FC2ブログ

板橋不動尊

 板橋不動尊といっても東京の板橋ではない。
現在のつくばみらい市にあるお不動様だ。

地名もつくばみらい市などという名になってしまうと歴史が全くわからなくなる。
昔は板橋村という村があった。その後伊奈村となり、伊奈町と町制をへて、今はつくばみらい市だ。

おそらく板橋も意味のある名前だったのだと思う。
もちろん「伊奈」も考えるといろいろなことが思い出される。

伊奈=稲もあるだろうが、つくばの麓にある古い神社「飯名神社(稲野弁天)」を思い浮かべるのは、このようなサイトを2年以上やってきて得た知識がそのような思いにさせるのかもしれない。

さて、板橋不動尊については、1年前に三重塔がある寺として一度紹介している。

その時に、何故この場所にこのような立派な寺があるのだろうかと不思議に思っていた。

その後、水戸街道などを調べていてなんとなく理由がわかった。

ここを江戸時代に、牛久沼を迂回するための水戸街道のバイパスが走っていた。

街道の名前は「布施街道」というそうだ。
我孫子の手前から布施を通って川を渡り、この場所を通って土浦まで行っていたという。
そして、一時はこちらの方がよく通られていた時代もあったようです。

IMG_0535s.jpg

寺の横(東側)に大きな駐車場がある。駐車場側から見たけやきの黄葉と寺は美しく見える。

IMG_0537s.jpg

布施街道やその他の道もこのお不動様を中心に交差している。
今ではごちゃごちゃしているし主街道でもないので突然現れる大きな寺は驚きだ。

県の有形文化財の建造物が3つある。楼門・三重塔・本堂の3つだ。

IMG_0540s.jpg

こちらが楼門(2階建の門)だ。
江戸時代の元禄年間(1688-1704)に建てられた。
前に見た写真ではもっと黒ずんだ色だったと思うので、現在の色を塗ったのはそれほど前ではなさそうだ。

門の左右には仁王像が置かれている。

itabasitou01_20121125101641.jpg

IMG_0550s.jpg

三重塔。楼門より70年ほど後の安永元年(1772)の建立。
江戸時代に作られた塔で、かなり立派なものです。

IMG_0553s.jpg

本堂です。3つの内でもっとも古く、文禄年間(1592-1596)の建立です。

IMG_0555s.jpg

お不動様なので不動明王でしょうか。右側には狛犬がいます。
しかし、これとは別に今の犬とそっくりな狛犬も置かれています。写真を載せるのはやめました。

IMG_0556s.jpg

本堂の装飾・彫刻はかなり華麗なものです。
入口にあるのは阿弥陀如来様でしょうか。

IMG_0557s.jpg

IMG_0559s.jpg

IMG_0560s.jpg

IMG_0562s.jpg

IMG_0564s.jpg

IMG_0571s.jpg

どう説明して良いかわからないので、写真のみを載せました。

布施街道については「柏市根戸」-「布施弁天」-(利根川)-「戸頭」-「谷田部」-「土浦市中高津」までの街道です。

常陸国府(石岡)にくる道は、大昔の古東海道、鎌倉街道、戦国時代の佐竹街道、そしてその後の水戸街道などがありますが、この布施街道は江戸時代に出来た新たな水戸街道のもう一つのバイパス道であったと理解しています。
また江戸初期の牛久沼周辺は洪水などでいくつも迂回道ができたようです。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

筑波・土浦・牛久地区 | コメント(10) | トラックバック(0) | 2012/11/28 18:53
コメント
奉納仏
沢山の石仏は奉納されたものでしょうね。説明書きからこの不動尊は子宝祈願に人気があったのかと。それで石仏はその願がかなって子供も無事成長したお礼の奉納かと思いますが。
 こういうのが日本の信仰なのでしょう。論理的に経典に書いてあるではなく誰言うともなく昔からそういう御利益が語られている所。そこに祈願して、願が叶ったらきちんとお礼をしないと今度は祟りがあるかもしれないと怖れも抱く---それ以上ではない信仰が連綿とつづいてきたのでしょう。

布施弁天は利根川沿いで桜の名所ですね。常盤高速で利根川を渡るたびに思い出します。
Re: 奉納仏
忠顕さま

> 沢山の石仏は奉納されたものでしょうね。説明書きからこの不動尊は子宝祈願に人気があったのかと。それで石仏はその願がかなって子供も無事成長したお礼の奉納かと思いますが。

そのように解釈されましたか。
お不動様も成功祈願などと思うのですが、子安信仰的な要素が強いのでしょうか。

>  こういうのが日本の信仰なのでしょう。論理的に経典に書いてあるではなく誰言うともなく昔からそういう御利益が語られている所。そこに祈願して、願が叶ったらきちんとお礼をしないと今度は祟りがあるかもしれないと怖れも抱く---それ以上ではない信仰が連綿とつづいてきたのでしょう。

おそらくそうなんでしょうね。習慣的に身についてくるし、何かにご利益があると伝わってくればそこにお参りして、お礼参りもする。
そうして続けてきたものが民衆に根付いた信仰なのかもしれません。

> 布施弁天は利根川沿いで桜の名所ですね。常盤高速で利根川を渡るたびに思い出します。

まだ行ったことがないので、今度行ってみたいと思います。ありがとうございます。
布施弁天
再度失礼します<_0_>
このまえ石岡国分寺わきの弁天池を思い出して以来、弁天の立地に興味を持ちました。
布施弁天も小さな‘島’で、周囲に水はありませんが利根川が氾濫すれば孤島になったのでしょう。しかし周囲よりほんの数メートル高いだけの小さな丘。神社が岬の立地が多いのに対し弁天は小島に立地?水は淡水でも海水でも可?。このような立地共通点を思ったりしています。
ご無沙汰です。
こんばんは~
寒くなりましたね!!今日28日は 御不動様の縁日でしたね~毎月28日には 沢山の出店で凄く賑わいます。 結城市にも立派な山川不動尊がありますよ・近くには 水野忠国の墓もあります。
このあたりには、
これだけの歴史ある史跡が
普通に残っているのですね。
お晩です、Romanさん
特に、関ヶ原前に作られたと思われる
本堂は、迫力がありそうですね。
木材の色が古さを引き立ててます。
狛犬は、これは向かって左側?ですか?
仔犬と一緒なのは、後世は右側でなかったでしたか
記憶に自身がないですが、
そんな気がしますし、
優しすぎる丸い狛犬って、不思議です。
お地蔵さんの親玉もいいですね。
No title
こんばんは!

板橋不動尊は立派なお寺なんですね~
楼門や三重塔、本殿の彫刻も綿密に作られていて、
とっても素晴らしいです☆

調べたら弘法大師が自ら彫った不動尊が御本尊になってると書かれていました。
これだけ立派なお寺を建てたのは当時の権力者だと思いますが、誰だか判りませんでした…

これは見に行ってみたいですね~
板橋不動尊のご紹介をありがとうございました。


Re: 布施弁天
忠顕さま

> このまえ石岡国分寺わきの弁天池を思い出して以来、弁天の立地に興味を持ちました。
> 布施弁天も小さな‘島’で、周囲に水はありませんが利根川が氾濫すれば孤島になったのでしょう。しかし周囲よりほんの数メートル高いだけの小さな丘。神社が岬の立地が多いのに対し弁天は小島に立地?水は淡水でも海水でも可?。このような立地共通点を思ったりしています。

そうですね。弁天というと池に囲まれた島のようなところにあるというイメージもあります。
湧水でも沼でも水でさえあればいい?
FloodMapsで水面を上げてみるとこの布施弁天は+7mくらいですぐ麓まで水が来ます。
でも島にはなりません。
女神さまでもあるので、どの程度水辺にあるかは場所場所で違いそうです。
先日の国分寺そばの弁天は江戸時代の地図にも「弁天」とあります。
でもこれを何故「いしい」弁天とよぶのか?
逆にこんなことを考えていました(笑)
いしい=石井の泉=石岡、いしい=岩井=将門など勝手な連想ゲームです。
Re: ご無沙汰です。
みーさん ご無沙汰しています。

> 寒くなりましたね!!今日28日は 御不動様の縁日でしたね~毎月28日には 沢山の出店で凄く賑わいます。
結城市にも立派な山川不動尊がありますよ・近くには 水野忠国の墓もあります。

この不動尊に行ったのは実は1年前で、11月27日でした。
祭り前日だったのですね。知りませんでした。

もともと茨城に親戚もなくどこが有名なところかも知らないんですよ。
却ってその方が新鮮な見方もできるかもしれませんね。
私の中では不動尊というと「高幡不動」です。(笑)

まだ結城市の方まで勢力範囲に入れるところまではとても行けそうにありません。
古東海道から外れてしまいますので。
でもそのうち行ってみたいです。
ありがとうございました。

kozoh55様
> これだけの歴史ある史跡が
コメントありがとうございます。

> 特に、関ヶ原前に作られたと思われる本堂は、迫力がありそうですね。
> 木材の色が古さを引き立ててます。

これも、色を何度か塗り直しているようです。年代を感じさせる色感も大切ですね。
このような七堂伽藍を持つ寺は昔は各地にあったのでしょうね。
多くが火災で消失し、力のあるところは再建出来たりしています。

> 狛犬は、これは向かって左側?ですか?

たしか右側だと思います。
ここの狛犬はそれほど古いようには見えませんでした。

> 仔犬と一緒なのは、後世は右側でなかったでしたか
> 記憶に自身がないですが、そんな気がしますし、優しすぎる丸い狛犬って、不思議です。
> お地蔵さんの親玉もいいですね。

大きな地蔵さんも寺の裏側の入口にひっそりと立っていましたが、民間信仰の表れのように感じました。

かるがも@さん
今日もお越しくださりありがとうございます。

> 板橋不動尊は立派なお寺なんですね~
> 楼門や三重塔、本殿の彫刻も綿密に作られていて、
> とっても素晴らしいです☆

そうです。これだけのものが残っているのは珍しいですね。
三重塔がここから筑波山の西側に1直線となるくらいに連なっています。
雨引観音は現在は多宝塔ですがやはり三重塔があったようです。
これってとても不思議に思えます。

> 調べたら弘法大師が自ら彫った不動尊が御本尊になってると書かれていました。
> これだけ立派なお寺を建てたのは当時の権力者だと思いますが、誰だか判りませんでした…

調べてくれたのですね。そういえばそんな記事も見たことを思い出しました。
弘法大師が自ら彫ったとされるものは何箇所かあるようですが、真実はわかりません。
それだけいわれのある古いものという認識です。

> これは見に行ってみたいですね~

ぜひ一度見に行ってください。
筑波山神社、他の三重塔などと合わせて見にこられればいいと思います。

管理者のみに表示