FC2ブログ

常陸大宮市高部の街並み

常陸大宮市(旧美和町)に高部(たかぶ)という集落がある。
美和と言ったほうがわかる人も多いだろう。
ここには戦国時代には山の上にかなり賢固な高部城があったという。

この城は佐竹義胤の五子景義が鎌倉時代に築城し、初代高部氏となったと言われている。
戦国時代の佐竹氏の重要な城の一つであったようである。
この城の麓に諏訪神社があり、これは前にHPの方で紹介した。(こちら

今回大子町に行った時に少し寄り道してきました。

IMG_4990s.jpg

美和にある「鷲子」(とりのこ)の交差点を東(右)に曲がると美和小学校の手前で左に曲がると諏訪神社や尺丈山またはタバッコ峠経由で大子町栃原に行く。

しかし、曲がり道を曲がらずにまっすぐの街道沿いに高部のかなり見ごたえのある街並みが残されている。

町並みに興味のある人にはたまらない隠れた場所かもしれない。
バスなどで行くには不便で、ネットでの露出度も少なく、何か用事でもなければ来ることも希な場所に違いないと思う。

通りの両側に大きな蔵など歴史を感じさせる建物が並ぶ。
山のふところに抱かれたひっそりとした街並みは少しの範囲だけだが見ごたえのある街並みであった。

IMG_4972s.jpg

少し行くとすぐ右側にこの3階建てのシンボル的な建物が目に飛び込んできました。
どこかで見たことがあるような建物です。
まず思い浮かべたのが小江戸川越のシンボル時の鐘です。

充分これも観光のシンボルになります。

IMG_4973s.jpg

門は閉まっていましたが、敷地の中は大きな酒造工場の建物がありました。

IMG_4975s.jpg

この建物に続く板塀もこの山あいの街にマッチしています。

IMG_4976s.jpg

建物の一番上に「花の友」と書かれていたので調べてみてこの建物の概要がわかりました。
花の友というのは旧(有)岡山酒造が醸造していた酒の商標だそうです。

(有)岡山酒造の岡山はここの家のお名前で、岡山家はこの地方で和紙作りが盛んであった江戸時代から明治初期まで紙問屋をしていたそうです。

その後酒造りに転業して日本酒造り、梅酒などを造ってきたそうですが現在は廃業しているそうです。

そしてこの建物は水戸偕楽園の好文亭をモデルに明治20年(もう10年くらい後かも?)の築造で「喜雨亭」(きうてい)というのだそうです。
杜甫の詩「春夜喜雨」から名付けたと書かれていました。

1階は今でも週1回程度茶室として利用しているといいます。

昔はここで、歌詠みが行われたといいます。今は地元の方の社交場でしょうか?

IMG_4978s.jpg

そのまま道を進んで振り返るとこんな町並みです。

IMG_4979s.jpg

そしてそこに川が流れています。
この橋は「下町橋」(しもちょうばし)というそうです。昭和初期に作られた橋です。
古びた橋の石柱が年月を感じます。

IMG_4980s.jpg

川はこんな感じです。いかにも山あいの集落だというのがわかります。

IMG_4981s.jpg

こちらは先ほどの喜雨亭のとなりの門です。

IMG_4982s.jpg

そのまま戻ると敷地内にある土蔵が見えました。

IMG_4983s.jpg

この上の写真の真ん中に見える洋風な浅葱色(あさぎいろ)の建物。
この地の登録文化財「間宮家主屋」(3階建)に似ています。
(こちらはタバッコ峠に曲がるところの角にあったはずですが、写真に収めなかった。)

IMG_4984s.jpg

こちらの入口門。同じ岡山酒造さんの敷地かと思いましたが違うようです。

IMG_4985s.jpg

門の中に大きな醸造所の建物。大きな煙突が目だちます。
このような煙突は、昔、石岡、高浜にもたくさんありました。
酒造所か醤油工場です。絞り粕を燃やすのだそうです。
今は創業しているところでも、煙突があっても燃やすことはしていません。

岡山酒造さんとは屋号が違います。よくわかりませんが「間宮酒造」さんかもしれません。

(追記)調べたらここは國松家で、明治初期から酒造業を営んでいたそうです。この若草色の建物は築は、明治時代に建てられた郵便局舎だったそうです。(2015.1.11)

IMG_4996s.jpg

門の手前左手の洋館に受付窓口のような小窓があります。

IMG_4987s.jpg

そこから西(道の駅みわの方向)を眺めたところです。

IMG_4988s.jpg

少し戻って曲がり角近くの反対側におりっぱな土蔵がありました。
何をしていたものかはわかりませんが、土蔵店舗ではないですね。

IMG_4993s.jpg
(サムネルです)

もう一度高部の町並みを撮しています。クリックすると最後の2枚は大きな画像になります。

IMG_4995s.jpg
(サムネルです)

高部のバス停(タクシー会社前)から町並みを眺めたところです。

間宮家主屋を今度いった時には写真に撮っておきたいと思います。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

鷲子・美和・高部 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2012/11/26 19:09
コメント
近くて遠い
こんにちは
子供たちが幼い頃、馬頭に行くと「もう大宮近いの?」当時の道路標識は「大宮」
でしたので。

鷲子山や美和の道の駅は何度も行っていますが、293から外れて走ることは無く
こんな素敵な街並が残っているのを知りませんでした。

Romanさまの記事を拝見して、何時も何時か行ってみたいと思いながらなかなか
実現できませんが、望みだけは持ち続けております。
こりゃまた
たまらない隠れた場所ですねぇ。
何故なんでしょう・・・
行ったことのない街並みなのに、胸がキュンとします。
母方の祖先は烏山藩の藩士(家老もいたらしいです)だったとの事で
DNAが大脳辺縁系をつつくのか?単なるデジャヴなのか・・・
写真の川は、夏にはホタルも飛び交いそうな川ですね。
Re: 近くて遠い
> こんにちは
fimiさん

こんばんは。

馬頭からは近い場所ですよね。
ここは大宮といってもその前は「美和町」ですからさらに近いです。

> 鷲子山や美和の道の駅は何度も行っていますが、293から外れて走ることは無く
> こんな素敵な街並が残っているのを知りませんでした。

私も今回初めて見て回りました。
美和の道の駅は結構人が来ますね。
そこから車ならほんの4~5分くらい入ったとこなのですよ。

> Romanさまの記事を拝見して、何時も何時か行ってみたいと思いながらなかなか
> 実現できませんが、望みだけは持ち続けております。

茨城にも一度おいでくださいね。
海の幸も豊富です。あんこうなど今がいいですね。
Re: こりゃまた
たすけさん

> たまらない隠れた場所ですねぇ。
> 何故なんでしょう・・・
> 行ったことのない街並みなのに、胸がキュンとします。

そうですか。やはり同じような感覚を持っておられますね。
昔は茨城のチベットなどと言われた時もあったようです。
電車はないし、バスもほとんど行かない。(笑)

> 母方の祖先は烏山藩の藩士(家老もいたらしいです)だったとの事で
> DNAが大脳辺縁系をつつくのか?単なるデジャヴなのか・・・
> 写真の川は、夏にはホタルも飛び交いそうな川ですね。

一度散策にお越し下さい。茨城の北のはずれです。
県境に建つ「なにこれ珍百景」に登場した「鷲子(とりのこ)山上神社」も面白いし、
九尾狐退治の三浦大輔が祈願した「三浦杉」など一見の価値があります。
水戸黄門に出てくる「風車の弥七」の墓なども江戸時代の和紙造りを忍ばせます。

管理者のみに表示