FC2ブログ

蚕霊神社(神栖市)

 つくば市神郡の蚕影山神社と日立市川尻の蚕養神社と並んで常陸国の三蚕神社である神栖市日川にある蚕霊神社(これいじんじゃ)に行ってみました。

日立市の蚕養神社が東国三社の一つ「息栖神社」から分霊されたようだと2~3日前に書きました。
この息栖神社も大同二年(807)に神栖市日川地区から現在地に移されています。(これは前に書いた)

この神栖市日川にある蚕霊神社がある場所は、国道260の常陸利根川沿いの利根川との合流点に近く、こんもりした木々が生い茂っている場所だが、ほぼ低地にある。
他の蚕神社と少し趣が違う。
息栖神社があった日川の場所も近いのだろうか?範囲が広いのでどの辺りかはわからない。

IMG_6072s.jpg

街道からの入口に看板もないので少しわかりづらいが、木が茂っている場所なので見当をつけて行けばたどり着ける。
それ程大きな神社ではないが、木々に囲まれひっそり佇んでいた。
境内はちょうど箒ではいている女性がおられたが、神社の近くに住んでおられて、神社を管理されているようだ。

IMG_6073s.jpg

入口には神社の由来として例の金色姫伝説が書かれていた。

IMG_6074s.jpg

鳥居をくぐると神社の拝殿が見えますが、この赤い色は目立ちますね。
狛犬なども比較的新しそうです。

IMG_6075s.jpg

拝殿の壁と屋根の裏側の色は皆赤です。

IMG_6076s.jpg

奥にある本殿です。 脇を囲っているのであまり中を覗うことができません。

IMG_6078s.jpg

ぐるりととりかこんでいます。でも反対側に回ると本殿に入る口がありました。

IMG_6083s.jpg

拝殿と本殿をつなぐ廊下の屋根下から本殿もみな赤が目立ちます。
彫刻の彩色も綺麗です。

IMG_6084s.jpg

この色合いは昔からなのでしょうか? それとも途中でこのように変えたのだろうか?

IMG_6085s.jpg

IMG_6087s.jpg

この神社についてはまた調べているうちに何かわかってくるかもしれない。
全国に蚕霊神社はたくさんあるようだが、「これいじんじゃ」とは言わず、「こだまじんじゃ」というところが多いように思う。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

養蚕・織物関係 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2013/02/05 18:58
コメント
No title
「常陸国の三蚕神社」の一つですか。お蚕さんとは相当に縁があった土地なのでしょうね。三社とも、豊浦という地名にあるとは、よほどお蚕さんに恩恵を受けたんでしょうね。

> 全国に蚕霊神社はたくさんあるようだが、「これいじんじゃ」とは言わず、「こだまじんじゃ」というところが多いように思う。

私も『こだまじんじゃ』というと思っていました。ここは湯桶読みなんですね。
AzTakさま
こんにちは!

「常陸国の三蚕神社」の一つですか。お蚕さんとは相当に縁があった土地なのでしょうね。三社とも、豊浦という地名にあるとは、よほどお蚕さんに恩恵を受けたんでしょうね。

江戸時代に地方でたくさん桑の木が植えられ、蚕が飼われたのですが、ここ常陸に伝わったのは結構早かったようです。どこから伝わったのかはよくわかりませんが、これをたどると太古にまで遡るのかもしれません。

私のいる石岡なども明治大正時代は製糸産業が盛んでしたが、いつの間にか忘れ去られてしまいました。
群馬や長野などでは世界遺産登録の動きもありますね。

もっとも石岡には残せるようなものが何もありません。残念ですね。

コメントありがとうございました。
No title
こんばんわ。
以前コメント欄に記述させてもらった者です。

蚕霊神社、とても気になっていました。
(案内板には「さんれいじんじゃ」とあるかと・・・)

このような神社だったのですね~、
朱色が鮮やかですね。
日立市川尻の蚕養神社が元は
息栖神社から分社されて創建されたと伝わり、
昔は於岐都説明神と称したという話、
非常に興味深いですね・・・。
これは驚きました。

日川に鎮座して、相当な古社で由緒も深いので、息栖神社の元宮ではないかと思ってたのですが
恐らくそうだろうと今確信してます。
何というか、やはり常陸の国は凄いですね・・・。
波動 様
> 以前コメント欄に記述させてもらった者です。

はい。覚えていますよ。またおいでください感謝です。

> 蚕霊神社、とても気になっていました。
> (案内板には「さんれいじんじゃ」とあるかと・・・)

そうですね。看板には確かにさんれいじんじゃとフリガナがありますね。
ということはこれが正解ですかね。

> このような神社だったのですね~、 朱色が鮮やかですね。

この朱色はとても鮮やかでした。いつからこんなになったのでしょか。
昔からなのかどうかもわかりません。

> 日立市川尻の蚕養神社が元は 息栖神社から分社されて創建されたと伝わり、
> 昔は於岐都説明神と称したという話、非常に興味深いですね・・・。
> これは驚きました。

あまり紹介されていませんね。どこも金色姫伝説ばかりで・・・。
とても興味深いと思います。

> 日川に鎮座して、相当な古社で由緒も深いので、息栖神社の元宮ではないかと思ってたのですが
> 恐らくそうだろうと今確信してます。
> 何というか、やはり常陸の国は凄いですね・・・。

やはりそう思われますか。この元あった(日川地区)という場所は私には特定できていません。
瓶立ち川とかボウボウ川と呼ばれた川もよくわかりませんでした。
もう少し調べてみたいですね。
No title
> 日川に鎮座して、相当な古社で由緒も深いので、息栖神社の元宮ではないかと思ってたのですが
> 恐らくそうだろうと今確信してます。
> 何というか、やはり常陸の国は凄いですね・・・。

日川の蚕霊神社は息栖神社の元宮ですよ。
さきほど、息栖神社で聞いてきました。
蚕霊は、これい、こだまとは読まず、
正式には、さんれい だそうです。
蚕霊様の氏子 様
> 日川の蚕霊神社は息栖神社の元宮ですよ。
> さきほど、息栖神社で聞いてきました。

貴重な情報ありがとうございます。

> 蚕霊は、これい、こだまとは読まず、
> 正式には、さんれい だそうです。

確かに現地の説明看板には「さんれい」とふられていましたね。
でもまだ少し疑問にも思っています。
滝沢馬琴や息栖神社との関係は興味が湧きますね。情報ありがとうございます。


管理者のみに表示