fc2ブログ

椢の沢林道

 今日は先日行った大子方面の小さな林道のお話です。

水郡線の常陸大子駅の少し手前に「上小川駅」がありますが、その駅の少し先から西に久慈川を渡って常陸大宮市美和へ貫ける県道があります。
ここは大沢川を左手に見ながら川沿いを進みますが、この川には途中何本かの比較的小さな川(沢)がそそいでいます。
久慈川を渡ってから2kmほど行った左手に大倉沢という川が注いでおり、ここには大倉沢林道が沢沿いにあります。
さらに1kmほど県道を進むと少し変わった場所に出ました。

PB010607s.jpg

「林道 椢の沢」となっています。さて「椢」は何と読むのでしょうか?
「クヌギ」だそうです。いわゆるドングリの木です。
一般には「椚」とか「橡」、「櫟」などと書く場合が多いようですが、クヌギの語源が「くにのき(国の木)」などとの謂れ話も存在するので「椢」とも書くようです。

PB010609s.jpg

黄葉がきれいな林道で、その脇に大きなコンクリートの壁が設置されています。
奥の方まで続いているようですが、あまり深追いはやめておきます。
少し先で引き返しました。

地図で見ても1~2km程で終点のようです。その先は愛宕山という山から流れてきているようです。
家も直ぐ先に1軒あるだけで山道になってしまうようです。

もっともこの愛宕山には昔の金山跡である栃原からの方が上りやすいようです。

PB010608s.jpg

それにしても、この高いコンリートの壁は何のために設置されたのでしょうか。
林道の反対側は上の写真のように広場になっているだけで、高圧線鉄塔があるのみです。
かなり古そうなので現在の県道の反対側から土石流などが昔あったのでしょうか?
理由は分りません。
近くには「冥賀平」というバス停があります。

今の時期は何となくこんな道も何処へ続くのか興味を引きますね。
山の黄葉がまぶしいですね。


常陸大宮・太田 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/11/03 09:30

大沢川をたどって

 「椢の沢 林道」地点から更に大沢川沿いを進むと栃原金山の看板のあるところを通ります。

辺りはだいぶ山の木の葉の色も紅葉・黄葉していて少し散歩してみたくなりました。

PB010595s.jpg

陽を浴びた木々が北綺羅輝いています。

PB010596s.jpg

川沿いに道が付いています。 少しだけ辺りを散歩してみました。
川向こうの山もかなり色とりどりに変化しています。

PB010604s.jpg

更に少し車で進むと、川に降りる道が付いていましたので下へ降りて見ました。
木々に陽がさえぎられていましたが、苔むした斜面を滑らないように用心して下りました。
辺りには誰もおりません。
シイタケ栽培? 原木の様な木が並べられていました。
川(大沢川)の法面はコンクリで固められていましたが、苔むしてそこに陽が差して、なかなかきれいでした。

PB010605s.jpg

この辺りも大雨が降ればきっと怖いかもしれませんね。
しばべて見ると、危険箇所に指定されているところが道路沿いに結構ありました。
裏山から土石流など・・・ 
景色はよく生活もさほど不便ではないようですが、最近の気候変動によって危険度が増しているのかも知れません。
私も時々この地に用事があってくるのですが、大雨の時、台風の後、地震の後、気温が低くて道路が凍るような時は努めて避けるようにしています。

ただ住んでおられる方は、野菜を作ったりする以外に庭などにきれいな花を植えている家庭が多いですね。
心が温まり、通るたびになにかホッとします。

日本の山間部の原風景を見るようです。



常陸大宮・太田 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2021/11/03 13:27
 | HOME |