FC2ブログ

ロマンの湯

 栃木県芳賀市にある市営温泉施設「ロマンの湯」にこの前の日曜日の夜に妻と2人で行ってきました。
場所は比較的茨城に近いのですが笠間から1時間くらいです。

途中に寄りたいところがあると妻に言われて寄り道をしながら夕方4時頃に出掛けました。
途中で道をきいたりして6時頃に到着しました。

ここの温泉はいいと人から聞いて名前も「ロマン」だし、行ってみるかと出かけたのです。
道の駅の直売場の立派な大きな施設が通りの向い側にある比較的大きな施設でした。

P9230009s.jpg

もう着いた時は暗くなり始めていて、施設に入ると大きな暖簾が天井から吊り下げられていました。

「長き世に 湯気のはかなさ 芳賀ロマン」

宇都宮出身で2年前に亡くなられた作家の立松和平さんの書かれたものです。

ニュースステーションなどでの独特の喋り方が印象に残っています。
立松さんは石岡にも何度かこられていたようです。八郷地区は気に入っておられたようです。

P9230004s.jpg

男湯と女湯それぞれ比較的大きな露天風呂と内湯にサウナなどがあります。

P9230003s.jpg

貼ってあった温泉成分表ですが、源泉が2つあります。
最初は男湯と女湯で分けているのかと思いましたが、露天風呂と内湯がそれぞれ違った源泉のようです。

露天風呂に入っていると「このお湯少し色がついていますか?」などと話しかけられたのですが、ライトの明かりでは少し茶色っぽく見えました。

「初めてなのでわからないです」というと相手の方も「私も初めてなんです」だそうです。

それにしても結構混んでいました。
内湯の方はあまり色もついていないので、外なので茶色く見えたのかもしれませんが、露天風呂の方に比べ内湯の方がぬめり感があって、肌がスベスベになる気がしました。

この温泉は平日、休日時間も関係なく一般は500円です。子供や地元のお年寄りは200円だそうですから混雑しているのもわかる気がします。

栃木の日帰り温泉にも時々やってきます。
お湯が一番ヌメリがあるのは美肌の湯(アトピーにもいい)と言われる氏家の「乙女の湯」ではないかと思います。
ヌメリといっても、お湯はヌルヌルしていますが、肌にヌメリは残りません。
とてもさっぱりした肌触りになります。

田んぼの中のような場所にありますが、山に行かなくても結構良いところが有り茨城から見ると羨ましいと思います。

その他、喜連川の「早乙女温泉」などもお薦めです。
塩分が非常に強くまた硫黄の匂いの強いいかにも温泉といった感じの湯です。

今回はたまたま私のHNに使っている「Roman」と共通したので知っておきたかったのもありました。

夜9時頃に戻ってきて、地元で食事しました。

これからも時々日帰り温泉レポートなどもやりますね。

P9230011s.jpg
(かね喜 石岡店 この日までマグロが安かったので・・・ でもこの時間のせいかお客さんはほとんどいませんでした。でも美味しかったですよ。)



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

日帰り温泉 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/09/29 18:22
コメント
ようこそ栃木へ
芳賀までいらっしゃったんですね。時々あの道は通るので
道の駅では買い物をしましたが、温泉には入っていません。
喜連川も氏家の温泉も行ったことがありませんでした。

那珂川町にも町営の温泉がありますよ。
旧小川町には〝まほろばの湯”旧馬頭町は〝ゆりがねの湯”
好い所です。茨城からも近いですから是非どうぞ。
Re: ようこそ栃木へ
fumiさん こんにちは。

> 芳賀までいらっしゃったんですね。時々あの道は通るので
> 道の駅では買い物をしましたが、温泉には入っていません。

時々栃木にもお邪魔してるんですよ。

> 喜連川も氏家の温泉も行ったことがありませんでした。

一時日帰り温泉に凝ったことがあり、喜連川や那須の方まで行っています。
氏家の乙女の湯や早乙女温泉の湯はお勧めです。独特なんです。
綺麗な設備とは必ずしも言えませんが・・・。

> 那珂川町にも町営の温泉がありますよ。
> 旧小川町には〝まほろばの湯”旧馬頭町は〝ゆりがねの湯”
> 好い所です。茨城からも近いですから是非どうぞ。

ありがとうございます。
「ゆりがねの湯」は3年ほど前に一人で行きました。
金の産地で名前が付いたということは前にfumiさんのコメントで
知りました。
なかなか良かったですが、もう暗くなっていた時間で急いで帰ってきたのを覚えています。

管理者のみに表示