FC2ブログ

石岡の街並み(14)

 石岡市街地も他のブログの方が時々紹介してくださっていますが、身近な人が自分の近くの街並みとして紹介するのは意外に抵抗があります。

 あまり書くときっと快く思わない人もいるのだと思います。
でも、私から見れば昔の栄華にしがみついているだけではこの街の発展は望めないと思っています。

石岡駅を橋上駅に新しくする案が進んでおります。
しかし、この駅からの乗車客は2010年の調べで1日に約5710人だといいます。
1万人いた頃を懐かしむばかりでは常磐線の特急が止まらなくなるのは時間の問題です。

都会に行けば地方の私鉄の小さな駅でも1万人以下のところなどほとんどないのではないかと思います。
このような現実をしっかり見ることが大切だと思います。
そして、何をすべきなのか。
私が、ブログやホームページで地域の情報を発信する気になったのは、この町が、あまりにも情報発信力が少ないことでした。

 情報を操作するのではなく、そのままでいいのでまずは石岡という名前をポピュラーにしなければその先の戦術などいくら立てても進むことができないと思います。

ですから、街中情報もあまり歯に衣を着せず書いていきたいと思います。

さて、今日は香丸町にある立派な蔵です。

PB160058s.jpg

石岡市街を通る旧国道355号線(昔の水戸街道)沿いには中町を中心に昭和初期建築のロマン建築の建物がたくさんあります。
これらは国の登録文化財に指定され、一般には「看板建築」と呼ばれる非常に貴重なものです。

しかし、この香丸町(現府中2丁目)のこの土蔵(石蔵?)造りの店舗風の建物は何も書かれたものがありません。
この街のシンボル的な建物でもありますが、説明がされたものをほとんど見かけません。

IMG_4862s.jpg

この建物は「浜総業(株)」の本社として使われていました。
昭和9年に浜平右衛門氏が昭和4年に起きた石岡の大火の教訓を踏まえ、火災にも強いものを建築するという意図で作られたものだといいます。

浜平右衛門氏は当時の茨城の財界の有力者で鹿島鉄道の前進である「鹿島参宮鉄道」の社長にもなった人です。

IMG_4868s.jpg

現在はこの土蔵をどのように使っているのかはわかりません。
普段は表が開いていることは見かけません。

でも、外から来てこの建物を見ると石岡のよき時代の名残を感じるものです。

石岡は昭和4年に中町を中心に多くの家屋が火災で消失しました。
当時のもので残っているものはまち蔵として利用している「丁子屋」(江戸時代の染物屋)が残るだけです。

IMG_4864s.jpg

そしてその後街道の幅を広げる意味合いからも軒を張り出さない看板建築が建てられました。
その後、こちら側の香丸町側も道幅を広げる工事がされたのです。

その時に私は詳細を知りませんが、いくつも昔の建物が壊されたりしたようです。
この建物はその後に作られたものです。

IMG_4866s.jpg

こちらは通りの反対側にある空き地ですが、細長い駐車場です。
この街の敷地の区割りがこのような細長い形となっています。
そして、石蔵などをそのまま残しています。
やはり一度石蔵マップなどを作成しないといけないかもしれませんね。
(家の敷地の奥にあったりするので、個人的に作るのはやはり限界がありそうです)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。


石岡の街並み | コメント(6) | トラックバック(0) | 2012/11/19 19:24
コメント
初めまして、Roman様
kozoh55と申します。
首都圏の下町中心に紹介しているものです。
私のブログにいらしてくださってありがとうございます。
今回紹介されている建物は、本当に素晴らしいですね。
蔵の中の蔵というか、この外壁の色は、
長い時間を経たものだけが出せるものでしょう。
市の保存建築物にもならずに、普通にひっそりと
こんな建物が残されているなんて、
私的には随分贅沢でもあり、羨ましくもあります。
去年川越、今年佐原、そしてぜひ次には、
石岡町をお邪魔してみたくなりました。
貴重な情報をありがとうございます。
またお邪魔ささせていただきます。
kozoh55
浜創業の土蔵
浜創業はかつて醸造業を営んでいましたが、戦後は市内に沢山所有する不動産の管理を主に営むようになりました。この土蔵作りの建物は、私が子供のころ見たとき既に会社の事務を行う場所でした。
丁子屋と同じように入ると土間につづいて腰掛ける高さの‘座敷’があり、呉服屋であればそこで座売りをした場所ですが、そこに事務机を並べて普通の事務所にしていたのを、ちょっと違和感をもって見たものでした。

 土蔵はおもに収納庫として作り、石倉は作業も行う場所として造ったと考えていますが。土蔵はある程度以上大きく作れないので、作業場には狭いでしょう。酒屋などが仕込み樽を置いたのは石倉だったと思います。全部調べたわけではないですが。
kozoh55 様
おはようございます。
コメントありがとうございます。

> 首都圏の下町中心に紹介しているものです。

街の風情を残していかれている貴ブログ素敵ですね。
下町風来坊~小僧の温故知新~で、佐原の記事を見ていました。
ちょうど私が訪れた時と同じ頃だったので記憶にあります。

> 今回紹介されている建物は、本当に素晴らしいですね。

どっしりして素晴らしいですよね。
でも中は事務所として使っていたので公開されていません。

> 市の保存建築物にもならずに、普通にひっそりと
> こんな建物が残されているなんて、
> 私的には随分贅沢でもあり、羨ましくもあります。

そうですね。これももう少し活用するようにしてもらいたいのですが
そこが難しい。街の人は口を出せない。何故でしょうね。

> 去年川越、今年佐原、そしてぜひ次には、
> 石岡町をお邪魔してみたくなりました。

ぜひお越しください。普段何もないときは閑古鳥が鳴いていますが
9月のお祭りは賑やかです。川越、佐原とともに関東三大祭りと
地元では言っております。(笑)

> またお邪魔ささせていただきます。
こちらもお邪魔したいのでリンクさせてください。
忠顕 さま
> 浜創業はかつて醸造業を営んでいましたが、戦後は市内に沢山所有する不動産の管理を主に営むようになりました。

そうですか。今も市内の多くの土地や建物を所有していると聞いたこともあります。
あまり市内の人はしゃべりたがりません。

> この土蔵作りの建物は、私が子供のころ見たとき既に会社の事務を行う場所でした。

今も中は会社の事務所のままのようですが、事務所は移転して使われていないようです。
浜総業さんを検索すると食品業として郵便局の少し先に事務所があるようですが・・・。

> 丁子屋と同じように入ると土間につづいて腰掛ける高さの‘座敷’があり、呉服屋であればそこで座売りをした場所ですが、そこに事務机を並べて普通の事務所にしていたのを、ちょっと違和感をもって見たものでした。

この土蔵も内部を少し開放して見せてくれたらいいのですが、お金にはなりませんからなかなか難しいようです。

>  土蔵はおもに収納庫として作り、石倉は作業も行う場所として造ったと考えていますが。土蔵はある程度以上大きく作れないので、作業場には狭いでしょう。酒屋などが仕込み樽を置いたのは石倉だったと思います。全部調べたわけではないですが。

残されている物を記録してみたいですが、個人所有だしこれも個人では踏み込めない。
他所から来ればきっと貴重な文化遺産になると思ったりしています。
お晩です、Roman様
ご丁寧な返信を下さりありがとうございます。
リンクの件はこちらこそお願いいたします。
ぜひ長いお付き合いをさせて頂ければと
思います。
最新の記事で佐原の川崎銀行の写真を見て
懐かしく感じました。
中にも入りたかったんですね。
確か記憶違いでなければ、佐倉にも旧川崎銀行が
残っていて郷土資料館のようになってたと
思います。今度、見に行こうと思ってます。
それでは、また。
kozoh55さま

> リンクの件はこちらこそお願いいたします。
> ぜひ長いお付き合いをさせて頂ければと
> 思います。

ありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

> 確か記憶違いでなければ、佐倉にも旧川崎銀行が
> 残っていて郷土資料館のようになってたと
> 思います。今度、見に行こうと思ってます。

調べてみました。佐倉市の美術館になっていました。
こちらは三菱銀行になる前に市に売却されたそうです。
それから市役所や図書館として使われ今は美術館。
やはりこのように残すことというのは大切なんだなと思います。
情報ありがとうございました。


管理者のみに表示