fc2ブログ

八郷の里にクラフトアート作家が集う

 11月21日から23日まで八郷地区大増の大覚寺近くにて「やさとクラフトフェア」が開かれています。
昨日の日曜日午後少し遅くなりましたが行ってきました。
今年で14回目ということで、思ったよりも大勢の人が車で来ていて驚きました。
用意された駐車場も満車で道路にまで車が並び、空くのを待つような状態でした。
ここは吾国山からのハングライダーの着陸場となっている場所で、いつもは幾つも空を飛ぶ姿を見ることも多いのですがこの日は加波山側の方で盛んに飛んでいる姿を見かけました。

kraft10s.jpg

テントの中は全国のクラフト作家がおもいおもいの作品を展示しています。
その向こう側にはステージが造られ、ミュージシャン達がそれぞれのパフォーマンスを披露します。
また、焼き芋や焼き肉などいろいろの食べ物もあり、子供たちにも楽しい催しです。

kraft11s.jpg

オリジナル陶器の展示販売

kraft12s.jpg

干支の輪投げ(孫へのおもちゃ?)

この場所は石岡の一番外れで、すぐに板敷峠を越えて桜川市へ行ける。
そのため少し足を延ばして羽黒の月山寺庭園の紅葉を見にいってきた。
さすがに秋が一番美しい。京都風の庭園で一度お出かけください。

kraft14s.jpg

帰りに、瓦会の方を通って石岡市内に戻ってきたが、「有明の松」が根元で切り取られて無くなっていた。松くい虫でやられたのだろうか。
せっかくやっと昔の松から大分大きく育ったところだったのにとっても残念だ。
難台山の歴史を伝えていくためにも絶対に残していかなければならない史跡である。
復活を期待したい。
 

地域振興 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/11/22 20:57
コメント
やさと
本当に良いところですね。最後にこの辺りに行っ
たのは10年ほど前でしょうか。

http://www.e-obuse.com/
http://www.yufuin.gr.jp/

小布施と湯布院のWEBですが、パッと見で非常に
アピーリングです。内容も豊富で使われている
写真なども説得力大。来て来て、というメッセー
ジ明確です。

さてこれで気が付くのは、この位の観光資源は
筑波霞ヶ浦の領域で捉えれば十分ある、という
ことで、それを上記と同じようにアピールする
ことも出来るという感触です。

ちなみに行徳もお粗末で、海に近いが海が見えず
、近づけず。江戸以来の寺町も無名、皇太子
殿下ゆかりの鴨場も入れないのはともかく、外か
らは単に殺風景な景色。役所や商店会のWEBも
やる気がない。
都会でもなければ、下町風情があるでもない。
やはり売りのはっきりしない場所です。
ラーメン激戦区という風に言われることもありま
すが、実はたいしたことない。
小布施、由布院は、やる気があって成果を出して
いる全体の5%で、残りはみんな停滞状態なのが
今の日本でしょうか。日本人おとなしい上に、
この二十年ですっかり学習性無気力症候群にな
ってしまった、のかも知れません。
自分も含めてですが。ささやかな抵抗で最近近所
の清掃を’勝手に’やっています。
それではまた。
Re: やさと
いつもコメント参考になります。
今回のサイトの小布施は前に紹介していただいたセーラカミングスさんの活躍が光りますが
このサイトも面白いですね。
民間で立ち上げて、商店などに協力してもらってきれいにまとまっています。
とても参考になるサイトです。
いつも石岡の良い点、悪い点などをブログで書いていくよりは前向きですね。
反省しきりです。
私のHPを作成するきっかけも、サイトを検索してあまりに貧弱なので、文句を言っていてもはじまらないと立ち上げたものです。
このようなサイトがたくさん出てくれば行政も少しはましなサイトになるだろうし、他の民間サイトも沢山の情報が飛び交うようになると信じたからです。
しかし、あまり変わり映えしません。
もし私のサイトを閉鎖してしまったら・・・。
町の元気も失せて(他所からの見た目で)しまいそうで、もう少し頑張らないととも思っています。
FLASHやJAVAプログラミングなどを勉強したり資本投入するには年も若くないし、気力もなくなっています。(私のは趣味でやっているだけですので、やはりプロには敵いません)
似たような考え方の仲間を集めて、コツコツと進めるしかないのですが、今のままでは行政側にそのサポートをする考えがありません。
これはコストではなく、意識をサポートして一緒に町を元気にしていくアグレッシブな空気が感じられないということです。
ただ、このブログもまだ100日ですので、続けることで変化が起こることを期待しています。

管理者のみに表示