fc2ブログ

甲子夜話の面白き世界(第23話)笑い話(落噺)1

甲子夜話の世界(23)

(今までの「甲子夜話の面白き世界」の第1話からは ⇒ こちら から読めます)

甲子夜話にはちょっと笑える小話や落し噺なども書かれています。
特に「続篇 巻之17 [1]には<落噺百節>として多くの短い落し噺(笑い話)がまとめて収録されています。
そんな中からいくつかを拾ってみました。(順不同)

<続篇 17巻 1 世俗の落噺百節>
 わしの若い頃、世俗の落噺は特に短いものが好まれた。今のものを聞くとは冗長になっている。
是非世の習いの一変を見るはずだ。
ここに記憶しているものを挙げておこう。

《1》 雷風日月の旅
  雷風、日月と同行して旅に出て、共に宿に泊まった。
 翌朝、雷風は未明に起きて、日月のことを尋ねたがいなかった。
 宿の者云わく。日月はとっくに払いを済ませて暁(しののめ)には出発しましたと。
 雷風は嘆いて云わく。
 「はて月日の立つは早きものじゃ。」
巻之続篇 巻之17 [1] -1 ← クリック 元記事

《2》 十二支へ狐と鶴
 十二支のもとへ狐と鶴がやって来て言った。
彼らは禽獣の霊物であり、申し合わせて来たのだ。
「願わくは十二支の中に加え給え」と。
すなわち子と丑が相談した。寅卯以下皆曰く。
「両禽の名を十二支の中に加えるべし。古来より人が称して来ているが、いかが唱えんや」と。
狐鶴曰く。「ならば、狐子丑寅卯辰鶴巳午未と唱えん」。
巻之続篇 巻之17 [1] -2 ← クリック 元記事

《3》 仁王の腰のひねり
仁王の木像に噛んだ紙を吹きつけると、その当たった所が力強くなるという。
参詣の輩が集まって仁王門に向かって紙を吹きつけた。
その中の一人が云った。
「これはしたり。あの紙の中に金子を入れてやした!」。
これを聞いた木像は手を動かして、顔や腕の紙をひねりひねりしたのだと。
巻之続篇 巻之17 [1] -3 ← クリック 元記事

《4》 ゲジゲジの旅
 虫けらが連れ立って旅に出た。
ある日みな宿を出たけれども、ゲジゲジだけが一人遅れた。
虫たち「何でおくれんだあ?」と云うと、
「まだ草鞋を履ききらぬよ」と応えた。
巻之続篇 巻之17 [1] -3 ← クリック 元記事

《5》 坊主の顔に落書き
 寺の坊主に字を習う者が多くいる。
とかく手習いの子どものいたずらで、昼寝して起きてみると顔に墨でぬり絵がされてある。
それを洗い落とすと、子どもらは寄り合って手を柏ち笑う。
時には朝起きると、夜の間に顔に絵をかき置いている。
坊主は大いに立腹するが甲斐なし。
ある日、子どもが知らない所に行って昼寝をしていて起きた。
だが子どもらが知らぬ所と思うも心元なく、鏡を出した。
「子どもらめ、どうしてわしが寝ていた所を知ったのか。また顔に南天を書きおった!!!」
坊主は鏡の裏を見ていたのじゃった。
巻之続篇 巻之17 [1] -3 ← クリック 元記事

《6》 盗賊の見習い
 盗みを学ぶ者がいた。
盗みの師匠が言うには、「戸外に至れば、まず犬猫の鳴き声を出せと。
間違っても人の様子を出さないこと。
また、気配を悟られると、家の主は必ず疑って家人と様子を見ながら「これは誰だろうか」と言い合うだろう。
その時また鳴き声を出し続けると、これ以上は疑うことはない。
この様にして、盗みをすればよい。」
門人は教えを受けて去っていった。
そしてある夜、人家に入り、猫の鳴き声を出した。
主人ははたして疑い、家人とおかしいと語った。
主人はまた疑い、「誰だ?」と問うた。
盗人は外に出てから云った「猫です」。
巻之17 〔1〕  ← クリック 元記事

《7》 ケチな野郎
ある人が、出口の戸が離れて閉めようと金槌を隣人に借りようとしたが、貸してくれなかった。
その人は怒り、「なんだい、なんだい、ケチな野郎だな。
仕方ねえな。オレのを使うか!」。
巻之17 〔1〕  ← クリック 元記事

《8》 亡き妻との約束
 仲睦まじい夫婦がいた。ところが妻が病にかかりついには危篤になってしまった。
臨終の枕辺で「お前さん、寂しくなったら妻を迎えてね」。
夫は哀しみをこらえて言った。「三年を過ぎずして何ぞその様なことはあるわけねえ」。
妻は悦びつつ一生を終えた。
だが、去るものは疎きものの習いの通り、まだみとせ(三年)も立たぬ内に新婦を迎えた。
その夜、新床の折ふし、仏壇が鳴り出して、旧妻の位牌が転び落ちた。
夫は驚き、思い当たることがあった。
「ああ、これは!亡き妻との誓いに背いたからだ。怒ってるわよと言ってんだ!」。
即発心して菩提を弔おうと、剃刀で元取りを切った。
その時隣人が駆け込んだ。
「只今の地震は強うござんした!」。
巻之17 〔1〕  ← クリック 元記事

《9》 鶴の鳴き声
 ある人が云う。鶴は霊鳥である。
飛んで鳴く時に、雄がツウとな鳴けば雌はルウと鳴いて、雌雄は相応じ、自らその名を唱えると。
座客はこれを聞いて、ある所に出かけ、語った。
「鶴は霊鳥である」。雌雄が連なり飛ぶ時、雄がツルウと鳴くと。
聞き手が問う。「では雌は何と鳴くや?」。
語り手は驚き、やや間があって云った。「雌は何も言わずだった」。
巻之17 〔1〕  ← クリック 元記事

《10》 鳶と烏の鳴き声
 鳶が烏に話しかけた。
「商いをしたいんだが、何を売ったらいいだろうか」。
烏が応えた。「ならばビイドロをうったらどうだい?わしが買おう。お前さんは、いっつも空を飛んでるからな‥だから店はできないぜ。あ、売って回るんだ」。
鳶はビイドロを籠にいれ、あちこちに売りあるいた。
「びいどろろ〜。びいどろろ〜」。
烏は屋根の上、林の木にいる間、「かをう、かをう〜」。
巻之17 〔1〕  ← クリック 元記事




甲子夜話の面白き世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/10/16 05:41

甲子夜話の面白き世界(第24話)笑い話(落噺)2

甲子夜話の世界(24)

(今までの「甲子夜話の面白き世界」の第1話からは ⇒ こちら から読めます)

《11》 土座右衛門
 ある士が納涼に川辺を行くと、川中に浮かんで来る者がいた。
下僕に云う。「来るのは(流れてくる)人と思われるが。もしかしたら、泳いできている人か、見てくるように」。
下僕は即座に見て返ってきた。
士は「あれは土座右衛門だろう」と云えば、下僕は「いや、お名は聞きませんでした」。
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《12》 芸妓の屁
 ある元芸妓が禿(かむろ:童女)に手習いをさせていた時に思わず屁をした。
禿に恥ずかしく、偽って云った。
「あたくしの母からの教えに一月に一度ずつ必ず恥をかく様にとあるから、今月の恥をかいたのよ」と云った。
そういった口の下からまた屁をした。
元芸妓が禿に示して云うには。
「いくら親孝行だからといって、来月の恥までやるのは取り越しだわね」。(巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《13》 鳶と自然薯
 ある士が今日は特によい日和だったので、下僕を連れて田舎へ遊山に出かけた。
そこで、自然薯を貰い、下僕に持たせて帰っていた。ところが、鳶に自然薯を奪われてしまった。
下僕は憮然として主に告げた。
「油揚げなら鳶も盗るだろうが。薯は何にもなるまいに!」と云えば、鳶は梢にいて鳴いた。
「ひいとろろ〜、ひいとろろ〜」。
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《14》 掛け軸
 ある人が、某の家を訪ねた。床上に掛け軸が掛かっていた。そこには文字が数行あった。
「何と書いてあるのでしょうか。この数字はいかなるものでございますか」。
亭主が答える「讃(さん)!」。
この男、また別の処を訪ねた。ここにも床頭に掛け軸があった。
男は賞して「讃は面白うございますね」と云った。亭主は「これは詩(し)であるぞよ」と答えた。
別な日にこの男、別の処を訪ねた。ここには絵はなく、横物即ち巻き物に文字ばかり。
男は「詩(し)は面白うございます」と賞した。ここの亭主は「ある禅師の語(ご)である」と答えた。
男ははや心得て、次の家を訪ね、そこではこう云った。
「語(ご)とは面白いものですなあ」亭主は「語にはあらず。録(ろく)なり」と答えた。
客は、そこを出て「おれは、三(讃)、四(詩)、五(語)、六(録)と転んでいくなあ。あ、次はきっと、七だな」と独り言を云った。
また日を改めてある豪商を訪ねた。素晴らしく美観の自慢の庭園だった。
家に上がり床上には、掛け軸があって、画上には数字が描かれていた。
客は「御掛け軸には七(質)とあるのでしょうか」と云った。
亭主の顔にはみるみる怒る色が現れた。
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《15》 大黒天の頭
 ある人が大黒天に申し上げるには、
「某ついぞ天の御頂(アタマ)を見る事がありませんでした。御坊さまか御髪のどちらでしょう。常に頭巾をめされておられるので、わからずにおります。何卒排したく思います。一日御浴の時に見申し上げたいのです」。
天(大黒天)は「心得ぬ」と仰せられた。
それで天の湯浴みの時をうかがって、そっとのぞき見たらば!
裸にはなられたが、頭には手ぬぐいを乗せられて、やはり御髪(おぐし)か坊さまかわからずであった。
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《16》 きのこ狩り
 母と娘がきのこ狩りに出かけた。
採りながらかれこれと云う中に、母が「この松茸のなりは大黒さまの御頭巾の様じゃ」。
聞いた娘は「あれあれ、勿体無き事を」
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《17》 釣りと見物人
 本庄辺りの櫓中で釣り糸を垂れる者がいた。
はじめて数刻、一小鱗も釣れず。その後ろから窺い見る者かいた。
嘆息して云った。「惜しくも空しい釣りの一日でしたなあ。それも一匹も得ず。これぞばかと云うものですな」。
釣りをしていた者は振り返り一言。
「ばかの事をずーっと見るのもまた、ばかぞ」。
遂に言い返せない。。
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《18》 弁慶の敏慧
 先年何かの随筆で読んだ。
義経が酒宴の席で憤る事があって、拳で弁慶の頬を打った。
弁慶はその次に坐す片岡の頬を打った。
片岡が怒って云った。「われ、何事か!わしの頬を打つとは!」。
弁慶は答えた。「回り打ちです」。
これで笑い話となった。
弁慶の敏慧(びんけい)見るべし
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《19》 納豆売り
 霜が解けた朝、納豆売りが荷を担ぎながら転んでしまった。
その時屋内より、「納豆〜、納豆〜」と呼ぶ声がする。
呼んでも呼んでも答えないので、外に出てみれば、納豆を地面にまき散らしている。
買い手は驚いて「どこか打ちはしてないかい。納豆はあるかい」と聞くと「いやいや、痛くも納豆もない」。
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《20》 さよう
 親が我が子に「何事も我を通すものじゃないよ。人の云うことにさようと答えるの」と教えた。
子はこれを守り、人に答える時はいつもそうした。
ある日、親類が集まり、話し合いがあり、後は言い合いになった。
声高にその子を証人にとり、「如何思う?」と云う。
子「さように存じます」と応えた。
また一方から聞かれると「さように存じます」と応えた。
後は、双方からこと繁く聞かれ、子は呆れ無言にしていると、一方の人が怒り「向こう方へ返答して、こちらへ返答ないのは、如何かしら?」と詰め寄せた。
子が云った「ごもっともに存じ候が、ただいまさようの緒が、きれ申し候」。
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

甲子夜話の面白き世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/10/16 20:08
 | HOME |