FC2ブログ

水雲問答(62) 己一人の才を展すとき、蹉跌して事をなすこと能はず

  これは江戸時代の(長崎)平戸藩の藩主であった松浦静山公が晩年の20年間に毎日書き残した随筆集「甲子夜話(かっしやわ)」に書かれている2人の手紙による問答集を理解しようとする試みです。

雲:白雲山人・板倉綽山(しゃくざん)1785~1820年 上州安中の藩主
水:墨水漁翁・林述斎(じゅっさい):1768~1841年 儒学者で林家(幕府の大学頭)中興の祖
松浦静山・松浦 清 :1760~1841年

水雲問答62

水雲問答(62) 己一人の才を展すとき、蹉跌して事をなすこと能はず

雲:
 事は十分に参らず、苦みて居候中こそ却て面白き所と存申候。我十分は最早(もはや)後は陥阱(かんせい)に候。故に古人ことをなし候に、自分の上に1箇の人あるがゆゑに、己が才を展(のば)すこと能はず。半は出来、半は出来ずして、歎息すると雖ども、理を観るの明ならざるが故なり。其人去て己一人の才を展すとき、蹉跌(さてつ)して事をなすこと能はず、却(かへつ)て後悔するに至る。邵子(せうし)の落便宜は得便空、大におもしろく存候。

(訳)
 事を十分満足に為すことができず、苦しみながら部屋に籠もっている時こそ、かえって面白いものでございます。自分としては十分に出来て、後もう少しで完成という時に、落とし穴にはまることがあります。故に、昔の人が事を行おうとするときに、自分の上に一人の上役が居ると、自分の才能を十分発揮することが出来ず、半分できても残り半分が出来ないため、ため息をついてみてもこれ理を見るより明らかなことでしょう。しかし、その上の人間が去って、さて、自分ひとりになってこんどは十分に自分の才能を発揮できるようになると、今度は途中でつまづいて諦めることはできず、却って一人になったことを後悔します。
邵子(せうし:易を受けついで一派の哲理を考へ出した人)の「便宜に落ちるは、便空を得る」という言葉はとても面白いと存じます。

水:
 憂患に生じて安便に死する、則この意思に候。己(おの)が才を展尽することを得ず歎息するは、理を見るの明ならずと申ご論、殊の外面白きことにて、ご工夫の精細感心仕候。己の才を十分に展するに至て、蹉跌するのことを予(あらかじ)め仕おり候人は、多くは有るまじく、都(すべ)てこと敗て後に悔る計(ばかり)の者に候。此一条はご体認の実論にして、甚感銘仕候。

(訳)
 これは、孟子が「憂患に生じて安便に死する」(人は心配事がある時は心をいため、命を守る努力をするが、憂いがなくなると心がゆるみ、思わぬ死を招くこともあるということ)という言葉がありますが、すなわちこれと同じ心です。自分の才能を伸ばし尽くすことが出来ないことを嘆くのは理を見るより明らかであるという御意見はことのほか面白く、その言葉の工夫の細心さに関心致しました。自分の才能を十分に伸ばせるようになると、途中で挫折することをあらかじめ考える人は多くはいないでしょう。普通は、すべて行って失敗して後にそれを悔いるばかりのものしか居りません。この一条は貴方の実際の体験からの実論で、大変感銘いたしました。


水雲問答を最初から読むには ⇒ こちら
 (10件ずつまとまっています。 次の10件を読むときは最後の「Next」をクリック)

水雲問答 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/04/04 06:30

水雲問答(63) 大事は独断ならねば出来ず

  これは江戸時代の(長崎)平戸藩の藩主であった松浦静山公が晩年の20年間に毎日書き残した随筆集「甲子夜話(かっしやわ)」に書かれている2人の手紙による問答集を理解しようとする試みです。

雲:白雲山人・板倉綽山(しゃくざん)1785~1820年 上州安中の藩主
水:墨水漁翁・林述斎(じゅっさい):1768~1841年 儒学者で林家(幕府の大学頭)中興の祖
松浦静山・松浦 清 :1760~1841年

水雲問答63

水雲問答(63) 大事は独断ならねば出来ず

雲:
 韓非の独断は、事に害あることども多く候へども、大事は独断ならねば出来申さず候。独断甚面白く候。謝公の雅量にて独断大得手と存候。安穏中より出申す独断ならざれば、人背き申候哉に存候。

(訳)
 韓非(かんぴ:韓非子・・・中国戦国時代の思想家で、君主に権力を集中し法の支配で乱れを統一するという法重視の考え方をした)は独断でことを行い、この事が害をなしたことも多くありますが、大事を行うには独断でなければ実行できません。この独断は大変面白くおもいます。これは昔を懐かしんでいる人(謝公)のおおらかな考え方で、独断は大得意と思います。もし、この独断が心が落ち着いた状態から出されたもの出なければ、人はこれに背くことでしょう。

水:
 独断は、人主と大臣の上にては欠くべからざるのことに候へども、諸侯の上にして申たる時、独断のこと、一生中に成しおほせたるときはよし。代替になり候て、前代の独断大に害を成し、其ことを必ず替へざれば叶はぬこと出来、或は強(しい)て行へば、立意違ふて黒白相変ずることにも至るゆゑ、始(はじめ)思付たること、何年にて成と算して取かかるべし。大臣も我身に為し負せず、人に渡すときは直に別事となるべし。因て永久に渉(わた)らざる一時の大事は独断して、数十年を渉るべきのことは衆議を用ふべし。

(訳)
 独断は、一番上に立つ人主と、また大臣などにとっては欠くことのできないことです。しかし、諸侯に対して独断で命令するときに、その内容が、その命を下した主の代に成し遂げられればよいが、もし代が替わってしまうと、その独断が大きな害となり、独断の内容を変えざるを得なくなります。もしこれを強いて実行しようとすると、最初の考えとは黒白違ってしまうことにもなるでしょう。初めに思いついた考えは、何年でできるかを計算して取り掛かるべきです。大臣も自分自身でで成し遂げることが出来ず、他の人に任せるときは別なこととすべきです。永久に続くものでない一時の事は独断で行い、数十年に渡る問題には皆で衆議して決めるべきでしょう。


水雲問答を最初から読むには ⇒ こちら
 (10件ずつまとまっています。 次の10件を読むときは最後の「Next」をクリック)

水雲問答 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/04/04 06:57

水雲問答(64) 姦才ある者の起用

  これは江戸時代の(長崎)平戸藩の藩主であった松浦静山公が晩年の20年間に毎日書き残した随筆集「甲子夜話(かっしやわ)」に書かれている2人の手紙による問答集を理解しようとする試みです。

雲:白雲山人・板倉綽山(しゃくざん)1785~1820年 上州安中の藩主
水:墨水漁翁・林述斎(じゅっさい):1768~1841年 儒学者で林家(幕府の大学頭)中興の祖
松浦静山・松浦 清 :1760~1841年

水雲問答64

水雲問答(64) 姦才ある者の起用

運:
 人才を使(つかひ)申候に、姦才ある者を用(もちひ)候ほどこわき者はなく候。然かも才有る者は用ひざれば事成り申さず、□が了見には、その人の才□の使ひおほせ候と見切候はば使ひ申すべく、見切申さず候はば、擯斥(ひんせき)いたし候が宜しくと存候。使ひおほせ申と存誤られ候こと、古今歴々と相見へ申候。恐るべきのことに候。晋(しん)の文が鐘会(しょうくわい)を使ひ、斉(せい)の蕭道成(しょう どうせい)が沈攸之(しんゆうし)を使ひ申候は、姦雄だけ姦才の用ひ方、格別に候と概歎仕候。

(訳)
 人材の起用ということについて、悪知恵の有るずるがしこい人を用いるほど怖いものはありません。しかも才能の有る人を用いなければ大概の事は成し遂げることが出来ません。私が考えるところ、その人の持っている才能を使いこなせるのか、または見切ってしまうことが出来るのかを判断して使うべきでしょう。見切らなければ排除することがよろしいと思います。使えないのに、使うことが出来ると誤って使ってしまうことは、今も昔もよくその歴史が教えてくれます。これは大変恐ろしいことでございます。晋(しん)の文公が、野心家の鐘会(しょうかい)を使ったこと、斉(せい)の蕭道成(しょう どうせい)が沈攸之(しんゆうし)を使ったことなど、これはずるがしこい勇者には、ずるがしこい人を使うことが出来るという特別な用い方があると思われます。これは概歎(がいたん:うれいなげく)しています。

水:
 昔より姦才を用ひて誤しこと、例多きは申に及ばず。今の世にさへ、某はくせ者なれど、我は使ひおほせん迚(とて)、夫が為に誤られ候者比比(しばしば)絶ず。見切て擯斥(ひんせき)至当のことに候へども、今世禄の人、喩へば我が手にて擯斥する時は、人の手を仮(か)りて出づ。其害我用るに超(こえ)たること有り。茲(ここ)に至りて何(い)かんとも為し難き勢あり。此所置の工夫なし。如々何々。

(訳)
 昔からずるがしこい人間を用いて誤った例は数多くあります。今の世でさえ、あの人間はくせ者であるが、使いこなすことが出来るといって、それが失敗であったということはしばしばあり、それが無くなることもまたありません。見切ってその人間を排除することは至極尤もですが、今の世襲で受継いでいる人々、例えば、自分の手で排斥する時は、自ら行わず人の手を借りて命令を出す。するとその害が自分の領分を超えることがあります。そうなりますと、どうにも手の下しようが無くなってしまう場合があります。このような事の手当てをどのようにするかの工夫が必要です。如何でしょうか。



水雲問答を最初から読むには ⇒ こちら
 (10件ずつまとまっています。 次の10件を読むときは最後の「Next」をクリック)

水雲問答 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/04/04 10:16

水雲問答(65) 大事は半分危うし程にて見切る

  これは江戸時代の(長崎)平戸藩の藩主であった松浦静山公が晩年の20年間に毎日書き残した随筆集「甲子夜話(かっしやわ)」に書かれている2人の手紙による問答集を理解しようとする試みです。

雲:白雲山人・板倉綽山(しゃくざん)1785~1820年 上州安中の藩主
水:墨水漁翁・林述斎(じゅっさい):1768~1841年 儒学者で林家(幕府の大学頭)中興の祖
松浦静山・松浦 清 :1760~1841年

水雲問答65

水雲問答(65) 大事は半分危うし程にて見切る


雲:
 凡そ事余に危くしては大事は成り申さず。半分危(あやふし)と申程にて見切候所、大事と存候。

(訳)
 大事を行うのにあまりにも危なければ、成功することは出来ないでしょう。半分程度危ないくらいでも、そで見切って実行に移すということが大事であると思います。

水:
 虎穴にいらずんば虎子を獲ず。是を以て英豪の直前手段。

 別紙稽留(けいりゅう)恐れ入り候。近来のご論、実に格別にて、老子大狼狽(らうばい)、ご答も申上げかね候斗(ばかり)に候。ご博粲(はくさん)下されたもうべく候。艸々(さうさう)以上。廿八、衡。

(訳)
 「虎穴にいらずんば虎児を得ず」のたとえの通りで、これが英豪が大事を行う直前の心境でしょう。


 別紙の返信が滞ってしまい恐れ入ります。最近の御理論は、実のご立派で、私のような老子は大変狼狽することしきりでございます。ご返答も申上げかねてばかりで申し訳ありません。ご博粲(謙譲して:お笑い)くだされたく。


水雲問答を最初から読むには ⇒ こちら
 (10件ずつまとまっています。 次の10件を読むときは最後の「Next」をクリック)

水雲問答 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/04/04 12:49
 | HOME |