fc2ブログ

甲子夜話の面白き世界(第9話)狐にまつわる話(1)狐つき

甲子夜話の世界第9話


(今までの「甲子夜話の面白き世界」の第1話からは ⇒ こちら から読めます)

 今回からは「狐」です。その最初は「狐つき」についてです。
狐は古来から男や女に化けて、人をだましたり、人に取り付いたりするようです。
ここには甲子夜話からそんな話を集めてみました。

《1》 狐つき

ある者に狐がついた。
医薬は勿論、僧巫(そうふ)の祈祷でも離れなかった。

やん方なくある博徒がいて、狐を落とそうではないかと云う。
それで、頼んだ。

博徒は、鮪(まぐろ)の肉をすり身にして当の者の総身に塗り、屋柱に縛り付けた。
そうして、そこに畜犬を連れて来ると、犬は喜んで満身を舐めた。
その者は大いに恐怖を感じ震えながら叫び声を上げた。

やがて狐も落ちたとのこと。

巻之12 〔25〕  ← クリック 元記事

《2》 聾者に狐つき

わしの身内に茶道をする老婆がいる。
年七十余りで気持ちの安定が尋常ではない。
どうも狐つきらしいと思われ、よく未来を云い、また過去を説いては違わない。

ややもすれば、ここにいると害に遭うと云っている。
人がその側を離れれば、逃げ出そうとする。
家の者はこれを憂いて祈祷者に占わせた。

ガマの目の法を施せば、この妖魔は去ると云う。
わしはすぐに聞いた。
「どうしてガマの目の法を行うと去るのか。早く邸中の年少の者に、かの家にいって指矢を射させるのだ。そうしたら、妖狐は即去るだろう」。

未だかつてこんなことはなかったが、老婆が云う。
「日を置かず、ガマの目の法を行って下さい。そうすれば、速やかに去るでしょう。やらないと死んでしまいます」。
これで老婆は正常に回復した。奇跡だ。

この老婆は、もともと聾(ろう)だったと聞いたが、狐つきの間はよく人の話が聞くことができ、またいろいろ事を細かく話すことができた。
しかし、狐は去り元の聾(ろう)に戻った。
これもまた奇跡である。

続編 巻70 〔11〕  ← クリック 元記事

《3》 浮田秀家女についた妖狐(1)

『雑談集』にある話。
浮田中納言秀家は備前一ヶ国の大主である。
ゆえあってひとり娘に妖狐がついた。
種々の術を尽くせど出ていかない。

それで秀家も心気鬱になり、出仕もやめざるを得なかった。
秀吉はこれを聞き召され、かの娘を城へ召して、狐に速やかに退散する様命じた。

狐は退くという時に次の様に云った。
「私は車裂きの刑に逢うとも退くものかと思いました。しかし、秀吉さまの命にそむくならば、諸大名に令して、西国及び四国の狐までを狩り平らげよとの御心中と察しましたので、今退きます。私の為に多くの狐の命を亡くす事は、如何ともしがたい。だから涙泣きをしつつ立ち去ります」。

翌日、秀家は謝礼として登城して、その始末を言った。
秀吉は頷いて微笑んだという事(『余録』)。

巻22 〔19〕  ← クリック 元記事

《4》 浮田秀家女についた妖狐(2)

巻之ニ十ニに浮田秀家の娘に狐がついて離れ去らないのを秀吉公の命でたちまち去った話があった。
また同じ冊の後ろの段に、芸州宮嶋には狐の害がないと云っている。

この頃、太閤の令と云うものを行智に聞いた。
先年、それを見て暗記したと云うのだ。すると浮田の事はこれであろうかと思った。

『その方が支配する野干(やかん、野獣)は、秀吉の召使いの女房に取り付いた為に悩ませている。
何のつもりがあってその仇をなすのか。
その子細は無きものとして、早々に(取り付いた者の体から)引き取られたし。
もし引く時期が延びるとすれば、日本国中に狐狩りを申し付ける。
猶(なお)、委細は吉田神社に(ことごとく)口状申し含む。  
       
              秀吉          
月  日
      稲荷大明神殿え』。

巻96 〔17〕  ← クリック 元記事

《5》 安芸の宮嶋には狐つきなし

 安芸の宮嶋には狐つきがある事がない。
また他所の人が、狐につかれた者をこの嶋につれて来ると必ず落ちる。 

 また狐つきの人をかの社頭の鳥居の中にひいて入れると、苦悶大叫して狐がそく落ちると。
 神霊はこの如くである。

 近頃わしの小臣がこれは実説だったと云う。
これに依ると昔浮田の女(むすめ)が、あばれる狐がおちないので、太閤が西国四国の狐狩りをしようと云ったかどうかは疑わしい。備前宮嶋からの距離はそう遠くはないではないか。

 秀家が鼻の前の神験を知らずに、愁い鬱々した日を重ねたというのは、いぶかしい。

巻22 〔29〕  ← クリック 元記事

《6》 蝦夷の狐ばかりは人を化かす事を知らない

林の話に、そうじて狐は人を化かすのは何れの国も同じ事なのに、蝦夷の狐ばかりは人を化かす事を知らない。
如何なることにて狐の性が変わるのだろうか。

巻47 〔10〕  ← クリック 元記事





続きを読む

甲子夜話の面白き世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/10/03 06:57

久しぶりに晴れ上がって

 昨日(土)は緊急事態宣言が解除となり、台風も無事通り過ぎて、久しぶりの青空でした。
ふるさと”風”の会も身を縮めながら活動してきましたので、やっと気分も晴れました。

そこで、長い事お休みだった公共の施設等(公民館、図書館、観光施設)に8月と9月の会報を配りに昼頃出かけました。

暑いくらいの日差しの中、町中から八郷地区、小町の里、北条と一回りしてきました。

あちらこちらで、コスモスの花が咲き乱れ、市の特産の柿も大分大きくなってきていました。
やはり秋の気配もあり、ススキの穂も風に揺られてキラキラ…その向こうに大きな筑波山を眺めながらのドライブでした。

帰りにかすみがうら市の志筑を通ったので、五百羅漢の寺「長興寺」を訪ねてみることにしました。
ここの羅漢さんたちの笑顔をまた見たくなったのです。

PA020519s.jpg

柿も色づき、青空が美しい。

PA020515s.jpg

長興寺入口の仁王さまもみな無事。なつかしい。

PA020516s.jpg

この羅漢様たちとも久しぶり。

PA020517s.jpg

どの顔が今回はいいかな・・・
今回はこの笑い顔が気に入りました。

PA020522s.jpg

反対側の斜面には、仲良しの道祖神さんたちがいます。
なにかこのコロナでじっとしていた時期を振り返って、気分もどこかホットします。

PA020521s.jpg

このような道祖神もあまり見かけることが少なくなりました。
いいですよね。

PA020520s.jpg

でもまだ当面は家で自粛も続くのでしょうか?
1年前には今年年末まで続くとは、想像もしていませんでしたね。

石仏たち | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/10/03 14:19

甲子夜話の面白き世界(第10話)狐にまつわる話(2)鳥を化かす狐

甲子夜話の世界第10話

(今までの「甲子夜話の面白き世界」の第1話からは ⇒ こちら から読めます)

 「狐」の2回目は「鳥を化かす狐」についてです。

《1》 狐に化かされる鳥

邸の隣の住人に聞いた話。

ある者が幼い時、上野山下の根岸に住んでいた。
その時山から老狐が出てきて、よく馴れた。
食をあたえると家に入り人の傍で食べた。

狐は人ばかりでなく、鳥類も化かすと知られていたが、ある日鳥が来て樹の小枝にとまった。
するとこの狐はその樹の下をぐるぐる回ると、鳥は飛びさる事が出来なかった。

狐が樹の下にいて頭を揺らすと、鳥も樹の上で頭を揺らしてた。
狐がやる事一切を、その通りにしたのだ。

とするならば、血気あふれて飛び走る類もきっと狐に惑わされたものと見た。

巻之8 〔3〕  ← クリック 元記事

《2》 狐ににらまれた鳬(かも)

この頃また聞くには、下谷妙音寺の池に鳬(かも)が多く集まると云う。
時々狐が出てきては、水岸に鳬がいるのを見ると、その鳬の中の一羽に狙いをつけて、真っ直ぐにその方へ行くと云う。
その鳬は動く事ができず、わざわざ狐に捕らえられると云う。

これまた惑わして、引き寄せるものなのだろう。

巻之21 〔14〕  ← クリック 元記事

甲子夜話の面白き世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/10/03 17:39
 | HOME |