fc2ブログ

甲子夜話の面白き世界(第25話)笑い話(落咄)3

甲子夜話の世界(25)

(今までの「甲子夜話の面白き世界」の第1話からは ⇒ こちら から読めます)


《21》 御銚子の替わり
 今は亡き夫人がまだおられたころ。木面(このも)という十二三の女小姓がいた。
宴を設けた折、銚子を変えよと遣わしたら、直に持ち帰った。
皆が話しかけた「どうして早かったか?」。
蓋をとって見ると、酒が入っていない。
また曰く。「宴は今始まったばかりだよ。どうして、こうなるの?」。
木面は答えた「御銚子の替わりと云えば、取り次ぎの人がいないと云うから、酒無しと思ったの」。
〈わしの領村の方言で、応辞がないと云う〉。
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《22》 鍛冶屋の引越
 一儒教生の住家の西隣が鍛冶屋だった。
朝夜槌音がかまびすしくて、読書の妨げになっていた。
生は「他所に引っ越してくれないか」という。
鍛冶は「生憎、あっしはまだ貧しくてね。引っ越し賃を下さいよ」と言った。
生は最もだと思ったので、相手の望むままにした。
鍛冶は「明日引っ越しやす」と約束して引っ越して行った。
ところが!またその明日をさかいに、カンカン、カンカンと前の様にうるさい。
生は人をやりどんな事か見に行かせた。「西隣の家は空き家でした」。
また音がする。
生はまた人を遣ると「東隣に転宅してました」。
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《23》 手が上がる
続 巻之十七 〈一〉 手が上がる
 手習い子が天神様を寿(ことほ)き、「どうか手が上がりますようにしてください」といった。
こうして毎日通っている。
ある夜、夢想に「汝に寿(ことほ)かれ久しい。けれども手習いが不精である。それでは上達することはない。これからは精を出すように」と言われた。
習い子は夢からさめ、早速天満宮に参詣して、「御夢想ありがたく存じます。けれども手習いは嫌でございます。何卒手習いをせず手が上がります様に」と祈願して、七日の間通夜し、祈願をした。
七日に満ずる夜の夢の中に天神現れ給い、「汝の言うところは承りぬ。ならば手を上げてとらそう」と言われた。
習い子は喜び、夢から覚めてみれば、肩から手がなく、両頬から(手は)生え出ていた。
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《24》 金時が出るぞ
 世間の子どもが駄々をこねる時に「化け物が出るぞ」と脅して止めさせる。
続けて云う「坂田の金時は化け物を退治して、化け物はこれに勝つことはなかった」。
ある人が化け物の子どもが駄々をこねるのに出くわした。
化け物の母は子どもを泣きやますのにこう云った「金時が出るぞ、出るぞ」。
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《25》 迷子
 五六歳くらいの迷子がいた。町役人は住所を尋ねるがわからない。
腰に迷子札があるかと見るがない。着物の下に書いてないかと、着物を脱がせ見るがそれもない。
臀部に大きな痣(アザ)がある。町役人は近づいて見ると屁を放った。
それを頼りに聞いて回るが住所は分からない。
町役人は独り言を云った「尻にアザ、屁となると、麻布の者ではないかなあ」。
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《26》 やせ我慢
 衆分(シブン、盲人初官、座頭の下位)が装束を着て路を行く。
誤って大溝に陥った。通行人が驚いて、哀れみ助けようとした。
衆分騒がず「孑孑(ボウフラ)をとるところ」と云った。
通行人は不審に思った「衆分どの、捕ってどうするのじゃ」。
衆分が答えた「検校(検校金魚)に食わせたくてな」。
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《27》 耳が聞こえなくなった年寄りの小言
 ある年寄が年老いて耳も聞こえなくなってしまった。でも常に子孫に小言を云っている。
子どもを顧みて物語る 「今どきの者はどうも不精でいかん。わしらが若い時は」とかようにはなしと云う時、飼い置いた鶏が側で時を作った(鳴いた)。
老人は云う「あれを聞きたまえ。人ばかりではなし。鶏さへ、今どきは羽ばたきばかりして鳴きはせぬ」。
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《28》 親が子どもへ教え
 親が子どもを教え戒めている。「よく思いたまえ。親を求めようとしても千金でも買えないのだ」といっている。
子どもはひれ伏して謹聴している。
親はなおいうと、子どもは少し頭をあげ、
「ごもっともに承りました。しかし(親を)売りに出して、三百でも買い手はありますでしょうか」
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

《29》 座頭
 座頭が両国橋に行きかかった。杖が、犬に当たって、犬は驚いて、鳴いて走った。
座頭も驚いた!
また歩いて数歩!また、また、
また杖が、、、犬に当たってしまった!
犬はまた驚き、鳴いて、走った!
「これは長き犬よの!」と座頭は云ったとさ。

《30》 ばか貝売り
 ばか貝売りが「ば〜か〜、ば〜か〜」と云って売り歩く。
ある戸口から「ば〜か〜、ば〜か〜」と呼ぶ声がする。
売り手は振り向いて「ばかとはお前か!!」
巻之続篇 巻之17 [1] ← クリック 元記事

甲子夜話の面白き世界 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/10/17 07:22

糸賀館長(土浦博物館)の記念講演を聞いて

 昨日、石岡ライオンズクラブ結成5周年記念基調講演会が石岡プラザホテル3Fにおいて行われた。
私はライオンズクラブに所属してはいないが、友人の誘いで参加させていただいた。

PA160555s.jpg

講演者は現在土浦市立博物館館長の糸賀茂男先生(常磐大名誉教授)。
講演の題目は「ひたちのみやこ”常府”の風景」

私は、この題目と、糸賀先生のお話しの館長講話などを拝聴し、また土浦の友人からもよく話しがあり、下記のような印象をもっていた。
1)平将門の研究者として長年研究をされてきた。
2)中世の関東における武士社会、荘園制度などがご研究の主体
3)真壁城跡発掘と国指定遺跡登録に尽力されてきた
4)石岡には源頼朝が平氏を討つ前にやってきたが、このことに石岡の人はあまり注目されていないという思いがある。

以上のような前知識はもっていたので、今回どんなお話をされるかに興味を持った。

PA160558s.jpg

講演会は午後2時から3時半の1時間半。この間休憩も取らずによどみなく話しを続けられた。
自分と石岡の関係などから話し始められ、用意されたのはA3用紙3枚に細かな字で、年表やら古文書のコピーなどがびっしり書き込まれた紙の資料だ。

PA170561ss.jpg

このまますべて此処に載せてしまうのは、ちょっと失礼になるので、雰囲気が分る程度に写真をUPしました。

先生は最初に示した年表から「7つのポイント」を番号とアンダーラインを引き、それに関する資料をもって今回の話の説明をされた。

7つとは
1、826年 常陸国、親王任国となる
2、939年 将門、常陸国府を襲撃
3、1147年 平頼盛、常陸介に在任する。以降平氏一門の常陸介任官が続く。
4、1180年 源頼朝、常陸国府にはいり、
5、1279年 常陸国大田文(佐田惣勘文)が作られる。
6、1317年 佐介時綱、常陸国守護職に在任する。
7、1338年 小田氏ら府中石岡城を攻める。

これはなかなか鋭い。あまり地元でも言われてこなかったことでもある。
1)親王任国になってからは国のトップの「守」は天皇一族ないなって、実質的なトップが「介(すけ)」となった。
2)将門の乱は、糸賀先生の研究分野であり、その目的がどこにあったのか・・・なかなか面白い。
  当時の大和朝廷は中国のマネばかり、そこに将門は独自の制度を樹立したかった??
3)1147年からの常陸介は中央の平清盛一族の平氏が勝手に任命できたもので、常陸国も平氏で固められた?
4)1180年の頼朝が4日間常陸府中(石岡)に滞在した。佐竹氏を制圧して小栗に立ち寄り、そこから鎌倉、京へいった。
 吾妻鏡の大矢橋事件の引用あり。
5)1279年 常陸国大田文(おおたぶみ)は、いわゆる税所(さいしょ)文(茨城県指定文化財)で、当時の課税台帳が残されている。これは当プラザホテルとも関係がある。
6)1317年 時綱、常陸国守護職・・・これは頼朝の妻北条政子と時綱の関係、小田氏などとの関係・・・
7)1338年 小田氏ら府中石岡城を攻める。とあるが、南北朝のとき税所文書の中に
「高師冬(こうのもろふゆ)奉書」に「常州府中石岡城警固事、・・・」との記述がある。

「石岡」という地名はどこからきたのか。今まで言われてきた事に証拠を示された。
この石岡城は今までは茨城廃寺近くの「外城(とじょう)」のことともいわれてき。
現在の国府跡に「府中城」を築かれたのは南北朝時代の正平年間(1346年~1370年)に、大掾詮国が築いたとされていますが、すでにここには「府中石岡城」と呼ばれるなにか別館のようなものが築かれていたのではないかなどとも想像されます。

そうすると地名「石岡」は
  国府(こくふ) ⇒ 国阜 ⇒ 石阜 ⇒ 石岡
というのもかなり信憑性がありそうですね。

少し何か見えてきたものがあります。
面白くなって来ました。

近況 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/10/17 11:22
 | HOME |