fc2ブログ

潮来の愛染院

 先日石岡から銚子へ行くときに、玉造から国道355号線で北浦大橋手前の領域を少し散策。

その後北浦の西側沿い(行方市)から潮来(延方)方面へ。
途中に「かんぽの宿潮来」があるのだが、これが今年7月1日より「亀の井ホテル」となった。
結構あちこちのかんぽの宿がリニューアルと称して別なホテルチェーンなどに変わっている。
福島県いわき市の「かんぽの宿いわき」は今年4月から別会社が経営している。

このように郵政グループが運営していた33施設のうち殆んど全て(32施設)が昨年秋に別な会社への譲渡が決っている。
一般に安く泊まれたかんぽの宿は、かなり価格は高級クラスに仲間入りのようだ。

さて、この宿の直ぐ南側の北浦湖岸道路沿いにひときわ目立つ寺院がある。

P6290932s.jpg

愛染明王を祀る「愛染院(あいぜんいん)」といいますが、正式名称は「東雲山愛染院根本寺」です。
ただ真言宗豊山派の寺院で、本尊は「如意輪観世音菩薩」(県指定重要文化財)です。
県の文化財の指定ページでの像の名称も「木造 如意輪観世音菩薩像(附胎内仏)」となっています。
説明としては
「この像は、像高59.4cm、檜材の寄木造で、首が差込み、玉眼(ぎょくがん)入りで、耳の後で矧(は)ぎ、結髪(けっぱつ)を矧いでいます。両臂(ひじ)六手とも差込みです。
 持物の宝珠(ほうじゅ)、輪宝(りんぽう)、蓮華は後補です。制作年代は室町時代と考えられます。
 胎内仏は像高5.9cm、一木造で藤原時代初期の作と推定されます。」
として、像の中に小さな体内仏が入れられているそうです。

伝承によればこの体内仏は空海(弘法大師)の作で、八幡太郎義家の守護仏であったが、鹿島に詣でるときに北浦が荒れて、ここに庵を建て、守護仏を祀って波を沈めたと伝わります。

P6290935s.jpg

地元では地元の地名で「水原の観音様」と呼ばれています。

P6290937s.jpg

平成になり合祀された成就院の聖観音菩薩像?

P6290938s.jpg

愛染院の呼び名は、宝永元年(1704)に、麻生藩主新庄直隆から再建記念として愛染明王像が寄進され、以後麻生藩主新庄家の祈願所となったことによるという。

P6290940s.jpg

寺の裏山へ急な階段があり、上には金毘羅宮が祀られています。
前には上まで登りましたが、今回は暑さもあり、登る気になれませんでした。

P6290942s.jpg

P6290943s.jpg

本堂。
ここには「歓喜天」が祀られています。

P6290944s.jpg

P6290945s.jpg

P6290946s.jpg

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2022/08/01 14:24

蓮の花

 毎年夏になると、朝方、霞ヶ浦周辺では真っ白い大きな蓮の花が咲き乱れます。

日本一のレンコンの収穫地なのでしょう。
でもこんな泥だらけの蓮田にこのような純粋な白い花が咲くのでしょうか?

不思議でなりません。

先日も銚子に行く途中の、国道沿い(行方市)に咲く蓮の花をカメラに収めて来ました。

今日は暑さもひと段落していますが、また暑さもぶり返すようです。


P8020935s.jpg

P8020937s.jpg

P8020933s.jpg

山形や新潟では大雨で洪水も発生とか。
くれぐれも用心してください。

テレビで新潟県長岡の大花火が放映されていましたが、私も小学生の時には毎年長岡にいて、窓から花火を見ていました。
時々は信濃川の長生橋の方まで歩いて花火を見に行きました。
実際に行くとあの地面を伝わって腹にズーンと響いてくる花火の音はとても迫力満点でした。

また、昔、市内の川が氾濫して床上まで浸水した事もありました。
翌日は畳を外に干している家が何軒もありました。
私のいた祖父母の家は1階がお店で、寝泊りは2階以上でしたが、商品を皆2階へ運んだことを思い出します。
その後市内の川は堤防を強化して、川の氾濫は確かなくなったと思います。


霞ケ浦の自然 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2022/08/04 14:34

小幡観音寺(行方市)

 行方(なめがた)市も結構広い。
この行方の名前の由来も分っているようでわかっていない。
常陸国風土記にはヤマトタケルの話として説明はある。
まあ、でもこれはあまりあてにならない。

さて、今回はこの行方市の古くからあるお寺だが、あまり話題に上ることがない気になるお寺を訪ねてみた。
前にも訪れた事はあるのだが、どうも場所があまり通る事がないところなのではっきりしない。
近くに「要(かなめ)」という道路が集まる場所があるので、昔はこのあたりを良く通っていたのかもしれない。
ただ、国道50号線と鹿行大橋を通る国道354号線の間にあるため、用事が無ければあまり車で通る場所ではない。

気になるのはこの寺が忍性が小田に滞在して極楽寺などを建てたときに、この寺も再興したとされていることだ。
また、初期に建立したのは「満海上人」といわれ、伊達政宗と同じ仙台の墓地に墓があるということ。
なんとも興味深いことだが、あまり注目されない。

P8020938s.jpg

この寺の参道は南に長く伸びており、今回はこの南端の仁王門から北へ入って行った。
室町時代末期頃の建築とされる仁王門もどこか可愛らしい。

P8020939s.jpg

P8020940s.jpg

仁王門を入ると正面に比較的新しい観音堂がある。
この左手に文化財を保管する収納庫がある。

P8020945s.jpg

ここには、鎌倉時代末期作?の県指定文化財の如意輪観音坐像(金銅製)が安置されている。
台座まで一帯の金銅製像はあまりないそうだ。

P8020946s.jpg

この収容庫に保管されているようだが、公開日などはよくわからなかった。
今度行方市の教育委員会にでも聞いてみよう。

P8020955s.jpg

こちらにも説明があったが、これは寺を創建した満海上人の話し興味深い。

P8020947s.jpg

この観音堂の北には参道が続いており、奥に寺の本堂や鐘楼などがあります。
また途中で車が通る道路が横切っています。

P8020948s.jpg

右手には歴代住職の墓所でしょうか?
少し先には武田氏の墓所などもありました。

P8020952s.jpg

北の端にある寺の本堂など。
こちらはお住まいになっているようです。

小美玉・行方地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2022/08/07 10:49

石神遺跡(環状列石?)

 行方市沖洲の山側に縄文時代の環状列石遺跡に似ているとされる「石神遺跡」があります。

行方市の文化財の案内にあり、少し興味を持ってその示されていた住所を訪ねてみました。
しかし、書かれていた住所の最終番地はナビで表示されておらず、近くを探したのですが、近くは沖洲藝術村の奥で、宅地開発されて造成されている感じでした。

もっとも造成と言ってもかなり前で、今では住んでおられる人も少なめで、草木が生茂っている場所も多く、史跡位置が分らなかったのです。
そこで、行方市の教育委員会にメールで場所をたずね、また何か参考になる資料などがないかを問い合わせました。

丁寧にお返事をいただけたので、先日場所の確認と資料のコピーを頂いて来ました。

行方市の3つの市町村(玉造、麻生、北浦)が合併しており、教育委員会は北浦庁舎に置かれていました。
初めて伺いましたが、庁舎の2階全部が行方市の教育委員会でした。

P7280001s_202208041529337bc.jpg

説明をいただき、史跡の場所が判明。
以前探していた近くでしたが、やはり聞かないと分らないですね。
遺跡は写真のような石で取り囲んだサークルの真ん中に少し大きめの石と、内側の南端部に大きめの細長い石が立ててあります。

P7280003s.jpg

このあたりの地名は「石神」と言うらしい。
この名前からこれを環状列石遺構ではないかと・・・・・・・

P7290006s.jpg

そして、教育委員会から頂いた資料。
玉造史叢(第7集)に鼓乙音さんが書かれた「沖洲の環状列石について」という報告書だ。
調べると、この書籍は「玉造町郷土文化研究会」が会員の発表を年1回まとめて7月に発行されているもので、第7集は1966年(昭和41年)に発行されたと推察されます。

また著者である「鼓乙音」というのはペンネームで、本名は堤一朗さんというようだ。
玉造小学校史などもまとめられている方であった。

文章には昭和37年に発見したとあり、昭和38年2月に土地所有者の了解を得て、表土を掘って見たところ、20cmほど掘ったところから半円のいろいろな大きさの石が三重に式並べてあったという。

P7280005s.jpg

大きさとしては木々の大きさや隣の民家などの大きさから判断できると思うが、それ程大きなものではない。
秋田の大湯などとは比べようも無いが・・・。

真中の丸柱状の石は長さが80cmほどで、花崗岩だという。

いずれにしてもまだ解明されていないようなので、そのうち興味のある研究者の方が解明していただけるとありがたい。
三昧塚古墳や沖洲古墳群も近くにあるので、しばらく少しウォッチしておこうと思う。


小美玉・行方地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2022/08/08 13:17

ひつじ草(池花池)

 小美玉市の石塚街道沿いにある池花池は冬場は白鳥が来る事で知られていますが、もう一つ琵琶湖周航の歌でも知られる「ひつじ草」が池いっぱいに広がって咲くことでも知られています。

名前の通り「ひつじ刻」頃に花が咲くというので、午後2時には少し早かったが、昼過ぎに近くを通ったので立ち寄りました。

P8080971s.jpg

たしかに睡蓮に似た葉と花ですが、可憐に咲いていました。

P8080970s.jpg

ただ、思っていたよりは花は少なめでした。

P8080965s.jpg

もう少し一面に咲くには時間が早かったのでしょうか?
でも前に見たときは午前中でも咲いていたような気がするが・・・

それとも時期が少しずれていたのでしょうか?

P8080962s.jpg

「ひつじぐさ」は琵琶湖周航の歌の原曲だといわれています。

P8080967s.jpg


小美玉・行方地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2022/08/08 15:13
 | HOME |