fc2ブログ

甲子夜話の面白き世界(第11話)狐にまつわる話(3)稲荷と狐

甲子夜話の世界第11話

(今までの「甲子夜話の面白き世界」の第1話からは ⇒ こちら から読めます)

 「狐」の3回目は「稲荷、八幡社などと狐」についてです。

《1》  『ヤハタ』の森

聞いた話である。

上総下総の国境の道傍に『ヤハタの森』と呼ぶ小森がある。
その裏を看ると向こうへ見通すほどの狭い林である。

しかし、以前より、この裏に入る者は1人としてまた出ることはなかったという。
人は怪場として、「やはた知らず」と云った。
その意味は、人は未だこの林の中を知る者はいないと云う意味である。

また聞いた。
かつて水戸光圀卿がこの辺を行き過ぎようとしたとき、お供の者に、この林の中に入ろうとの言われた。
左右の者は堅くそれを拒んだ。
卿は「何ごとかあるのか」と自身1人で中に入り、出てこられるまですこしの時間がかかった。
従行の人はみな色を失った。
然るに、卿は少ししてから出てこられた。
その顔容はいつもと違っていた。そして曰くに。
「実に怪しき処であった」と、それ以外は何も言わなかった。

こうして、しばらく日数を経てから言うには、
「かつて『ヤハタ』に入ったときは、その中に白髪交じりの狐の翁が居た。
そして曰く。『何たる故にこの処に来られたのか。昔よりここに到る者は生きて帰ることはありませぬ』。
また辺りを見ると、枯れ骨が累積しておった。
狐はそれを指して曰く。『君も還ることはよしとしないが、貴方の賢明さは世に聞こえている。今、ここに留まらず、速く出給われよ。そして再び来給うな』と云って別れたものよ。
このは余りに畏怖があってな、人に語るには及ばず」
と人にの給われた。

ある人また曰く。
「この処は八幡殿義家(八幡太郎・源義家)の陣跡と云い伝わっている」と。
これは『ヤハタ』と称する説だろうか。また果たして真なのか。

三篇 巻之11 〔4〕  ← クリック 元記事

《2》 水戸殿の祠

 水戸殿の小石川邸(現後楽園球場附近)の園中には、伯夷、叔斉の祠がある。
(伯夷(はくい)・叔斉(しゅくせい)は、古代中国・殷代末期(紀元前1100年頃)の孤竹国(現在地不明)の王子の兄弟であり、儒教では聖人とされる)

いつの頃からかその像を取り除いて祠八幡とした。
今の中納言殿〔卿〕の祖文公殿〔中納言治保卿〕の時、林子を招かれ、園中翺翔(こうしょう)にある折りから、林子に詩を乞われた。
林子は色を正して云った。
「義公(徳川 光圀公)の高風清節後世に流伝するのは、伯夷を景慕されてのことであろう。
今日その祠を見ると、いつか八幡となってしまった。
真に歎かわしいこと、甚だしい。
あわれ、八幡祠を外に新しく造られ、この旧祠には狐竹2子の像を元のように安置したまえ。
そうあらんときには、この時こそ拙も詩を呈すべく」

と陳説され、文公は大いに感動された。

その後八幡祠は別に成って、狐竹祠は昔に復したとのこと。
林子はいかにも奇男子と云えるだろう。

注:伯夷・叔斉は、孤竹の国の君主の子供であった。おなじ「狐」でも稲荷の狐とは意味が違うということか。

続篇 巻之7 〔7〕  ← クリック 元記事


《3》 王子の稲荷の狐
(王子稲荷は、大晦日に全国の狐が集まり、狐火を灯した行列があるとの民話がある)

ある士が、王子の稲荷(東京北区の王子稲荷神社:東国三十三国稲荷総司)に参詣に出かけた。
山中に至ると、穴の中に狐が伏せて寝ている。
士が「権助、権助」と狐を呼んだ。
狐は驚いて目を覚まし、思った。
「お侍さんは、オイラの事を権助と見るのか」。
狐は化けはせず、そのまま穴を出てきた。
士もまた知らん顔をして狐を連れて通って行った。

帰り道、山下の海老屋に入った。(この辺りには海老屋と扇屋という大きな料理屋があった)
狐は下僕に化け、酒肴を注文した。
そして酒肴が酒の席にズラーと並べられた。
酒もたけなわになったところで、士は厠に行き、そのままそこを去った。
下僕の狐だけが残された。
家人が怪しみ「酒肴のお代は?払ってくれるよな?」と聞いた。
下僕は「お、おいら、わかんないや!」と云った。
主人は怒り、その狐を嘲った。
下僕ははじめて悟り、すぐさま走って山に走って逃げた。
店主はあっけに取られてしまった。

士は戻ってこれを窺い見た。
ただ、この店には入らずに、餅の店に行き、饅頭を買って、再び狐穴に行った。
小狐がいて臥せっていた。
士は狐を呼んだ。
小狐はまた驚いて起き上がった。
士が云った。「おまえ、驚くなよ。饅頭をやるから」。
小狐は喜んだ!喜んだ!
それから牝狐の所に行き、このことを告げた。
牝狐が云った。
「食べないよ。おそらくは馬糞だからね」。

注:狐が化けて人間に饅頭を渡すと、それが馬糞の饅頭だったという民話は各地にたくさんあります。

続編 巻之17 〔1〕  ← クリック 元記事


甲子夜話の面白き世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/10/04 04:52

甲子夜話の面白き世界(第12話)狐の話し(4)狐と火事

甲子夜話の世界第12話

(今までの「甲子夜話の面白き世界」の第1話からは ⇒ こちら から読めます)

 「狐」の4回目は「狐と火事」についてです。
昔は狐が火をつけて火事になったなどという話がたくさんあったようです。

《1》 霊妙なる狐

狐は霊妙なる者である。
平戸城下、桜馬場という処の士が屋敷にて狐が火を燃すのを見た。
若い士どもは取囲んで追うと、人々を飛び越えて逃げ去った。
すると物が落ちる音。
これを見ると人骨の様なものがある。
みなが言うには「これは火を燃すものに違いない。
取り置けば、燃すことは出来ない。
持ち帰って屋内においておけば、必ず取りに来るだろう。
その時、生け捕りにしよう」。
示し合わせて、障子を少し開けて狐がやって来るのを待っていた。
果して狐は来て、伺い見るようにして、障子が開いた所から面を入れては出したりを度々繰り返した。
人々は今や入ると構えていると、遂に屋内にかけ入った。
待ち受けていた者は、障子を閉めるが閉まらない。
その間に狐は走り出た。
皆は何が起こったのかと、障子の敷居を見ると、細い竹を溝に入れ置いていた。
それ故、障子が動かず。
いつの間にか、枯れ骨も取り返されてしまった。
さきに伺っていた時に、この細竹を入れ置いたに違いない。

巻之4 〔25〕  ← クリック 元記事

《2》 狐の祟りの話しもまちまち

印宗和尚の話。播州竜門寺との文通によると。
京東本願寺が火事で焼けた時に、尾州名古屋より仮のお堂を京へ送った。
海運の途中、船数艘に積んでいたら、柱積んだ中で大船2艘に船火事が起こり、積材は燃えて尽きてしまった。
人が云うには、これは狐の祟りかと。

また松尾華厳寺の手紙には、本願寺の本堂注文の中、大工の棟梁が心得違いを起こして、柱10本の長さ1間ずつ短く切ってしまった。
大きな木材なので、にわかには取り入れられなかった。
けれども、本堂の建て方を早急に調えることは出来ず、これにより仮のお堂の沙汰に及んだのだと。

前半に仮のお堂の事は本当に起こった事と記したが、人の口はまちまちで何が真実なのか。

巻之51 〔3〕  ← クリック 元記事

《3》 狐のうらない。火事の後に寺地を変える

溜池の嶺南(れいなん)坂は、今の品川東禅寺がかつてあった所である。
その寺の開山を嶺南和尚という。
明暦の大火(1657年3月2日〜3月5日)の後、品川に寺地を下されたが、その名残りで坂を嶺南と呼ぶ。
嶺南和尚はこの火災後、寺地を移すことを決め、移転先を決めようと、この寺開基の檀那伊東候〈日向飫肥五万余石〉と共に海浜を連れ立って歩いていた。
するとそこに、一匹の狐が現れて、嶺南の衣をくわえて引っぱった。
そのため、嶺南は即その地に寺を建てた。
今の東禅寺の由縁である。
この場所は、外門の額海上禅林と面している。

また、この寺の住持(住職)が遷化する(亡くなる)時は必ず狐が現れるという。
吉凶、いかなる兆(きざ)しか。
〈林氏云う。火事の後に寺地を変えることは、昔の定例でおびただしいことであった。
皆、官家の命に出て、私的に地を交換することではなかった〉

巻之70 〔23〕  ← クリック 元記事

《4》 地雷火と狐火

 長岡侯(牧野備前守)在邑のとき、火術を心得た家士どもが地雷火を試そうと、某の野山に仕掛けてやっていた。
来たる幾日にと伺い出たので、侯は許された。
すると、その前夜に1100の狐火が、その山野に満ちてさまざまの形容を為した。
あたかも地雷火がほとばしり走る様にその中に存在感をなしていた。
狐が物事を前もって知るのは、珍しい事ではないながら、火術の真似をするのは最奇聞である。

巻之31 〔4〕  ← クリック 元記事

甲子夜話の面白き世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/10/04 18:36
 | HOME |