FC2ブログ

文殊院(大生)

 今朝の地震は大きかったです。
一瞬この前のことがよぎりましたが、直ぐに収まったので大したことはなかったのですが、心配になりテレビをつけ、震度を確認したりしていました。

朝3時半に目が覚めて、そのまましばらく眠れなかったので今頃になって眠くなってきました。
今日は、ブログを書くのも程々にして早めに寝ることにします。

 さて、先日大生神社を探していて、場所がわからなくて、少し先を進んでしまい見つけたのがこの「文殊院」です。

古ぼけたお堂が3つ並んで置かれています。

こんな立派なお堂が横に3つ並んでいるのを見たのは初めてです。

境内は子供用のブランコなどがあり、遊び場でもあるようです。

IMG_5865s.jpg

入口の石柱には「大生山 文殊院」と「天台宗 神宮寺」と左右に分かれて書かれています。
神宮寺というので、恐らく大生神社に付帯して後から建てられたものでしょう。

IMG_5867s.jpg

1698年の棟札があるというので、江戸時代初期に建てられたものなのか、それとももっと前からあったのかは明らかではありません。

左から阿弥陀堂、観音堂、地蔵堂です。

変わっていますよね。普通は寺のこれらの建物は全体の中でバラバラに配置して置くのですが、このように隣接して並べておくのは見たことがありません。
どんな意図があるのでしょうか。

それに寺の本堂はどうしたのでしょうか? やはり多氏(おおし)と関係があるのでしょうか。

IMG_5866s.jpg

現地の説明板です。

IMG_5869s.jpg

文殊院のカヤノキ

IMG_5870s.jpg

阿弥陀堂です。中に小さな「阿弥陀菩薩像」が置かれています。

IMG_5871s.jpg

阿弥陀堂厨子には寛文5年(1665年)と書かれており、貴重なものです。
この阿弥陀様は、地元では「いぼ取り」の信仰があるそうです。

IMG_5873s.jpg

観音堂です。中には毘沙門天・十一面観音・不動明王が祀られています。
安産・子育ての神様として信仰されています。

IMG_5874s.jpg

地蔵堂です。こちらも中には小さな「地蔵菩薩像」が祀られています。

このように中の像が完全に残っているのも最近では少なくなりました。大切にして欲しいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

鹿島地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/01/28 19:38
コメント

管理者のみに表示