れであり、これが

  【先=まず】 ⇒ 【まつ】

に変っていくのであれば、

  【先崎 まずさき】 ⇒ 【まつさき】 ⇒ 【まっさき】

となってもおかしくはない。

岩手県大船渡市末崎町 まっさきちょう

ここは、島の6キロの海岸線を『碁石海岸』と呼ぶ。雄大な海蝕地形で知られるリ アス式海岸である。
断崖、洞門、洞窟、洞穴などの変化に富んだ景観として知られているが、ここは大きく海に飛び出した岬(半島)のような場所である。

一方こちらの佐倉市先崎(まっさき)は印旛沼の南側で特に岬のように飛び出したところには見えない。
ただ、昔の印旛沼はもっと大きな内海とつながっており、どのような形状をしていたのかはよく分らない。
地名由来としては
1) 突き出した岬のような場所
2) 曲がった湾、川などに突き出た場所
というような意味合いがあるのではないかと思う。


千葉の地名シリーズ最初から読むには ⇒ こちらから



千葉の難読地名 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/07/02 06:12

千葉県の難読地名(40) 主基西

≪主基西 すきにし≫ 鴨川市

千葉難読地名40

≪主基西 すきにし≫ 鴨川市

昭和50年から鴨川市の大字名となったが、元は鴨川市西の一部であった。
また「主基村(すきむら)」が大正4年から昭和30年まで存在した。
この村はそれまで「由基村(ゆきむら)」といっていた。
由基村は明治22年に北小町、南小町、成川、上小原、下小原の5ヶ村が合併して成立。

このようにこの地名は明治以降につけられた名前です。

地名の由来は
 江戸から明治になり、天皇制を中心とした体制が定められ、明治天皇即位に伴う、宮中行事(天皇家の行事)である「大嘗祭(だいじょうさい)の神田の選定が行われました。
明治4年に最初の大嘗祭(新嘗祭)で使う新穀を「卜定(骨を焼いた時のヒビでの占い)」により、2か所の神田をが選ばれました。
その2か所は甲斐国巨摩郡と安房国長狭郡北小町村字仲ノ坪の6反歩(約60アール)が選ばれたのです。
この安房国の神田がこの地なのです。

この2か所の神田はそれぞれ、 悠紀(由基)斎田(ゆきさいでん)と主基斎田(すきさいでん)と呼ばれます。
これは毎年の新嘗祭ごとに全国から選ばれますが、明治天皇即位に大嘗祭(天皇が変わった時の新嘗祭)に選ばれたのを名誉として村名になったのです。

ただ、その時の
 ・悠紀(由基)斎田=甲斐国巨摩郡
 ・主基斎田=安房国長狭郡北小町村
ですから、主基村(すきむら)なのですが、当初の村名は由基村(ゆきむら)となりました。
そして後の大正4年に名称を「主基村(すきむら)」に直したということのようです。

まあ、2か所の斎田のうちメインが「由基」で、次が「主基」のようです。

Wikipedia を調べてみると、「 村では斎田の周囲には青竹を立てて、しめ縄を張り、垣をめぐらせて厳重に囲いました。また、隣地には八神殿、稲実殿などを設け、番屋で花房藩の役人が警備しました。大嘗祭に先立ち神祇省(じんぎしょう)から抜穂使(ぬきほのつかい)ら8人が多くの従者を伴って訪れ、抜穂式(ぬきほしき)が厳かに行われました。」と書かれています。
 
明治の大嘗祭は明治4年11月に東京で行われましたが、
この悠紀国として選ばれた甲斐国の斎田場所は、当時の巨摩郡上石田村(現:甲府市)に選定され、その控地が当時の巨摩郡中楯村(現:中央市)と決定されました。 現在、その斎田の跡地は甲府市上石田三丁目の「南西第一児童公園」となっています。

こちらの主基国として選ばれた安房国長狭郡北小町村の斎田場所は、現在、千葉県鴨川市北小町字仲ノ坪の「主基斎田址公園」として整備されています。



千葉の地名シリーズ最初から読むには ⇒ こちらから





千葉の難読地名 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/07/02 14:25

千葉の難読漢字(41) 野狐台町

≪野狐台町  やっこだいまち≫ 佐倉市

千葉難読地名41

≪野狐台町  やっこだいまち≫ 佐倉市

地名の由来は「ヤッコ(奴)」によるものか。江戸前期は鏑木・大蛇両村の入会地で、寛文頃両村から分かれて佐倉城外の足軽屋敷となった。(角川 日本地名大辞典)

野狐を「ノギツネ」と読まず、「ヤコ」と読むのは、人をだますキツネの妖怪の事のようだが、この地名の由来は江戸時代の足軽や「奴(やっこ)さん」身分の人たちが多く住んでいたことのようです。

Wikipediaで「奴」を調べてみると

「奴(やっこ)とは、江戸時代の武家の下僕のこと。」
「武家に働く者の中でも低い身分にあたり、「中間(ちゅうげん)」や「折助(おりすけ)」と呼ばれていた武家奉公人を、蔑むときの呼び名である。「家つ子」(やつこ)が語源であるとされる。」
と書かれています。

また、「奴は農民や一般町民の次男三男が雇われてなることが多かった。武士が出かける時の荷物持ちなど、雑務をこなしていた。参勤交代の時には大勢の奴が必要となるため、このときだけ臨時で雇われるということもあった。 」ともあります。

奴の姿は、一般に大きな四角形を染めた半纏を着ていることが多く、この四角の形から豆腐を四角に切ったものが「冷奴」と呼ばれるようになったとか・・・。

また、
・奴凧(やっこだこ)・・・奴の両袖を張った姿を模したもの
・「○○奴」(遊女や芸者)・・・遊廓や花柳界の女性がこの身分の男性の言行をまねることがあったため
だそうです。

まあ、最近はあまり「奴さん」の歌も聞かなくなった。
昔は江利チエミや美空ひばりが歌っていたが・・・


さて、キツネに騙される方の「野狐(ヤコ)」だが、九州などでは野狐(ヤコ)にだまされたり、とり憑かれる話しなどがたくさんある。
まあこんな話も時間があれば調べてみるのも面白そうだが、この地名とはあまり関係ないようだ。

ただ、ヤッコを漢字で「奴」と書くのは奴隷の連想に通じるので憚られたようで、「野狐」とあらわしたのだろう。



千葉の地名シリーズ最初から読むには ⇒ こちらから

千葉の難読地名 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/07/03 05:28

千葉の難読地名(42)下望陀、上望陀、請西

≪下望陀  しももうだ≫ 木更津市
≪上望陀  かみもうだ≫ 木更津市
≪請西  じょうざい≫ 木更津市


千葉難読地名42

≪望陀  もうだ≫ 木更津市

望駝郡は古代から上総国におかれた郡名で、平安時代の辞書「和名抄」には望駝郡とあり、訓は「末宇太」と<書かれているが、万葉集には「宇麻具多」とあり、古事記などは「馬来田国造」と書かれている。

そのため、「馬来田(ウマクタ、マクタ)」 ⇒ マウタ ⇒ モウダ へ転化したものと思われている。

小櫃川(おびつがわ)の北側にあるが、川に沿った地域が「下望陀」でその北側が「上望陀」となっている。
上望陀地区の鎮守は「日少宮(ひのわかみや)神社」が鎮座しています。
なぜここにこの神社が創建されたのかはよくわかりません。

日少宮(ひのわかみや)神社は日本の神話で伊弉諾(イザナギ)尊が、国生みの大役をはたして、余生を送ったという「幽宮(かくりのみや)」のことで、淡路一之宮の伊弉諾神社を指しているといわれています。


古い郡名が現在の地名になっているが、ここで注目すべきことは
「望陀布(もうだのぬの)」の存在です。
律令制の時代にこの望陀で産出した麻布は「租・庸・調」の調布の最高級麻布と認定され、大嘗祭などでも奉納品・贈答品として採用されていました。
一般に言われている「上総細布(かずささいふ)」よりも目の細かい精密な布であったと考えられています。

何故この地が大和朝廷とのつながりが深かったといえば、当時横須賀の走水から舟でこの地は直接つながっており、馬来田国造(うまくたのくにのみやつこ)が、東国の都からの入口となっていたからにほかなりません。


≪請西  じょうざい≫ 木更津市

矢那川中流の左岸に位置する。
地名は、「城在」、または「城砦」が転じたものという。
戦国期の天正6年(1578)銘の阿弥陀如来像の台座に開眼供養者名として「請西長谷寺住僧」の墨書がある。

請西の名前の基となった城(請西城)については、現在城の遺稿が残されていますが、築城者や築城年代など詳細は殆んど分っていません。

江戸時代は譜代大名の請西藩(林家 1万石)の真武根(まぶね)陣屋がありました。
この林家は戊辰戦争で義をつらぬき、新政府軍に抵抗して脱藩し、自らこの陣屋を焼き払い出陣したと伝わっています。
現在この陣屋の土塁等が確認できます。

地名の基となった中世の請西城は、真武根陣屋がある丘陵に連なる北西部台地に築かれていたという。
ただ、何処までがその遺稿か詳しく知ることができない。


千葉の地名シリーズ最初から読むには ⇒ こちらから


千葉の難読地名 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/07/03 21:16
 | HOME |