FC2ブログ

庚申塔(9) 大光寺 照明院(茨城県鉾田市)白鳥の里

茨城、千葉方面に残る庚申塔を紹介しています。

また、これは民間信仰として各地に根付いているもので、今でもつづけられているところもあるかもしれません。
ただ、この地域を歩き回って、気がついたものだけを拾い集めて写真などをUPしていますが、少し古代のそれぞれの地域についても知っていることなどを交えながら紹介していきたいと思っています。
ここでの紹介内容は、庚申塔や庚申講などの行事に直接関係しないものが多いと思いますが、何かが見えてくるかもしれませんのでご容赦ください。

 今回は茨城県鉾田市の旧太陽村の「白鳥の里」と呼ばれる場所におかれていた庚申塔です。

この「白鳥の里」というのは、常陸国風土記に記載されている昔話がその名前の由来ですが、まだ律令制の国家が成立する前の4世紀頃の話として書かれている。

「郡家の北三十里のところに、白鳥の里がある。昔、伊久米の天皇(垂仁天皇)の御世に、天より飛び来たった白鳥があった。朝に舞ひ降りて来て、乙女の姿となり、小石を拾ひ集めて、池の堤を少しづつ築き、夕べにはふたたび昇り帰って行くのだが、少し築いてはすぐ崩れて、いたづらに月日はかさむばかりだった。さうしてこの乙女らは、

  白鳥の 羽が堤を つつむとも あらふ真白き 羽壊え
(小石を集めて池の堤を作らうとしても、白鳥の羽を抜いて積み上げるやうなもので、この真白き羽はすっかり損はれてしまった。)

 かう歌ひ残して天に舞ひ昇り、ふたたび舞ひ降りてくることはなかった。このいはれにより、白鳥の郷と名付けられた。(口訳・常陸国風土記 より)」

このように水を貯える堤を築くときに、空から舞い降りた白鳥が娘に姿を変え、築いては直ぐに崩れ、なかなか堤を築く事ができなかったという話しです。

まるで白鳥は泥だらけになり、羽を抜いて築いているようだ・・・・
でも築き上げることが出来ずに飛び去った・・・・

何処か悲しいお話ですね。

時代は、国造りのために、各地でこのように稲作などの灌漑用の堤を築こうと懸命に号令をかけていた時代です。

その白鳥が堤を築こうとしていた場所の推定地の一つが、この「天台宗白鳥山大光寺 照明院」です。
(他にも鉾田市札にある「白鳥山普門寺」地域も候補の一つです。)

無住の寺ですが、寺の入口前の道路わきに庚申塔があります。

koushin081.jpg

正面金剛に踏みつけられた邪鬼の表情がなんともかわいらしいと思います。
また、その下に三猿は描かれていません。

koushin082.jpg

この像の隣りには「庚申塔」(惣村講中)と文字が彫られた石塔が置かれていました。


庚申塔 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/02/06 13:53

「ふるさと風」会報の印刷を終えて・・・


 ふるさと”風”の会の会報印刷・製本で協会員が集まった。
部屋にパーテションなども設置したり、除菌剤なども置いているが、やはり作業の邪魔になる。
今日は比較的暖かだったので、窓を開け換気に気を付け、作業中もマスクをして行った。

部屋は茨城アマビエちゃんも登録している場所でもある。

この会報も、この2月号で177号となった。

あと3回で180号だ。 15年まであと3か月・・・・・

今日この2月号を印刷・製本したが、コロナで公民館・図書館などが閉まっており、無料で置くにしても置く場所がない。

先月は茨城県は独自の緊急事態宣言がだされ、1月9日(土)に印刷した日はまだ開いていた公共施設が日曜日から皆閉まってしまった。

今回は来週から解除されるかもとの期待もあったが、国の指定した都道府県の1か月延長が決まり、それに合わせて茨城県が独自に指定していた緊急事態宣言も延長され、ただし2月28日までと決まった。

しかし、条件があり、ある基準を満たせばこれも早めに終わることもあるし、県の施設もほぼ順次再開されるという。

石岡市は協議の結果、市の施設(公民館、図書館、観光案内所・・・・・・etc.)は来週から再開することが決まった。

ただ2月8日(月)は多くの施設で休みなので実質2月9日(火)から、感染対策をしっかりとって再開するという。

ふるさと”風”の会報は今日印刷したが、これも配れるのはまだ一部なので、ほとんどは火曜日以降に配ることになりそうだ。

まあそれにしてもやっと開いてくれるのはうれしいことだ。

石岡市のコロナ感染者の数も1月からかなり増えていて、市内の感染者状況も市からのメールで知ることができるのだが、知らされるのは、人数と男女別、年代だけで、具体的な情報は一切ない。
県のHPを除けば、県全体の状況が確認できるが、ここには新規・濃厚接触者の区別が表示されている。
やはりこの情報もかなり重要で、これからの行動などにも独自に考えることができる。
ぜひ市の方も載せてほしい。

一部の意見では市内のどのへんか?などを知りたいとの意見もあるが、これはやはり犯人捜しのようなものに発展しかねないのでやはり伏せておくべきだろう。
知りたければスマホアプリでの接触情報などを活用すべきだろう。

公表日 年齢 性別 居住地 区分
1月1日 60代 男 石岡市 濃厚接触者
1月3日 40代 男 石岡市 新規
1月3日 60代 男 石岡市 新規
1月4日 60代 女 石岡市 新規
1月5日 60代 男 石岡市 新規
1月7日 30代 女 石岡市 新規
1月7日 30代 女 石岡市 濃厚接触者
1月8日 80代 女 石岡市 濃厚接触者
1月8日 50代 女 石岡市 濃厚接触者
1月8日 30代 女 石岡市 濃厚接触者
1月8日 50代 女 石岡市 濃厚接触者
1月8日 20代 女 石岡市 新規
1月9日 40代 女 石岡市 濃厚接触者
1月9日 40代 男 石岡市 濃厚接触者
1月10日 50代 男 石岡市 濃厚接触者
1月12日 20代 男 石岡市 新規
1月12日 20代 男 石岡市 新規
1月15日 40代 男 石岡市 新規
1月15日 20代 男 石岡市 新規
1月16日 10代 男 石岡市 新規
1月16日 10代 男 石岡市 濃厚接触者
1月17日 児童 女 石岡市 濃厚接触者
1月17日 20代 男 石岡市 新規
1月18日 30代 男 石岡市 新規
1月18日 10代 男 石岡市 濃厚接触者
1月20日 60代 男 石岡市 濃厚接触者
1月20日 未就学児 男 石岡市 濃厚接触者
1月23日 30代 男 石岡市 新規
1月23日 60代 女 石岡市 濃厚接触者
1月25日 60代 男 石岡市 新規
1月25日 60代 女 石岡市 新規
1月26日 10代 女 石岡市 濃厚接触者
1月26日 40代 女 石岡市 新規
1月26日 80代 男 石岡市 濃厚接触者
1月26日 80代 男 石岡市 新規
1月27日 60代 男 石岡市 濃厚接触者
1月27日 20代 男 石岡市 濃厚接触者
1月27日 50代 女 石岡市 濃厚接触者
1月29日 60代 男 石岡市 新規
1月29日 70代 男 石岡市 新規
1月29日 70代 女 石岡市 濃厚接触者
1月30日 60代 女 石岡市 濃厚接触者
1月30日 20代 女 石岡市 濃厚接触者
1月31日 60代 女 石岡市 濃厚接触者
2月2日 60代 男 石岡市 濃厚接触者
2月2日 80代 女 石岡市 濃厚接触者
2月2日 30代 女 石岡市 濃厚接触者

2月6日(土)までの石岡市の感染者数だ。
ここ4日間の新規感染者数は0である。

また、ここ1週間は、新規感染者の数はゼロで、濃厚接触者が6人だ。

このような情報は出してもよいのではないだろうか?
少なくとも、これは、県のPDFの資料から得た情報だけだ。



近況 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/02/06 18:44
 | HOME |