FC2ブログ

潮来稲荷山と長勝寺(1)

 潮来の街は常陸利根川を挟んだ低地の水郷地帯を中心に広がっているが、その北側にこんもりとした森がある。
それが稲荷山だ。

名前のとおり下から赤い旗に導かれて階段を上ると正面に稲荷神社がある。

しかしこの高台のところを国道51号線が走っているので、国道から見ると同じ高さになる。

IMG_6681s.jpg

国道を車で走っていて、森の中に見えた木の鳥居を見つけて立寄った。
森林公園のような雰囲気で、こちら側から入ると左手には木々の茂林で「稲荷山古墳群」があるという。

右手には稲荷神社がある。

IMG_6683s.jpg

裏から回ったので神社の本殿側に出た。 左手が拝殿。

IMG_6686s.jpg

こちらが拝殿で、潮来の街から階段を上った正面にこの拝殿がある。

IMG_6687s.jpg

上の説明にあるように神社としてはそれほど古くはない。
江戸時代に建立されたそうだ。

江戸時代にはここ潮来は水運の中心地となり、街も華やかであったと思う。

IMG_6698s.jpg

稲荷神社ですから当然キツネですね。(何故キツネなのか? 読んだこともあるけど忘れたな。)

IMG_6695s.jpg

この神社の階段上から潮来の街を見渡したところです。
この稲荷神社はそれほど歴史はないようですが、この森はかなり古くから親しまれていたようです。
この森が潮来のシンボルとして色々な記念碑が置かれていました。

 稲荷山から長勝寺へ続くところは木々が茂っていて、古代の古墳がたくさん眠っているという。

IMG_6705s.jpg

このような道が続くが、あまり整備されていないので道はよくない。

IMG_6702s.jpg

この先に行くと鎌倉時代に建てられた長勝寺や水戸光圀の御休処「遺愛亭」跡などがある。

IMG_6703s.jpg

そんな中に立派な石碑が置かれていました。
菊池寛の碑なのだそうだ。潮来との関わりは?

IMG_6690s.jpg

こちらは稲荷神社西側にあった「茨城百景水郷潮来」の碑

IMG_6691s.jpg

その横に「野口雨情と中山晋平」の歌碑がありました。

IMG_6692s.jpg

歌詞をみると「船頭小唄」でした。

IMG_6689s.jpg

「潮来町立女子技芸学校跡」の碑です。
この神社の横に明治40年に建てられました。
その後昭和13年に東の下の方に移転したようです。

この技芸学校というのはいかにも潮来らしいですね。
その後高等女学校になり、現在の県立潮来高校となったといいます。

京都などは芸子や舞妓などの養成学校のようですが、潮来も江戸・明治頃は花街として賑わったようですが、この学校はあまりそのような養成学校とは違うようです。
女子教育に熱心だったのでしょう。

IMG_6699s.jpg

 昭和41年に建てられた橋本登美三郎さんの顕彰碑。ずいぶん立派なものでした。
建てられたのは佐藤内閣の官房長官時代です。




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/04/12 15:09
コメント

管理者のみに表示