FC2ブログ

瀬戸井街道(13)瓦谷~柿岡

 今日は大きな地震で驚きましたが、被害もなさそうで一安心です。
まだまだ心配なことは続きそうです。

(今ロンドンにいる娘から電話があった。
向こうでも日本でまた大きな地震があったとニュースになったようだ。
なんでも早くなったね。)

 さて、今では埋もれてしまった筑波参詣の道「瀬戸井街道」の八郷地区内の抜けてしまった部分を追加します。
もう1年も前に紹介していたのですが、途中が歯抜け状態だったので、ルートを勝手に推論してみました。

昨年は部原(へばら)から水戸の手前までを主に紹介しました。
今回は部原から柿岡を通り筑波山への登り口である小畑までの道順を数回に分けて紹介します。

瀬戸井街道2

上記地図の部原(へばら)バス停より水戸方面は、少し今の自動車道より山側の峠越えの道を通り、真家から岩間に抜けて現在の県道30号線にほぼ沿うように水戸まで続いていました。
(前回までの瀬戸井街道は → こちら

IMG_5169s.jpg

瀬戸井街道は真家地区を通って山越えの峠道を通って、この部原バス停あたりに出てきていたと思います。

IMG_5170s.jpg

瓦谷バス停の前に「瓦会郵便局」があります。郵便局にとなりには立派なお屋敷が続いています。

IMG_5171s.jpg

この瓦会のところの信号を左に行く42号線が昔の瀬戸井街道ではないかと思います。
信号の右手前に瓦会郵便局、その先陰に隠れているところに「日笠神社」(こちら)があります。
また、曲がり角の左側にはおそばの美味しい「まんまや」さん(こちら)があります。

IMG_5172s.jpg

瓦会の信号を柿岡方面に左折すると、このような門構えの家が目立ます。結構大きな家が多いですね。

IMG_5173s.jpg

少し先に、右側には先日紹介した「雲照寺」があり、その通りの反対側にはこのような旧家があります。

IMG_5174s.jpg

家の蔵に付けられた家札には「平岡本」となっています。昔は何屋さんだったのでしょうか? 
この瓦会郵便局の北側を散策した時に牧場がありました。 その牧場も確か「平岡牧場」さんというようでしたので、平岡家の本家を表しているのかもしれません。

IMG_5200s.jpg

途中右に新しそうな道が出来ていました。やはり角のお屋敷の塀は立派でした。

IMG_5202s.jpg

この街道沿いも特に際立った町並みはありません。
筑波山や加波山の山並みなどを眺めながら道が続いていきます。
佐久大杉の方への道を右手に見て進みます。

IMG_5203s.jpg

大きな運動公園があります。「八郷総合運動公園」です。昔桜の花を求めてここにも来たことがあります。

IMG_5204s.jpg

右手に丸山古墳や佐志能神社などのある、古代の小山を巻くように進み、柿岡の街へ入ります。
左手の建物は旧八郷町舎です。現在の石岡市役所の支所となっています。
石岡市役所は今回の地震でかなり被害が大きく、機能はこの八郷の支所で肩代わりしています。

IMG_5205s.jpg

それにしても立派な庁舎です。石岡の役場を立て直す話もありますが、この庁舎があるのですからこちらを本庁舎にしてもいいように思います。
この辺の話になると旧石岡市の人と旧八郷町の人とで考え方にかなり温度差がありますね。

IMG_5206s.jpg

このあたりは大型スーパーなどもかなりあります。

IMG_5211s.jpg

この庁舎の少し先に「如来寺」というお寺があります。
入口に古びた山門と親鸞の二十四人の弟子の第四番の寺だという表示があります。
弟子順位4番は「乗然房領海」です。

IMG_5210s.jpg

寺の本堂の前にもう一つの山門があります。2階建てです。

IMG_5208s.jpg

如来寺の本堂です。この寺には親鸞が法然ともども、たえず崇拝していた聖徳太子の像があります。
足が半紙1枚分ほど浮いているので「聖徳太子浮き足の像」といわれています。

この寺で私が興味深いと感じたのは、この寺ができたのは、霞ヶ浦南側の美浦村木原にあった草庵だったということです。
そしてその地に伝わる霞ヶ浦から親鸞が拾い上げた「阿弥陀如来像」を祀っていたと思われるのですが、この像は現在滋賀県野洲市木部の錦織寺に奉られているといわれています。

明日はこの先を少し紹介します。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

瀬戸井街道 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/12/07 18:28
コメント
No title
こんばんは!
大きな揺れで、怪我人も出たようですが、ご無事で何よりです。

恥ずかしながら、筑波参詣道を初めて知りました。
徳川家康が鬼門の護りとして崇めた筑波神社の参詣道なのですね☆
旧屋やお寺が有り、興味深いですね!
一度、訪れたいと思いました。
かるがも@さん
> 大きな揺れで、怪我人も出たようですが、ご無事で何よりです。

前の経験があるのでまったく驚く程の地震ではなかったのですが
嫌な思いがよぎってしまいます。

> 恥ずかしながら、筑波参詣道を初めて知りました。

恥ずかしいことはありません。
全く知られていないですし、私も偶然知ったのです。

> 徳川家康が鬼門の護りとして崇めた筑波神社の参詣道なのですね☆
> 旧屋やお寺が有り、興味深いですね!
> 一度、訪れたいと思いました。

今は国道などが通っていて、面影もほとんどなくなり、人々からも
忘れられています。
筑波山神社に一度来られるのも良いかもしれませんね。
でも明治になった時に寺が壊され、江戸時代のイメージが薄くなりました。
今日もお越しくださりありがとうございました。

管理者のみに表示