fc2ブログ

甲子夜話の面白き世界(第4話)天狗にまつわる話(4)

甲子夜話の世界第4話

天狗の記載がありませんが、初期の頃、空から降ってくる「火球」も天狗といわれていたといわれているそうですので、ここに火球に係わる2つの話を載せておきます。

《11》 火毬が降ってきた話し

わが永昌寺の隣りに宗源寺という寺があり、そこの住持(住職)を順道と云う。
肥前佐嘉(佐賀)領の人だという話と聞くが、佐賀では時として天から火毬が降ることがあると。
これを里人は「テンピ」と言っている。(このテンピは天火なるに違いない〉。

火毬は地上に落ちると、地面の上を転がる。
人々はこれを観ると直ぐに集まって後を追う。
そして追う時には念仏を高唱する。

追えば、テンピはまた回転して逃げる様である。
そして郊外まで追って行くと野に転がって行き災いはない。
しかし追わないと人家に転び入り、そこで火を発すると云う。

奇なることである。

巻之9 〔3〕 ← クリック 元記事

《12》 火球が天より落ちてきた話し

林子が語った事だが、癸未十月八日の夜の戌刻下りに、西の天から大砲のような響きがして、それが北の方へ行った。
そして直ぐに北の戸を開けて空を見ると、北天に残響が轟いていた。

後に人が話すのを聞くと、あたりを歩いていた人は、そのとき大きな光り物が飛んでいくのを見たという。

また数日隔てて聞いた。
早稲田にちょっとした御家人の住居があり、その玄関辺りに石が落ちて屋根を突き破り、破片が飛び散ったのが、その夜のその時刻だったという。

そういえば、七八年前にもこのようなことがあったな。
これは昼間の話だが、八王子の農家の畑の土に石がめりこんだ。
今回の夜の一件と同じようだ。

今度の破片も同じような石だとそれを見た人は云っている。

昔、星が落ちてきて石になったなどと云うことを聞いたが、これに由来しているのだろう。

七八年前の飛び物は、まさしくわしの身内の者が見ていたのだが、その大きさは四尺(1.2mほど)以上にもなる。
また、赤っぽく、黒っぽく、雲のようで、火焔のようである。
鳴動回転して、中天をものすごい勢いで飛ぶ。
そして走っていく後ろには火の光のようなものがついており、かつ残響を曳くこと二三丈に及んだ。
動きは東北から西方に飛んで行った。

見物人は、はじめのうちは熱心に見入っているが、その後は怖くなって家に逃げかえり、戸を塞いでしまう。

巻之40 〔5〕  ← クリック 元記事


以上甲子夜話に記載されていた天狗に纏わる話を4回にわたり12件紹介した。
しかし、これもまだごく一部で、目次を探ると、天狗に関する話題はまだまだたくさん収録されている。(参考)

  No 篇数 巻数 番号 目次
  1  続 005 003 越後、漂木咄
  2  続 012 007 天狗災火を走る
  3  続 017 001 落咄百節
  4  続 021 009 『車借』の事〔能に見ゆ〕
  5  正 006 009 林子、宮嶋にて山禁を犯し瀑雨にあふ事
  6  正 009 025 誠拙和尚、南禅寺にて天狗を戒むる事
  7  正 023 010 飛脚、箱根山にて怪異に逢ふ事
  8  正 023 034 坂本雲四郎、駒嶽に怪を見る事
  9  正 030 023 空中に人行を見し話
  10 正 034 007 足利時代勧進能并場所の図
  11 続 032 004 喜多六平太家伝符大会の面の事
  12 続 036 002 原、白隠和尚時蹟『粉引唄』[同]
  13 続 055 003 火災詩〔文政十二年三月〕
  14 続 066 003 天保二年辛卯観世勧進能のこと並其前と古代の事
  15 正 095 002 狼華歓心能
  16 正 094 011 天狗〔引『抱朴子』〕
  17 正 090 013 古人の短冊
  18 三 015 001 就中『石橋』の能、家々其別ある由之事
  19 三 017 002 讃州丸亀城主京極家の家老某、女病しとき家長神託のこと
  20 三 021 001 豆州談〔江川太郎左衛門、朝川鼎物語。三十一段〕
  21 三 050 002 堀田備中奥医某怪死
  22 三 058 004 牛車をぎっしゃと唱ること ○水天宮 ○浄海入道の墓 ○二子山
  23 三 067 010 大火之とき天狗火を延く話 ○長門の臣愛宕山に登、洛中延焼を見し話并右大火の前妖
  24 三 069 006 日光宮登山のとき愛宕山失火の怪語
  25 三 070 012 天狗をグヒンと云説并天狗両種ある説 付安覚并梅居士の強記 ○天狗を見し正話
  26 三 077 016 足守侯の領、鷲人語を成せし話付評
  27 正 073 006 天狗界の噺
  28 正 068 001 『丙丁燼余』之一
  29 正 065 006 福太郎の図[河童の名]
  30 正 064 003 南禅寺守護神
  31 正 060 017 天狗〔飛物の名〕
  32 正 007 027 上総人足、天狗にとられ帰後の直話

などがあり、今ここでは12件ほど(1/3)を紹介したに過ぎない。
またブログ自体もまだ全体の1/3程度であり、機会があれば残りの物も後から追加してまとめて見たい。

甲子夜話の面白き世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/09/29 05:46

甲子夜話の面白き世界(第5話)天狗にまつわる話(5)

甲子夜話の世界第5話

今回は甲子夜話に記載されている話とは別なものを紹介しておきたいと思います。
私のブログでもう10年ほど前に天狗をテーマに10回ほど記事を載せました。
この甲子夜話を読みながら、私の記事も一緒に読んでもらえたらうれしいなという気持ちになりました。
大変あつかましいのですが、ここにリンクを貼らせて頂きたいと思います。

<天狗について> 以下に記事を載せます。それぞれの項目をクリックしても単独に読む事が出来ます。

ただ纏めて11件を続けて読む事も出来ます ⇒ こちら(天狗の話) をクリックしてください。

1) 天狗の話 - 猿田彦

2) 天狗の話 - 長楽寺の天狗

3) 天狗の話 - 愛宕山の天狗

4) 天狗の話 - 天狗小僧寅吉

5) 天狗の話 - 烏天狗

6) 天狗の話 - 大杉神社

7) 天狗の話 - 常陸坊海尊

8) 足尾山と常陸坊海存

9) 天狗と津島の祇園

10) 平田篤胤が江戸で見ていた常陸の天狗世界

11) 常陸の天狗世界(2)

なお、平田篤胤の書いた仙境異聞に登場する天狗小僧寅吉のその後や子孫が開いた「天狗湯」を探した記事もあります。
こちらは紹介というよりのんびりと探す事を楽しんだ様子を書いています。

記事は ⇒ こちら「天狗湯を探せ!」

甲子夜話の面白き世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/09/29 09:27
 | HOME |