FC2ブログ

水雲問答(66) だまされて、だまされぬ所

  これは江戸時代の(長崎)平戸藩の藩主であった松浦静山公が晩年の20年間に毎日書き残した随筆集「甲子夜話(かっしやわ)」に書かれている2人の手紙による問答集を理解しようとする試みです。

雲:白雲山人・板倉綽山(しゃくざん)1785~1820年 上州安中の藩主
水:墨水漁翁・林述斎(じゅっさい):1768~1841年 儒学者で林家(幕府の大学頭)中興の祖
松浦静山・松浦 清 :1760~1841年

水雲問答66

水雲問答(66)  だまされて、だまされぬ所

雲:
 治国平天下のことは申に及ばず、一家のこと迄も誠の一字なくては相成らず候。『列子』に申たる通り、海鷗(かいおう)も舞(まひ)て下らざる譬(たとへ)の通りに候。然し、誠意に過候と、又欺かるの弊も之有り候。何(いづ)れ大手段にかかり申者は、人にだまされねば成り申さず。だまさるるに又手段あり。今人だまされまいと存候て、何(い)しかだまされてだまされぬ所、味ものに候。

(訳)
 天下国家のことは言うまでもなく、一家のことにも「誠」の一字が無ければなりません。『列子』に書かれておりますが、何もこちらに意図が無ければ海辺で鷗(かもめ)はたくさん舞って下りてくるが、こちらが捕まえてやろうという気持ちがあると、まったく下におりてこないというたとえ話があります。しかし、あまりにも馬鹿正直すぎると、また騙されるという弊害もあります。どうしても大きな仕事をしなければならない場合は、人に騙されるということもなければやり遂げることはできないでしょう。しかし、この騙されることにも一工夫があります。今の人は騙されまいとして、いつかだまされていたり、まただまされていなかったりと言うことがありますが、これはなかなか味のある(興味深い)ものです。

水:
 心身より家国に及び、誠の一字欠くべからずは勿論に候。欺るるはことの品によりて、子産が圉人(ぎょじん)にだまされ候類は、だまされたるが宜(よろしく)候。兎角(とかく)今の貴人は、人にだまされまいと存候一念より疑慮深く成り、何ごとも出来申さず。だまされてだまされぬ所の味と申は、随分面白きことながら左候ては、矢張(やはり)だまされまいの念起り申。ずっと身をはめて、子産のだまされ候塩合(しおあひ)は、だまされるに極め候が宜(よろしく)候。

(訳)
 自分自身のことから国家のことにまで、誠の一字は欠いてはいけないことは勿論です。「孟子」の書に子産(しさん:春秋時代の小国・鄭(てい)に仕え、弱小国の鄭を安定させる善政を行った人物)が、圉人(ぎょじん:馬飼などの役人)にだまされた話があります。これなどはだまされたことがよろしいといったものです。
(子産は圉人に魚を池に放してくれとたのんだ。しかしその役人は魚を煮て食ってしまい、子産へは「魚は池で最初は元気に泳いでいましたが、そのうち下にもぐって見えなくなりました。」と報告しました。これを聞いた子産が喜んだので、その役人は子産は賢人といわれているが、だまされているのも知らないで」と笑ったという話)
ともかく、いまの貴人は人にだまされまいと一途に思慮深くなり、何事も出来ません。貴方の説の「だまされてだまされぬ」という言葉の味は大変面白いと思いますが、やはりだまされまいとする思いは起ります。そのため、そのような問題の中に飛び込んで、子産のようなだまされ加減、だまされることの極みを考えるのもよろしいと思います。



水雲問答を最初から読むには ⇒ こちら
 (10件ずつまとまっています。 次の10件を読むときは最後の「Next」をクリック)

水雲問答 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/04/05 03:37

水雲問答(67) 小事を看過し、一旦に善事をなし出す

  これは江戸時代の(長崎)平戸藩の藩主であった松浦静山公が晩年の20年間に毎日書き残した随筆集「甲子夜話(かっしやわ)」に書かれている2人の手紙による問答集を理解しようとする試みです。

雲:白雲山人・板倉綽山(しゃくざん)1785~1820年 上州安中の藩主
水:墨水漁翁・林述斎(じゅっさい):1768~1841年 儒学者で林家(幕府の大学頭)中興の祖
松浦静山・松浦 清 :1760~1841年

水雲問答67

水雲問答(67) 小事を看過し、一旦に善事をなし出す

雲:
 李愬(りそ)が平蔡(へいさい)の策を見候に、彼が怠惰(たいだ)をまち申候ゆゑ、為(す)ること一つとして怯(けふ)ならざるはなし然して一旦に取挫(とりひしぎ)申候は愉快に候。軍事計(ばかり)になく、今日の上にても大段落を見すへ候はば、小事を看過いたし、一旦に善事をなし出すべきことに候。拙速巧遅、兵道ばかりに之無くと存候。智者も慮に及ばず候所に出来申候こと夥(おびただ)しく候。

(訳)
 唐の名将である李愬(りそ:773-821)が平蔡の策略を見ておりますと、彼は怠けることを待っているために、やることはすべてについて恐ろしいと思わないものはないが、いったんそれを押しつぶしていることは愉快であります。これは軍事ばかりではなく、今日においても大段落を見据えて申せば、小事には目をつむり、善事を行うことといえましょう。巧遅拙速(こうちせっそく:いくら上手でも遅いよりは、たとえ下手でも速いほうがよい)というのは、戦の時ばかりではないものと思います。智者といえども深く考えが及ばずことが出てくることはこれまたおびただしい数になるでしょう。

(コメント)
 この李愬などの人物についてはあまりわが国では紹介されているものが少なく、理解がしにくいところがあります。そのためこの訳も中途半端になってしまいました。とりあえずの参考程度としてください。

水:
 此通(とほり)に候。「疾雷耳を掩(おほ)ふに及ばず」と申所、事に臨み候ては第一作用に候。豪傑の挙措(きょそ)、斯くの如きのみならず、小人の胆ある者も亦此の如くに候。自(おのず)から大事に当り候と、小人を待ち候との二つとも、この手段とこの用心となくて叶わず候。何事をも仕おほせ候者は、皆帰宿の所は一にして、其事の善悪に君子小人の別ある斗(ばかり)に候。

(訳)
 この通りです。「疾雷耳を掩(おほ)ふに及ばず」という言葉があります。急に雷が鳴って耳をおおういとまがないことから、事態が急激で、対処するいとまがないことを意味しますが、事を行う場合には、その第一番目に起こることです。豪傑の立ち居振る舞いがこのようなことというだけではなく、小人の心の者でもまた同じです。自分からすすんで大事に当たることと、小人が事を行うのを待つということの二つとも、この手段と心がけがなくては事は叶いません。何事でもやりきることができる者は、皆、究極のところは同じで、その事の善悪に君子と小人の別があるだけです。


水雲問答を最初から読むには ⇒ こちら
 (10件ずつまとまっています。 次の10件を読むときは最後の「Next」をクリック)

水雲問答 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/04/05 11:08

水雲問答(68) 時を知り、命を知る

  これは江戸時代の(長崎)平戸藩の藩主であった松浦静山公が晩年の20年間に毎日書き残した随筆集「甲子夜話(かっしやわ)」に書かれている2人の手紙による問答集を理解しようとする試みです。

雲:白雲山人・板倉綽山(しゃくざん)1785~1820年 上州安中の藩主
水:墨水漁翁・林述斎(じゅっさい):1768~1841年 儒学者で林家(幕府の大学頭)中興の祖
松浦静山・松浦 清 :1760~1841年

水雲問答68

水雲問答(68)  時を知り、命を知る

雲:
時を知り命を知るは君子帰宿の処、万事ここに止(とどまり)申候。一部の『易』、此二ヶ条に止り『魯(ろ)論』にも、これを知るを以て君子と之有り。時を知るは外(ほか)のことにも之無く、為(なす)べき時に図をはづさず、為(なす)まじき時にせぬのみに候。命を知るは、その味広遠のことにて、説破に及(および)かね申候。兎角(とかく)古今身を危(あやふく)くし、国を滅(ほろぼし)申候も、君子の禍に及(および)申も、この二字に通ぜぬ故と存候。実は真の君子にあらぬ故に候。英豪却て此の二条に通(つうじ)候ゆゑ、一時に事を起(おこし)申候ことと存候。

(訳)
 時を知り運命を知るということは、君子の究極に到達するところです。何事もここに止まります。『易経』で説くところもこの二ヵ条に止まるのです。論語の中の『魯論』にも「これを知るを以て君子」とあり、これは時を知るということにほかありません。ことを為すべき時はその機を逃さずにやってのけ、為すべきではない時にはどんな時でも行わないということです。運命をということは、そのその意味は限りなく広遠で、説き伏せることが困難です。兎角、昔から今でも身を危くし、国を亡ぼすのも、君子に禍が及ぶのも、この二字(時を知り、命を知る)ことができていないからです。また実は真の君子でないからともいえます。英雄豪傑はこの二条、時と運命に通じているために、時を逃すことなく事を起こしていると申せましょう。


水:
 公論と存候。英豪は道理はしらず、己れの才気より存候。君子は義理には心得候へども、多く才気たらざるより見損じ申候。因ては彼の豪傑の資、聖賢の学と申す二つを兼(かね)ざれば、大事業は成就仕らぬことと存候。

(訳)
 これは公正な論と思います。英豪はそのような深い道理は知らず、自分の才気で本能的にやってしまいます。それに対し、君子は物事の道理は心得ていますが、多くは才気が足りないために事を見損じのです。したがって、この豪傑の資質と聖賢の学問の二つ両方を兼ね備えなければ、大事業は成し遂げることは出来ないと思います。


水雲問答を最初から読むには ⇒ こちら
 (10件ずつまとまっています。 次の10件を読むときは最後の「Next」をクリック)

水雲問答 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/04/05 17:32
 | HOME |