FC2ブログ

瓦会(3)-黄色種葉煙草

 今日は銚子まで車で行ってきました。
雨はたいして降らないと思っていたのですが、仕事を終えて帰りにはかなりの勢いで降ってきました。

帰りの途中では小ぶりとなったのですが、これも台風の影響でしょう。

 あまり勢力は大きくはない台風のようですが、明日はもっと降るかもしれません。
 
 さて、昨日の続きです。日笠神社の境内にもう一つ気になる石碑が建てられていました。

私はタバコを吸いませんし、世の中からなくなってくれたら良いとくらい思っていますので、葉煙草の種類なども知りません。

でも、タバコを好まれる人も銘柄は知っていても、元のタバコの葉の種類などは知らないでしょう。

IMG_4308s.jpg

「茨城黄色種創始記念碑」と書かれています。

これだけ見ても地元の方以外はタバコの葉のことだと気がつく人も少ないかもしれませんね。
私はこれはタバコなんだなと気がつきました。

この瓦会地区をはじめ、八郷地区には葉たばこ農家がたくさんあります。
石岡は大きなタバコ組合があります。

今は肩身の狭い思いをしているのかもしれませんが、全国的に見てもこの地区はタバコで成り立ってきたのかもしれません。

黄色種を調べてみると、葉たばこの代表的な種類でタバコの味や香りの主体となるものだそうです。
一般的には「つくば黄色種」と呼ばれるようですが、この黄色種が初めて栽培されたのがこの地区なのかもしれません。
主に茨城から南で栽培されています。

私も数回この地を通っていますが、黄色く色づいた葉たばこがたくさん栽培されていました。
しかし、時代の流れで徐々にこれも減っているようです。

今では健康趣向の「ブルーベリー」や「ぶどう」の里に生まれ変わる日もそんなに遠くないかもしれません。

IMG_4315s.jpg

神社の裏手から見える難台山。
南北朝の戦が行われたところですが、今ではこのことを知る人も少なくなってしまったようです。

IMG_4317s.jpg

難台山から愛宕山への山並みが続きます。
天狗小僧の「寅吉」が連れてこられた山です。

手前はぶどう園でしょうか? もう稲刈りはすでに終わっています。

すぐ近くでは牛を飼っている牧場もありました。

IMG_4319s.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

八郷地区 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/10/03 19:45
コメント
たばこ
 大きな石碑ですね。これだけのものを建てる勢いがたばこ生産にはあったことを喫煙率20%、50代以下では十数%の現在では理解できない気持です。
私の住む神奈川でも西部ではかつて生産が盛んで、秦野たばこ祭りは有名です。
 難台山城は知りませんでした。標高五百米以上の場所に城とは。しかし尾根が長く続いているので線の守りにも都合がいいのかなと思ったりします。そういえば近くの笠間の城も高いところにあったような。
Re: たばこ
忠顕さま

>  大きな石碑ですね。これだけのものを建てる勢いがたばこ生産にはあったことを喫煙率20%、50代以下では十数%の現在では理解できない気持です。

今はこのようなものがあると少し肩身が狭いかもしれません。確かにこの碑は大きくて立派ですよね。

> 私の住む神奈川でも西部ではかつて生産が盛んで、秦野たばこ祭りは有名です。

聞いたことがあります。こちらは加波山神社で9月5日に「きせる祭」が行われています。

>  難台山城は知りませんでした。標高五百米以上の場所に城とは。しかし尾根が長く続いているので線の守りにも都合がいいのかなと思ったりします。そういえば近くの笠間の城も高いところにあったような。

この難台山の山城は本当に山の上で普通に登るのも大変です。
守るのには鉄壁なこともあったのでしょう。
しかし、ここは常陸における南北朝時代の最後の戦い場所で、一般に言う戦国時代の前です。
大掾氏滅亡の200年も前ですので、あまりにも古いですよね。
笠間の佐白山にある城は江戸時代にもまだ使われていたので、城跡がよくわかります。
やはりかなり高いですが、標高200mほどですから比べようもありません。

管理者のみに表示