FC2ブログ

大生神社(1)-元鹿島といわれる古社

 常陸国一宮の鹿島神宮に元鹿島と言われる社があることをご存知だろうか?

私が、これを知ったのは今から1~2年ほど前のこと。それも偶然見た記事で興味を持ったのです。

そして、一度訪れてみたいと思っていて、ようやく先日行くことができました。

場所は鹿島神宮とは北浦を挟んだ反対側(西側)の少し高台になった潮来市の北端です。

IMG_5881s.jpg

長い参道沿いに樹木が茂りひっそりとした佇まいの神社です。

IMG_5883s.jpg

大同元年(806年)創建とも言われるが、年代は明らかではない。
祭神は鹿島神宮と同じ健御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)(武甕槌神)であるが、ここが元鹿島と言われるのは、タケミカズチが最初にこの地で祭られた場所と言い伝えられていることにあります。
そして、今の鹿島神宮に遷宮されたと伝えられているようです。
真実のところは私にはよくわからない。

IMG_5889s.jpg

立派な拝殿です。

IMG_5892s.jpg

大和国の多(飯富)族がこの地に移住し、その氏神として祀ったのではないかと考えられています。

神社には天正8年(1590)の棟札が残されていて、鹿島神宮の神職を勤めている東家の文書に、この大生神社は南部大生邑(多村)から移されたあるといいます。
この大和の神社は「多坐弥志理都比古神社」です。

そして、この大和の神社は多(おお)氏の太安麻呂の子孫が神主となって続いています。

この本殿は県指定の文化財に指定されています。

IMG_5894s.jpg

どうですか?
なんのことかわかりますか?
なんかチンプンカンプンというような気もしますね。
これはじっくり調べないと書き続けることができません。

通り一遍の説明でわからないので、自分なりに理解したいのですが、この場所だけ見ても見方が片手落ちになります。
あすの記事で少し続けてみたいとは思いますが、いい加減な記事になりそうです。ご勘弁を。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

鹿島地区 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/01/23 19:16
コメント
No title
お久しぶりです。
多氏に絡んだ東国三社の三角形についての一考察です。
三角形の一角は、鹿島神宮ではなく大生神社(大生古墳群)で、大生神社,息栖神社,香取神宮の三角形で、何を意味するかは、
東国三社の「鹿島神宮、香取神宮、息栖神社」と大生神社(大生古墳群),利根川は、シリウス星=息栖神社,プロキオン星=香取神宮,ベテルギウス星=大生神社,オリオン座・三つ星=鹿島神宮,利根川=天の川で「冬の大三角」の星座の位置関係に合い、「冬の大三角」を描いたのでは?と思います。

鹿島神宮=オリオン座・三つ星を藤原,平家,源氏(摂関・武家政治)とすると、「かごめかごめ」は
六芒星は、菱形が6個から成るが、菱形3個を使うと三菱のマークとなり、三菱マークが2個出来る。そして、ふたつの三菱マークを回すと「かごめがごめ」の歌に合う。歌の鶴と亀は、鶴は南下,亀は北上する。南下の「下」とは、高倉下(たかくらじ)からじ=治で、北上の「上」とは、そのまま神となる。
武田氏の家紋は菱を四つ。菱はまた、出雲大社のある大社町の東一帯が「菱根池」、宇佐神宮には「菱形池」がある。菱(ひし)の「し」=子=「こ」とすると「ひこ=彦」となる。
前にも書きましたが、古事記に登場しないフツヌシ神の香取神宮から北上するレイラインを引くと山王古墳群(鉾田市),武田氏の発祥地(ひたちなかし市武田)を通り、鹿島八幡神社(額田神社)那珂市額田,馬場八幡宮(旧久慈郡誉田村),国見山(水戸徳川家瑞龍山墓所とはシリウス信仰のラインです)に至ります。馬場八幡宮は本殿・参道がシリウス信仰型となっていて、境内に「亀の子山古墳」なるものがあります。国見山(馬場八幡宮)は、北極星であるりゅう座α星(紀元前2000年代にはエジプトのクフ王のピラミットに北向きに作られた通路は当初、この星を向いていた)とこぐま座α星のポラリスで、日本の謎の古代史と新旧の北極星とおおぐま座(北斗七星)の関係はとても面白い。また、漢字の「大」は、一の人で、天皇は「??仁」で人の二。それと、黒坂命の「竪破山(たつわれさん)」とは、たつ=龍が二つに別れることではないでしょうか?
弓張月 様
こんにちは。

前もご意見内容を理解ができず、今回も半分もわからずです。
申し訳ない。

星座は何しろテリトリー外??
まったくわからないんですよ。

昔の人は占いとか星は詳しかったのでしょうね。
また勉強します。

管理者のみに表示