FC2ブログ

出前落語

 昨日は石岡市内の場所を借りて急遽落語の出前をお願いしました。
昨日は少し疲れたので、書き溜めていた記事をUPし、落語は今日の更新となりました。

東家夢助(あずまやゆめすけ)さんという落語家の方で、北海道函館から日本各地に落語の楽しさを伝えたいと出前落語をされています。

柳家小さんの弟子となって7年間の修行し、前座名:柳家栗之介から二つ目:柳家小三太として活躍するも、真打前に芸に行き詰まり落語をやめて北海道函館に移り住みます。

 しかし、その後函館でも落語を披露して皆の喜ぶ顔や、町の元気になることに少しでも力になればと出前落語を始めました。

今では四国・九州まで呼ばれたところに出張して落語を届けているそうです。

IMG_5372s.jpg

会場の準備を当日行いました。私は夜だけ少し手伝っただけですが・・・。

高座を準備して、座布団と椅子を並べました。

IMG_5371s.jpg

夜7時から開演です。20分前くらいですが、まだ2~3人です。

石岡ではギター文化館で毎年出前落語を7年程続けて行ってきたそうです。
今回も川越、石岡、姫路の三ヶ所でやるために、やってきてくれたのです。
そして土曜日の日に、この日なら空いているというので急遽お願いすることになりました。

場所(みんなの広場:更生保護女性の会)をお借りして、セッチングして、ビラを作り街を歩く人や知り合いに頼んだりしました。

席は30人ほどで満席になります。いったい何人くらいの方が来てくれるのでしょうか?

時間10分前くらいに10人以上になりました。

IMG_5375s.jpg

今泉さんの三味線に乗って、いよいよ小噺の始まりです。

少し話し始めた時に4~5人がやってきました。15人以上にはなったようです。
準備期間がほとんどなく、第1回目としてはまずまずです。
来ていただいた方本当にありがとうございました。

落語小噺の話の途中で、入ってきたので話が途切れてしまいましたが、そこは夢助さん。
ニコニコとして、来てくれて嬉しいとおっしゃってくれました。

IMG_5376s.jpg

そうそう、中断の時の話の落ちは難しかった。
破れた蚊帳の話で「つるとかめがまいおどり・・」

やはり解説が必要です。
「鶴と亀が舞い踊り・・・・・」「破れた蚊帳を吊ると蚊メが舞い踊り・・・」
落語のオチはその場でわからなくても、後からジワ~と来ることもありますね。

後で、寝るときにフフフ・・ときたり・・・。

IMG_5377s.jpg

IMG_5379s.jpg

すごく短い小噺をと言ってこんな話を・・・。

「ピンポン~」
「たっきゅうびんです」

すぐにはオチがわからなかった。 宅急便・・・卓球にかけたもの。
うん難しい・・・。

落語を難しいと感じてはいけませんね。
でもこの素晴らしい芸の話術に引き込まれていきました。

話を文章にしても面白くないのですが、話術はこれぞ落語なのです。

お客も男性が結構多かったからかもしれません。人情噺も聞きたかった・・・。

IMG_5381s.jpg

IMG_5383s.jpg

IMG_5392s.jpg

1部を終わり、今泉さんの三味線。
青江三奈の「長崎ブルース」を三味線で新内流しで演奏してくれました。
これまた江戸の情緒がただよいます。

今の時代は早くなりすぎたし、人情も情緒もどこかに忘れてきてしまっているような。
それを思い出させていただいたように思います。
写真は押せるのはプロの方ではないので控えさせていただきます。

IMG_5394s.jpg

2部の落語。
酔っぱらいが流しの屋台蕎麦屋にからむ話しでした。

IMG_5395s.jpg

なかなかの名人芸ですね。

落語をこんなに目の前で聞かせてもらったのは初めてです。
昔、上野の鈴本演芸場に連れて行ってもらったことがあるが、久しぶりです。

IMG_5396s.jpg

今回夜の8時まで1時間高座をお願いしました。
そして、そのまま夜行バスで姫路に発たれました。
どうぞお元気で、また来年もお願いします。

街の活性化についても、「何もしない」と嘆いてもいられませんね。
少しずつでも自分でできることから行動に起こさなければならないようです。

そんな気がしてきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

地域振興 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/05 20:36
コメント

管理者のみに表示