fc2ブログ

親鸞750回忌

 来年は親鸞聖人の750回忌にあたり、東本願寺、西本願寺のそれぞれの会派で、記念の
法要行事が始まっている。
また各地で親鸞展などが企画され一大イベントが行われようとしている。
親鸞聖人の関東での布教についてはまだ未知なことも多く、知られていない事も多い。
石岡にも親鸞聖人ゆかりの史跡や寺が多くある。
私もこの地に来るまで、親鸞の関東での布教活動などについて何も知らなかった。
もう少し声を大にしていろいろなところで宣伝がなされても良いように思う。

市としても親鸞展や旧跡を回る企画ツアーなどを是非やってほしいものだと
今年の春に市長さんあてのメールで提案したが、お返事すらいただけていない。
正岡子規の万屋跡の碑も提案して7カ月以上経ってしまった。
そしてとうとうNHKの「坂の上の雲」は2年目の幕が上がってしまった。
子規は病気で死んでしまう(1902年)ので時間がない。
日露戦争は1904年だから、この話は子規が無くなった後も続く。
来年も続くが子規はもういない。虚しさのみがこみ上げてくる。

大覚寺の「親鸞聖人法難の遺跡」の看板はいいですね。

daigakuji01.jpg

この看板のおかげで、その内容を調べてさらに興味が深まります。
しかし、一般に観光客はお寺と、そこの京都桂離宮を模した庭園「裏見なしの庭」を巡って帰っていきます。
親鸞の時代は鎌倉幕府の始まりの頃です。
一時親鸞は架空の人物ではないかとの学会論争が起こったといいます。
それ程直筆の書物などが残っていないようです。

大覚寺のすぐ横の「弁円懺悔の地」や板敷峠の「弁円護摩壇跡」などを訪れる人はほとんどいないというのも不思議な気もします。
史跡としての整備がなされていないためかもしれません。
またこの「法難の遺跡」の看板だけでは人が理解できていないのかもしれませんね。
続きはまた明日とします。
今日は東京でまた大学時代の仲間と飲み会です。
仲間は6人程ですが、大会社の副社長や役員、また大学の教授などおり、私は全くの落ちこぼれ組。
でも必ず毎年参加しています。
これからの第2、第3の人生をどう生きるのかを少しですが考えていければ充実した日々が送れる
と思っています。
 

親鸞と茨城 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2010/12/04 15:30
コメント
柿ジャム
以前お話したとおり富有柿をジャムにし、今朝、
パンとヨーグルトで試してみました。
結果:まずいものではないが、イチゴやブルーベリー
のような分りやすさがありません。
柿一個に砂糖大匙三杯、塩少々、レモン汁少々でや
ってみましたが、一回作って納得したら、ま、いっか
と言う感じですね。柿は甘味が強く、逆に酸味が足り
ないのが欠点かもしれません。ジャムの場合ですが。
ご報告まで。
Re: 柿ジャム
やはりマーマレードのようにはいかないですね。
地元では栗ジャム、イチゴジャム、ブルーベリージャム、梨ジャム、
ママレード、人参ジャムなどが商品化していますが、保存期間も問題で
手間のかかる割には売れ行きが問題のようです。

しかし、この柿は、そのものでは結構好きな方がおられます。
健康ブームにも乗れるとも思います。
富有柿は11月の1カ月ですので、もう少し研究すれば期間長く売れるでしょう。
ミルフィーユバーガー
昨日のTVで柏にミルフィーユバーガーと言う
B級グルメがある。薄い豚肉をたくさん重ねて
カツにして、バンズに挟んだご当地バーガーだそう
ですが、豚肉は茨城産だそうで、なんだかとても
悔しかったです。結構手間がかかっていながら
260円だそうです。これパクルのもよし。
また豚の角煮を中華まんにしても面白いと思います。
水戸では角煮バーガーとかやっているようです。
それでは。
大覚寺の思い出
 小学校4年のときに、このお寺に20日ほど、滞在していました。大学生のサークル活動の一環で、「サマースクール」が開かれたのです。
 どういう理由で大覚寺が選ばれたのか、わかりませんが、そのころの学生さんは、今と比べると、活動的だったのですね。(まだ学生運動の余韻が色濃く残っていた頃です)関西出身の方が多かったので、八郷が地元というわけでもなかったようです。

 朝起きて大覚寺の前の急な坂道を走ったことを
覚えてます。真っ赤なカンナが咲いていました。
 坂道の下には、1件だけ、駄菓子屋さんがありました。(今はないでしょう・・ね)
 一度だけきもだめしをやり、かなり怖かったです。(ホントに真っ暗でした)
 今はそういうことをやろうとしても、できないのではないでしょうか?おおらかな時代だったんですね・・。
 そんな有名な格式あるお寺とも知らず、無邪気に騒ぎ遊んだ夏でした。
 
Re: 大覚寺の思い出
べあべあ様
大覚寺のよい思い出があるのですね。
石岡も良いところがたくさんありますね。
しかし、地元にいる人にはそれが当たり前の風景で
特殊には感じないようです。
故郷がない私にはうらやましい限りです。
またよろしくお願いします。
今までのブログはPDFにまとめ中です。
週末にでもUPします。
Utamさま
拍手コメントありがとうございます。

> 親鸞さんというはあまり勉強していませんが、興味あります。せっかくの歴史的な史跡というか、足跡があるのを、とりあげて地元の活性化に努めることは大切な課題の一つだと思います。

もう4年も前に書いた記事ですが、この親鸞聖人の足跡を
今一度追いかけてまとめて見ようと思っています。
ありがとうございます。

管理者のみに表示